[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名中江藤樹 
人物名読みなかえとうじゅ 
場所備前岡山藩、京都  京都 
生年 
没年 

追記
人物名蕃山氏(熊沢蕃山) 
人物名読みばんざん(くまざわばんざん) 
場所備前岡山藩、京都  京都 
生年 
没年 
本文

藤樹中江氏、諱原、字惟命、通名与右衛門、江西高島郡小川邑人なり。藤樹下に産れ、後藤樹下に学を講ずるをもて、門人此号を称す。又夢中人ありて、光嘿軒の号を授くるとみて、光の字を謙遜し、省て嘿軒と称す。僻地に生るといへども、児として野鄙のならひに染ず。九歳の時、祖父吉長嗣とせんと請て、その在所伯耆に伴ふ。祖父、手筆に拙を悔て、つとめて此子に学ばしむるに、其書人おどろくばかりなりき。十歳の時、伯耆の大守加藤侯、伊予大洲に転封せらるゝゆゑに、彼所にうつりぬ。十三歳の時、祖父賊をうつことあるに、少も恐るゝ気色なく、祖父の命をうけて賊をとらへんとす。志気幼して既にかくのごとし。はた一物の遺受も甚謹て羞悪のこゝろ深く、一食を喫しても君父の恩を思惟す。十七歳のとき、京より禅僧来て論語を講ず。その地の士風、武を専にし、文学の業を弱とし、敢てきくものなし。唯先生独往て聴受す。論語上篇を終て僧京にかへりし後、又師とすべき人のなきを憂て、四書大全を購得て熟読す。然れども他の誹諺をはゞかり、昼は終日諸士と応接し、毎夜深更に及び二十枚を見るを業とす。已後も師なくして、困学年を経、ひとへに聖学をもて己が任とす。然るに其母氏老て故郷に独りあるをかなしび、再回暇を乞て帰省し、たゞちに是を倡ひて伊予に帰らんとせしに、はるけき波濤をしのぎ他国にうつることを欲リせず。故に致仕して帰らんとこひ、且ツ二君に仕へ出身の意あるにあらざることを天に誓ひけれども、其才徳を惜しみて許されず。二十七歳の冬十月終に逃さる。比ことをとりて本朝孝子伝に出す。 その時、ことしの禄米悉く倉に積置、さきに友人に仮貸し米穀あるをば器物を売て是を償ふ。江陽に至るとき銀纔三百銭有しを、祖父のときより使ふもの、よる所なからんを憐みて、弐百銭を与ふ。そのもの賜ふことの過半なるを痛み、敢て請る志なく、只従て艱難を共にせんといへども、先生強て与へてかへせり。此後かの誓のごとく終身出仕へず、其志を高尚にす。初僕に与し残の銀百銭をもて酒を買、また農家へうりてその息をもて母氏を養ふ。後又刀をうりて銀十枚を得て、是をもて米を買、農家に借す。息をとること世人より甚減ずる故にや、其債をせめずして皆是をかへす。三十初て娶る、格法に泥む故とぞ。其女容貌甚醜ければ、母氏憂て出さんと欲れども、先生固く辞す。此婦容貌醜しといへども、性質甚聡明にして、心を用ること正し。つねに諸門人会して、夜半或は五更に及べども、終に先生に先達ていねず。居常小事といへども、命をうけざればおこなはず。先生従来朱学を尊信し、門人に示すに小学の法をもてす。故に門人格套に落在し、拘攣日々に長じ、気象漸迫りて、圭角を持す。先生三十有余、陽明全書を見しより、その非をさとりて、門人に示て曰、格套を受用するの志は、名利を求るの志と日を同じうして語るべからずといへども、真性活発の体を失ふことは均し。只吾人拘攣の心を放去し、自の本心を信じて、其跡に泥むことなかれと。門人大に触発興起す。又語て曰、予嘗て山田氏に贈るに、三綱領の解をもてす。其至善の解曰、事善にして心善ならざるものは至善にあらず、心善にして事善ならざるものもまた至善にあらずと。此時、予いまだ支離の病を免れず。故に誤て如此解すと。門人問ていはく、此解、甚親切明当なるをおぼゆ、如何ぞ支離とす。先生云、心事元是一也。故に事善にして心不善なるものいまだあらず、心善にして事ル不善ナラものもまた未之有ラ。門人曰、狂者のごときは其心高大なれども、其事破綻あることを免れず。郷原のごときは、事は君子ににて、其心汚る。是分明に心と事と二つなるにあらずや。先生曰、 狂者未ダ入ラ精微中庸ニ、(狂者未ダ精微中庸ニ入ラズ、) 故にかくのごとし。郷原は世に媚許容を求るの、穢腸より顕るゝ事為なれば、もとより善とすべからず。跡の似たるをもて善とするは功利の意也、然るに或は曰、大ナル哉此ノ道、盗人も亦是を得ざれば功をなすことあたはず。入ることを先とするは勇なり、出る時後るゝは義也、分つこと均しきは仁也。此三つを得ざれば大盗を成スこと不能ハなどいふ説は、笑ふべし、悲むべきものなり、といへり。又近年専ヲ孝経を講明し、つねに愛敬の二字を掲出し、心体を体忍せしむ。曰、心の本体原本愛敬的、猶水の湿に従ひ、火の燥に付るがごとし。只吾人種々の習心習気に凝滞せられて、心体の明蔽る。然れども親を愛し、兄を敬するの心、且赤子を見て慈愛する心は未滅、時有て発見す。此心を認めて存養して失ざるときは、則聖人のこゝろなり。以上は、先生家学を起して後の教示なり。世にしる人稀なる故に掲出す。およそ書をあらはさんとして筆をたつるもの、大学啓蒙、孝経啓蒙、藤樹規、并学舎坐右銘、原人、持敬図説の類。尚、二三ありといへども、或は初の著述、後の意に不愜して破り、又数年多病のゆゑに、業を果ずして止ものあり。論語も郷党の篇より先進二三章に及びて業を終ずとぞ。今伝るものすくなくし。たゞし郷党の解は刻本なるを、予少年の時骨董舗にて見しことありしが、書林も知る人少し。購ざりしことおもへば悔し。又翁問答といふものを草せられしを、書價盗て印行せるを聞つけて、後の意に愜はねば破らしむ。書價その費を歎くにより、是を償んとて、女誡のために著されしものを、鑑草と題して授らる。又医書の著述はその業にあらざれども、理を推て明らむる所なるべし。医筌は大野了佐といふ愚魯の人のために著す所也。此人、士たるにたへざれば、その父賎業を営しめんとするを憂へ、医とならんことを先生にこふ。先生其志をあはれみ、大成論をよましむるに、纔に二三句を教ること二百遍斗、食頃忽遺忘す。又来よむこと百遍余にして、始て記得す。かくのごとく久をへて後、終に医を以て数口を養ふに至る。教て不ル倦マの実を見つべし。先生人に語て曰、吾了佐においてほとんど根気を尽せり。然れども彼レつとめずば不能ハ、彼愚昧といへども励勉の力は絶奇也。況や了佐ならざるものは、其勉の験を知べしと。小医南針、神方奇術等は、山田、森村両医生のために著ス処とぞ。其書伝るや否ヤ、未ダ知ラ。先生四十一歳にして、慶安元年戊子八月廿五日病て卒す。其旧居の講堂、今尚残れども、其学をつぐものなく、荒廃につくといふ。をしむべし。先生三子有、備前侯に仕ふ。熊沢氏の故を以てなり。長は宜伯、通名太右衛門、よく父の徳を嗣て、明敏豪傑、しかも温厚也。病によりて仕を致し、家に卒す。惜ざるものなしとぞ。仲は藤之丞、又致仕、京師に病死す。洛東黒谷に葬る。季、弥三郎、先生歿するとしに生る。是はた、侯時めかしたまひしかども、病をもて辞て江西にかへる。後又京師に寓居し、改名江西文内といふ。病て死す。故郷にかへし葬る。常省先生と諡す。

○藤樹先生の門人、備前に召るゝ者五六輩に及ぶ。熊沢翁は其魁也。翁は平安の人、本氏は野尻、通名次郎八といひしかども、外祖父養子として熊沢助右衛門と名のらしむ。諱は伯継、致仕の後、了芥と称し、息遊と号す。氏も亦後に蕃山と称せしは、備前にして、其領地寺内といひし所を蕃山と号て、暫こゝに隠居す。

cxC0020002

筑波山葉やましげ山しげけれどおもひいるにはさはらざりけり、

といふ古歌のこゝろによれるとぞ。其後京に帰り、ゆゑありて播磨明石侯のもとにあり。侯封をうつさるゝに従ひ、下総古河に至り、そこにて終る。時に歳七十三。元禄四年八月十七日也。その学、藤樹に出るといへども、見所また一家をなして、ことに経済に長ず。時処位の三つをしるをもて要とし、琴柱に膠する書生の説に異なり。其の著書、集義和書、同外書に見えたり。世に伝ふる所、此人備前にして仏寺を破壊すといへり。予其事実をよく聞正せるに、然らず。此挙は翁致仕の後にして、しかも侯に上書してこれを諌むとなん。されども其著す書に、仏教を誚ること大過せれば、その漸をなすとはいふべし。京にしては神縉家、関東にしては諸侯の間、名ある諸君に門人多かりしとなん。

図版