[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名其蜩庵杜口 
人物名読みきちょうあんとこう 
場所大阪  京都慈眼寺 
生年 
没年 

本文

其蜩庵杜口は生涯俳詣を好み、よき句ども多かりけらし。はじめ退隠する時、人の訪らひしにこたへて、

くちなはの見かへりもせぬはかまかな

此句あまねくいひもてはやして賞す。雅俗聞見の博き人にて、談話おもしろかりしかども、老後耳聾の故に、明暮、古文書のめづらしきを写し、又自ラ見聞しことゞもを筆にまかせてつれづれを消す。能筆にて根気も強かりしかば、凡二百巻におよび、翁草と号す。相識の人おのが好みにあたる巻々をかりうつしてもてはやせり。八十六にして乙卯の春なき名の数に入られし。