[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名木揚利兵衛 
人物名読みこあげりへえ 
場所江戸浅草 
生年 
没年 

本文

江戸に日雇を業とする利兵衛といへるものあり。此わざを俗に木揚といへば即称とす。幼年のときつかへし主の家衰はてゝ、九旬斗の老婆、頼むよすがもなく成たるをはぐゝむに、わが他に行たる間、妻が仕ふることの疎ならんをうたがひて、明れば背に負て、わが行所へ伴ひ、其日の事業をなす傍に、物を敷てすゑ置、わが喰ものをわけてもてなす。其外委しきことをばしらねども、此一事をもてはかるべし。されば官にきこえて大に賞し給ひ、賜有けり。享保年間のことにて、世にひろく称へたれば、京にても是が姿を絵にかき、事状をあらあらしるして、木揚利兵衛仁義礼智信と呼はりて売しが、をかしかりしと、その時をしる人かたりぬ。