[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名隠士石臥 
人物名読み 
場所 
生年 
没年 

本文

石臥、若きほどは長野采女と名のりて、真田伊豆守信幸朝臣に仕へたり。剣術の諸流を極め、手かくこと大かた能書にて侍りし。神道家に立いりてみちをたふとみ、禅教の学に深く、歌林にさへ遊びて、よめるうた多く侍りしが、皆忘たり。たまたま記憶せしとて、東湖禅師の唱られ侍りし。

みよしのはさくらの外に峯もなし花やつもりて山となりけん

人家にて庭のさくらを、

一木こそのどかにはみれ咲つゞくやまは花より心ちるもの

隠遁の後は左右軒と号しける。正徳三年より二十年ばかりあなた、東海道沼津にて身まかりぬ。七十歳にてありける。もとより隠遁の志ふかく、妻子をももたで侍けるとぞ。