[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名桃山隠者 
人物名読み 
場所 
生年 
没年 

本文

いかなる人といふことをしらず、伏見桃山に乞丐のごとくわらむしろをもてかこひたるものして住ム人あり。いかにしてたよりけん、稲荷羽倉氏のもとにて書をかりて見ることつねなり。つひに名をいはず。そこにて身まかりし後、いとさはやかなるさましたる士、供人など供したるが、羽倉氏に来りて、其人の臣なるよしいひて、生涯の恩を謝しけるとぞ。いとあやしきことなり。今は八九十年前、三条高倉街の門を守ける化子も、夜時を撃間に、その小屋に書を高くつみておしまづきにかへ、書を見居りけるが、これは迎るもの不意に来りて、しひて伴ひ帰りしさま、いときらきらしかりしと、其街の人老の後に語られし。相似たることなり。