[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名祇園梶子 
人物名読みぎおんかじこ 
場所 
生年 
没年 

本文

梶子は祇園林の茶店の女也。もとより其わたりの人にやしらず。其家集梶の葉を見れば、をさなきよりうたをよめり。十四になりける年のくれに、歳暮恋といふことを、

こひこひてことしもあだに暮にけり涙の氷あすやとけなん

又其秀逸とて人の口にあるは、夜霰を、

雪ならば梢にとめてあすやみんよるのあられの音にのみして

また立春のうたおのれはよしとおもへり。

のどけしな豊あし原のけさの春水のこゝろも風の姿も

○百合子は、梶が茶店をつぐよし自いへりし。是もうたを好しかども、梶に及ざること遠し。たゞ茶店の女にして歌よむといふがめづらしさに、ゐなかまでもその名聞たり。これがむすめ町子は大雅が妻となりぬ。既に大雅が伝に出せり。