[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名若狭綱子 
人物名読みわかさつなこ 
場所若狭下中郡西津村 
生年 
没年 

本文

若狭の国小浜の府下に、病狼あれたることありしに、某士のうちに使るゝ少女、十四五歳にて綱といへるが、主の幼児を背に負て、そのわたりに遊びける時、彼狼不意に走来てとびつきけるを、綱は急に己が裾をまくりて背の児をおほひ、うつぶしになりたる時、狼は綱女が尻へ食付ぬ。さる間に人々聞つけて集りしかば、狼は即走りさりたり。さて彼女を物にのせたるまでは尚詞たしかに、主の子の故なきよしを告しが、道にて息絶たり。やがて其親のもとへ舁入たるに、主の妻も聞てかけり来れるに、綱が母、幼児をわたして、血にはまみれ給へど、つゆばかりあやまちせさせ奉らざりしを悦びはべるといへり。此母もたゞものにはあらざりけり。此ことを国の守聞し召て、二なく憐がり給ひ、大なる石碣をたて、忠烈綱女の墓としるし、銘は儒臣小野忠次郎に命じてかゝせ給ひ、三日大仏事をおこなはれ、遠近の人々も詣、詩歌の作こゝろごころ手向ぬと聞えし。