[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]


[ 人名順 | 登場順 ]

人物名

人物名加賀円通(僧 円通) 
人物名読み(えんつう) 
場所 
生年 
没年 

本文

師は黄檗、独湛禅師の法嗣なり。観音菩薩を信ずること人に過。かゝれば即円通を称とせるにや。きはめて無我の道人なり。ある録の跋をこはれて自書す。草書の意にまかせたるものにて、よめぬ所所多ければ、人携来てとふに、やがてうち返し返し見て、吾も亦よみ得ず。吾が筆は、弟子の某が能よむ也、それによますべしといふ。ある時、京にして訪べき家も名も忘て、其あたりに行て、加賀の円通が行べき家はこゝにやこゝにや、と尋あるかれしもをかしかりしとぞ。