[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

仙洞句題五十首(建仁元年仙洞五十首)


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名仙洞句題五十首(建仁元年仙洞五十首) 
作品集名読みせんとうくだいごじっしゅ(けんにんがんねんせんとうごじっしゅ) 
作成年月日(建仁元年九月〜十二月)((1201年9月末〜12月))
場所 

仙洞句題五十首 全

仙洞句題五十首 全

00001
後鳥羽院 (099)

ゆききえて−けふよりはるを−みよしのの−やまもかすみて−はなをまちける


00002
良経 (091)

はるきても−つれなきはなの−ふゆこもり−またしとおもへは−みねのしらくも


00003
慈円 (095)

はるくれは−まつそまたるる−かさすへき−わかきみかよの−ちよのはつはな


00004
俊成女 (418)

はるきぬと−かすむこすゑの−うくひすの−はなをおそしと−ききそわきける


00005
後鳥羽院宮内卿 (339)

はなゆゑに−はるをはけふと−まちえても−こすゑはゆきの−なほさゆるかな


00006
定家 (097)

はるかすみ−かすみそめぬる−とやまより−やかていろそふ−はなのおもかけ


00007
後鳥羽院 (099)

くもかかる−こすゑをはなと−たとりきて−またころあさし−しかのやまこえ


00008
良経 (091)

はなをみし−こそのしをりは−あともなし−ゆきにそまとふ−みよしののやま


00009
慈円 (095)

ゆくすゑの−くもやまことの−はなならむ−すきつるみねの−はなのしらくも


00010
俊成女 (418)

おもかけの−はなをやまちの−しるへにて−あとなきみねの−くもをわけきぬ


00011
後鳥羽院宮内卿 (339)

たつねかね−ふもとにさかぬ−はなのいろを−こすゑにやとす−みねのしらくも


00012
定家 (097)

みよしのの−はなもいひなしの−そらめかと−わけいるみねに−にほへしらくも


00013
後鳥羽院 (099)

おほかたの−はなはまたしき−みねのつきの−はれゆくそらに−のこるしらくも


00014
良経 (091)

はなもまた−さかぬかたには−やまかはの−うちいつるなみを−はるのものとて


00015
慈円 (095)

さきやらぬ−みねのこすゑの−くものうへに−よそめははなの−さかりなりけり


00016
俊成女 (418)

おしなへて−かせこそかをれ−はるのやま−さくさくらあれは−さかぬこすゑも


00017
後鳥羽院宮内卿 (339)

みわたせは−ふもとはかりに−さきそめて−はなもおくある−みよしののやま


00018
定家 (097)

やまかけは−なほまちわひぬ−さくらはな−いたりいたらぬ−はるをうらみて


00019
後鳥羽院 (099)

あけわたる−やまちのはなの−ほしもあへす−あさつゆなから−はるかせそふく


00020
良経 (091)

ほのほのと−はなはとやまに−あらほれて−くもにかすみの−あけはなれゆく


00021
慈円 (095)

いかにせむ−けさはこすゑに−かせすきて−はるもなかむる−あさかほのはな


00022
俊成女 (418)

あさつゆに−しをるるはなの−いろみれは−わかれにまさる−まののぬのそて


00023
後鳥羽院宮内卿 (339)

にはのおもを−はなにやつして−おのれまた−あさきよめする−やまあらしのかせ


00024
定家 (097)

かすかすに−さきそふはなの−いろなれや−みねのあさけの−やへのしらくも


00025
後鳥羽院 (099)

さくらさく−のへのあさかせ−かをるなり−いさみにゆかむ−をちのさとひと


00026
良経 (091)

たつねはや−たかすむさとの−ひとむらそ−あるしおほほゆる−はなのおくかな


00027
慈円 (095)

みわのさと−はなのしるへは−いそのかみ−ふるのこすゑに−かかるしらくも


00028
俊成女 (418)

はるはまた−かすみへたつる−をちのさと−くもよりまかへ−はなやちるらむ


00029
後鳥羽院宮内卿 (339)

やまたかみ−なかめにかかる−いくさとそ−はなのこすゑは−ゆきのむらきえ


00030
定家 (097)

たれかすむ−のはらのすゑの−ゆふかすみ−いろまよはせる−はなのこのもと


00031
後鳥羽院 (099)

さきのこる−よしののやまの−はなをみて−はるやむかしと−たれうらむらむ


00032
良経 (091)

かはらすな−しかのみやこの−しかすかに−いまもむかしの−はるのはなその


00033
慈円 (095)

ちるちらす−ひともたつねぬ−ふるさとの−つゆけきはなに−はるかせそふく


00034
俊成女 (418)

あさちふと−たかすみすてし−ふるさとの−まかきのさくら−はなをわすれぬ


00035
後鳥羽院宮内卿 (339)

へたてつる−かすみはよそに−なりはてて−はなにこもれる−しかのやまさと


00036
定家 (097)

あすかかは−かはらぬはるの−いろなから−みやこのはなと−いつにほひけむ


00037
後鳥羽院 (099)

いほむすふ−はるのやまたも−ときしあれは−なはしろみつも−はなをまかせて


00038
良経 (091)

なれなれて−かとたのさはに−たつかりの−なみたのつゆは−はなにおちけり


00039
慈円 (095)

さくらさく−やまたのはらの−はなさかり−あきならすとも−いほむすはなむ


00040
俊成女 (418)

はるくれは−はなちるさとと−なりにけり−あきかせなれし−をやまたのいほ


00041
後鳥羽院宮内卿 (339)

はなのもとに−かくてをへなむ−はるさめの−ふらはやなけの−をやまたのいほ


00042
定家 (097)

はるをへて−かとたにしむる−なはしろの−はなのかかみの−かけそかはらぬ


00043
後鳥羽院 (099)

はつせやま−やまたちはなれ−ちるはなを−ゆくへさためす−さそふはるかせ


00044
良経 (091)

のかれすむ−をはつせやまの−こけのそて−はなのうへにや−くもにほふらむ


00045
慈円 (095)

はるのころも−いくへになりぬ−はつせやま−ふりぬははなの−にほひなりけり


00046
俊成女 (418)

なへてよし−はなともいはし−をはつせの−やまのさくらの−あけほののいろ


00047
後鳥羽院宮内卿 (339)

むかしより−うゑけむときを−ひとしれぬ−はなにふりぬる−いそのかみてら


00048
定家 (097)

ちらすなよ−かさきのやまの−さくらはな−にほふはかりの−そてならすとも


00049
後鳥羽院 (099)

ふるさとは−よしののかせや−かよふらむ−さくらのゆきも−ふらぬひはなし


00050
良経 (091)

よしのやま−きのめもはるの−ゆききえて−またふるたひは−さくらなりけり


00051
慈円 (095)

あやしなほ−こそのしらゆき−はるかけて−はなさくころも−ちらすやはあらぬ


00052
俊成女 (418)

このもとを−はらふあらしも−みにたへて−ゆきとのみふる−にはのはなかな


00053
後鳥羽院宮内卿 (339)

かせふけは−みねのくもより−ちるはなや−そらにしらるる−はるのあはゆき


00054
定家 (097)

みよしのに−はるのひかすや−つもるらむ−えたもとををの−はなのしらゆき


00055
後鳥羽院 (099)

よしのかは−ゐせきにはなを−せきとめて−みつのこころも−はるをしみける


00056
良経 (091)

すすかかは−なみとはなとの−みちすから−やそせをわけし−はるはわすれす


00057
慈円 (095)

しらかはの−なみにみたれて−さくはなは−いとよりかかる−さくらなりけり


00058
俊成女 (418)

よしのかは−きしのさくらに−かせふけは−いはこすなみに−はなそくたくる


00059
後鳥羽院宮内卿 (339)

ゆくみつの−そこにやとれる−はなのいろを−やかてなにおふ−しらかはのさと


00060
定家 (097)

すすかかは−やそせのなみの−はるのいろは−ふりしくはなの−ふちとこそなれ


00061
後鳥羽院 (099)

あたらよの−よしののおくに−ひとりたれ−つきとはなとの−あはれしるらむ


00062
良経 (091)

かへりみる−やまははるかに−かさなりて−ふもとのはなも−やへのしらくも


00063
慈円 (095)

よしのやま−はるはすきぬと−たつぬれは−おくこそはなの−さかりなりけれ


00064
俊成女 (418)

おくやまの−まきのはわけに−おのつから−たれきてみよと−はなのさきけむ


00065
後鳥羽院宮内卿 (339)

はなといへは−なほみやまきの−こすゑまて−かせをへたつる−こころありけり


00066
定家 (097)

やまふしの−ひともきてみぬ−こけのそて−あたらさくらを−うちはらひつつ


00067
後鳥羽院 (099)

みよしのや−なけのさくらを−たのみにて−しをりもしらぬ−はなのゆふくれ


00068
良経 (091)

みやまいてて−はなのかたみと−なるつきは−このまわくるや−くもるなるらむ


00069
慈円 (095)

はるくれは−うれしきやまの−さくらかり−はなのこかけに−くれかかりぬる


00070
俊成女 (418)

いまはとて−ねくらにかへる−とりのねに−あはれもまさる−やまさくらかな


00071
後鳥羽院宮内卿 (339)

くれぬとて−ひとのみいつる−やまちかは−はなもいまはと−ねにかへるなり


00072
定家 (097)

たれとまた−くものはたてに−ふきかよふ−あらしのみねの−はなをうらみむ


00073
後鳥羽院 (099)

さきてちる−おもひなしとも−いかかせむ−たににもはなの−よそならはこそ


00074
良経 (091)

しもとゆふ−かつらきやまの−たにかせに−はなのゆきさへ−まなくふるなり


00075
慈円 (095)

たにかはの−かけのいはかと−こけふりて−はるのみこゆる−はなのしらなみ


00076
俊成女 (418)

ふりはてて−しられぬたにの−うもれきも−はるはむかしの−はなそくちせぬ


00077
後鳥羽院宮内卿 (339)

はるきても−かすみのふかき−たにのいほ−はなありとても−とふひとそなき


00078
定家 (097)

やまひとの−あとなきたにの−ゆふかすみ−こたへぬはなに−にほふはるかせ


00079
後鳥羽院 (099)

ふはのやま−かせもたまらぬ−せきのやを−もるとはなしに−さけるはなかな


00080
良経 (091)

あふさかの−せきふみならす−かちひとの−わたれとぬれぬ−はなのしらなみ


00081
慈円 (095)

こまなへて−たかひにあとを−をしむかな−はなのゆきちる−しらかはのせき


00082
俊成女 (418)

すきかはる−つきひははなも−しらせけり−あきかせふきし−しらかはのせき


00083
後鳥羽院宮内卿 (339)

あふさかや−こすゑのはなを−ふくからに−あらしそかすむ−せきのすきむら


00084
定家 (097)

さくらいろに−よものやまかせ−そめてけり−ころものせきの−はるのあけほの


00085
後鳥羽院 (099)

たひころも−きさらきやよひ−ひかすへて−はなになれたる−そてのうへかな


00086
良経 (091)

たひねする−はなのしたかせ−たちわかれ−いなはのやまの−まつかひそなき


00087
慈円 (095)

あつまちや−やまにひかすそ−ちかくゆく−はななきさとに−やとからすして


00088
俊成女 (418)

みやこには−おもひすててし−わかれさへ−はなにはをしき−みちのそらかな


00089
後鳥羽院宮内卿 (339)

はなにふる−ひかすをしらす−けふとてや−ふるさとひとの−われをまつらむ


00090
定家 (097)

おもふひと−こころへたてぬ−かひもあらし−さくらのくもの−やへのをちかた


00091
後鳥羽院 (099)

はるかせの−にほてるうみを−ふくからに−さくらをおくる−しかのうらなみ


00092
良経 (091)

くものなみ−けふりのなみや−ちるはなの−かすみにしつむ−にほのみつうみ


00093
俊成女 (418)

にほのうみ−はるはかすみの−しかのなみ−はなにふきなす−もとのやまかせ


00094
後鳥羽院宮内卿 (339)

はなさそふ−ひらのやまかせ−ふきにけり−こきゆくふねの−あとみゆるまて


00095
定家 (097)

ささなみや−さくらふきかへす−うらかせを−つりするあまの−そてかとそみる


00096
後鳥羽院 (099)

いははしの−かみをたのむの−かりなれや−さくらをわけて−よるとなくなり


00097
良経 (091)

あつまちの−さののふなはし−しらなみの−うへにそかよふ−はなのちるころ


00098
慈円 (095)

かせわたる−はなをみかはの−やつはしの−くもてにかかる−たきのしらいと


00099
俊成女 (418)

かつらきや−たかまのやまの−やまかせに−はなこそわたれ−くめのいははし


00100
後鳥羽院宮内卿 (339)

しなのちや−たにのこすゑを−くもてにて−ちらぬはなふむ−きそのかけはし


00101
定家 (097)

あともなき−やまちのさくら−ふりはへて−とはれぬしるき−たにのしははし


00102
後鳥羽院 (099)

はなのかけ−たひねのあらし−よころへて−つきそなれゆく−そてのたまくら


00103
良経 (091)

ふるさとの−あれまくたれか−をしむらむ−わかよへぬへき−はなのかけかな


00104
慈円 (095)

さきてちる−ひかすおもへは−やまさくら−ほとはなぬかの−はなのしたふし


00105
俊成女 (418)

いたつらに−まつとをしむと−このもとに−はなよりほかの−はるそしられぬ


00106
後鳥羽院宮内卿 (339)

すみなるる−やとをかすみの−ほかにして−いくよになりぬ−はなのしたふし


00107
定家 (097)

このもとに−まちしさくらを−をしむまて−おもへはとほき−ふるさとのそら


00108
後鳥羽院 (099)

かりにたに−ひとこそとはね−ふるさとの−さくらはゆきと−にはにしけとも


00109
良経 (091)

はるさめの−わかみよにふる−なかめより−あさちかにはに−はなもうつりぬ


00110
慈円 (095)

いとふへき−にはこそいまは−さかりなれ−こすゑのかせや−とものみやつこ


00111
俊成女 (418)

ねにかへる−にはのさくらの−はなをさへ−こすゑのかせの−なみさそふらむ


00112
後鳥羽院宮内卿 (339)

なこりには−はなのみにはの−ものとみる−こころはのこせ−はるのやまかせ


00113
定家 (097)

はるのいろに−きえすはけさも−みるはかり−すこしこすゑに−はなはのこりて


00114
後鳥羽院 (099)

いたつらに−はるくれにける−はなのいろの−うつるもをしむ−なけきせしまに


00115
良経 (091)

さほひめの−かすみのそての−はなのかも−なこりはつきぬ−はるのくれかな


00116
慈円 (095)

ちりのこる−はなのはるかせ−こころせよ−けふのわかれの−わすれかたみに


00117
俊成女 (418)

ことわりの−はるのくれとは−いひなから−をしみもあへす−はなのちるらむ


00118
後鳥羽院宮内卿 (339)

くれてゆく−はるのかたみは−これのみと−をしむにつけて−つもるはなかな


00119
定家 (097)

いかにせむ−はるもいくかの−さくらはな−かたもさためぬ−かせのにほひを


00120
後鳥羽院 (099)

あきのきて−つゆまたなれぬ−をきのはに−やかてもやとる−ゆふつくよかな


00121
良経 (091)

あきはきぬ−つゆはたもとに−おきそめて−このまのつきの−もらぬよそなき


00122
慈円 (095)

ほしあひの−そらをまつまの−ゆふつくよ−あきのおもひの−これよりそかし


00123
俊成女 (418)

ゆふつくよ−かけもるそての−つゆよりそ−あきのあはれを−ならしそめつる


00124
後鳥羽院宮内卿 (339)

かせのおとに−おもひもあへぬ−このまより−あきのけしきは−もりのつきかけ


00125
定家 (097)

つゆやおく−やとかりそむる−あきのつき−またひとへなる−うたたねのゆめ


00126
後鳥羽院 (099)

つきかけを−わかみひとつと−なかむれは−ちちにくたくる−はきのうへのつゆ


00127
良経 (091)

ふるさとの−もとあらのこはき−さきしより−よなよなにはの−つきそうつろふ


00128
慈円 (095)

あきののに−つきすむよはの−こはきはら−よるのにしきを−ひとにみせつつ


00129
俊成女 (418)

よなよなの−つきよりあきと−しりそめて−はなさきにけり−みやきののはき


00130
後鳥羽院宮内卿 (339)

みやこにも−つきはかくこそ−しかあれと−はなをはたれか−みやきののはら


00131
定家 (097)

みやきのの−かせよりわたる−はきかえに−つゆをかそへて−やとるつきかけ


00132
後鳥羽院 (099)

よはになく−かりのなみたに−あめすきて−つきにうつろふ−のへのいろかな


00133
良経 (091)

ふかきよの−はしにしたたる−あきのあめの−おとたえぬれは−のきはもるつき


00134
慈円 (095)

なにせむに−しはしくもると−なけきけむ−つきかけあらふ−あきのしくれを


00135
俊成女 (418)

かきくもり−ときしもわかぬ−むらさめの−はれゆくそらの−つきそあきなる


00136
後鳥羽院宮内卿 (339)

つきをなほ−まつらむものか−むらさめの−はれゆくくもの−すゑのさとひと


00137
定家 (097)

かきくもり−わひつつねにし−よころたに−なかめしそらに−つきそはれゆく


00138
後鳥羽院 (099)

ほのほのと−こころつくしに−もるつきを−なほふきしをる−にはのまつかせ


00139
良経 (091)

まつかけの−まやのあまりに−さしいりて−こすゑにつきは−かたふきにけり


00140
慈円 (095)

まつにすむ−このまのつきを−なかむれは−はわけのしもに−あきかせそふく


00141
俊成女 (418)

おほかたの−あきもさひしき−このまより−つきもるまつを−かせはらふらむ


00142
後鳥羽院宮内卿 (339)

よもすから−かせにしくるる−おとはして−まつのこのまを−つきそもりくる


00143
定家 (097)

あきのつゆも−たたわかためや−をかへなる−まつのはわけの−つきのころもて


00144
後鳥羽院 (099)

やまかけや−あきそはらはぬ−にはのおもに−きりのおちはに−すめるつきかけ


00145
良経 (091)

つきみはと−いひしはかりの−みやこひと−つれなくもこぬ−やまのおくかな


00146
慈円 (095)

やまさとに−つきはみるやと−ひとはこす−そらゆくかせそ−このはをもとふ


00147
俊成女 (418)

やまふかみ−あきかせふかぬ−ねさめたに−つきにはおつる−とこのなみたを


00148
後鳥羽院宮内卿 (339)

たへてすむ−ひともいかてか−ありあけの−つきにさひしき−やまのへのさと


00149
定家 (097)

おのつから−みをうちやまに−やとかれは−さもあらぬそらの−つきもすみけり


00150
後鳥羽院 (099)

ふるさとの−つきふくかせに−なよたけの−なよりあひても−いくよへぬらむ


00151
良経 (091)

ひとりかも−つきはまちいてて−くれたけの−なかなかしよを−あきかせそふく


00152
慈円 (095)

つきのすむ−まかきのたけに−ふくかせは−おのかくまをも−はらふなりけり


00153
俊成女 (418)

つきさえて−ことそともなき−あきのよの−かせにみたるる−つゆのたまささ


00154
後鳥羽院宮内卿 (339)

いろかへぬ−たけのはしろく−つきさえて−つもらぬゆきを−はらふあきかせ


00155
定家 (097)

ふしわひて−つきにうかるる−みちのへの−かきねのたけを−はらふあきかせ


00156
後鳥羽院 (099)

わするなよ−つきにいくのの−みちすから−そてになれぬる−をみなへしかな


00157
良経 (091)

ゆくすゑは−そらもひとつの−むさしのに−くさのはらより−いつるつきかけ


00158
慈円 (095)

あきののに−つきのかしける−やとなれは−なかめゆくこそ−とまりなりけれ


00159
俊成女 (418)

むすひおく−さとはかりねの−くさのはら−まくらのつゆに−つきそすみける


00160
後鳥羽院宮内卿 (339)

ふるさとは−おもひいててや−とほつひと−のはらのつきの−つゆにゆくらむ


00161
定家 (097)

めくりあはむ−そらゆくつきの−ゆくすゑも−またはるかなる−むさしののはら


00162
後鳥羽院 (099)

くもりこし−さはへのあしの−むもれみつ−やとしもなれぬ−つきのかけかな


00163
良経 (091)

つきかけの−わすれすやとる−わすれみつ−のさはにたれか−あきをちきりし


00164
慈円 (095)

つきすめは−さはへのあしに−すむたつの−ゆきのころもに−しもやおくらむ


00165
俊成女 (418)

かすならぬ−のさはのみつの−たえたえに−ひとしれすさへ−つきはすみけり


00166
後鳥羽院宮内卿 (339)

みつきよき−のさはのあさち−ふきわけて−つきかけやとす−あきのやまかせ


00167
定家 (097)

ひとしれぬ−あしまにつきの−かけとめて−いりえのさはに−あきかせそふく


00168
後鳥羽院 (099)

おのかくる−みねのゆふきり−はれいてて−つきにかすしる−はつかりのこゑ


00169
良経 (091)

こしちより−ちさとのくもを−へたてきて−みやこのつきに−はつかりのこゑ


00170
慈円 (095)

おほえやま−かたふくつきの−かけさえて−とはたのおもに−おつるかりかね


00171
俊成女 (418)

さよふけて−つきすむそらの−あきかせに−たのめかおきし−かりそなくなる


00172
後鳥羽院宮内卿 (339)

くもかかる−をちのやまたの−はすゑより−つきにほのめく−はつかりのこゑ


00173
定家 (097)

しろたへの−つきもよさむに−かせさえて−たれにころもを−かりのひとこゑ


00174
後鳥羽院 (099)

あけぬへき−よをしほかまの−うらみわひ−からくもつきの−たけにけるかな


00175
良経 (091)

かちまくら−つきをしきつの−ころもてに−たちよるなみも−うらふれにけり


00176
慈円 (095)

つきのあき−あかしのうらに−こころせよ−しまかくれすむ−あまのもしほひ


00177
俊成女 (418)

つきすめは−あかしもすまも−あきのよの−あはれへたてぬ−おのかうらうら


00178
後鳥羽院宮内卿 (339)

あかている−つきをみよとや−おきつかせ−けふりふきしく−しほかまのうら


00179
定家 (097)

なみかせの−つきよせかへる−あきのよを−ひとりあかしの−うらみてそぬる


00180
後鳥羽院 (099)

ぬきみたる−たきのしらいと−くりはへて−よるともみせぬ−つきのかけかな


00181
良経 (091)

やまひとの−ころもなるらし−しろたへの−つきにさらせる−ぬのひきのたき


00182
慈円 (095)

やはらくる−かけそふなちの−つきかけに−よるともみえぬ−たきのしらいと


00183
俊成女 (418)

おとたえぬ−よしののたきも−あきのよは−つきにこほりを−くたくなりけり


00184
後鳥羽院宮内卿 (339)

たきつせや−ちるたまことに−かけわけて−つゆももらさす−やとるつきかけ


00185
定家 (097)

あきのつき−そてになれにし−かけなから−ぬるるかほなる−ぬのひきのたき


00186
後鳥羽院 (099)

つきのこる−いくたのもりの−あきふけて−よさむのころも−よはにうつなり


00187
良経 (091)

ふりにける−たつたのもりの−かみさひて−このもとてらす−あきのよのつき


00188
慈円 (095)

なかなかに−しつくにやとる−つきをみむ−しのたのもりの−ちえのしたかけ


00189
俊成女 (418)

おほあらきの−もりのこのまを−もりかねて−ひとたのめなる−あきのよのつき


00190
後鳥羽院宮内卿 (339)

おほあらきの−もりのこのまを−ゆくつきの−ひかりによらぬ−したくさのつゆ


00191
定家 (097)

つゆうつる−つきよりあきの−いろにいてて−ときはのもりの−かけそかひなき


00192
後鳥羽院 (099)

たかために−わけてはふかぬ−あきかせも−つきみるそての−つゆをとひける


00193
良経 (091)

そてのいろを−おもひわけとや−あきかせの−こころつくしの−つきにふくらむ


00194
慈円 (095)

さひしさや−つきのひかりに−たくふらむ−いつくもおなし−をきのうはかせ


00195
俊成女 (418)

なみたとふ−そてのつきさへ−さひしきに−ふるきあとある−かせのおとかな


00196
後鳥羽院宮内卿 (339)

あきかせに−なひくくさきの−たくひとや−つきのかつらも−かたふきにける


00197
定家 (097)

ふきはらふ−とこのやまかせ−さむしろに−ころもてうすし−あきのつきかけ


00198
後鳥羽院 (099)

みしまえの−いりえのあしの−したみたれ−みたれてもなほ−つきはすみけり


00199
良経 (091)

たひひとを−おくりしあきの−あとなれや−いりえのなみに−ひたすつきかけ


00200
慈円 (095)

まつかせに−ちきりおきつる−つきかけの−あらはれわたる−すみのえのあき


00201
俊成女 (418)

ひとりのみ−あしやのいほに−なかめつつ−あきのよすから−みしまえのつき


00202
後鳥羽院宮内卿 (339)

たまかしは−うつもれはつる−なにはえの−もにあらはるる−あきのよのつき


00203
定家 (097)

すみのえの−まつかねあらふ−しらなみの−かけてよるとも−みえぬつきかけ


00204
後鳥羽院 (099)

あきふけぬ−なけやしもよの−きりきりす−ややかけさむし−よもきふのつき


00205
良経 (091)

たれとなく−ひとまつむしを−しるへにて−さそふかのへに−ひとりゆくつき


00206
慈円 (095)

われもなきて−けにもかなしき−きりきりす−よもきかそまに−ありあけのつき


00207
俊成女 (418)

むしのねの−われさへあやな−つきかけを−うらみぬそても−つゆみたるらむ


00208
後鳥羽院宮内卿 (339)

ひととはて−つきにふりぬる−あさちふに−たたあらましの−まつむしのこゑ


00209
定家 (097)

よるのかせ−さえゆくつきに−たかあきの−ころもおりはへ−むしのわふらむ


00210
後鳥羽院 (099)

ねさめのみ−すすのしのやに−きこゆなり−つきにつまとふ−さをしかのこゑ


00211
良経 (091)

さをしかも−をののくさふし−ふしわひて−つきよよしとや−つまをこふらむ


00212
慈円 (095)

さをしかは−こゑにたててそ−なかむなる−なみたにやとる−のへのつきかけ


00213
俊成女 (418)

おのれのみ−あきのあはれを−ねにたてて−つきかけかこつ−さをしかのこゑ


00214
後鳥羽院宮内卿 (339)

あられふる−みやまのおくの−つきかけに−あきをわすれぬ−さをしかのこゑ


00215
定家 (097)

あきののの−ささわくるいほの−しかのねに−いくよつゆけき−つきをみつらむ


00216
後鳥羽院 (099)

ふねとむる−むしあけのせとの−あきかせに−わすれかたくも−すめるつきかな


00217
良経 (091)

わすれすな−いてしみやこの−よはのつき−きよみかせきに−めくりあふまて


00218
慈円 (095)

あきのよの−うきねにゆめを−みなとかは−さむるまくらに−つきそなかるる


00219
俊成女 (418)

そてのうへに−ぬるるかほなる−ひかりかな−つきこそたひの−こころしりけれ


00220
後鳥羽院宮内卿 (339)

またしらぬ−うきねのとこの−なみよりも−なれたるつきの−そてぬらすらむ


00221
定家 (097)

むしあけの−まつとしらせよ−そてのうへに−しをりしままの−なみのつきかけ


00222
後鳥羽院 (099)

ゆふつゆに−やとしてつきを−みやきのの−こはきかかせも−こころしてけり


00223
良経 (091)

あきのよは−させもかつゆの−はかなきに−つきのよすかと−ならぬものかは


00224
慈円 (095)

しらつゆを−おのかやとりと−みせかほに−ちくさにかかる−あきのよのつき


00225
俊成女 (418)

かせさむみ−したはかれゆく−あきのよの−つゆにそこほる−あさちふのつき


00226
後鳥羽院宮内卿 (339)

しらたまか−なにそとつきに−ひととはは−つゆとこたへよ−をきのうはかせ


00227
定家 (097)

くさのはら−つきのゆくへに−おくつゆを−やかてきえねと−ふくあらしかな


00228
後鳥羽院 (099)

しらきくも−うつろはむとの−わさなれや−しものまかきに−ありあけのつき


00229
良経 (091)

つきのすむ−そらにまれなる−ほしのいろを−まかきにのこす−しらきくのはな


00230
慈円 (095)

ませのうちに−うつろふきくの−いろをまた−かへすはつきの−ひかりなりけり


00231
俊成女 (418)

あきふかき−きくのかきねの−つきかけに−しもかとつゆそ−きえかへりける


00232
後鳥羽院宮内卿 (339)

しもをまつ−まかきのきくの−よひのまに−おきまよふいろは−やまのはのつき


00233
定家 (097)

しらきくの−まかきのつきの−いろはかり−うつろひのこる−あきそすくなき


00234
後鳥羽院 (099)

あきはいなは−こひしかるへき−こよひかな−たのめはおきし−ありあけのつき


00235
良経 (091)

あきはいま−すゑのにならす−はしたかの−こひしかるへき−ありあけのつき


00236
慈円 (095)

なかめかねて−あきもいまはの−ありあけを−こころにとへは−つきそこたふる


00237
俊成女 (418)

なかつきの−ありあけかたの−そらのつき−こころほそくそ−かたふきにける


00238
後鳥羽院宮内卿 (339)

なかめこし−あきはかきりに−なりぬとや−しくるるくもに−ありあけのつき


00239
定家 (097)

いまいくか−あきもあらしの−よこくもに−いつれはしらむ−やまのはのつき


00240
後鳥羽院 (099)

わかこひは−あらしにまよふ−よるのくも−うきてそことも−なきよなりけり


00241
良経 (091)

うつりゆく−ひとのこころは−しらくもの−たえてつれなき−ちきりなりけり


00242
慈円 (095)

わかこひは−はなにうつりし−はるのくもの−はれてさつきの−そらになりぬる


00243
俊成女 (418)

したもえに−おもひきえなむ−けふりたに−あとなきくもの−ねてそかなしき


00244
後鳥羽院宮内卿 (339)

いまはとて−ひとはいてぬる−あとになほ−ひとりなかむる−あかつきのくも


00245
定家 (097)

しられしな−ちしほのこのは−こかるとも−しくるるくもに−いろしみえすは


00246
後鳥羽院 (099)

わかそてに−つゆはもとより−おきけるを−あらはすあきの−かせのおとかな


00247
良経 (091)

ゆきかよふ−かせのつてにも−なれぬれは−ふきこぬよはは−こひしきものを


00248
慈円 (095)

はなにいとひ−つきにしのひし−かせのおとの−よなよなひとを−まつのこすゑに


00249
俊成女 (418)

いかなりし−かせのたよりに−ききそめて−みにしむこひの−つまとなりけむ


00250
後鳥羽院宮内卿 (339)

あふことは−たえにしねやの−いたまより−たのめぬとこを−はらふあきかせ


00251
定家 (097)

いかにせむ−ひともたのめぬ−くれたけの−このはふきこす−あきかせのこゑ


00252
後鳥羽院 (099)

こぬひとを−つきにまちても−なくさめき−いふせきよひの−あまそそきかな


00253
良経 (091)

わすれては−わかみしくれの−ふるさとに−いははやものを−のきのたまみつ


00254
慈円 (095)

わかたもと−しくれにいろを−みよとてや−なほさみたれに−くちのこりけむ


00255
俊成女 (418)

まつよひの−すくるむらさめ−かきくもり−たのめしよはも−そてぬらせとや


00256
後鳥羽院宮内卿 (339)

いろにいてぬ−おもひのみこそ−ときはやま−わかみしくれは−ふるかひもなし


00257
定家 (097)

あまそそき−そほふるのきの−いたひさし−ひさしやひとめ−もるとせしまに


00258
後鳥羽院 (099)

そてにおく−つゆのゆくへを−たつぬれは−あはてくるよの−みちのささはら


00259
良経 (091)

やすらひに−たのめていてし−あとしあれは−なほまつものを−にはのよもきふ


00260
慈円 (095)

いかにせむと−おもひはてぬる−わかこひは−をきのうははの−あきのものかせ


00261
俊成女 (418)

わかるれは−そてにみたるる−あかつきの−つゆをくさはの−うへとのみみし


00262
後鳥羽院宮内卿 (339)

たのめこし−ひとのこころは−しもむすふ−あさちかすゑと−なりはてにけり


00263
定家 (097)

いまはとて−わするるくさや−しけりにし−わかすむさとは−のきのしたくさ


00264
後鳥羽院 (099)

ひとこころ−あきのこのはに−うつろへは−かはらぬまつの−かせのおとかな


00265
良経 (091)

たかあきの−こころこのはに−かれぬらむ−まつとしきかは−よよもへなまし


00266
慈円 (095)

そてよいかに−みやまにしけき−まきのはも−しをれていろは−かはらさりけり


00267
俊成女 (418)

あきはてて−ちきりむなしき−しひしはの−はかへぬとこも−さひしかりけり


00268
後鳥羽院宮内卿 (339)

たのめつつ−こぬよあまたと−うらみても−ひとりみにしむ−まつのかせかな


00269
定家 (097)

せくそてよ−せせのうもれき−あらはれて−またこすなみに−くちやはてなむ


00270
後鳥羽院 (099)

しはしこそ−あけぬるかとも−うらみしか−またはそいまは−しきのはねかき


00271
良経 (091)

ふかきえに−おもふこころは−みかくれて−かよふはかりの−にほのしたみち


00272
慈円 (095)

しるへなき−なみたのかはの−かはかせに−おもひかねても−ちとりをそきく


00273
俊成女 (418)

いたつらに−あけぬとちきる−こゑきけは−あふよのとりの−うきはものかは


00274
後鳥羽院宮内卿 (339)

あふことの−やかてたえぬる−なけきまて−おもへはとりの−ねこそつらけれ


00275
定家 (097)

かりにたに−とはれぬさとの−あきかせに−わかみうつらの−とこはあれにき


00276
後鳥羽院 (099)

わすれては−ねぬへきものを−なにとまた−たれまつかせの−あらくふくらむ


00277
良経 (091)

あきはてて−みやまはけしく−ふくあらし−あらしいまはの−なけのことのは


00278
慈円 (095)

いろかはる−のへのけしきに−ふきそめて−うへやまかせを−ひとのこころに


00279
俊成女 (418)

なかなかに−さてもねぬへき−よなよなを−うたてあらしの−まとたたくらむ


00280
後鳥羽院宮内卿 (339)

あらしふく−このしたふしは−あふことを−ゆめとしりても−さめすしもやは


00281
定家 (097)

わひはつる−わかおもひねの−ゆめちさへ−ちきりしられて−ふくあらしかな


00282
後鳥羽院 (099)

わたのはら−あとなきなみの−ふなひとも−たよりのかせは−ありとこそきけ


00283
良経 (091)

なみたかき−むしあけのせとに−ゆくふねの−よるへしらせよ−おきつしほかせ


00284
慈円 (095)

わかこひの−なかめをみせむ−あかしかた−こきゆくふねに−あきのあさきり


00285
俊成女 (418)

こころから−うきたるとりの−うきしつみ−あしわけふねの−さはるのみかは


00286
後鳥羽院宮内卿 (339)

あふことは−いなにほあらす−いなふねの−うきみのほとを−しはしはかりそ


00287
定家 (097)

こぬひとを−つきせぬなみに−まつらふね−よるとはつきの−かけをのみみて


00288
後鳥羽院 (099)

かすかすに−おもひしことは−ねにたてし−かよふまつかせ−いかにふくらむ


00289
良経 (091)

こひわひて−なくねにかよふ−ことのねも−こほれるみつの−したむせひつつ


00290
慈円 (095)

まつかせの−このうちのつる−こゑのすみて−そてよりおつる−たきもなかれす


00291
俊成女 (418)

みにそしむ−こひしきことの−ねにたてて−かきなすまつの−かせのしらへは


00292
後鳥羽院宮内卿 (339)

ことのねに−かよひてけりな−うしとても−かれなてひとを−なほやまつかせ


00293
定家 (097)

かたみそと−たのみしことの−かひもなく−うきなかのをの−たえやはてなむ


00294
後鳥羽院 (099)

からころも−きしもせぬよの−なかめこそ−さてもわすれぬ−つまとなりけれ


00295
良経 (091)

わかこひよ−やまとにはあらぬ−からあゐの−やしほのころも−ふかくそめてき


00296
慈円 (095)

からころも−いかにかへして−あふことの−ねぬよのゆめに−ならむとすらむ


00297
俊成女 (418)

くちはてむ−なみたのつまと−しらさりき−ちきりしなかの−よはのさころも


00298
後鳥羽院宮内卿 (339)

わすらるる−みをしおもへは−からころも−うらみぬそても−あやしかりけり


00299
定家 (097)

みしかけよ−さてやまあひの−すりころも−みそきかひなき−みたらしのかは