[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

藤河五百首


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名藤河五百首 
作品集名読みふじかわごひゃくしゅ 
作成年月日<嘉禎三年十二月二十五日〜嘉禎四年六月七日>(<1238年1月12日〜1238年7月19日>)
場所 
備考嘉禎三年十二月二十五日(1238年1月12日)から翌四年六月七日(1238年7月19日)までの成立説・承久三年(1221年)の作とする説・元久二年(1205年)の作とする説・元仁元年(1224年)の詠とする説 がある。 

藤河五百首 春
藤河五百首 夏
藤河五百首 秋
藤河五百首 冬
藤河五百首 恋
藤河五百首 雑

藤河五百首 春

00001
定家 (097)

たのみこし−せきのふちかは−はるきても−ふかきかすみに−したむせひつつ


00002
為家 (407)

あつまちに−はるやきぬらむ−せきのとも−あくれはかすむ−あしからのやま


00003
為定 (632)

やすらはて−こえけるはるの−たよりとや−かすみのせきの−なにもたつらむ


00004
阿仏 (601)

せきもりも−またおとろかぬ−あふさかの−やまちよふかく−はるやきぬらむ


00005
実隆 (901)

せきのとの−みちもさはらて−くるはるや−のとかなるよの−ためしなるらむ


00006
定家 (097)

あさほらけ−みるめなきさの−やへかすみ−えやはふきとく−しかのうらかせ


00007
為家 (407)

かすみぬと−こほりもけさや−とけぬらむ−みきはにちかき−しかのうらなみ


00008
為定 (632)

しかのうらや−なみまもかすむ−あさなきに−のとかにわたる−あまのつりふね


00009
阿仏 (601)

けさはみな−かすみにけりな−ささなみや−あふみのうみは−そらもひとつに


00010
実隆 (901)

ふせのうみや−かすむあさけは−ゆくふねの−ありそのかよひ−ありとしもなし


00011
定家 (097)

みわのやま−まつさとかすむ−はつせかは−いかにあひみむ−ふたもとのすき


00012
為家 (407)

きのふまて−それとはみえし−やまもとの−こすゑもしらす−かすむはるかな


00013
為定 (632)

はなさかぬ−よものこすゑの−はるかすみ−まつとはかりの−こころへたつな


00014
阿仏 (601)

こすゑこそ−それともみえね−ははそはら−いはたのをのは−かすみこめつつ


00015
実隆 (901)

はるのいろは−わかぬものかは−ゆふつくひ−かすみふかむる−をかのへのまつ


00016
定家 (097)

みやこいてて−とほやますりの−かりころも−なくねともなへ−たにのうくひす


00017
為家 (407)

うくひすは−うめさくさとも−たのむらむ−やとさたまらぬ−たひそかなしき


00018
為定 (632)

ふるすいてて−なれもたひなる−ほとなれや−しらぬのやまの−うくひすのこゑ


00019
阿仏 (601)

ききなれし−こゑはみやこの−うくひすを−たひのそらまて−たれおくりけむ


00020
実隆 (901)

うくひすの−こゑにおきいてて−ゆくすゑの−あさきりとほき−はるのやまみち


00021
定家 (097)

やまかつの−そのふにちかく−ふしなれて−わかたけかほに−いとふうくひす


00022
為家 (407)

おなしくは−かきねのたけに−えたかはす−こなたにきなけ−うくひすのこゑ


00023
為定 (632)

こゑはなほ−かくれぬものと−あしかきの−へたつるたけに−うくひすそなく


00024
阿仏 (601)

ちかけれと−ひとのまかきの−たけなれは−へたててつらし−うくひすのこゑ


00025
実隆 (901)

すむひとは−たけをそともの−なかかきに−わかまとちかく−なるるうくひす


00026
定家 (097)

をやまたの−こほりにのこる−あせつたひ−みとりのわかな−いろそすくなき


00027
為家 (407)

いささらは−やまたのさはの−うすこほり−とけなはあとに−わかなつみてむ


00028
為定 (632)

あきならて−とはるへしとも−しらさりし−おなしたのもに−わかなをそつむ


00029
阿仏 (601)

とちとむる−こほりのしたの−をやまたに−いかてわかなの−はるをしるらむ


00030
実隆 (901)

かへすまも−またあらをたの−ふるあとに−はるやおそきと−わかなつむらむ


00031
定家 (097)

かすかのは−きのふのゆきの−きえかてに−ふりはへいつる−そてそかすそふ


00032
為家 (407)

わかくさの−かすみやゆきに−こもるらむ−またはるあさき−むさしののはら


00033
為定 (632)

もえいつる−くさのはすゑに−あらはれて−あささはをのに−のこるしらゆき


00034
阿仏 (601)

なかめやる−すゑののはらの−わかくさに−つもりてみれは−きゆるあはゆき


00035
実隆 (901)

からころも−すそののみゆき−なほさえて−はるともしらぬ−ふしのねおろし


00036
定家 (097)

いろもかも−しらてはこえし−うめのはな−にほふはるへの−あけほののやま


00037
為家 (407)

うめかかを−ふきつくやまの−はるかせに−いくきのもとの−はなになるらむ


00038
為定 (632)

うめかかも−たもとにとまる−にほひとて−しはしやすらふ−はるのやまこえ


00039
阿仏 (601)

うめかかを−みねのあらしや−さそふらむ−さなからかをる−はるのやまみち


00040
実隆 (901)

ひとはいさ−かすむやまちの−しるへにも−なさけおくれぬ−うめかかそする


00041
定家 (097)

にほひくる−まくらにさむき−うめかかに−くらきあまよの−ほしやいつらむ


00042
為家 (407)

わするへき−はるのよのまの−ほとをたに−こころもよほす−うめのしたかせ


00043
為定 (632)

さそひゆく−かせのたよりの−うめのはな−かをたつねても−なほやまとはむ


00044
阿仏 (601)

はるかせの−ふきおとろかす−うめかかに−ねなましとこの−ゆめもむすはす


00045
実隆 (901)

おもかけも−にほひにそひて−かたしきの−そてによふかき−うめのしたかせ


00046
定家 (097)

としつきも−うつりにけりな−やなきかけ−みつゆくかはの−すゑのよのはる


00047
為家 (407)

さはみつに−しつえくちたる−かはやなき−まちうるはるの−いろもすくなし


00048
為定 (632)

かけうつす−いけにみくさの−しけるまて−はるをそへぬる−あをやきのいと


00049
阿仏 (601)

かはきしの−あやふなからも−わかみよに−ひさしくへぬる−あをやきのいと


00050
実隆 (901)

くちのこる−やなきのかけの−みつかかみ−みしそのかみの−はるやこひしき


00051
定家 (097)

けふよりや−このめもはるの−さくらはな−おやのいさめの−はるさめのそら


00052
為家 (407)

くさもきも−おなしめくみの−はるさめに−なほそさくらの−えたはゆかしき


00053
為定 (632)

またれつる−こころつくしに−ふるあめの−めくみをいそく−やまさくらかな


00054
阿仏 (601)

さきぬへき−ひかすはふれと−やまさくら−もよほすあめに−なほそつれなき


00055
実隆 (901)

とりのこゑ−かせのけしきも−はなをいそく−こころしらるる−はるさめのそら


00056
定家 (097)

たまきはる−うきよわすれて−さくはなの−ちらすはちよも−のへのもろひと


00057
為家 (407)

ゆくさきは−くるるもしらす−やとるらし−はなのかけふむ−のちのたひひと


00058
為定 (632)

はなのかに−とめしこころの−なこりとて−すみやはてなむ−のへのかりいほ


00059
阿仏 (601)

たつぬへき−みやまさくらを−おきなから−すそののはなに−けふやくれなむ


00060
実隆 (901)

たつことや−いととかたのの−はるならむ−たえてさくらの−ほかにさかすは


00061
定家 (097)

いろまかふ−まことのくもや−ましるらむ−まつはさくらの−よものやまのは


00062
為家 (407)

はなのかと−ふききてつくる−かせもうし−なかめにかかる−みねのしらくも


00063
為定 (632)

まかへつる−くもともみえす−やまさくら−はてはかすみの−たちへたてつつ


00064
阿仏 (601)

やまさくら−いろたちまかふ−くももなほ−かすみにきえて−えやはみえける


00065
実隆 (901)

こころあての−いろもかすみの−よしのやま−われまとはすな−はなのしらくも


00066
定家 (097)

あかなくに−おのかきぬきぬ−ふくかせに−こけのみとりも−はなそわかるる


00067
為家 (407)

ちりかかる−にはのさくらを−たよりにて−はるるもつらし−ありあけのつき


00068
為定 (632)

ありあけの−つきはつれなき−にはのおもに−はなやわかれの−ときをしるらむ


00069
阿仏 (601)

しののめの−わかれをしはし−とめかほに−はなちりかくす−にはのかよひち


00070
実隆 (901)

よこくもの−みねにそのこる−こすゑより−わかるるにはの−はなのおもかけ


00071
定家 (097)

さとはあれぬ−にはのさくらも−ふりはてて−たそかれときを−とふひともなし


00072
為家 (407)

なかめあかす−けふもくらしつ−あすからや−あすかのさとの−はなのしらゆき


00073
為定 (632)

みるひとも−なきふるさとの−こすゑとて−くるるもやすき−はなのいろかな


00074
阿仏 (601)

ゆふくれの−かすみにこもる−ふるさとに−ひとみぬはなの−なににほふらむ


00075
実隆 (901)

いつかたに−みをなくさめて−かへらまし−はなはふるさと−はるはゆふくれ


00076
定家 (097)

ゆくはるの−なかれてはやき−みなのかは−かすみのふちに−くもるつきかけ


00077
為家 (407)

ゆくみつは−かすみのしたの−おとはかは−いかにこほりて−うつるつきかけ


00078
為定 (632)

はることに−かすむならひの−なとりかは−なきなともみぬ−つきのかけかな


00079
阿仏 (601)

かけやとす−つきをそれとも−わきかねつ−ふかきかすみの−なかかはのみつ


00080
実隆 (901)

こころとは−くもらぬつきの−なとりかは−なきなとりても−かすむころかな


00081
定家 (097)

はるのよの−やこゑのとりも−なかぬまに−たのむのかりの−いそきたつらむ


00082
為家 (407)

かりのねよ−あくるたにうき−かへるさを−ふけゆくそらは−さそなかるらむ


00083
為定 (632)

したふそよ−またふかきよの−つきかけに−おもかけとはて−かへるかりかね


00084
阿仏 (601)

はるのよの−ありあけのつきも−いてぬまに−かへるこしちに−いそくかりかね


00085
実隆 (901)

ふかきよの−やみをゆくとも−はるのいろに−とまらぬかりの−なやはかくれむ


00086
定家 (097)

まつかせの−こゑもそなたに−なひくらし−かかれるふちの−すゑもみたれす


00087
為家 (407)

かせわたる−みきはのまつの−しつえより−ふくかたしれと−なひくふちなみ


00088
為定 (632)

かせふけは−まつのしたみつ−ゆくかたに−こすゑもなひく−はるのふちなみ


00089
阿仏 (601)

むらさきの−くものゆくへも−さためぬや−ふちさくころの−みねのまつかせ


00090
実隆 (901)

すきかてに−みしをやしたふ−ふちなみの−たちかへるそてに−にほふはるかせ


00091
定家 (097)

はしはしら−いろにいてける−ことのはを−いはてそにほふ−やまふきのはな


00092
為家 (407)

かせふけは−こほれておつる−やまふきの−はなをわたせる−たにのかけはし


00093
為定 (632)

いたつらに−とはれしはるを−やまふきの−はなにそかこつ−たにのかけはし


00094
阿仏 (601)

やまふきの−はないろころも−かけてけり−さほのかはらの−せせのいははし


00095
実隆 (901)

はしひめの−まつよをうちの−いはぬいろや−なみにしをるる−やまふきのはな


00096
定家 (097)

けふはなほ−かすみをしのく−ともふねの−はるのさかひを−わかれすもかな


00097
為家 (407)

ゆくはるの−かたをしらせよ−ゆらのとや−こきいつるふねの−あとのしほかせ


00098
為定 (632)

したへとも−はるはとまらぬ−おなしえに−たななしをふね−こきやかへらむ


00099
阿仏 (601)

こくふねも−くれゆくはるも−もろともに−さもあともなき−なみのうへかな


00100
実隆 (901)

たつねあはは−ふねのうちにて−としふとも−はるのとまらむ−うみやまもかな



藤河五百首 夏

00101
定家 (097)

うのはなの−えたもたわわの−つゆをみよ−とはれしみちの−むかしかたりは


00102
為家 (407)

さらにまた−けふこむひとと−みるはかり−ゆきにみちなき−にはのうのはな


00103
為定 (632)

うのはなの−いろにもなほや−たとるらむ−ゆきにまよひし−をののほそみち


00104
阿仏 (601)

わかためは−あなうのはなの−さかりとて−いとふやまちも−あとたえぬへし


00105
実隆 (901)

とははこそ−いなともうとも−うのはなの−ゆきのよそめの−みちもわかれす


00106
定家 (097)

きのふこそ−かすみたちしか−ほとときす−またうちはふく−こそのふるこゑ


00107
為家 (407)

ききつとも−ひとにはいはし−ほとときす−たのまぬほとの−はつねなりけり


00108
為定 (632)

かすならぬ−みにはならはぬ−はつねとて−ききてもたとる−ほとときすかな


00109
阿仏 (601)

ことしまた−はつねはききつ−ほとときす−うたかはれつる−いのちまつまに


00110
実隆 (901)

ほとときす−たれとわかしを−あちきなく−われまちえたる−はつねとやせむ


00111
定家 (097)

このさとは−まちもまたすも−ほとときす−やまとひこゆる−たよりすくすな


00112
為家 (407)

いまはまた−さとなれはてて−ほとときす−すむやまもとの−こゑそすくなき


00113
為定 (632)

ほとときす−きかすといはは−やまふかみ−すむかひなしと−ひとやおもはむ


00114
阿仏 (601)

まちわたる−このやまもとを−ほとときす−なかなくさとの−かすにもらすな


00115
実隆 (901)

ここにしも−こゑやをしまむ−くもうつむ−こすゑをのきの−やまほとときす


00116
定家 (097)

あくるより−けふひくあやめ−いけみつに−おのかさつきそ−なれてわかるる


00117
為家 (407)

いけみつの−みきはのあやめ−あさなあさな−なみにかくるる−さみたれのそら


00118
為定 (632)

いけみつの−なみよせかけて−あやめくさ−けさひくそては−つゆそみたるる


00119
阿仏 (601)

さつきとて−けさひくあやめ−なかきねに−いけのこころも−そこしられつつ


00120
実隆 (901)

さつきまつ−いけのあやめの−あさなあさな−しけりけふしも−あかぬすすしさ


00121
定家 (097)

こかるとて−けふりもみえし−ときしらぬ−たけのはやまの−おくのかやりひ


00122
為家 (407)

なつもなほ−けふりをたまと−たのむかな−さひしきやとの−よはのかやりひ


00123
為定 (632)

かやりひの−けふりたてすは−いかにして−このやまかけの−やとをしらまし


00124
阿仏 (601)

かやりひの−けふりのすゑも−やとあらは−おもひなしにや−さひしかるらむ


00125
実隆 (901)

あさちはら−みるたにさひし−たれすみて−ゆふひかくれに−かやりたくらむ


00126
定家 (097)

そてのかは−はなたちはなに−のこれとも−たえてつれなき−ゆめのおもかけ


00127
為家 (407)

あはれなり−たかそてのかの−ならひとて−はなたちはなに−ゆめのこすらむ


00128
為定 (632)

ゆめならて−むかしにかよふ−なこりとや−ねさめのそてに−かをるたちはな


00129
阿仏 (601)

にほへたた−ゆめにかはせる−そてのかの−なこりもしるき−のきのたちはな


00130
実隆 (901)

しらぬよの−ゆめのゆくへも−たつねみむ−ものいひかはせ−のきのたちはな


00131
定家 (097)

わひひとの−ほさぬためしや−さみたれの−しつくにくたせ−ころもてのもり


00132
為家 (407)

さかきさす−もりのしめなは−くりかへし−なかきいくかの−さみたれのそら


00133
為定 (632)

かきくらす−ひかすもしらす−かしはきの−もりてひさしき−さみたれのころ


00134
阿仏 (601)

さしてその−みかきのもりの−たのめとも−なほそてほさぬ−さみたれのころ


00135
実隆 (901)

さみたれは−もりのしめなは−うちはへて−くるとあくとの−そらもわかれす


00136
定家 (097)

あたしのの−をかやかしたは−たかために−みたれそめたる−くれをまつらむ


00137
為家 (407)

あききなは−かせにもたえし−くさのはら−こころとむすへ−のへのゆふつゆ


00138
為定 (632)

つゆむすふ−ゆふへになれは−なつののの−くさのしけみも−わきそかねぬる


00139
阿仏 (601)

おもふこと−あまりにしけき−なつくさの−したにみたるる−をののゆふつゆ


00140
実隆 (901)

あつきひに−しをれはててし−くさのうへに−つゆふきむすへ−のへのゆふかせ


00141
定家 (097)

ひかけくさ−さきてとくちる−いろもなし−たにはほたるそ−ひかりなりける


00142
為家 (407)

すむとたに−しられぬたにの−したみつを−ありとほたるそ−もえてつけくる


00143
為定 (632)

たにふかみ−あさからぬみの−おもひとは−よそにしられて−とふほたるかな


00144
阿仏 (601)

たれかしる−しのふのやまの−たにふかみ−もゆるほたるの−おもひありとも


00145
実隆 (901)

はるをたに−よそなるたにの−ひかりには−みつのほたるを−みるもはかなし


00146
定家 (097)

ゆふたちに−そてもしほほの−かりころも−かつうつりゆく−をちかたのそら


00147
為家 (407)

さらてたに−くさわけわふる−ぬれころも−ひもゆふたちの−あめきほふなる


00148
為定 (632)

こえやらて−ひかすかさぬる−やまちをも−やすくそすくる−ゆふたちのそら


00149
阿仏 (601)

ゆくさきも−いへちもとほき−なかそらに−やとるかけなき−ゆふたちのあめ


00150
実隆 (901)

ゆふたちは−かさやとりする−ほともなく−こかけのともも−あかてすきぬる



藤河五百首 秋

00151
定家 (097)

あききぬと−いふはかりにや−よもきふに−あさけのかせの−こころかはれり


00152
為家 (407)

なつころも−またかたしきの−さむしろに−けさふきとほす−あきのはつかせ


00153
為定 (632)

いつのまに−ふきかはりけむ−このねぬる−あさけのそての−あきのはつかせ


00154
阿仏 (601)

けさかはる−かせにつけてや−をきのはも−つゆおきあへぬ−あきをしるらむ


00155
実隆 (901)

くさもきも−けさやはしらむ−おもひある−こころひとつの−あきのはつかせ


00156
定家 (097)

あまのかは−ふつきはなのみ−かさなれと−くものころもや−よそにぬるらむ


00157
為家 (407)

ふたよまて−なにそはありて−あまのかは−のちせわたらぬ−ほしあひのそら


00158
為定 (632)

あまのかは−あはぬふつきを−かさねてそ−おなしうらみの−かすもそひけり


00159
阿仏 (601)

おなしくは−のちのふつきの−なぬかにも−またほしあひの−ありよなりせは


00160
実隆 (901)

あはさらは−ほしあひのつきを−かさぬかや−うきぬれきぬの−あまのかはなみ


00161
定家 (097)

あきはきに−たまぬくのへの−ゆふつゆを−よしやみたさて−やとなからみむ


00162
為家 (407)

あきはきの−はなのとさしの−いろにいてて−ゆふくれしるき−のへのつゆかな


00163
為定 (632)

あきはきの−はなもあたなる−ゆふつゆに−むすふもかりの−のへのいほかな


00164
阿仏 (601)

はなにさく−はきのふるえの−ゆふつゆを−かけてむすへる−のへのかりいほ


00165
実隆 (901)

さくはきの−いろにうつりて−のへのいほや−あきをよそなる−ゆふくれのそて


00166
定家 (097)

あけわたる−をきのすゑはの−ほのほのと−つきのいりえを−いつるふなひと


00167
為家 (407)

あかつきは−うきねもさひし−ふねとむる−いりえのをきに−わたるあきかせ


00168
為定 (632)

あけわたる−いりえのなみも−しつかにて−をきのすゑはに−のこるうらかせ


00169
阿仏 (601)

あかすみる−いりえのつきを−をしむまに−よもあけわたる−をきのうはかせ


00170
実隆 (901)

ふなひとも−こころなきもや−ねさめせむ−えのみつさむき−をきのはかせに


00171
定家 (097)

あきかせの−くもにましれる−みねこえて−とやまのさとに−かりはきにけり


00172
為家 (407)

すきぬなり−わかすむやまの−もみちはに−なみたしらする−はつかりのこゑ


00173
為定 (632)

うきことを−おもひつらねぬ−かりかねも−なきてそきぬる−あきのやまもと


00174
阿仏 (601)

やまこゆる−はつかりかねの−おとつれも−のきはにちかき−くものかよひち


00175
実隆 (901)

みやこにも−けふやはつかり−このあさけ−わかすむやまの−みねこえてなく


00176
定家 (097)

あはちしま−あきなきはなを−かさしもて−いつるをうしと−いさよひのつき


00177
為家 (407)

さしいつる−ゆかりはうれし−つきはまた−つれなきおきの−あまのつりふね


00178
為定 (632)

わたのはら−いつくをなみの−かきりとて−そらゆくつきの−かけをまつらむ


00179
阿仏 (601)

おきつふね−ゆたのたゆたに−こきくれて−よるへなみちは−つきそまたるる


00180
実隆 (901)

つきおそき−うらかせさひし−あまをふね−わつかにともす−ほかけのみして


00181
定家 (097)

そてちかき−いろやみとりの−まつかせに−ぬるるかほなる−つきそすくなき


00182
為家 (407)

すみよしの−うらわのなみは−おともせて−つきよりかくる−まつのしらゆふ


00183
為定 (632)

もるつきの−こころつくしの−つれなさも−まつにそことに−おもひしりぬる


00184
阿仏 (601)

たかさこの−まつにこのまの−なかりせは−いさよふつきを−なほやまたまし


00185
実隆 (901)

まつかせの−そらにしられぬ−しくれこそ−つきのかつらの−いろはそめけむ


00186
定家 (097)

はなならは−いたくなわひそ−とはかりも−みやまのつきを−ひとやとはまし


00187
為家 (407)

やまふかみ−われからむすふ−くさのいほに−ひともすむとや−つきのもるらむ


00188
為定 (632)

はななくて−またあくかるる−こころかな−よしののおくの−あきのよのつき


00189
阿仏 (601)

あきのよの−あはれはつきに−しられけり−とりのねきかぬ−みやまなれとも


00190
実隆 (901)

しのへたた−なれぬみやまの−あはれをも−つきやいさめて−すみつかすらむ


00191
定家 (097)

むさしのに−つらぬきとめぬ−しらつゆの−くさはみなから−つきそこほるる


00192
為家 (407)

あきのよは−つゆのそこなる−くさはまて−とほりてすめる−つきのかけかな


00193
為定 (632)

むすひおく−つゆのちきりも−あらはれて−のきのしのふに−やとるつきかな


00194
阿仏 (601)

こきませに−くさのはなさく−あきののの−つゆにしたかふ−つきのいろいろ


00195
実隆 (901)

つゆそおく−くさのたもとも−よのうさの−もとのしつくや−あきのよのつき


00196
定家 (097)

あふさかは−かへりこむひを−たのみても−そらゆくつきの−せきもりそなき


00197
為家 (407)

よせかへり−なにしかなみの−きよみかた−つきをとほさぬ−せきもりもなし


00198
為定 (632)

よもすから−やとるはかりの−つきかけを−とめすはつらし−すまのせきもり


00199
阿仏 (601)

かくはかり−をしむこころを−ははかりの−せきともいはす−つきそあけゆく


00200
実隆 (901)

せきもりも−とめぬひかすや−たつかゆみ−をしとおもふつきの−あきのほとなき


00201
定家 (097)

やまさとの−たけよりほかの−わかともは−よるなくしかの−にはのくさふし


00202
為家 (407)

よはになく−やまちのしかの−こゑなくは−ひとりやあきの−そてはぬれまし


00203
為定 (632)

かすならぬ−うきみのともと−たのむよは−おもひやまさる−さをしかのこゑ


00204
阿仏 (601)

うとかりし−みやまのしかも−よもすから−なくをともとて−たつねきにけり


00205
実隆 (901)

つまこふる−しかもおもひを−かはさすは−ひとりあるあきの−よをいかにせむ


00206
定家 (097)

つゆしもの−おくてのやまた−ふくかせの−もよほすかたに−ころもうつなり


00207
為家 (407)

つきのすむ−たなかのいほの−いなむしろ−もるやすさみに−ころもうつなり


00208
為定 (632)

まとろまて−もるとはかりの−しるしかな−あきのたのもに−ころもうつなり


00209
阿仏 (601)

よさむなる−やまたのおしね−かりそめの−いほりのしつも−ころもうつなり


00210
実隆 (901)

もりあかす−とこはよさむの−をたのいほに−とてもねぬみと−ころもうつらし


00211
定家 (097)

ゆふきりに−こととひわひぬ−すみたかは−わかともふねも−ありやなしやと


00212
為家 (407)

あともなき−すみたかはらの−あききりに−みやことふへき−とりたにもなし


00213
為定 (632)

わたしもり−ふねさしかけて−いそくまて−くれぬとみゆる−よとのかはきり


00214
阿仏 (601)

たとらしな−わたりなれたる−なみちとて−きりのしたこく−よとのかはふね


00215
実隆 (901)

たかための−きりのまかきそ−みわかさき−このわたりには−すむひともなし


00216
定家 (097)

みやきのは−このしたつゆも−ほしはてて−はらひもやまぬ−よものあきかせ


00217
為家 (407)

しらつゆも−みなからくさの−むさしのを−ふくたにたへぬ−あきのゆふかせ


00218
為定 (632)

かはりゆく−いろをはしらす−むさしのや−なへてくさはに−あきかせそふく


00219
阿仏 (601)

あたしのは−つゆのかくれも−なかりけり−あきかせたちて−いろかはるころ


00220
実隆 (901)

そてもあらは−あきののにしも−おほはなむ−はなのちくさを−あらしふくそら


00221
定家 (097)

みたれおつる−はきのまかきの−したつゆに−なみたいろある−まつむしのこゑ


00222
為家 (407)

かせわたる−まかきのくさの−したをれに−うつもれはてぬ−まつむしのこゑ


00223
為定 (632)

さきみたす−はなのまかきに−なくむしや−あきはちくさに−ものおもふらむ


00224
阿仏 (601)

くすかつら−くるひとたゆる−まかきにも−こころなかしや−まつむしのこゑ


00225
実隆 (901)

あるしはと−とははまつむし−しのひねに−すむみしらすな−くさのかりいほ


00226
定家 (097)

やまかはの−しくれてはるる−もみちはに−おられぬみつも−いろまさりつつ


00227
為家 (407)

ちりかかる−いろたにあかし−もみちはの−かけみるかたの−みつのかかみは


00228
為定 (632)

たにかはの−あさせのみつや−まさるらむ−ふかきもみちの−いろをうつして


00229
阿仏 (601)

たにかはの−みつもしくれや−そめつらむ−みねのもみちの−ちしほうつして


00230
実隆 (901)

くれなゐの−こすゑのあきは−みつをそめ−なみをもそむる−つゆしくれかな


00231
定家 (097)

やまめくる−しくれのおくの−もみちはの−いくちしほとか−こかれはつらむ


00232
為家 (407)

あきにあへぬ−みむろのやまの−もみちはは−くさはをかけて−いつしくるらむ


00233
為定 (632)

やまふかき−あきのもみちの−いろよりも−あさからすこそ−たつねいりぬれ


00234
阿仏 (601)

ありとたに−ひとにしられぬ−もみちかな−こすゑはよもの−やまをへたてて


00235
実隆 (901)

かつちるも−こころありけり−やまかせの−もみちやふかく−ひとさそふらむ


00236
定家 (097)

あきかせの−うははにためぬ−しらつゆを−しをらてひたす−あさかほのはな


00237
為家 (407)

あはれなり−きゆるにやすき−しらつゆを−やとしよわれる−あさかほのはな


00238
為定 (632)

はかなしや−あたなるつゆの−いろにたに−なほうつまるる−あさかほのはな


00239
阿仏 (601)

ひかけさす−つゆのしけさを−おもしとや−かつしをるらむ−あさかほのはな


00240
実隆 (901)

しをれけり−おくらすつゆを−おもひおきて−ひかけにやさく−あさかほのはな


00241
定家 (097)

おほゐかは−ゐせきのなみの−はなのいろ−うつろひすつる−きしのしらきく


00242
為家 (407)

いくちよを−せきていはまに−とめぬらむ−きくのかけゆく−たにかはのみつ


00243
為定 (632)

いろかはる−しもやはおそき−かはかせに−ほのかにうつる−しらきくのはな


00244
阿仏 (601)

むすふてに−かこそしるけれ−しらきくの−はなのみひたす−やまかはのみつ


00245
実隆 (901)

やまひとや−このかはかみに−いへもあらむ−にほひことなる−きくのしたみつ


00246
定家 (097)

またひとの−とはぬもうれし−くさきたに−なれてはをしき−あきのわかれを


00247
為家 (407)

あはれとも−くれゆくあきを−おもひしれ−わかみひとつに−をしむこころを


00248
為定 (632)

とまらすは−いかにせむとて−ゆくあきの−わかみひとつに−かなしかるらむ


00249
阿仏 (601)

おくしもも−たれとともにか−はらはまし−ふるきまくらに−あきのくれなは


00250
実隆 (901)

うきことに−なかめなれぬる−あるしにて−くれゆくあきの−われしたへかし



藤河五百首 冬

00251
定家 (097)

けふそへに−さこそしくれの−おとつれて−かみなつきとは−ひとにしられめ


00252
為家 (407)

わすれては−なほあきそとは−おもはまし−われをりしらぬ−しくれなりせは


00253
為定 (632)

かみなつき−あはれはかはり−しるしにて−あきよりふゆに−ふるしくれかな


00254
阿仏 (601)

ことさらに−うちしくれてそ−しられける−そらたのめなき−ふゆのはしめに


00255
実隆 (901)

さためなき−それをならひの−かみなつき−しくれはしるや−ものそかなしき


00256
定家 (097)

あさしもの−にはのもみちは−おもひしれ−おのかしたなる−こけのこころを


00257
為家 (407)

ちりしより−あさおくしもに−うつもれて−わかいろとしも−みえぬもみちは


00258
為定 (632)

さそひこし−あらしもおのか−ままならて−しもにくちぬる−にはのもみちは


00259
阿仏 (601)

ちりつもる−ふゆのこのはの−くれなゐを−いろことになす−にはのあさしも


00260
実隆 (901)

こほりつつ−しもふかからし−ふきかへす−おちはにおもき−かせのおとかな


00261
定家 (097)

まきのやに−あられのおとも−とたえつつ−かせのゆくへに−なひくむらくも


00262
為家 (407)

あられふる−まきのいたやの−かたひさし−おとにたててそ−ふゆはきにける


00263
為定 (632)

いとはれし−しくれののちの−まきのやに−おともかはらて−ふるあられかな


00264
阿仏 (601)

しくれにも−このはにもにす−おとたてて−あはれはしるき−いたひさしかな


00265
実隆 (901)

かきりあれは−あしのまろやの−あきかせを−しのふはかりに−あられふるころ


00266
定家 (097)

むかしへや−なにやまひめの−ぬのさらす−あとふりまかへ−けさのはつゆき


00267
為家 (407)

ふりそむる−ゆきよりあとそ−たえぬへき−たかののやまの−ふゆのひとめは


00268
為定 (632)

さそはるる−くものまよひに−かつふりて−ゆきもはつせの−やまかせそふく


00269
阿仏 (601)

しもよりも−さえまさるらし−はつゆきの−ふりそふやまの−かねのひひきは


00270
実隆 (901)

はつせやま−このあかつきの−かねのおとの−しもよりしるし−けふのはつゆき


00271
定家 (097)

わかかとは−けふこむひとに−わすられね−ゆきのこころの−にはをまかせて


00272
為家 (407)

いまよりは−ひとをもとはし−ふるゆきの−にはにはあとも−つけうかりけり


00273
為定 (632)

とはれける−みのならはしの−ありかほに−あといとはるる−にはのしらゆき


00274
阿仏 (601)

しらゆきの−にはをさかりに−きえぬまに−とへとおもひし−ひともまたれす


00275
実隆 (901)

ひとりみは−さすかにあかぬ−ゆきなから−とはれむあとは−をしきにはかな


00276
定家 (097)

すみよしの−まつやいつくと−ふるゆきに−なかめもしらぬ−とほつしまひと


00277
為家 (407)

なにはかた−あさみつしほは−とほけれと−ゆきはかくるる−うらのまつかせ


00278
為定 (632)

ふるゆきは−つもりにけりな−しらなみの−おとせてこゆる−すゑのまつやま


00279
阿仏 (601)

おきつかせ−ゆきふきかけて−しろたへの−なるをのまつは−はかへしてけり


00280
実隆 (901)

かけみたす−うみのみとりも−ふるゆきに−うつろひかはる−いそのまつはら


00281
定家 (097)

あしのはも−したをれはてて−みしまえの−いりえのつきの−かけもさはらす


00282
為家 (407)

みきはなる−あしのしをれは−ふきさやき−こほりもよほす−まののはまかせ


00283
為定 (632)

なにはかた−いりえのなみは−おとたてて−あしのかれはは−かせもとまらす


00284
阿仏 (601)

なにはかた−ありしにもあらぬ−ふゆかれに−あとまとはるる−しものあしはら


00285
実隆 (901)

なにはひと−かこふかきほの−あしのはの−ふゆかれさむく−かよふうらかせ


00286
定家 (097)

にほのうみや−つきまつうらの−さよちとり−いつれのしまを−さしてなくらむ


00287
為家 (407)

かせさむみ−おきつささなみ−さくはなに−ともまとはせる−うらちとりかな


00288
為定 (632)

おとたえて−しかのうらなみ−こほるよは−たちもさわかて−なくちとりかな


00289
阿仏 (601)

とほさかる−かたたのおきの−さよちとり−あとやはとめぬ−なみのうへかは


00290
実隆 (901)

うらとほく−おもふかたたの−とももあれや−ゆふなみちとり−たちかへりなく


00291
定家 (097)

おきとめす−まつをあらしの−はらふよは−かものあをはの−しもそかさなる


00292
為家 (407)

かつこほる−いけのたまもの−かりまくら−むすふしもよに−をしうらむらむ


00293
為定 (632)

いけみつに−たちもはなれぬ−あしかもの−うきねはかりそ−こほらさりける


00294
阿仏 (601)

かつこほる−なみたのとこに−ならはすは−をしのうきねを−よそにきかまし


00295
実隆 (901)

はねかはす−なかたにしもの−さむきよに−ひとりのをしや−こゑもをしまぬ


00296
定家 (097)

いまいくか−うちいつるなみの−はつはなも−たにのこほりの−したにまつらむ


00297
為家 (407)

たにかはの−はやくくれゆく−としなみに−むすふこほりも−あすやとくへき


00298
為定 (632)

いたつらに−こほりかさねて−ゆくとしの−ひかすもしらぬ−たにかはのみつ


00299
阿仏 (601)

たにかはの−うへはつれなく−こほれとも−あすをはるとや−したにとくらむ


00300
実隆 (901)

ゆくとしに−はるをやいそく−うくひすの−なみたのつらら−むすふたにかせ



藤河五百首 恋

00301
定家 (097)

おもひあまり−そのさとひとに−こととはむ−おなしをかへの−まつはみゆやと


00302
為家 (407)

けふこそは−うらわによする−みるめをも−しらするかせを−たつねそめつれ


00303
為定 (632)

さそひくる−かすみのひまの−はるかせに−またみぬはなの−ゆくへをそとふ


00304
阿仏 (601)

こととはむ−おもふそなたの−うきくもに−かかるこころの−しるへありやと


00305
実隆 (901)

かすかのの−のもりはしるや−いかにして−ゆきまのくさの−はつかにもみむ


00306
定家 (097)

あきのしもに−うつろふはなの−なはかりも−かけすよむしの−なくねならねは


00307
為家 (407)

まつかせの−おとをききても−なけきのみ−くははることの−ねをやしのはむ


00308
為定 (632)

よそにきく−くもゐのかりの−ひとこゑに−うきなわすれて−いかかしたはむ


00309
阿仏 (601)

おとはかり−それとふくこそ−まつかせを−みにしむとたに−ひとにしらせし


00310
実隆 (901)

なくかはつ−みつのしたなる−もろこゑも−ふかきおもひの−たくひにそきく


00311
定家 (097)

めもはるに−もえてはみえし−むらさきの−いろこきのへの−くさきなりとも


00312
為家 (407)

ちらすなよ−したにふせやの−よはのつゆ−そのはらからの−かせもこそふけ


00313
為定 (632)

なきなそと−いひてもはての−いかならむ−おやのまもりを−そむくみならは


00314
阿仏 (601)

おなしのの−くさのはらから−たつぬとも−ものおもふそての−つゆとこたへし


00315
実隆 (901)

こころせよ−たたおなしのの−くさにこそ−そてよりあまる−つゆもしらるれ


00316
定家 (097)

ゆきかへり−あふせもしらぬ−みそきかは−かなしきことは−かすまさりつつ


00317
為家 (407)

さてもなほ−かけてかひなき−たむけかな−ひとはうきたの−もりのしめなは


00318
為定 (632)

いかになほ−つれなからまし−かみたにも−うけぬちきりの−ほととしらせは


00319
阿仏 (601)

あふことを−いのりししるし−あらはさて−かみもつれなき−みわのすきむら


00320
実隆 (901)

わかためは−つれなきものと−つくりはてし−ひとにむすふの−かみもうらめし


00321
定家 (097)

たつたやま−このはののちの−かりまくら−かはすもあたに−つゆこほれつつ


00322
為家 (407)

わするなよ−くさひきむすふ−にひまくら−かはすちきりは−ひとよなりとも


00323
為定 (632)

かはらても−あたなるなかそ−しられぬる−たたひとよなる−くさのまくらは


00324
阿仏 (601)

あたなりな−ゆめちほとなき−かりそめの−くさのまくらも−つゆのちきりも


00325
実隆 (901)

ふるさとの−とはすかたりも−わりなきを−わすれねゆめの−つゆのたまくら


00326
定家 (097)

こよひたに−くらふのやまに−やともかな−あかつきしらぬ−ゆめやさめぬと


00327
為家 (407)

おのつから−まちうるよはの−さむしろに−かねてそとりの−ねはなかれける


00328
為定 (632)

うきものと−ききしはかりの−あかつきを−わかれぬさきの−みにいとふかな


00329
阿仏 (601)

わかるてふ−あかつきありと−おもふより−よふかきかねも−おとろかれつつ


00330
実隆 (901)

のちのよは−そのあかつきと−たのめても−たたいまきかむ−かねはうらめし


00331
定家 (097)

あさつゆは−ささわけしそてに−ほしかねて−ゆめかうつつか−とふひともなし


00332
為家 (407)

かへりつる−みちもくさはに−わけつれと−またふみもみす−そてもぬれそふ


00333
為定 (632)

たちかへり−とはれぬほとも−つらからす−こよひうきみと−ひとにしられは


00334
阿仏 (601)

きぬきぬの−わかれおもはは−けさはまつ−とはれなましと−みをそうらむる


00335
実隆 (901)

したひつる−なこりよいかに−みつくきの−あとなきものか−ひとのこころは


00336
定家 (097)

よそひとは−なになかなかの−ゆめならて−やみのうつつの−みえぬおもかけ


00337
為家 (407)

ゆめかとよ−みしをこころに−なくさめて−またよそになる−ゆふくれのそら


00338
為定 (632)

つれなさは−かはらぬなかの−つらさにて−みしをわするる−こころともかな


00339
阿仏 (601)

はなすすき−なひきはてにし−たもとより−またふきかへし−あきかせそふく


00340
実隆 (901)

ひとたひも−あはぬつらさに−くらへては−おもひておほき−よそのとしつき


00341
定家 (097)

あきかけて−ふりしくこのは−いくかへり−むなしきはるの−いろにいつらむ


00342
為家 (407)

あはれなり−たかまことなる−ちきりとて−をしむいのちも−としをへぬらむ


00343
為定 (632)

ちきりしを−たのむはかりに−なからへて−きえぬへきみの−としそへにける


00344
阿仏 (601)

いつまてそ−としつきとほく−なからへて−ちきりしすゑを−たのむいのちも


00345
実隆 (901)

つきひやは−ひとをまちける−ちきりしに−かかるいのちも−かきりこそあれ


00346
定家 (097)

たかまこと−よのいつはりの−いかならむ−たのまれぬへき−ふてのあとかな


00347
為家 (407)

たのめしは−なほいつはりの−くれかとも−おもひさためて−みをくたかはや


00348
為定 (632)

かはりゆく−ひとのこころの−いつはりは−うらみもはてぬ−つらさなりけり


00349
阿仏 (601)

まこととは−おもひさためぬ−ことのはも−よしたたしはし−たのみこそせめ


00350
実隆 (901)

うらなしと−みゆるものから−こひころも−なほつきくさの−いろそあやしき


00351
定家 (097)

うちなひく−けふりくらへに−もえまさる−おもひのたきき−みもこかれつつ


00352
為家 (407)

ひきかへす−うらにかきおく−もしほくさ−やかてなみたに−くちぬへきかな


00353
為定 (632)

うらみつる−わかことわりも−わすられて−まさるつらさに−かけるたまつさ


00354
阿仏 (601)

よそへても−なほうとまれぬ−なてしこに−つゆおきそふる−みつくきのあと


00355
実隆 (901)

またやみむ−たたほのかなる−ひとふても−なさけありけに−みゆるいらへは


00356
定家 (097)

いろにいてて−いひなしをりそ−さくらとの−あけなからなる−はるのたもとを


00357
為家 (407)

ひとそうき−しつのをたまき−いやしきを−みにしるとかは−なきになされて


00358
為定 (632)

うきなから−かすならぬみの−つらさをも−いとはれてこそ−おもひしりぬれ


00359
阿仏 (601)

ことわりや−さしもけはしき−むくらふの−やとからつらき−ひとのよかれは


00360
実隆 (901)

もかみかは−へたつるなみを−いかにせむ−みはいなふねの−くたりはてつつ


00361
定家 (097)

みちのへの−ゐてのしたおひ−ひきむすひ−わすれはつらし−はつくさのつゆ


00362
為家 (407)

めくりあはむ−すゑをそたのむ−みちのへの−ゆきわかれぬる−あたのちきりを


00363
為定 (632)

あたなりや−みちのしはくさ−かりそめに−むすひはてぬる−つゆのちきりは


00364
阿仏 (601)

なほさりの−みちゆきふりも−わするなよ−ちきりしままの−こころかはらて


00365
実隆 (901)

をくるまの−わりなきみちや−あすかゐの−やとりたつねし−ゆふくれのそら


00366
定家 (097)

おもひやれ−むくらのかとの−さしなから−きてかへさるる−つゆのころもて


00367
為家 (407)

あきのよの−あけせぬまきの−とはかりに−ゆきてはかへる−そてをみせはや


00368
為定 (632)

ふかきよの−わかれといひて−まきのとの−あけぬにかへる−みとはしられし


00369
阿仏 (601)

たつねつる−ひとはつれなき−まきのとを−あけぬよすから−さてやかへらむ


00370
実隆 (901)

ひとそうき−かともるいぬは−なるるまて−いくよをたたに−ゆきかへるらむ


00371
定家 (097)

いかにせむ−たのめしさとを−すみのえの−きしにおふてふ−くさにまかへて


00372
為家 (407)

われそうき−そことはそこを−しらくもの−をしへしつきの−かけはいりにき


00373
為定 (632)

わするとて−ひとのかこたは−なほさりに−をしへしやとと−われもうらみむ


00374
阿仏 (601)

せめておもふ−こころまとひと−いひなから−をしへしやとを−さやはわするる


00375
実隆 (901)

いかにせむ−あたにたのむに−なりぬへし−をしへしやとを−ひとにたとらは


00376
定家 (097)

なからへよ−あらはあふよと−たむけして−としのをいのる−もりのしめなは


00377
為家 (407)

いまはたた−こひをいのりに−なしはてて−あらはとはかり−みををしむかな


00378
為定 (632)

かみにたに−うきみのほとを−しられすは−あふにかへむと−なほやいのらむ


00379
阿仏 (601)

なかららへて−あふをかきりと−たのますは−をしからぬみを−いのりやはせむ


00380
実隆 (901)

あちきなく−いのるちきりも−みのための−みおもふならは−おもひすてはや


00381
定家 (097)

わたつうみや−いくうらうらに−みつしほの−みらくすくなき−なかのかよひち


00382
為家 (407)

わかこころ−いくやまかはを−あくかれて−しのふのおくに−みちたとるらむ


00383
為定 (632)

いとふそよ−かよふこころの−たのみたに−なくてへたつる−みねのしらくも


00384
阿仏 (601)

のもやまも−こえていくかを−へたつらむ−さかひはるかに−まよふこひちは


00385
実隆 (901)

きみなけく−おもひはきりの−うみやまに−みゆらむものを−なかめたにやれ


00386
定家 (097)

かりそめの−たたなのりそに−なひくらむ−わかみのかたは−たえぬけふりを


00387
為家 (407)

ほかさまに−なをかるくさの−つかのまも−なひくにつけて−みそしられぬる


00388
為定 (632)

いかにせむ−うきなをかへて−かこつとも−つらきこころの−ひとをわかすは


00389
阿仏 (601)

かよふとは−よひよひことに−しるひとも−あらぬひとをや−それといはまし


00390
実隆 (901)

たかためも−うしろめたしや−われならぬ−なのりにひとの−なひくをもみは


00391
定家 (097)

あふひくさ−ひとのかさしか−とはかりに−なをたにかけて−とふひともなし


00392
為家 (407)

おなしよに−なしやありやも−しらなみの−よるへたえにし−かたのなかはま


00393
為定 (632)

おなしよに−ゆくへをさへに−たとるこそ−あまりよそなる−ちきりなりけれ


00394
阿仏 (601)

おほつかな−あらしにまよふ−ささかにの−いかなるかたと−たれにとはまし


00395
実隆 (901)

あらしふく−あきをもしらて−とこなつに−たのめかおきし−つゆのことのは


00396
定家 (097)

もしほくさ−あまのすさひも−かきたえぬ−さとのしるへの−こころくらへに


00397
為家 (407)

いまはまた−ゆくへもしらす−あとたえぬ−かたみにふきし−くすのうらかせ


00398
為定 (632)

つらかりし−こころくらへを−たかうきに−おもひさためて−とほさかるらむ


00399
阿仏 (601)

はてはまた−つらしくらへし−ことのはも−おのかさまさま−いろさかりけり


00400
実隆 (901)

うらみをは−よのことわりに−まかせきて−まけしととへは−ひともつれなし



藤河五百首 雑

00401
定家 (097)

あけやらぬ−とりのねふかく−おくしもに−ねさめくるしき−よよのふること


00402
為家 (407)

まくらたに−うきたちぬへき−ねさめかな−むかしおほゆる−あかつきのゆめ


00403
為定 (632)

あかつきの−とりのなくねを−しるへにて−ねさめのほとそ−みにならひぬる


00404
阿仏 (601)

とりのねに−わかなみたそふ−あかつきを−いつよりなれし−ねさめなるらむ


00405
実隆 (901)

よのなかの−けふはきのふの−よしあしを−とふねさめにも−いつまてのそら


00406
定家 (097)

うゑおきし−わかものからの−にはのまつ−ゆふへはかせの−こゑそくやしき


00407
為家 (407)

そのことと−おもはぬくれも−かなしきは−まつふきわたる−あらしなりけり


00408
為定 (632)

ふくかせも−おなしみとりの−まつかえに−ゆふへはなにと−さひしかるらむ


00409
阿仏 (601)

いとせめて−ゆふくれことに−かなしきは−きくわれからの−にはのまつかせ


00410
実隆 (901)

ちきりおく−やとりやあやな−くれことの−まつをわすれぬ−やまおろしかな


00411
定家 (097)

いろかへぬ−あをはのたけの−うきふしに−みをしるあめの−あはれよのなか


00412
為家 (407)

あめおもき−まかきのたけの−をれかへり−くたれはのほる−つゆのしらたま


00413
為定 (632)

わかきみの−めくみをそへて−ふるあめに−みかきのたけの−いろそことなる


00414
阿仏 (601)

なよたけの−こころよわさは−よのほとの−あめにもたへす−すゑふしにけり


00415
実隆 (901)

ふりそめし−あめにそふかき−くれたけの−けふりのすゑは−かせのさえたも


00416
定家 (097)

はやせかは−いはうつなみの−しろたへに−こけのみとりの−いろそつれなき


00417
為家 (407)

なみあらふ−いそへのいしの−こけころも−ほすまそみえぬ−おきつしほかせ


00418
為定 (632)

むすこけは−いろもかはらて−うちよする−いはまのなみの−おとそくたくる


00419
阿仏 (601)

こけころも−われなきぬらす−たくひとや−いはこすなみの−まなくかくらむ


00420
実隆 (901)

うきくさの−こころかろさを−さそなおもふ−いはほのこけの−なみにぬれても


00421
定家 (097)

ひらのやま−みねのこからし−はらふよは−こころきよくも−つきをみるかな


00422
為家 (407)

よのつねの−みねにはかけも−いてなまし−ふしのねしらむ−あきのよのつき


00423
為定 (632)

まちいつる−ほとそさひしき−かつらきや−たかまのやまの−あきのよのつき


00424
阿仏 (601)

よのつねの−やまにはまさる−みねならは−まつよふくるも−つきのとかかは


00425
実隆 (901)

たかねより−みれはふもとの−くももなし−うなはらわけて−のほるつきかけ


00426
定家 (097)

くもふかき−あたりのやまに−つつまれて−おとのみおつる−たきのしらいと


00427
為家 (407)

やまにても−なほうきときや−まさるらむ−みたれておつる−たきのしらたま


00428
為定 (632)

たきのおとも−またききなれぬ−やまみつに−ならはてすむは−こころなりけり


00429
阿仏 (601)

をちこちの−いもせのやまに−かくれすは−よしののたきや−あらはなるへし


00430
実隆 (901)

あまのかは−せきいれてくもの−おとすかと−みなかみしらぬ−やまのたきつせ


00431
定家 (097)

あきのみつ−きよたきかはの−ゆふひかけ−このはもうかす−くもるはかりに


00432
為家 (407)

そこまても−なかれてきよし−かみかせや−いすすのかはの−みつのしらなみ


00433
為定 (632)

ちよをへて−ひとたひすめる−かはみつの−なかれはきみそ−くむへかりける


00434
阿仏 (601)

あさしとは−おもひなはてそ−やまかはの−そこまてきよき−こころみえなは


00435
実隆 (901)

みつかきの−いくよかすめる−をとめこか−そてふるかはの−おとたえすして


00436
定家 (097)

おなしのの−つゆもかすみも−わけわひぬ−ねのひのこまつ−まつむしのこゑ


00437
為家 (407)

さくらはな−ちよもいぬへく−みしのへに−あきさくいろの−うつろひにけり


00438
為定 (632)

たちかへり−おなしのはらに−あくかれて−はなももみちも−みにそなれぬる


00439
阿仏 (601)

すみれつむ−はるのならひに−こはきさく−のをなつかしみ−やとやからまし


00440
実隆 (901)

つゆのみや−あはれこてふも−おなしのの−いろかにうつる−はるあきのそら


00441
定家 (097)

ゆくひとの−かたみもあたに−おくつゆを−ふきなはらひそ−せきのやまかせ


00442
為家 (407)

しるしらす−ゆききもしはし−ととまらむ−きよみかせきの−なみにひかれて


00443
為定 (632)

たひひとの−たえぬゆききに−あふさかの−せきもりいかに−くるしかるらむ


00444
阿仏 (601)

あつまちの−せきのゆききは−たれとしも−しらぬになるる−ちきりありけり


00445
実隆 (901)

たへてすむ−なみかせなるる−たひひとの−そてをはしるや−すまのせきもり


00446
定家 (097)

くれかかる−よものくさきの−やまかせに−おのれしをるる−しはのそてかき


00447
為家 (407)

くれゆけは−そのふのやまに−ふくあらし−なれすはいかに−さひしからまし


00448
為定 (632)

やまさとに−たへてすまむと−おもひしは−あらしもきかぬ−ゆふへなりけり


00449
阿仏 (601)

あらしふく−やまのしはやの−すみうきに−なれてとしふる−ゆふへなれとも


00450
実隆 (901)

ききなれて−すきこしやまの−ゆふへにも−まさきおとして−あらしふくころ


00451
定家 (097)

ふるさとを−しのふるひとや−わたしけむ−さてもとはれぬ−たにのかけはし


00452
為家 (407)

はれすのみ−くもしくいはの−みねのいほ−われよりほかの−あとをやけみる


00453
為定 (632)

おもひやれ−かかるひとめの−ふゆにたに−かきらぬやまの−おくのさひしさ


00454
阿仏 (601)

すみあらす−いほりあまたに−なりにけり−なほうきときを−われしのふまに


00455
実隆 (901)

やまさとよ−たまたまひとの−こととふも−いとひこそせめ−またむとやおもふ


00456
定家 (097)

しるらめや−たゆたふふねの−なみまより−みゆるこしまの−もとのこころを


00457
為家 (407)

わたのはら−なみちのすゑは−なかたえて−くもにうきたつ−あまのつりふね


00458
為定 (632)

みわたせは−なみまのひかけ−くれぬらし−はやこきかへれ−あまのつりふね


00459
阿仏 (601)

やまもなく−くももかはらて−うなはらや−ゆくへもしらぬ−なみのはてかな


00460
実隆 (901)

このよとは−かけてもみえぬ−なみちかな−なもひさかたの−あまのはしたて


00461
定家 (097)

ゆふつくよ−やとかりそめし−かけなから−いくありあけの−ともとなるらむ


00462
為家 (407)

たひのそら−うきていてにし−のやままて−みちもやとりも−つきそともなふ


00463
為定 (632)

ちきらすよ−なれしみやこの−よはのつき−くさのまくらの−ともとなれとは


00464
阿仏 (601)

おくれゆく−つきをよなよな−たのむかな−たひのそらなる−ともなしにして


00465
実隆 (901)

さそひくる−ふるさとひとの−おもかけに−つきこそたひの−つゆをそへけれ


00466
定家 (097)

たひころも−ぬくやたまのを−よるのあめは−そてにみたれて−ゆめもむすはす


00467
為家 (407)

みやこおもふ−なみたもつゆも−かりのやに−なほもるよはの−あめしをりつつ


00468
為定 (632)

みやこおもふ−かりねのそてに−ふるあめや−ほさぬなみたの−たくひなるらむ


00469
阿仏 (601)

よもすから−あめになみたを−てもたゆく−しをりそへたる−たひころもかな


00470
実隆 (901)

もりくるや−とこもしくしく−ふるあめに−たひねのまくら−ねむかたもなし


00471
定家 (097)

あけぬとて−とまりこきいつる−ともふねの−ほしのまきれに−くもそわかるる


00472
為家 (407)

くらきよの−やへのしほちの−なみまより−はなれてあくる−そらのよこくも


00473
為定 (632)

へたてつる−よのまのくもや−わかるらむ−あらはれそむる−おきつしらなみ


00474
阿仏 (601)

いもかしま−かたみのつきの−ありあけに−なみこそかけめ−くもなへたてそ


00475
実隆 (901)

あくるよの−しほひしられて−あしたつの−かへるくもふく−□□かせのこゑ


00476
定家 (097)

まとろめは−いやはかななる−ゆめのうちの−みはいくよとて−さめぬなけきそ


00477
為家 (407)

あるもゆめ−なきもゆめそと−いひなから−けにさとられぬ−みをいかかせむ


00478
為定 (632)

あたにみし−ひとよのゆめの−そのままに−さめてはもとの−うきよなりけり


00479
阿仏 (601)

あるものと−たのむこのよの−はかなさは−ゆめをみてこそ−おもひあはすれ


00480
実隆 (901)

うつせみの−ねてみるならぬ−ひとのよの−ゆめにいくたひ−なきつくすらむ


00481
定家 (097)

ひきすつる−ためしもかなし−かきつめし−おとろのみちの−もとのくちはは


00482
為家 (407)

よのなかを−わきてはいはす−なつくさの−たたわれからと−つゆそこほるる


00483
為定 (632)

うつもるる−しものしたくさ−あらはれて−さかへむはるの−ひかりをそまつ


00484
阿仏 (601)

ねをたえて−みなわにましる−うきくさの−うきなからまた−ゆくかたもなし


00485
実隆 (901)

なほさりの−おもひをのみや−わすれくさ−うきみのためは−ねをやたえけむ


00486
定家 (097)

ここのへの−とのへのあふち−わするなよ−むそちのともは−くちてやみぬと


00487
為家 (407)

よのなかは−あまのしほきの−からくのみ−ありふるままに−おもひとられて


00488
為定 (632)

さりともと−たのみをかけて−かすかやま−うきみわするる−きたのふちなみ


00489
阿仏 (601)

えたかはす−むかしのちきり−くちはてて−ひとりふるきの−なにのこるらむ


00490
実隆 (901)

みすやいかに−まかれるえたに−おもはれて−なほきこすゑの−あらはれぬよを


00491
定家 (097)

あまのとを−あくるひことに−しのふとて−しらぬむかしは−たちもかへらす


00492
為家 (407)

すきにける−むかしをいまと−おもふまに−けふもきのふと−なりぬへきかな


00493
為定 (632)

しのはるる−そのいにしへは−へたたりて−またぬつきひの−なとつもるらむ


00494
阿仏 (601)

としつきも−とほさかりゆく−むかしそと−おもふにつけて−こひぬひもなし


00495
実隆 (901)

ありふれは−へたたりまさる−こしかたを−ものわすれせよ−なとしのふらむ


00496
定家 (097)

いのるより−かみもさこそは−ねかふらめ−きみあきらかに−たみやすくとは


00497
為家 (407)

ゆるきなく−ときはかきはに−まもるらむ−いすすのかはの−かみのみやゐは


00498
為定 (632)

よろつよに−まつのちとせの−いろそへて−きみをそまもる−すみよしのかみ


00499
阿仏 (601)

よろつよを−さそなひさしく−てらすらし−たのむひよしの−かみのちかひに


00500
実隆 (901)

いのること−いろはかはれと−きみかよを−まつすみよしの−まつのことのは