[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

登蓮恋百首


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名登蓮恋百首 
作品集名読みとれんこいひゃくしゅ 
作成年月日成立年未詳
場所 

00001
登蓮 (551)

あふさかを−なににいそきて−こえにけむ−すゑになこその−せきもありけり


00002
登蓮 (551)

わけかねて−きえけるひとも−あるものを−うきみをくれに−またしらすらむ


00003
登蓮 (551)

かせふけは−おきつしらすに−をるなみの−まなくちきりし−かひもなきかな


00004
登蓮 (551)

わすらるる−わかみのみこそ−からころも−なにかはひとを−うらみしもせむ


00005
登蓮 (551)

かくはかり−なけかしものを−にしききの−たてなからたに−くちなましかは


00006
登蓮 (551)

もろともに−つくつくとせし−かねことの−ひとわらへにも−なりにけるかな


00007
登蓮 (551)

なかれてと−たのめしものを−みつのうへの−あはれやひとに−わすられにけり


00008
登蓮 (551)

たちよりて−いくよのほとも−へぬものを−ふしたえにけり−しつのしけいと


00009
登蓮 (551)

かりにたに−おとつれぬかな−おほあらきの−もりのくさとや−われになりにし


00010
登蓮 (551)

きみをこそ−わすれわひぬれ−いままさせ−くもさへやこひの−かきりなるらむ


00011
登蓮 (551)

きみかこし−なかやのみちも−くさむして−とふふすはかり−なりにけるかな


00012
登蓮 (551)

おもひきや−うれしくとけし−したひもに−はてはうらみを−むすふへしとは


00013
登蓮 (551)

ひとこころ−かからむものと−おもひせは−うちたれかみも−あけすそあはまし


00014
登蓮 (551)

いまさらに−なそやつれなき−いにしへに−わかみやかへる−ひとやそのひと


00015
登蓮 (551)

ひまもなく−かかるなみたも−あるものを−あたにたえにし−ひとにみせはや


00016
登蓮 (551)

なやうとて−すきむことこそ−かたからめ−みしかとたにも−なきけしきかな


00017
登蓮 (551)

わすらるる−わかみをのみや−うらむへき−わするるひとの−つらからぬかは


00018
登蓮 (551)

ありつつも−またもやあふと−おもはすは−をしかるへくも−なきわかみかな


00019
登蓮 (551)

かねてより−かからむものと−おもひせは−あくれはおきし−つゆときえなまし


00020
登蓮 (551)

なほやさは−ほのめかさまし−はなすすき−ひとのこころに−あきははつとも


00021
登蓮 (551)

われやあらぬ−ひとやはかはる−わすられし−あふくれことに−ちきりしはたそ


00022
登蓮 (551)

わすらるる−いまこそうけれ−いにしへは−なつさひてこそ−すきしみなれと


00023
登蓮 (551)

ゆめにたに−ありしかことく−よもすから−ふしあかしつと−みるよしもかな


00024
登蓮 (551)

われにのみ−つれなくみえて−たれにまた−おもひつくまの−なへつくるらむ


00025
登蓮 (551)

うきひとに−うくおほほえむ−ひともかな−おもひしらせて−おもひしられむ


00026
登蓮 (551)

しののめの−そてにたまひく−やまかつら−はなるるにこそ−あふとしりぬれ


00027
登蓮 (551)

よとともに−ぬれのみわたる−たもとかな−のなかのしみつ−おもひいつれは


00028
登蓮 (551)

そのままに−またこそわれは−うちふさね−きみはたれとか−にひまくらする


00029
登蓮 (551)

あさからす−たのみわたりて−よもの□を−なとたえにけむ−ほりかはのみつ


00030
登蓮 (551)

こころこそ−なほひかれけれ−おもえすに−うたてふりにし−たつかゆみかな


00031
登蓮 (551)

みさこゐる−すまのいりえに−みつしほの−からしやひとに−わすらるるみは


00032
登蓮 (551)

いかてわれ−みとのま□はひ−ならすとも−いまひとたひも−よそなからみむ


00033
登蓮 (551)

うかりける−ひとのこころを−しらすけの−おいのよまてと−ちきりけるかな


00034
登蓮 (551)

おもはしと−おもふおもひを−おもひにて−おもひたえせぬ−おもひをそする


00035
登蓮 (551)

いひそめし−ときになかなか−うかりせは−なさけなしとて−やみもしなまし


00036
登蓮 (551)

わすらるる−みをつみてこそ−しられけれ−わかわすれにし−ひとのなけきは


00037
登蓮 (551)

きみかこと−おもひつつけて−さぬるよは−なみたにうかふ−すけのをまくら


00038
登蓮 (551)

こころをは−くたかしものを−はしめより−いはねのこまつ−ねかたかりせは


00039
登蓮 (551)

かせはやみ−あさちかすゑの−しらつゆや−あたなるひとの−こころなるらむ


00040
登蓮 (551)

ひとしれす−せぬわさわさを−せしなかに−なにをかきみは−おもひいつらむ


00041
登蓮 (551)

いとはるる−みにもたらはぬ−こころかな−なにとてひとの−くるしかるらむ


00042
登蓮 (551)

いまみらむ−ゆつのつま□し−さしもよに−われ□もおもふ−ひともいてこし


00043
登蓮 (551)

おもひいつや−あふことかたの−うつせかひ−はなれかたくて−すきしむかしを


00044
登蓮 (551)

きみとわか−とよさかまくら−せしときに−かくなけかしき−ことやたてけむ


00045
登蓮 (551)

としつきは−へたてゆくとも−つらかりし−そのおもかけは−みをもはなれす


00046
登蓮 (551)

しかすかに−なにをかひとも−いとはまし−うきをわすれるは−いのちなりとは


00047
登蓮 (551)

ちとせまて−はかへぬまつも−あるものを−ほとなくかはる−こころなりけり


00048
登蓮 (551)

おもはむと−つくつくいひし−ことのはは−わすれくさとや−はやなりにける


00049
登蓮 (551)

かひなくて−やみにしをたに−なけくみに−こひしさをたに−そへてけるかな


00050
登蓮 (551)

さりともと−とふのすかこも−みふにねて−なほならふをは−あきてこそまて


00051
登蓮 (551)

あ□しのち−たれにかきみは−つきくさの−はなめかしくて−よをすくすらむ


00052
登蓮 (551)

おもはぬを−おもふといかて−おもふへき−わすられなから−わすれぬそうき


00053
登蓮 (551)

うたてにも−おもひはなれぬ−こころかな−さはかりひとは−ふりすつれとも


00054
登蓮 (551)

われからと−ひとのつらさも−おほえつつ−かこつかたなき−ねをのみそなく


00055
登蓮 (551)

わすらるる−われもこころの−あるものを−わするるひとを−なそやわすれぬ


00056
登蓮 (551)

わかために−きみはあたこの−やまなれや−みねはなけきの−しけりのみゆく


00057
登蓮 (551)

うしときも−ありしものをと−ゆふされは−おもひやりつつ−ねをのみそなく


00058
登蓮 (551)

かすならぬ−みはくもりよの−つきなれや−おもはれてのみ−やみぬとおもへは


00059
登蓮 (551)

むすひつる−ちきりそつらき−ともかくも−ひとをはいまは−いはしろのまつ


00060
登蓮 (551)

あふことを−またもやとこそ−まつはやま−かひなくならむ−とやはおもはし


00061
登蓮 (551)

おもかけは−みしままにこそ−かはらぬに−こころしもなと−あらすなるらむ


00062
登蓮 (551)

いかにせむ−なみたにそての−くつとても−つつむはかりの−うれしけもなし


00063
登蓮 (551)

さらしなと−ちきりしものを−かひもなく−われをはすての−やまのはそうき


00064
登蓮 (551)

こひしてふ−ことのはのみそ−としをへて−あきはくれとも−いろやかはらぬ


00065
登蓮 (551)

おもひこそ−とほくもならめ−みちのくにの−しのふとたにも−しらせてしかな


00066
登蓮 (551)

ゆふくれと−たのめておきし−あかつきの−そてたにつゆは−ひまもなかりき


00067
登蓮 (551)

はるされは−やふらのききす−うちとけて−ねたくそひとに−わすられにける


00068
登蓮 (551)

おもひいつれは−あひみしほとの−つきひさへ−とほさかりゆく−ことのかなしき


00069
登蓮 (551)

なにはかた−なみまにおふる−あしのねの−ふしならひけむ−みをそうらむる


00070
登蓮 (551)

ゆめにたに−またもやみると−よもすから−かへすころもの−うらめしのみや


00071
登蓮 (551)

もろともに−へしとしつきの−いかなれは−われのみならの−みやこなるらむ


00072
登蓮 (551)

わかなかに−たれせきやまを−つくりけむ−あふみをよそに−みるそかなしき


00073
登蓮 (551)

たなはたを−もときしなかを−たなはたに−もとかるはかり−なりにけるかな


00074
登蓮 (551)

おもひきや−あまよの□□に−ふくかせの−めにさへみえす−ならむものとは


00075
登蓮 (551)

こきはなれ−やへのしほちに−ゆくふねの−ほのかにたにも−みるほとのなみ


00076
登蓮 (551)

わすれゆく−ひとをもいはし−うかりける−みのほとのみそ−おもひしらるる


00077
登蓮 (551)

ふたはさす−に□く□まゆの−こはいかに−ゆくへもしらす−かきたえにけむ


00078
登蓮 (551)

いとせめて−なにかこひしき−つらかりし−すかたはいまも−かはらしものを


00079
登蓮 (551)

おもひきや−ふせやにたつる−かやりひの−かはかりわれを−いとふへしとは


00080
登蓮 (551)

かれかれに−とふことのはの−なりゆくは−わかなかにたに−しもやおくらむ


00081
登蓮 (551)

つくつくと−やますゑぬしの−をしへけむ−むすふのかみの−しるしたになし


00082
登蓮 (551)

うとむらむ−ひとのこころを−うとまれて−うとまるるみの−うとましきかな


00083
登蓮 (551)

わすらるる−わかみはさもや−おほかたの−よさへあやなく−うらめしきかな


00084
登蓮 (551)

みしやゆめ−わかれやうつつ−うつ□とも−ゆめともえこそ−おもひさためね


00085
登蓮 (551)

わすれゆく−ひとのこころは−つらからて−おもひもしらぬ−みをそうらむる


00086
登蓮 (551)

かすならぬ−みをうらしまの−こはいかに−ちきりしかひも−なきよなるらむ


00087
登蓮 (551)

ころもてに−ひまなくかかる−しらつゆは−きみやかたみに−おきてわかれし


00088
登蓮 (551)

みしひとを−しのふのをかの−はなすすき−なひくはまねく−ここちこそすれ


00089
登蓮 (551)

ふたりねて−ふたりねたりと−みしゆめは−ひたり□□□□−ありけるものを


00090
登蓮 (551)

うちはらふ−そてにもあまる−なみたかな−ひとりぬるよの−ところせきかな


00091
登蓮 (551)

かれはつる−くさのしたはの−つゆけさは−わかみのうへに−なりけるものを


00092
登蓮 (551)

うつつにて−かからむなかと−おもひきや−さらぬわかれは−あるよなれとも


00093
登蓮 (551)

うしとのみ−おもひなるをの−ひとつまつ−またたくひなき−なけきをそする


00094
登蓮 (551)

つきひきえ−へたつるなかと−なりにけり−すきまをたにも−あらせやはせし


00095
登蓮 (551)

いまこそは−おもひあはすれ−あふことの−うれしかりしに−くやしかりけり


00096
登蓮 (551)

うしといひ−こひしといへは−きみゆゑに−こころのならぬ−□□そみ□ける


00097
登蓮 (551)

わす□るる−みをいつかたに−かくさまし−よのなかならぬ−よのなかもかな


00098
登蓮 (551)

なにことを−おもひさはりて−たえにけむ−わかみはこまの−せきならなくに


00099
登蓮 (551)

よそにひと−とりてもなほし−つらきかな−ありしこころは−いつちいにけむ


00100
登蓮 (551)

みつくきの−ねをみてたに□−しのはれむ−うきわかみこそ−すみにくくとも


00101
登蓮 (551)

ほとときす−まちしつきひを−なかねとも−けふこそわれは−はつねききつれ