[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

金玉和歌集


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名金玉和歌集 
作品集名読みきんぎょくわかしゅう 
作成年月日寛弘年間の成立(1004〜1012年間)
場所 

金玉和歌集 春
金玉和歌集 夏
金玉和歌集 秋
金玉和歌集 冬
金玉和歌集 恋
金玉和歌集 雑
金玉和歌集 異本歌

金玉和歌集 春

00001
未入力 (xxx)

はるたつとききつるからにかすかやまきえあへぬゆきのはなとみゆらん

はるたつと−ききつるからに−かすかやま−きえあへぬゆきの−はなとみゆらむ


00002
未入力 (xxx)

はるたつといふはかりにやみよしのの山もかすみてけさは見ゆらん

はるたつと−いふはかりにや−みよしのの−やまもかすみて−けさはみゆらむ


00003
未入力 (xxx)

よしの山みねのしらゆきいつきえてけさはかすみのたちかはるらん

よしのやま−みねのしらゆき−いつきえて−けさはかすみの−たちかはるらむ


00004
未入力 (xxx)

うくひすのこゑなかりせはゆききえぬやまさといかてはるをしらまし

うくひすの−こゑなかりせは−ゆききえぬ−やまさといかて−はるをしらまし


00005
未入力 (xxx)

谷風にとくるこほりのひまことにうちいつるなみやはるのはつはな

たにかせに−とくるこほりの−ひまことに−うちいつるなみや−はるのはつはな


00006
未入力 (xxx)

春のよのやみはあやなしむめのはないろこそみえねかやはかくるる

はるのよの−やみはあやなし−うめのはな−いろこそみえね−かやはかくるる


00007
未入力 (xxx)

わかせこに見せんとおもひしむめのはなそれとも見えすゆきのふれれは

わかせこに−みせむとおもひし−うめのはな−それともみえす−ゆきのふれれは


00008
未入力 (xxx)

ねのひする野辺にこまつのなかりせはちよのためしになにをひかまし

ねのひする−のへにこまつの−なかりせは−ちよのためしに−なにをひかまし


00009
未入力 (xxx)

ちとせまてかきれる松もけふよりは君にひかれてよろつよやへん

ちとせまて−かきれるまつも−けふよりは−きみにひかれて−よろつよやへむ


00010
未入力 (xxx)

ゆきてみぬ人もしのへとはるのののかたみにつめるわかななりけり

ゆきてみぬ−ひともしのへと−はるののの−かたみにつめる−わかななりけり


00011
未入力 (xxx)

やかすともくさはもえなんかすかのをたたはるの日にまかせたらなん

やかすとも−くさはもえなむ−かすかのを−たたはるのひに−まかせたらなむ


00012
未入力 (xxx)

このもとをすみかとすれはおのつからはな見る人となりぬへきかな

このもとを−すみかとすれは−おのつから−はなみるひとと−なりぬへきかな


00013
未入力 (xxx)

山たかみ雲井に見ゆるさくらはなこころの行きてをらぬ日そなき

やまたかみ−くもゐにみゆる−さくらはな−こころのゆきて−をらぬひそなき


00014
未入力 (xxx)

さくらちるこのした風はさむからてそらにしられぬ雪そふりける

さくらちる−このしたかせは−さむからて−そらにしられぬ−ゆきそふりける


00015
未入力 (xxx)

世のなかにたえてさくらのなかりせははるのこころはのとけからまし

よのなかに−たえてさくらの−なかりせは−はるのこころは−のとけからまし


00016
未入力 (xxx)

わかやとのはな見かてらにくる人はちりなむのちそこひしかるへき

わかやとの−はなみかてらに−くるひとは−ちりなむのちそ−こひしかるへき


00017
未入力 (xxx)

おもふことありてこそゆけ春かすみみちさまたけにたちかくすらん

おもふこと−ありてこそゆけ−はるかすみ−みちさまたけに−たちかくすらむ


00018
未入力 (xxx)

はるののにあさるききすのつまこひにおのかありかを人にしれつつ

はるののに−あさるききすの−つまこひに−おのかありかを−ひとにしれつつ


00019
未入力 (xxx)

ちりちらすきかまほしきを古さとのはなみてかへる人もあはなん

ちりちらす−きかまほしきを−ふるさとの−はなみてかへる−ひともあはなむ


00020
未入力 (xxx)

いにしへはちるをや人のをしみけむいまははなこそむかしこふらし

いにしへは−ちるをやひとの−をしみけむ−いまははなこそ−むかしこふらし


00021
未入力 (xxx)

はるきてそ人もとひける山さとははなこそやとのあるしなりけれ

はるきてそ−ひともとひける−やまさとは−はなこそやとの−あるしなりけれ


00022
未入力 (xxx)

はなもみなちりぬるやとはゆくはるのふるさととこそなりぬへらなれ

はなもみな−ちりぬるやとは−ゆくはるの−ふるさととこそ−なりぬへらなれ



金玉和歌集 夏

00023
未入力 (xxx)

ゆきやらてやまちくらしつほとときすいまひとこゑのきかまほしさに

ゆきやらて−やまちくらしつ−ほとときす−いまひとこゑの−きかまほしさに


00024
未入力 (xxx)

さ夜ふけてねさめさりせはほとときす人つてにこそ聞くへかりけれ

さよふけて−ねさめさりせは−ほとときす−ひとつてにこそ−きくへかりけれ



金玉和歌集 秋

00025
未入力 (xxx)

あふさかのせきのし水にかけ見えていまやひくらんもち月のこま

あふさかの−せきのしみつに−かけみえて−いまやひくらむ−もちつきのこま


00026
未入力 (xxx)

あふさかのせきのいはかとふみならし山たちいつるきりはらのこま

あふさかの−せきのいはかと−ふみならし−やまたちいつる−きりはらのこま


00027
未入力 (xxx)

かりにくときくにこころの見えぬれはわかたもとにはよせしとそ思ふ

かりにくと−きくにこころの−みえぬれは−わかたもとには−よせしとそおもふ


00028
未入力 (xxx)

かはきりのふもとをこめてたちぬれはそらにそあきの山はみえける

かはきりの−ふもとをこめて−たちぬれは−そらにそあきの−やまはみえける


00029
未入力 (xxx)

もみちせぬときはの山にすむしかはおのれなきてや秋をしるらん

もみちせぬ−ときはのやまに−すむしかは−おのれなきてや−あきをしるらむ


00030
未入力 (xxx)

見る人もなくてちりぬるおくやまのもみちはよるのにしきなりけり

みるひとも−なくてちりぬる−おくやまの−もみちはよるの−にしきなりけり


00031
未入力 (xxx)

くれてゆくあきのかたみにおく物はわかもとゆひのしもにそありける

くれてゆく−あきのかたみに−おくものは−わかもとゆひの−しもにそありける



金玉和歌集 冬

00032
未入力 (xxx)

こころあてにをらはやをらんはつしものおきまとはせるしらきくのはな

こころあてに−をらはやをらむ−はつしもの−おきまとはせる−しらきくのはな


00033
未入力 (xxx)

たつたかは紅葉□なかる神なひのみむろの山にしくれふるらし

たつたかは−もみち□なかる−かみなひの−みむろのやまに−しくれふるらし


00034
未入力 (xxx)

ゆふされはさほのかはらのかはきりにともまとはせるちとりなくなり

ゆふされは−さほのかはらの−かはきりに−ともまとはせる−ちとりなくなり


00035
未入力 (xxx)

おもひかねいもかりゆけは冬の夜のかはかせさむみ千鳥なくなり

おもひかね−いもかりゆけは−ふゆのよの−かはかせさむみ−ちとりなくなり


00036
未入力 (xxx)

よをさむみねさめてきけはをしそなくはらひもあへすしもやおくらん

よをさむみ−ねさめてきけは−をしそなく−はらひもあへす−しもやおくらむ


00037
未入力 (xxx)

御山にはあられふるらしとやまなるまさきのかつらいろつきにけり

みやまには−あられふるらし−とやまなる−まさきのかつら−いろつきにけり


00038
未入力 (xxx)

みよしのの山のしら雪つもるらしふるさとさむくなりまさるなり

みよしのの−やまのしらゆき−つもるらし−ふるさとさむく−なりまさるなり


00039
未入力 (xxx)

かそふれはわか身につもるとし月をおくりむかふとなにいそくらん

かそふれは−わかみにつもる−としつきを−おくりむかふと−なにいそくらむ



金玉和歌集 恋

00040
未入力 (xxx)

わかこひはむなしきそらにみちぬらしおもひやれともゆくかたもなし

わかこひは−むなしきそらに−みちぬらし−おもひやれとも−ゆくかたもなし


00041
未入力 (xxx)

こひせしとみたらしかはにせしみそき神はうけすもなりにけるかな

こひせしと−みたらしかはに−せしみそき−かみはうけすも−なりにけるかな


00042
未入力 (xxx)

わか恋はゆくへもしらすはてもなしあふをかきりとおもふはかりそ

わかこひは−ゆくへもしらす−はてもなし−あふをかきりと−おもふはかりそ


00043
未入力 (xxx)

ひとしれすたえなましかはわひつつもなき名そとたにいはましものを

ひとしれす−たえなましかは−わひつつも−なきなそとたに−いはましものを


00044
未入力 (xxx)

いまこんといひしはかりになか月のありあけの月をまちいてぬるかな

いまこむと−いひしはかりに−なかつきの−ありあけのつきを−まちいてぬるかな


00045
未入力 (xxx)

あふことのたえてしなくは中中に人をも身をもうらみさらまし

あふことの−たえてしなくは−なかなかに−ひとをもみをも−うらみさらまし


00046
未入力 (xxx)

むまたまのやみのうつつはさやかなるゆめにいくらもまさらさりけり

むまたまの−やみのうつつは−さやかなる−ゆめにいくらも−まさらさりけり



金玉和歌集 雑

00047
未入力 (xxx)

ほのほのとあかしのうらのあさきりにしまかくれゆくふねをしそ思ふ

ほのほのと−あかしのうらの−あさきりに−しまかくれゆく−ふねをしそおもふ


00048
未入力 (xxx)

わかのうらにしほみちくれはかたをなみあしへをさしてたつなきわたる

わかのうらに−しほみちくれは−かたをなみ−あしへをさして−たつなきわたる


00049
未入力 (xxx)

よの中をなににたとへんあさほらけこき行くふねのあとのしらなみ

よのなかを−なににたとへむ−あさほらけ−こきゆくふねの−あとのしらなみ


00050
未入力 (xxx)

もかりふねいまそなきさにきよすなるみきはのたつのこゑさわくなり

もかりふね−いまそなきさに−きよすなる−みきはのたつの−こゑさわくなり


00051
未入力 (xxx)

あまのはらふりさけ見れはかすかなるみかさの山にいてし月かも

あまのはら−ふりさけみれは−かすかなる−みかさのやまに−いてしつきかも


00052
未入力 (xxx)

いつしかときみにとおもひしわかなをはのりのためにそけふはつみつる

いつしかと−きみにとおもひし−わかなをは−のりのためにそ−けふはつみつる


00053
未入力 (xxx)

またしらぬ人もありけるあつまちにわれもゆきてそすむへかりける

またしらぬ−ひともありける−あつまちに−われもゆきてそ−すむへかりける


00054
未入力 (xxx)

わすられてしはしまとろむほともかないつかはきみをゆめならてみん

わすられて−しはしまとろむ−ほともかな−いつかはきみを−ゆめならてみむ


00055
未入力 (xxx)

君かすむやとのこすゑをゆくゆくとかくるるまてにかへり見しかな

きみかすむ−やとのこすゑを−ゆくゆくと−かくるるまてに−かへりみしかな


00056
未入力 (xxx)

わたのはらやそしまかけてこきいてぬと人にはつけよあまのつりぷね

わたのはら−やそしまかけて−こきいてぬと−ひとにはつけよ−あまのつりぷね


00057
未入力 (xxx)

ことのねにみねの松風かよふらしいつれのをよりしらへそめけん

ことのねに−みねのまつかせ−かよふらし−いつれのをより−しらへそめけむ


00058
未入力 (xxx)

おもひやるこころはかりはさはらしをなにへたつらんみねのしらくも

おもひやる−こころはかりは−さはらしを−なにへたつらむ−みねのしらくも


00059
未入力 (xxx)

ふちころもなかすなみたのかはみつはきしにもまさるものにそありける

ふちころも−なかすなみたの−かはみつは−きしにもまさる−ものにそありける


00060
未入力 (xxx)

思はんとたのめしこともあるものをなき名はたててたたにわすれぬ

おもはむと−たのめしことも−あるものを−なきなはたてて−たたにわすれぬ


00061
未入力 (xxx)

しはしたにへかたく見ゆるよの中にうらやましくもすめる月かな

しはしたに−へかたくみゆる−よのなかに−うらやましくも−すめるつきかな


00062
未入力 (xxx)

ここにたにひかりさやけき秋の月くものうへこそ思ひやらるれ

ここにたに−ひかりさやけき−あきのつき−くものうへこそ−おもひやらるれ


00063
未入力 (xxx)

みわのやまいかにまちみんとしふともたつぬる人もあらしと思へは

みわのやま−いかにまちみむ−としふとも−たつぬるひとも−あらしとおもへは


00064
未入力 (xxx)

いははしのよるのちきりもたえぬへしあくるわひしきかつらきのかみ

いははしの−よるのちきりも−たえぬへし−あくるわひしき−かつらきのかみ


00065
未入力 (xxx)

あまくたるあら人神のおひあひをおもへはひさしすみよしの松

あまくたる−あらひとかみの−おひあひを−おもへはひさし−すみよしのまつ


00066
未入力 (xxx)

君かへんやほよろつよをかそふれはかつかつけふそなぬかなりける

きみかへむ−やほよろつよを−かそふれは−かつかつけふそ−なぬかなりける


00067
未入力 (xxx)

としことのはるのわかれをあはれともひとにおくるる人そしりける

としことの−はるのわかれを−あはれとも−ひとにおくるる−ひとそしりける


00068
未入力 (xxx)

ありあけの月のひかりをまつほとにわかよのいたくふけにけるかな

ありあけの−つきのひかりを−まつほとに−わかよのいたく−ふけにけるかな


00069
未入力 (xxx)

いのちたにこころにかなふものならはなにかわかれのかなしかるへき

いのちたに−こころにかなふ−ものならは−なにかわかれの−かなしかるへき


00070
未入力 (xxx)

世の中はゆめかうつつかうつつともゆめともしらすありてなけれは

よのなかは−ゆめかうつつか−うつつとも−ゆめともしらす−ありてなけれは


00071
未入力 (xxx)

なかれてとたのめしことはゆくすゑのなみたのかはをいふにそありける

なかれてと−たのめしことは−ゆくすゑの−なみたのかはを−いふにそありける


00072
未入力 (xxx)

たよりあらはいかて宮こにつけやらんけふしらかはのせきはこえぬと

たよりあらは−いかてみやこに−つけやらむ−けふしらかはの−せきはこえぬと


00073
未入力 (xxx)

またしらぬふるさと人はけふまてにこんとたのめしわれをまつらん

またしらぬ−ふるさとひとは−けふまてに−こむとたのめし−われをまつらむ


00074
未入力 (xxx)

まちつらんみやこの人にあふさかのせきまてきぬとつけややらまし

まちつらむ−みやこのひとに−あふさかの−せきまてきぬと−つけややらまし


00075
未入力 (xxx)

かせふけはおきつしらなみたつたやまよはにやきみかひとりこゆらん

かせふけは−おきつしらなみ−たつたやま−よはにやきみか−ひとりこゆらむ


00076
未入力 (xxx)

つのくにのなからのはしもつくるなりいまは我か身をなににたとへん

つのくにの−なからのはしも−つくるなり−いまはわかみを−なににたとへむ



金玉和歌集 異本歌

00077
未入力 (xxx)

大はらやをしほの山の小松はらはやこたかかれ千代の影みん

おほはらや−をしほのやまの−こまつはら−はやこたかかれ−ちよのかけみむ


00078
未入力 (xxx)

恋しさを何につけてか慰まんぬるよなけれは夢にたに見す

こひしさを−なににつけてか−なくさまむ−ぬるよなけれは−ゆめにたにみす