[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

山家集_西行


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名山家集_西行 
作品集名読みさんかしゅう_さいぎょう 
作成年月日成立年時未詳(※1190年)
場所 
備考版本「六家集」は慶安(1648〜1652)ごろ開版された。 

山家集 巻上:春
山家集 巻上:夏
山家集 巻上:秋
山家集 巻上:冬
山家集 巻中:恋
山家集 巻中:雑
山家集 巻下
山家集 巻下:百首

山家集 巻上:春

00001
未入力 西行 (xxx)

としくれぬ春くへしとはおもひねにまさしく見えてかなふ初夢

としくれぬ−はるくへしとは−おもひねに−まさしくみえて−かなふはつゆめ


00002
未入力 西行 (xxx)

山のはのかすむけしきにしるきかなけさよりやさは春のあけほの

やまのはの−かすむけしきに−しるきかな−けさよりやさは−はるのあけほの


00003
未入力 西行 (xxx)

はるたつとおもひもあへぬあさいてにいつしかかすむおとは山かな

はるたつと−おもひもあへぬ−あさいてに−いつしかかすむ−おとはやまかな


00004
未入力 西行 (xxx)

たちかはる春をしれとも見せかほにとしをへたつる霞なりけり

たちかはる−はるをしれとも−みせかほに−としをへたつる−かすみなりけり


00005
未入力 西行 (xxx)

かとことにたつる小松にかさられてやとてふやとに春はきにけり

かとことに−たつるこまつに−かさられて−やとてふやとに−はるはきにけり


00006
未入力 西行 (xxx)

ねのひしてたてたる松にうゑそへんちよかさぬへきとしのしるしに

ねのひして−たてたるまつに−うゑそへむ−ちよかさぬへき−としのしるしに


00007
未入力 西行 (xxx)

山さとはかすみわたれるけしきにて空にやはるの立つを知るらん

やまさとは−かすみわたれる−けしきにて−そらにやはるの−たつをしるらむ


00008
未入力 西行 (xxx)

いつしかとはるきにけりと津のくにの難波のうらを霞こめたり

いつしかと−はるきにけりと−つのくにの−なにはのうらを−かすみこめたり


00009
未入力 西行 (xxx)

わきてけふあふさか山のかすめるはたちおくれたる春やこゆらん

わきてけふ−あふさかやまの−かすめるは−たちおくれたる−はるやこゆらむ


00010
未入力 西行 (xxx)

はるしれと谷のほそみつもりそくるいはまの氷ひまたえにけり

はるしれと−たにのほそみつ−もりそくる−いはまのこほり−ひまたえにけり


00011
未入力 西行 (xxx)

かすますはなにをか春とおもはましまたゆききえぬみよしのの山

かすますは−なにをかはると−おもはまし−またゆききえぬ−みよしののやま


00012
未入力 西行 (xxx)

もしほやくうらのあたりは立ちのかてけふりたちそふはるかすみかな

もしほやく−うらのあたりは−たちのかて−けふりたちそふ−はるかすみかな


00013
未入力 西行 (xxx)

浪こすとふたみのまつの見えつるはこすゑにかかる霞なりけり

なみこすと−ふたみのまつの−みえつるは−こすゑにかかる−かすみなりけり


00014
未入力 西行 (xxx)

はることにのへの小松をひく人はいくらの千よをふへきなるらん

はることに−のへのこまつを−ひくひとは−いくらのちよを−ふへきなるらむ


00015
未入力 西行 (xxx)

子日する人にかすみはさきたちてこまつかはらをたなひきてけり

ねのひする−ひとにかすみは−さきたちて−こまつかはらを−たなひきてけり


00016
未入力 西行 (xxx)

ねのひしにかすみたなひくのへに出ててはつ鴬のこゑをききつる

ねのひしに−かすみたなひく−のへにいてて−はつうくひすの−こゑをききつる


00017
未入力 西行 (xxx)

わかなつむけふにはつねのあひぬれはまつにや人のこころひくらん

わかなつむ−けふにはつねの−あひぬれは−まつにやひとの−こころひくらむ


00018
未入力 西行 (xxx)

けふはたたおもひもよらてかへりなむゆきつむのへのわかななりけり

けふはたた−おもひもよらて−かへりなむ−ゆきつむのへの−わかななりけり


00019
未入力 西行 (xxx)

かすかのはとしのうちにはゆきつみてはるはわかなのおふるなりけり

かすかのは−としのうちには−ゆきつみて−はるはわかなの−おふるなりけり


00020
未入力 西行 (xxx)

春雨のふるののわかなおひぬらしぬれぬれつまんかたみたぬされ

はるさめの−ふるののわかな−おひぬらし−ぬれぬれつまむ−かたみたぬされ


00021
未入力 西行 (xxx)

わかなつむのへのかすみにあはれなるむかしをとほくへたつとおもへは

わかなつむ−のへのかすみに−あはれなる−むかしをとほく−へたつとおもへは


00022
未入力 西行 (xxx)

うつゑつきななくさにこそおいにけれとしをかさねてつめるわかなに

うつゑつき−ななくさにこそ−おいにけれ−としをかさねて−つめるわかなに


00023
未入力 西行 (xxx)

わかなおふるはるののもりに我なりてうき世を人につみしらせはや

わかなおふる−はるののもりに−われなりて−うきよをひとに−つみしらせはや


00024
未入力 西行 (xxx)

うき身にてきくもをしきはうくひすの霞にむせふあけはのの山

うきみにて−きくもをしきは−うくひすの−かすみにむせふ−あけはののやま


00025
未入力 西行 (xxx)

鴬のこゑそかすみにもれてくる人めともしき春の山さと

うくひすの−こゑそかすみに−もれてくる−ひとめともしき−はるのやまさと


00026
未入力 西行 (xxx)

鴬のはるさめさめとなきゐたるたけのしつくやなみたなるらん

うくひすの−はるさめさめと−なきゐたる−たけのしつくや−なみたなるらむ


00027
未入力 西行 (xxx)

ふるすうとくたにの鴬なりはては我やかはりてなかんとすらん

ふるすうとく−たにのうくひす−なりはては−われやかはりて−なかむとすらむ


00028
未入力 西行 (xxx)

鴬はたにのふるすを出てぬともわかゆくへをはわすれさらなん

うくひすは−たにのふるすを−いてぬとも−わかゆくへをは−わすれさらなむ


00029
未入力 西行 (xxx)

うくひすは我をすもりにたのみてやたにのをかへはいててなくらむ

うくひすは−われをすもりに−たのみてや−たにのをかへは−いててなくらむ


00030
未入力 西行 (xxx)

はるのほとはわかすむいほのともに成りてふるすないてそ谷の鴬

はるのほとは−わかすむいほの−ともになりて−ふるすないてそ−たにのうくひす


00031
未入力 西行 (xxx)

もえいつるわかなあさるときこゆなりききすなくのの春の明ほの

もえいつる−わかなあさると−きこゆなり−ききすなくのの−はるのあけほの


00032
未入力 西行 (xxx)

おひかはるはるのわかくさまちわひてはらのかれのにききすなくなり

おひかはる−はるのわかくさ−まちわひて−はらのかれのに−ききすなくなり


00033
未入力 西行 (xxx)

春の霞いへたちいててゆきにけんききすたつ野をやきてけるかな

はるのかすみ−いへたちいてて−ゆきにけむ−ききすたつのを−やきてけるかな


00034
未入力 西行 (xxx)

かた岡にしはうつりしてなくききすたつはおととてたかからぬかは

かたをかに−しはうつりして−なくききす−たつはおととて−たかからぬかは


00035
未入力 西行 (xxx)

かをとめん人にこそまて山さとの垣ねの梅のちらぬかきりは

かをとめむ−ひとにこそまて−やまさとの−かきねのうめの−ちらぬかきりは


00036
未入力 西行 (xxx)

心せんしつかかきねの梅はあやなよしなくすくる人ととめけり

こころせむ−しつかかきねの−うめはあやな−よしなくすくる−ひとととめけり


00037
未入力 西行 (xxx)

このはるはしつか垣ねにふれはひてむめかかとめん人したしまん

このはるは−しつかかきねに−ふれはひて−うめかかとめむ−ひとしたしまむ


00038
未入力 西行 (xxx)

ぬしいかに風わたるとていとふらんよそにうれしき梅のにほひを

ぬしいかに−かせわたるとて−いとふらむ−よそにうれしき−うめのにほひを


00039
未入力 西行 (xxx)

梅か香をたにふところにふきためていりこん人にしめよ春風

うめかかを−たにふところに−ふきためて−いりこむひとに−しめよはるかせ


00040
未入力 西行 (xxx)

しはのいほにとくとくむめのにほひきてやさしきかたもあるすみかかな

しはのいほに−とくとくうめの−にほひきて−やさしきかたも−あるすみかかな


00041
未入力 西行 (xxx)

むめかかにたくへてきけはうくひすのこゑなつかしき春の山さと

うめかかに−たくへてきけは−うくひすの−こゑなつかしき−はるのやまさと


00042
未入力 西行 (xxx)

つくりおきしこけのふすまに鴬は身にしむ梅のかやにほふらん

つくりおきし−こけのふすまに−うくひすは−みにしむうめの−かやにほふらむ


00043
未入力 西行 (xxx)

ひとりぬるくさのまくらのうつりかは垣ねのむめのにほひなりけり

ひとりぬる−くさのまくらの−うつりかは−かきねのうめの−にほひなりけり


00044
未入力 西行 (xxx)

なにとなくのきなつかしきむめゆゑにすみけん人の心をそしる

なにとなく−のきなつかしき−うめゆゑに−すみけむひとの−こころをそしる


00045
未入力 西行 (xxx)

はるさめののきたれこむるつれつれにひとにしられぬひとのすみかか

はるさめの−のきたれこむる−つれつれに−ひとにしられぬ−ひとのすみかか


00046
未入力 西行 (xxx)

なにとなくおほつかなきはあまのはらかすみにきえてかへるかりかね

なにとなく−おほつかなきは−あまのはら−かすみにきえて−かへるかりかね


00047
未入力 西行 (xxx)

かりかねはかへるみちにやまよふらんこしのなかやま霞へたてて

かりかねは−かへるみちにや−まよふらむ−こしのなかやま−かすみへたてて


00048
未入力 西行 (xxx)

たまつさのはしかきかとも見ゆるかなとひおくれつつかへるかりかね

たまつさの−はしかきかとも−みゆるかな−とひおくれつつ−かへるかりかね


00049
未入力 西行 (xxx)

山さとへたれをまたこはよふことりひとりのみこそすまんとおもふに

やまさとへ−たれをまたこは−よふことり−ひとりのみこそ−すまむとおもふに


00050
未入力 西行 (xxx)

なはしろのみつをかすみはたなひきてうちひのうへにかくるなりけり

なはしろの−みつをかすみは−たなひきて−うちひのうへに−かくるなりけり


00051
未入力 西行 (xxx)

くもなくておほろなりともみゆるかな霞かかれる春のよの月

くもなくて−おほろなりとも−みゆるかな−かすみかかれる−はるのよのつき


00052
未入力 西行 (xxx)

山かつのかたをかかけてしむるいほのさかひにみゆるたまのをやなき

やまかつの−かたをかかけて−しむるいほの−さかひにみゆる−たまのをやなき


00053
未入力 西行 (xxx)

なかなかに風のほすにそみたれける雨にぬれたる青柳のいと

なかなかに−かせのほすにそ−みたれける−あめにぬれたる−あをやきのいと


00054
未入力 西行 (xxx)

見わたせはさほのかはらにくりかけてかせによらるるあをやきのいと

みわたせは−さほのかはらに−くりかけて−かせによらるる−あをやきのいと


00055
未入力 西行 (xxx)

みなそこにふかきみとりの色みえて風になみよるかはやなきかな

みなそこに−ふかきみとりの−いろみえて−かせになみよる−かはやなきかな


00056
未入力 西行 (xxx)

まつによりちらぬこころをやまさくらさきなは花のおもひしらなん

まつにより−ちらぬこころを−やまさくら−さきなははなの−おもひしらなむ


00057
未入力 西行 (xxx)

たれかまた花をたつねてよしの山こけふみわくるいはつたふらん

たれかまた−はなをたつねて−よしのやま−こけふみわくる−いはつたふらむ


00058
未入力 西行 (xxx)

いまさらに春をわするる花もあらしやすくまちつつけふもくらさん

いまさらに−はるをわするる−はなもあらし−やすくまちつつ−けふもくらさむ


00059
未入力 西行 (xxx)

おほつかないつれのやまのみねよりかまたるる花のさきはしむらん

おほつかな−いつれのやまの−みねよりか−またるるはなの−さきはしむらむ


00060
未入力 西行 (xxx)

そらにいてていつくともなくたつぬれはくもとははなの見ゆるなりけり

そらにいてて−いつくともなく−たつぬれは−くもとははなの−みゆるなりけり


00061
未入力 西行 (xxx)

ゆきとちしたにのふるすを思ひいててはなにむつるる鴬のこゑ

ゆきとちし−たにのふるすを−おもひいてて−はなにむつるる−うくひすのこゑ


00062
未入力 西行 (xxx)

よしの山くもをはかりにたつねいりてこころにかけし花をみるかな

よしのやま−くもをはかりに−たつねいりて−こころにかけし−はなをみるかな


00063
未入力 西行 (xxx)

おもひやる心やはなにゆかさらんかすみこめたるみよしののやま

おもひやる−こころやはなに−ゆかさらむ−かすみこめたる−みよしののやま


00064
未入力 西行 (xxx)

おしなへてはなのさかりに成りにけりやまのはことにかかるしらくも

おしなへて−はなのさかりに−なりにけり−やまのはことに−かかるしらくも


00065
未入力 西行 (xxx)

まかふいろに花さきぬれはよしの山はるははれせぬみねのしら雲

まかふいろに−はなさきぬれは−よしのやま−はるははれせぬ−みねのしらくも


00066
未入力 西行 (xxx)

よし野山こすゑの花を見し日より心は身にもそはす成りにき

よしのやま−こすゑのはなを−みしひより−こころはみにも−そはすなりにき


00067
未入力 西行 (xxx)

あくかるるこころはさてもやまさくらちりなんのちやみにかへるへき

あくかるる−こころはさても−やまさくら−ちりなむのちや−みにかへるへき


00068
未入力 西行 (xxx)

花みれはそのいはれとはなけれとも心のうちそくるしかりける

はなみれは−そのいはれとは−なけれとも−こころのうちそ−くるしかりける


00069
未入力 西行 (xxx)

しらかはのこすゑをみてそなくさむるよしのの山にかよふ心を

しらかはの−こすゑをみてそ−なくさむる−よしののやまに−かよふこころを


00070
未入力 西行 (xxx)

しらかはの春のこすゑの鴬ははなのことはをきくここちする

しらかはの−はるのこすゑの−うくひすは−はなのことはを−きくここちする


00071
未入力 西行 (xxx)

ひきかへてはなみる春はよるはなく月見るあきはひるなからなん

ひきかへて−はなみるはるは−よるはなく−つきみるあきは−ひるなからなむ


00072
未入力 西行 (xxx)

花ちらて月はくもらぬよなりせは物をおもはぬわか身ならまし

はなちらて−つきはくもらぬ−よなりせは−ものをおもはぬ−わかみならまし


00073
未入力 西行 (xxx)

たくひなきはなをしえたにさかすれは桜にならふ木そなかりける

たくひなき−はなをしえたに−さかすれは−さくらにならふ−きそなかりける


00074
未入力 西行 (xxx)

身をわけて見ぬこすゑなくつくさはやよろつのやまの花のさかりを

みをわけて−みぬこすゑなく−つくさはや−よろつのやまの−はなのさかりを


00075
未入力 西行 (xxx)

さくらさくよものやまへをかぬるまにのとかにはなを見ぬここちする

さくらさく−よものやまへを−かぬるまに−のとかにはなを−みぬここちする


00076
未入力 西行 (xxx)

はなにそむこころのいかてのこりけんすてはててきと思ふ我か身に

はなにそむ−こころのいかて−のこりけむ−すてはててきと−おもふわかみに


00077
未入力 西行 (xxx)

ねかはくは花のしたにて春しなんそのきさらきのもちつきのころ

ねかはくは−はなのしたにて−はるしなむ−そのきさらきの−もちつきのころ


00078
未入力 西行 (xxx)

ほとけにはさくらの花をたてまつれわかのちのよを人とふらはは

ほとけには−さくらのはなを−たてまつれ−わかのちのよを−ひととふらはは


00079
未入力 西行 (xxx)

なにとかやよにありかたき名をえたる花もさくらにまさりしもせし

なにとかや−よにありかたき−なをえたる−はなもさくらに−まさりしもせし


00080
未入力 西行 (xxx)

山さくらかすみのころもあつくきてこの暮たにも風つつまなん

やまさくら−かすみのころも−あつくきて−このくれたにも−かせつつまなむ


00081
未入力 西行 (xxx)

おもひやるたかねのくものはなならはちらぬなぬかははれしとそ思ふ

おもひやる−たかねのくもの−はなならは−ちらぬなぬかは−はれしとそおもふ


00082
未入力 西行 (xxx)

長閑なれこころをさらにつくしつつはなゆゑにこそ春はまちしか

のとかなれ−こころをさらに−つくしつつ−はなゆゑにこそ−はるはまちしか


00083
未入力 西行 (xxx)

かさこしのみねのつつきにさく花はいつさかりともなくやちりけん

かさこしの−みねのつつきに−さくはなは−いつさかりとも−なくやちりけむ


00084
未入力 西行 (xxx)

ならひありて風さそふとも山さくらたつぬるわれをまちつけてちれ

ならひありて−かせさそふとも−やまさくら−たつぬるわれを−まちつけてちれ


00085
未入力 西行 (xxx)

すそのやくけふりそ春はよしの山花をへたつる霞なりける

すそのやく−けふりそはるは−よしのやま−はなをへたつる−かすみなりける


00086
未入力 西行 (xxx)

いまよりは花みん人につたへおかんよをのかれつつやまにすまへと

いまよりは−はなみむひとに−つたへおかむ−よをのかれつつ−やまにすまへと


00087
未入力 西行 (xxx)

花見にとむれつつ人のくるのみそあたらさくらのとかには有りける

はなみにと−むれつつひとの−くるのみそ−あたらさくらの−とかにはありける


00088
未入力 西行 (xxx)

花もちり人もこさらんをりはまたやまのかひにてのとかなるへし

はなもちり−ひともこさらむ−をりはまた−やまのかひにて−のとかなるへし


00089
未入力 西行 (xxx)

年をへておなしこすゑににほへとも花こそ人にあかれさりけれ

としをへて−おなしこすゑに−にほへとも−はなこそひとに−あかれさりけれ


00090
未入力 西行 (xxx)

くもにまかふ花のしたにてなかむれはおほろに月は見ゆるなりける

くもにまかふ−はなのしたにて−なかむれは−おほろにつきは−みゆるなりける


00091
未入力 西行 (xxx)

花の色や声にそむらん鴬のなくねことなる春のあけほの

はなのいろや−こゑにそむらむ−うくひすの−なくねことなる−はるのあけほの


00092
未入力 西行 (xxx)

おのつから花なきとしの春もあらはなににつけてか日をくらすへき

おのつから−はななきとしの−はるもあらは−なににつけてか−ひをくらすへき


00093
未入力 西行 (xxx)

おもひいてになにをかせましこの春の花まちつけぬ我か身なりせは

おもひいてに−なにをかせまし−このはるの−はなまちつけぬ−わかみなりせは


00094
未入力 西行 (xxx)

わきてみんおい木は花もあはれなりいまいくたひか春にあふへき

わきてみむ−おいきははなも−あはれなり−いまいくたひか−はるにあふへき


00095
未入力 西行 (xxx)

このもとは見る人しけしさくらはなよそになかめてかをはをしまん

このもとは−みるひとしけし−さくらはな−よそになかめて−かをはをしまむ


00096
未入力 西行 (xxx)

よしの山ほきちつたひにたつね入りて花見しはるはひとむかしかも

よしのやま−ほきちつたひに−たつねいりて−はなみしはるは−ひとむかしかも


00097
未入力 西行 (xxx)

なかむるにはなのなたての身ならすはこの、とにてや雲をくらさん

なかむるに−はなのなたての−みならすは−このさとにてや−はるをくらさむ


00098
未入力 西行 (xxx)

まちきつるやかみのさくらさきにけりあらくおろすなみすの山かせ

まちきつる−やかみのさくら−さきにけり−あらくおろすな−みすのやまかせ


00099
未入力 としたか (xxx)

おのつからくる人あらはもろともになかめまほしき山さくらかな

おのつから−くるひとあらは−もろともに−なかめまほしき−やまさくらかな


00100
未入力 西行 (xxx)

なかむてふかすにいるへき身なりせはきみかやとにて春はへぬへし

なかむてふ−かすにいるへき−みなりせは−きみかやとにて−はるはへぬへし


00101
未入力 西行 (xxx)

見るひとに花もむかしをおもひいててこひしかるへしあめにしをるる

みるひとに−はなもむかしを−おもひいてて−こひしかるへし−あめにしをるる


00102
未入力 上西門院兵衛局 (xxx)

いにしへをしのふるあめとたれかみんはなもそのよのともしなけれは

いにしへを−しのふるあめと−たれかみむ−はなもそのよの−ともしなけれは


00103
未入力 西行 (xxx)

ぬるともとかけをたのみておもひけん人のあとふむけふにも有るかな

ぬるともと−かけをたのみて−おもひけむ−ひとのあとふむ−けふにもあるかな


00104
未入力 西行 (xxx)

ちるをみてかへるこころやさくらはなむかしにかはるしるしなるらん

ちるをみて−かへるこころや−さくらはな−むかしにかはる−しるしなるらむ


00105
未入力 西行 (xxx)

ちりそむる花のはつゆきふりぬれはふみわけまうきしかの山こえ

ちりそむる−はなのはつゆき−ふりぬれは−ふみわけまうき−しかのやまこえ


00106
未入力 西行 (xxx)

ちよくとかやくたすみかとのいませかしさらはおそれてはなやちらぬと

ちよくとかや−くたすみかとの−いませかし−さらはおそれて−はなやちらぬと


00107
未入力 西行 (xxx)

浪もなく風ををさめし白川のきみのをりもや花はちりけん

なみもなく−かせををさめし−しらかはの−きみのをりもや−はなはちりけむ


00108
未入力 西行 (xxx)

いかて我このよのほかのおもひいてにかせをいとはて花をなかめん

いかてわれ−このよのほかの−おもひいてに−かせをいとはて−はなをなかめむ


00109
未入力 西行 (xxx)

年をへてまつもをしむもやまさくら心を春はつくすなりけり

としをへて−まつもをしむも−やまさくら−こころをはるは−つくすなりけり


00110
未入力 西行 (xxx)

よし野山たにへたなひくしらくもはみねのさくらのちるにやあるらん

よしのやま−たにへたなひく−しらくもは−みねのさくらの−ちるにやあるらむ


00111
未入力 西行 (xxx)

吉野山みねなる花はいつかたのたににかわきてちりつもるらん

よしのやま−みねなるはなは−いつかたの−たににかわきて−ちりつもるらむ


00112
未入力 西行 (xxx)

山おろしのこのもとうつむ春の雪はいはゐにうくもこほりとそみる

やまおろしの−このもとうつむ−はるのゆきは−いはゐにうくも−こほりとそみる


00113
未入力 西行 (xxx)

はる風の花のふふきにうつまれてゆきもやられぬしかのやまみち

はるかせの−はなのふふきに−うつまれて−ゆきもやられぬ−しかのやまみち


00114
未入力 西行 (xxx)

立ちまかふみねの雲をははらふとも花をちらさぬあらしなりせは

たちまかふ−みねのくもをは−はらふとも−はなをちらさぬ−あらしなりせは


00115
未入力 西行 (xxx)

よしの山花ふきくしてみねこゆるあらしはくもとよそにみゆらん

よしのやま−はなふきくして−みねこゆる−あらしはくもと−よそにみゆらむ


00116
未入力 西行 (xxx)

をしまれぬ身たにもよにはあるものをあなあやにくの花の心や

をしまれぬ−みたにもよには−あるものを−あなあやにくの−はなのこころや


00117
未入力 西行 (xxx)

うきよにはととめおかしとはるかせのちらすは花ををしむなりけり

うきよには−ととめおかしと−はるかせの−ちらすははなを−をしむなりけり


00118
未入力 西行 (xxx)

もろともにわれをもくしてちりね花うきよをいとふ心ある身そ

もろともに−われをもくして−ちりねはな−うきよをいとふ−こころあるみそ


00119
未入力 西行 (xxx)

おもへたたはなのちりなんこのもとになにをかけにて我か身すみなん

おもへたた−はなのちりなむ−このもとに−なにをかけにて−わかみすみなむ


00120
未入力 西行 (xxx)

なかむとてはなにもいたくなれぬれはちるわかれこそかなしかりけれ

なかむとて−はなにもいたく−なれぬれは−ちるわかれこそ−かなしかりけれ


00121
未入力 西行 (xxx)

をしめともおもひけもなくあたにちるはなは心そかしこかりける

をしめとも−おもひけもなく−あたにちる−はなはこころそ−かしこかりける


00122
未入力 西行 (xxx)

こすゑふく風のこころはいかかせんしたかふはなのうらめしきかな

こすゑふく−かせのこころは−いかかせむ−したかふはなの−うらめしきかな


00123
未入力 西行 (xxx)

いかてかはちらてあれともおもふへきしはしとしたふなけきしれはな

いかてかは−ちらてあれとも−おもふへき−しはしとしたふ−なけきしれはな


00124
未入力 西行 (xxx)

このもとの花にこよひはうつもれてあかぬこすゑをおもひあかさん

このもとの−はなにこよひは−うつもれて−あかぬこすゑを−おもひあかさむ


00125
未入力 西行 (xxx)

このもとにたひねをすれはよしの山はなのふすまをきするはるかせ

このもとに−たひねをすれは−よしのやま−はなのふすまを−きするはるかせ


00126
未入力 西行 (xxx)

ゆきとみえて風にさくらのみたるれははなのかさきる春のよの月

ゆきとみえて−かせにさくらの−みたるれは−はなのかさきる−はるのよのつき


00127
未入力 西行 (xxx)

ちる花ををしむこころやととまりてまたこんはるのたねになるへき

ちるはなを−をしむこころや−ととまりて−またこむはるの−たねになるへき


00128
未入力 西行 (xxx)

はるふかみえたもゆるかてちる花は風のとかにはあらぬなるへし

はるふかみ−えたもゆるかて−ちるはなは−かせのとかには−あらぬなるへし


00129
未入力 西行 (xxx)

あなかちに庭をさへはくあらしかなさこそ心にはなをまかせめ

あなかちに−にはをさへはく−あらしかな−さこそこころに−はなをまかせめ


00130
未入力 西行 (xxx)

あたにちるさこそこすゑの花ならめすこしはのこせ春の山風

あたにちる−さこそこすゑの−はなならめ−すこしはのこせ−はるのやまかせ


00131
未入力 西行 (xxx)

こころえつたたひとすちに今よりは花ををしまて風をいとはん

こころえつ−たたひとすちに−いまよりは−はなををしまて−かせをいとはむ


00132
未入力 西行 (xxx)

吉野山さくらにまかふしら雲のちりなんのちははれすもあらなん

よしのやま−さくらにまかふ−しらくもの−ちりなむのちは−はれすもあらなむ


00133
未入力 西行 (xxx)

花とみはさすかなさけをかけましをくもとて風のはらふなるへし

はなとみは−さすかなさけを−かけましを−くもとてかせの−はらふなるへし


00134
未入力 西行 (xxx)

風さそふ花のゆくへはしらねともをしむ心は身にとまりけり

かせさそふ−はなのゆくへは−しらねとも−をしむこころは−みにとまりけり


00135
未入力 西行 (xxx)

花さかりこすゑをさそふ風なくてのとかにちらすはるにあははや

はなさかり−こすゑをさそふ−かせなくて−のとかにちらす−はるにあははや


00136
未入力 西行 (xxx)

風あらみこすゑのはなのなかれきてにはになみたつしらかはのさと

かせあらみ−こすゑのはなの−なかれきて−にはになみたつ−しらかはのさと


00137
未入力 西行 (xxx)

あたにちるこすゑの花をなかむれは魔にはきえぬゆきそつもれる

あたにちる−こすゑのはなを−なかむれは−にはにはきえぬ−ゆきそつもれる


00138
未入力 西行 (xxx)

ちる花のいほりのうへをふくならはかせいるましくめくりかこはん

ちるはなの−いほりのうへを−ふくならは−かせいるましく−めくりかこはむ


00139
未入力 西行 (xxx)

春風のはなをちらすと見るゆめはさめてもむねのさわくなりけり

はるかせの−はなをちらすと−みるゆめは−さめてもむねの−さわくなりけり


00140
未入力 西行 (xxx)

山さくらえたきる風のなこりなく花をさなからわかものにする

やまさくら−えたきるかせの−なこりなく−はなをさなから−わかものにする


00141
未入力 西行 (xxx)

こすゑうつあめにしをれてちる花のをしき心をなににたとへん

こすゑうつ−あめにしをれて−ちるはなの−をしきこころを−なににたとへむ


00142
未入力 西行 (xxx)

よしの山ひとむら見ゆるしらくもはさきおくれたるさくらなるへし

よしのやま−ひとむらみゆる−しらくもは−さきおくれたる−さくらなるへし


00143
未入力 西行 (xxx)

よしの山人に心をつけかほにはなよりさきにかかるしら雲

よしのやま−ひとにこころを−つけかほに−はなよりさきに−かかるしらくも


00144
未入力 西行 (xxx)

山さむみ花さくへくもなかりけりあまりかねてもたつねきにける

やまさむみ−はなさくへくも−なかりけり−あまりかねても−たつねきにける


00145
未入力 西行 (xxx)

かたはかりつほむとはなをおもふよりそそまたこころものになるらん

かたはかり−つほむとはなを−おもふより−そそまたこころ−ものになるらむ


00146
未入力 西行 (xxx)

おほつかなたにはさくらのいかならんみねにはいまたかけぬしら雲

おほつかな−たにはさくらの−いかならむ−みねにはいまた−かけぬしらくも


00147
未入力 西行 (xxx)

はなときくはたれもさこそはうれしけれおもひしつめぬ我かこころかな

はなときくは−たれもさこそは−うれしけれ−おもひしつめぬ−わかこころかな


00148
未入力 西行 (xxx)

はつはなのひらけはしむるこすゑよりそはへてかせのわたるなりけり

はつはなの−ひらけはしむる−こすゑより−そはへてかせの−わたるなりけり


00149
未入力 西行 (xxx)

おほつかなはなは心の春にのみいつれのとしかうかれそめけん

おほつかな−はなはこころの−はるにのみ−いつれのとしか−うかれそめけむ


00150
未入力 西行 (xxx)

いさことしちれとさくらをかたらはんなかなかさらは風やをしむと

いさことし−ちれとさくらを−かたらはむ−なかなかさらは−かせやをしむと


00151
未入力 西行 (xxx)

風ふくとえたをはなれておつましくはなとちつけよあをやきのいと

かせふくと−えたをはなれて−おつましく−はなとちつけよ−あをやきのいと


00152
未入力 西行 (xxx)

ふく風のなめてこすゑにあたるかなかはかり人のをしむさくらに

ふくかせの−なめてこすゑに−あたるかな−かはかりひとの−をしむさくらに


00153
未入力 西行 (xxx)

なにとかくあたなるはるのいろをしも心にふかくそめはしめけん

なにとかく−あたなるはるの−いろをしも−こころにふかく−そめはしめけむ


00154
未入力 西行 (xxx)

おなしみのめつらしからすをしめはや花もかはらすさけはちるらん

おなしみの−めつらしからす−をしめはや−はなもかはらす−さけはちるらむ


00155
未入力 西行 (xxx)

みねにちる花はたになる木にそさくいたくいとはし春の山風

みねにちる−はなはたになる−きにそさく−いたくいとはし−はるのやまかせ


00156
未入力 西行 (xxx)

山おろしにみたれて花のちりけるをいははなれたるたきとみたれは

やまおろしに−みたれてはなの−ちりけるを−いははなれたる−たきとみたれは


00157
未入力 西行 (xxx)

花もちり人もみやこへかへりなはやまさひしくやならんとすらん

はなもちり−ひともみやこへ−かへりなは−やまさひしくや−ならむとすらむ


00158
未入力 西行 (xxx)

青葉さへ見れはこころのとまるかなちりにし花のなこりおもへは

あをはさへ−みれはこころの−とまるかな−ちりにしはなの−なこりおもへは


00159
未入力 西行 (xxx)

あとたえてあさちしけれる庭のおもに誰わけいりてすみれつみてん

あとたえて−あさちしけれる−にはのおもに−たれわけいりて−すみれつみてむ


00160
未入力 西行 (xxx)

誰ならんあらたのくろにすみれつむ人は心のわりなかるへし

たれならむ−あらたのくろに−すみれつむ−ひとはこころの−わりなかるへし


00161
未入力 西行 (xxx)

なほさりにやきすてしののさわらひはをる人なくてほとろとやなる

なほさりに−やきすてしのの−さわらひは−をるひとなくて−ほとろとやなる


00162
未入力 西行 (xxx)

ぬまみつにしけるまこものわかれぬをさきへたてたるかきつはたかな

ぬまみつに−しけるまこもの−わかれぬを−さきへたてたる−かきつはたかな


00163
未入力 西行 (xxx)

いはつたひをらてつつしをてにそとるさかしきやまのとりところには

いはつたひ−をらてつつしを−てにそとる−さかしきやまの−とりところには


00164
未入力 西行 (xxx)

つつしさく山のいはかけゆふはえてをくらはよそのなのみなりけり

つつしさく−やまのいはかけ−ゆふはえて−をくらはよその−なのみなりけり


00165
未入力 西行 (xxx)

きしちかみうゑけん人そうらめしきなみにをらるるやまふきの花

きしちかみ−うゑけむひとそ−うらめしき−なみにをらるる−やまふきのはな


00166
未入力 西行 (xxx)

山ふきのはなさくさとになりぬれはここにもゐてとおもほゆるかな

やまふきの−はなさくさとに−なりぬれは−ここにもゐてと−おもほゆるかな


00167
未入力 西行 (xxx)

ますけおふるやまたにみつをまかすれはうれしかほにもなくかはつかな

ますけおふる−やまたにみつを−まかすれは−うれしかほにも−なくかはつかな


00168
未入力 西行 (xxx)

みさひゐて月もやとらぬにこりえにわれすまんとてかはつなくなり

みさひゐて−つきもやとらぬ−にこりえに−われすまむとて−かはつなくなり


00169
未入力 西行 (xxx)

うれしともおもひそわかぬ郭公はるきくことのならひなけれは

うれしとも−おもひそわかぬ−ほとときす−はるきくことの−ならひなけれは


00170
未入力 西行 (xxx)

すくるはるしほのみつよりふなてしてなみのはなをやさきにたつらん

すくるはる−しほのみつより−ふなてして−なみのはなをや−さきにたつらむ


00171
未入力 西行 (xxx)

春ゆゑにせめてもものをおもへとやみそかにたにもたらてくれぬる

はるゆゑに−せめてもものを−おもへとや−みそかにたにも−たらてくれぬる


00172
未入力 西行 (xxx)

けふのみとおもへはなかき春の日もほとなくくるるここちこそすれ

けふのみと−おもへはなかき−はるのひも−ほとなくくるる−ここちこそすれ


00173
未入力 西行 (xxx)

ゆく春をととめかねぬるゆふくれはあけほのよりもあはれなりけり

ゆくはるを−ととめかねぬる−ゆふくれは−あけほのよりも−あはれなりけり



山家集 巻上:夏

00174
未入力 西行 (xxx)

かきりあれはころもはかりはぬきかへてこころははるをしたふなりけり

かきりあれは−ころもはかりは−ぬきかへて−こころははるを−したふなりけり


00175
未入力 西行 (xxx)

くさしけるみちかりあけてやまさとははな見し人の心をそしる

くさしける−みちかりあけて−やまさとは−はなみしひとの−こころをそしる


00176
未入力 西行 (xxx)

たつた河きしのまかきを見わたせはゐせきの浪にまかふうの花

たつたかは−きしのまかきを−みわたせは−ゐせきのなみに−まかふうのはな


00177
未入力 西行 (xxx)

まかふへき月なきころのうのはなはよるさへさらすぬのかとそ見る

まかふへき−つきなきころの−うのはなは−よるさへさらす−ぬのかとそみる


00178
未入力 西行 (xxx)

神かきのあたりにさくもたよりあれやゆふかけたりとみゆるうの花

かみかきの−あたりにさくも−たよりあれや−ゆふかけたりと−みゆるうのはな


00179
未入力 西行 (xxx)

郭公ひとにかたらぬをりにしもはつねきくこそかひなかりけれ

ほとときす−ひとにかたらぬ−をりにしも−はつねきくこそ−かひなかりけれ


00180
未入力 西行 (xxx)

ほとときすうつきのいみにいこもるをおもひしりてもきなくなるかな

ほとときす−うつきのいみに−いこもるを−おもひしりても−きなくなるかな


00181
未入力 西行 (xxx)

さとなるるたそかれときのほととさすきかすかほにてまたなのらせん

さとなるる−たそかれときの−ほととさす−きかすかほにて−またなのらせむ


00182
未入力 西行 (xxx)

我かやとにはなたちはなをうゑてこそ山ほとときすまつへかりけれ

わかやとに−はなたちはなを−うゑてこそ−やまほとときす−まつへかりけれ


00183
未入力 西行 (xxx)

たつぬれはききかたきかとほとときすこよひはかりはまちこころみん

たつぬれは−ききかたきかと−ほとときす−こよひはかりは−まちこころみむ


00184
未入力 西行 (xxx)

郭公まつこころのみつくさせてこゑをはをしむさ月なりけり

ほとときす−まつこころのみ−つくさせて−こゑをはをしむ−さつきなりけり


00185
未入力 西行 (xxx)

まつ人の心をしらはほとときすたのもしくてやよをあかさまし

まつひとの−こころをしらは−ほとときす−たのもしくてや−よをあかさまし


00186
未入力 西行 (xxx)

ほとときすきかてあけぬとつけかほにまたれぬとりのねそきこゆなる

ほとときす−きかてあけぬと−つけかほに−またれぬとりの−ねそきこゆなる


00187
未入力 西行 (xxx)

郭公きかてあけぬるなつのよのうらしまのこはまことなりけり

ほとときす−きかてあけぬる−なつのよの−うらしまのこは−まことなりけり


00188
未入力 西行 (xxx)

ほとときすきかぬものゆゑまよはまし春をたつねぬ山路なりせは

ほとときす−きかぬものゆゑ−まよはまし−はるをたつねぬ−やまちなりせは


00189
未入力 西行 (xxx)

まつことははつねまてかとおもひしにききふるされぬほとときすかな

まつことは−はつねまてかと−おもひしに−ききふるされぬ−ほとときすかな


00190
未入力 西行 (xxx)

ききおくるこころをくしてほとときすたかまのやまのみねこえぬなり

ききおくる−こころをくして−ほとときす−たかまのやまの−みねこえぬなり


00191
未入力 西行 (xxx)

おほゐ川をくらの山のほとときすゐせきにこゑのとまらましかは

おほゐかは−をくらのやまの−ほとときす−ゐせきにこゑの−とまらましかは


00192
未入力 西行 (xxx)

ほとときすそののちこえんやまちにもかたらふこゑはかはらさらなん

ほとときす−そののちこえむ−やまちにも−かたらふこゑは−かはらさらなむ


00193
未入力 西行 (xxx)

郭公おもひもわかぬひと声をききつといかか人にかたらん

ほとときす−おもひもわかぬ−ひとこゑを−ききつといかか−ひとにかたらむ


00194
未入力 西行 (xxx)

ほとときすいかはかりなる契にてこころつくさて人のきくらん

ほとときす−いかはかりなる−ちきりにて−こころつくさて−ひとのきくらむ


00195
未入力 西行 (xxx)

かたらひしそのよのこゑはほとときすいかなるよにもわすれんものか

かたらひし−そのよのこゑは−ほとときす−いかなるよにも−わすれむものか


00196
未入力 西行 (xxx)

ほとときすはなたちはなはにほふとも身をうの花のかきねわすれな

ほとときす−はなたちはなは−にほふとも−みをうのはなの−かきねわすれな


00197
未入力 西行 (xxx)

郭公しのふうつきもすきにしを猶こゑをしむさみたれのそら

ほとときす−しのふうつきも−すきにしを−なほこゑをしむ−さみたれのそら


00198
未入力 西行 (xxx)

さみたれのはれまも見えぬ雲ちより山ほとときすなきてすくなり

さみたれの−はれまもみえぬ−くもちより−やまほとときす−なきてすくなり


00199
未入力 西行 (xxx)

郭公きくにとてしもこもらねとはつせのやまはたよりありけり

ほとときす−きくにとてしも−こもらねと−はつせのやまは−たよりありけり


00200
未入力 西行 (xxx)

ほとときすなこりあらせてかへりしかききすつるにもなりにけるかな

ほとときす−なこりあらせて−かへりしか−ききすつるにも−なりにけるかな


00201
未入力 西行 (xxx)

空はれてぬまのみかさをおとさすはあやめもふかぬさ月なるへし

そらはれて−ぬまのみかさを−おとさすは−あやめもふかぬ−さつきなるへし


00202
未入力 西行 (xxx)

桜ちるやとをかされるあやめをははなさうふとやいふへかるらん

さくらちる−やとをかされる−あやめをは−はなさうふとや−いふへかるらむ


00203
未入力 坊なるちこ (xxx)

ちるはなをけふのあやめのねにかけてくすたまともやいふへかるらん

ちるはなを−けふのあやめの−ねにかけて−くすたまともや−いふへかるらむ


00204
未入力 西行 (xxx)

をりにあひて人にわか身やひかれましつくまのぬまのあやめなりせは

をりにあひて−ひとにわかみや−ひかれまし−つくまのぬまの−あやめなりせは


00205
未入力 西行 (xxx)

にしにのみこころそかかるあやめ草このよはかりのやとと思へは

にしにのみ−こころそかかる−あやめくさ−このよはかりの−やととおもへは


00206
未入力 西行 (xxx)

みな人のこころのうきはあやめ草にしにおもひのひかぬなりけり

みなひとの−こころのうきは−あやめくさ−にしにおもひの−ひかぬなりけり


00207
未入力 西行 (xxx)

みつたたふいは間のまこもかりかねてむなてにすくるさみたれのころ

みつたたふ−いはまのまこも−かりかねて−むなてにすくる−さみたれのころ


00208
未入力 西行 (xxx)

さみたれにみつまさるらしうち橋やくもてにかかるなみのしらいと

さみたれに−みつまさるらし−うちはしや−くもてにかかる−なみのしらいと


00209
未入力 西行 (xxx)

五月雨はいはせくぬまのみつふかみわけしいしまのかよひともなし

さみたれは−いはせくぬまの−みつふかみ−わけしいしまの−かよひともなし


00210
未入力 西行 (xxx)

こささしくふるさとをののみちのあとをまたさはになすさみたれのころ

こささしく−ふるさとをのの−みちのあとを−またさはになす−さみたれのころ


00211
未入力 西行 (xxx)

つくつくと軒のしつくをなかめつつ日をのみくらすさみたれの比

つくつくと−のきのしつくを−なかめつつ−ひをのみくらす−さみたれのころ


00212
未入力 西行 (xxx)

あつまやのをかやかのきのいとみつにたまぬきかくるさみたれの比

あつまやの−をかやかのきの−いとみつに−たまぬきかくる−さみたれのころ


00213
未入力 西行 (xxx)

さみたれにをたのさなへやいかならんあせのうきつちあらひこされて

さみたれに−をたのさなへや−いかならむ−あせのうきつち−あらひこされて


00214
未入力 西行 (xxx)

さみたれのころにしなれはあらをたに人もまかせぬみつたたひけり

さみたれの−ころにしなれは−あらをたに−ひともまかせぬ−みつたたひけり


00215
未入力 西行 (xxx)

さみたれにほすひまなくてもしほ草けふりもたてぬうらのあま人

さみたれに−ほすひまなくて−もしほくさ−けふりもたてぬ−うらのあまひと


00216
未入力 西行 (xxx)

みなせ河をちのかよひちみつみちてふなわたりするさみたれのころ

みなせかは−をちのかよひち−みつみちて−ふなわたりする−さみたれのころ


00217
未入力 西行 (xxx)

ひろせかはわたりのおきのみをしるしみかさそふかきさみたれの比

ひろせかは−わたりのおきの−みをしるし−みかさそふかき−さみたれのころ


00218
未入力 西行 (xxx)

はやせ河つなてのきしをおきにみてのほりわつらふさみたれの比

はやせかは−つなてのきしを−おきにみて−のほりわつらふ−さみたれのころ


00219
未入力 西行 (xxx)

みつわくるなにはほりえのなかりせはいかにかせましさみたれのころ

みつわくる−なにはほりえの−なかりせは−いかにかせまし−さみたれのころ


00220
未入力 西行 (xxx)

ふねすゑしみなとのあしまさをたてて心ゆくらんさみたれのころ

ふねすゑし−みなとのあしま−さをたてて−こころゆくらむ−さみたれのころ


00221
未入力 西行 (xxx)

みなそこにしかれにけりなさみたれてみつのまこもをかりにきたれは

みなそこに−しかれにけりな−さみたれて−みつのまこもを−かりにきたれは


00222
未入力 西行 (xxx)

さみたれのをやむはれまのなからめやみつのかさほせまこもかるふね

さみたれの−をやむはれまの−なからめや−みつのかさほせ−まこもかるふね


00223
未入力 西行 (xxx)

さみたれにさののふなはしうきぬれはのりてそ人はさしわたるらん

さみたれに−さののふなはし−うきぬれは−のりてそひとは−さしわたるらむ


00224
未入力 西行 (xxx)

五月雨のはれぬ日かすのふるままにぬまのまこもはみかくれにけり

さみたれの−はれぬひかすの−ふるままに−ぬまのまこもは−みかくれにけり


00225
未入力 西行 (xxx)

みつなしとききてふりにしかつまたのいけあらたむるさみたれの比

みつなしと−ききてふりにし−かつまたの−いけあらたむる−さみたれのころ


00226
未入力 西行 (xxx)

さみたれはゆくへきみちのあてもなしをささかはらもうきになかれて

さみたれは−ゆくへきみちの−あてもなし−をささかはらも−うきになかれて


00227
未入力 西行 (xxx)

五月雨はやまたのあせのたきまくらかすをかさねておつるなりけり

さみたれは−やまたのあせの−たきまくら−かすをかさねて−おつるなりけり


00228
未入力 西行 (xxx)

かははたのよとみにとまるなかれきのうきはしわたすさみたれの比

かははたの−よとみにとまる−なかれきの−うきはしわたす−さみたれのころ


00229
未入力 西行 (xxx)

おもはすにあなつりにくきこかはかなさつきの雨に水まさりつつ

おもはすに−あなつりにくき−こかはかな−さつきのあめに−みつまさりつつ


00230
未入力 西行 (xxx)

風をのみはななきやとはまちまちていつみのすゑをまたむすふかな

かせをのみ−はななきやとは−まちまちて−いつみのすゑを−またむすふかな


00231
未入力 西行 (xxx)

水の音にあつさわするるまとゐかなこすゑのせみの声もまきれて

みつのおとに−あつさわするる−まとゐかな−こすゑのせみの−こゑもまきれて


00232
未入力 西行 (xxx)

杣人のくれにやとかるここちして庵をたたく水鶏なりけり

そまひとの−くれにやとかる−ここちして−いほりをたたく−くひななりけり


00233
未入力 西行 (xxx)

夏山のゆふしたかせのすすしさにならのこかけのたたまうきかな

なつやまの−ゆふしたかせの−すすしさに−ならのこかけの−たたまうきかな


00234
未入力 西行 (xxx)

かきわけてをれはつゆこそこほれけれあさちにましるなてしこの花

かきわけて−をれはつゆこそ−こほれけれ−あさちにましる−なてしこのはな


00235
未入力 西行 (xxx)

露おもみそののなてしこいかならんあらく見えつるゆふたちの空

つゆおもみ−そののなてしこ−いかならむ−あらくみえつる−ゆふたちのそら


00236
未入力 西行 (xxx)

みまくさにはらのをすすきしかふとてふしとあせぬとしかおもふらん

みまくさに−はらのをすすき−しかふとて−ふしとあせぬと−しかおもふらむ


00237
未入力 西行 (xxx)

旅人のわくるなつのの草しけみはすゑにすけのをかさはつれて

たひひとの−わくるなつのの−くさしけみ−はすゑにすけの−をかさはつれて


00238
未入力 西行 (xxx)

ひはりあかるおほののちはらなつくれはすすむこかけをたつねてそ行く

ひはりあかる−おほののちはら−なつくれは−すすむこかけを−たつねてそゆく


00239
未入力 西行 (xxx)

ともしするほくしのまつもかへなくにしかめあはせてあかすなつのよ

ともしする−ほくしのまつも−かへなくに−しかめあはせて−あかすなつのよ


00240
未入力 西行 (xxx)

夏のよはしののこたけのふしちかみそよやほとなくあくるなりけり

なつのよは−しののこたけの−ふしちかみ−そよやほとなく−あくるなりけり


00241
未入力 西行 (xxx)

なつの夜の月みることやなかるらんかやりひたつるしつのふせやは

なつのよの−つきみることや−なかるらむ−かやりひたつる−しつのふせやは


00242
未入力 西行 (xxx)

つゆのちるあしのわか葉に月さえてあきをあらそふなにはえのうら

つゆのちる−あしのわかはに−つきさえて−あきをあらそふ−なにはえのうら


00243
未入力 西行 (xxx)

むすひあくるいつみにすめる月影はてにもとられぬかかみなりけり

むすひあくる−いつみにすめる−つきかけは−てにもとられぬ−かかみなりけり


00244
未入力 西行 (xxx)

むすふてにすすしきかけをしたふかなしみつにやとるなつのよの月

むすふてに−すすしきかけを−したふかな−しみつにやとる−なつのよのつき


00245
未入力 西行 (xxx)

夏のよもをささかはらにしもそおく月のひかりのさえしわたれは

なつのよも−をささかはらに−しもそおく−つきのひかりの−さえしわたれは


00246
未入力 西行 (xxx)

山川のいはにせかれてちる浪をあられと見する夏の夜の月

やまかはの−いはにせかれて−ちるなみを−あられとみする−なつのよのつき


00247
未入力 西行 (xxx)

かけさえて月しもことにすみぬれは夏のいけにもつららゐにけり

かけさえて−つきしもことに−すみぬれは−なつのいけにも−つららゐにけり


00248
未入力 西行 (xxx)

おのつから月やとるへきひまもなくいけにはちすの花さきにけり

おのつから−つきやとるへき−ひまもなく−いけにはちすの−はなさきにけり


00249
未入力 西行 (xxx)

ゆふたちのはるれは月そやとりけるたまゆりすうるはすのうきはに

ゆふたちの−はるれはつきそ−やとりける−たまゆりすうる−はすのうきはに


00250
未入力 西行 (xxx)

またきより身にしむ風のけしきかな秋さきたつるみやまへのさと

またきより−みにしむかせの−けしきかな−あきさきたつる−みやまへのさと


00251
未入力 西行 (xxx)

松風のおとのみならすいしはしる水にも秋はありけるものを

まつかせの−おとのみならす−いしはしる−みつにもあきは−ありけるものを


00252
未入力 西行 (xxx)

山さとはそとものまくすはをしけみうらふきかへす秋をまつかな

やまさとは−そとものまくす−はをしけみ−うらふきかへす−あきをまつかな


00253
未入力 西行 (xxx)

みそきしてぬさきりなかす河のせにやかてあきめく風そすすしき

みそきして−ぬさきりなかす−かはのせに−やかてあきめく−かせそすすしき



山家集 巻上:秋

00254
未入力 西行 (xxx)

さまさまのあはれをこめてこすゑふく風に秋しるみやまへのさと

さまさまの−あはれをこめて−こすゑふく−かせにあきしる−みやまへのさと


00255
未入力 西行 (xxx)

秋たつと人はつけねとしられけりみ山のすその風のけしきに

あきたつと−ひとはつけねと−しられけり−みやまのすその−かせのけしきに


00256
未入力 西行 (xxx)

秋たつとおもふにそらもたたならてわれてひかりをわけん三か月

あきたつと−おもふにそらも−たたならて−われてひかりを−わけむみかつき


00257
未入力 西行 (xxx)

つねよりも秋になるをの松風はわきて身にしむここちこそすれ

つねよりも−あきになるをの−まつかせは−わきてみにしむ−ここちこそすれ


00258
未入力 西行 (xxx)

いそきおきてにはのこくさのつゆふまんやさしきかすに人やおもふと

いそきおきて−にはのこくさの−つゆふまむ−やさしきかすに−ひとやおもふと


00259
未入力 西行 (xxx)

くれぬめりけふまちつけてたなはたはうれしきにもやつゆこほるらん

くれぬめり−けふまちつけて−たなはたは−うれしきにもや−つゆこほるらむ


00260
未入力 西行 (xxx)

あまの川けふのなぬかはなかきよのためしにもひきいみもしつへし

あまのかは−けふのなぬかは−なかきよの−ためしにもひき−いみもしつへし


00261
未入力 西行 (xxx)

船よするあまの河辺のゆふ暮はすすしき風やふきわたるらん

ふねよする−あまのかはへの−ゆふくれは−すすしきかせや−ふきわたるらむ


00262
未入力 西行 (xxx)

まちつけてうれしかるらんたなはたの心のうちそ空にしらるる

まちつけて−うれしかるらむ−たなはたの−こころのうちそ−そらにしらるる


00263
未入力 西行 (xxx)

ささかにのくもてにかけてひくいとやけふたなはたにかささきのはし

ささかにの−くもてにかけて−ひくいとや−けふたなはたに−かささきのはし


00264
未入力 西行 (xxx)

ゆふ露をはらへはそてにたまきえてみちわけかぬるをののはきはら

ゆふつゆを−はらへはそてに−たまきえて−みちわけかぬる−をののはきはら


00265
未入力 西行 (xxx)

すゑ葉ふく風はのもせにわたるともあらくはわけしはきのしたつゆ

すゑはふく−かせはのもせに−わたるとも−あらくはわけし−はきのしたつゆ


00266
未入力 西行 (xxx)

いとすすきぬはれてしかのふすのへにほころひやすきふちはかまかな

いとすすき−ぬはれてしかの−ふすのへに−ほころひやすき−ふちはかまかな


00267
未入力 西行 (xxx)

をらて行くそてにも露そこほれけるはきのはしけきのへのほそみち

をらてゆく−そてにもつゆそ−こほれける−はきのはしけき−のへのほそみち


00268
未入力 西行 (xxx)

ほにいつるみやまかすそのむらすすきまかきにこめてかこふ秋きり

ほにいつる−みやまかすその−むらすすき−まかきにこめて−かこふあききり


00269
未入力 西行 (xxx)

みたれさくのへのはきはらわけくれて露にも袖をそめてけるかな

みたれさく−のへのはきはら−わけくれて−つゆにもそてを−そめてけるかな


00270
未入力 西行 (xxx)

さきそはん所の野へにあらはやは萩よりほかのはなも見るへき

さきそはむ−ところののへに−あらはやは−はきよりほかの−はなもみるへき


00271
未入力 西行 (xxx)

わけているにはしもやかてのへなれは萩のさかりをわかものにみる

わけている−にはしもやかて−のへなれは−はきのさかりを−わかものにみる


00272
未入力 西行 (xxx)

けふそしるそのえにあらふからにしきはきさくのへに有りけるものを

けふそしる−そのえにあらふ−からにしき−はきさくのへに−ありけるものを


00273
未入力 西行 (xxx)

しけりゆきしはらのした草をはないててまねくはたれをしたふなるらん

しけりゆきし−はらのしたくさ−をはないてて−まねくはたれを−したふなるらむ


00274
未入力 西行 (xxx)

はなすすきこころあてにそわけてゆくほのみしみちのあとしなけれは

はなすすき−こころあてにそ−わけてゆく−ほのみしみちの−あとしなけれは


00275
未入力 西行 (xxx)

まかきあれてすすきならねとかるかやもしけきのへとも成りにけるものを

まかきあれて−すすきならねと−かるかやも−しけきのへとも−なりけるものを


00276
未入力 西行 (xxx)

をみなへしわけつるのへとおもははやおなしつゆにしぬるとみてそは

をみなへし−わけつるのへと−おもははや−おなしつゆにし−ぬるとみてそは


00277
未入力 西行 (xxx)

をみなへしいろめくのへにふれははんたもとにつゆやこほれかかると

をみなへし−いろめくのへに−ふれははむ−たもとにつゆや−こほれかかると


00278
未入力 西行 (xxx)

けさみれはつゆのすかるにをれふしておきもあからぬをみなへしかな

けさみれは−つゆのすかるに−をれふして−おきもあからぬ−をみなへしかな


00279
未入力 西行 (xxx)

おほかたの野への露にはしをるれとわかなみたなきをみなへしかな

おほかたの−のへのつゆには−しをるれと−わかなみたなき−をみなへしかな


00280
未入力 西行 (xxx)

はなかえに露のしらたまぬきかけてをる袖ぬらすをみなへしかな

はなかえに−つゆのしらたま−ぬきかけて−をるそてぬらす−をみなへしかな


00281
未入力 西行 (xxx)

をらぬよりそてそぬれぬる女郎花露むすほれてたてるけしきに

をらぬより−そてそぬれぬる−をみなへし−つゆむすほれて−たてるけしきに


00282
未入力 西行 (xxx)

いけのおもにかけをさやかにうつしてもみつかかみ見るをみなへしかな

いけのおもに−かけをさやかに−うつしても−みつかかみみる−をみなへしかな


00283
未入力 西行 (xxx)

たくひなきはなのすかたを女郎花いけのかかみにうつしてそみる

たくひなき−はなのすかたを−をみなへし−いけのかかみに−うつしてそみる


00284
未入力 西行 (xxx)

女郎花いけのさなみにえたひちてものおもふそてのぬるるかほなる

をみなへし−いけのさなみに−えたひちて−ものおもふそての−ぬるるかほなる


00285
未入力 西行 (xxx)

おもふにもすきてあはれにきこゆるは荻のはみたるあきのゆふ風

おもふにも−すきてあはれに−きこゆるは−をきのはみたる−あきのゆふかせ


00286
未入力 西行 (xxx)

おしなへて木草のすゑのはらまてになひきて秋のあはれ見えけり

おしなへて−こくさのすゑの−はらまてに−なひきてあきの−あはれみえけり


00287
未入力 西行 (xxx)

をしかふすはきさくのへの夕露をしはしもためぬをきのうはかせ

をしかふす−はきさくのへの−ゆふつゆを−しはしもためぬ−をきのうはかせ


00288
未入力 西行 (xxx)

あたりまてあはれしれともいひかほにをきのおとこすあきの夕風

あたりまて−あはれしれとも−いひかほに−をきのおとこす−あきのゆふかせ


00289
未入力 西行 (xxx)

ふきわたす風にあはれをひとしめていつくもすこき秋の夕くれ

ふきわたす−かせにあはれを−ひとしめて−いつくもすこき−あきのゆふくれ


00290
未入力 西行 (xxx)

おほつかな秋はいかなるゆゑのあれはすすろにもののかなしかるらん

おほつかな−あきはいかなる−ゆゑのあれは−すすろにものの−かなしかるらむ


00291
未入力 西行 (xxx)

なにことをいかにおもふとなけれともたもとかわかぬ秋のゆふくれ

なにことを−いかにおもふと−なけれとも−たもとかわかぬ−あきのゆふくれ


00292
未入力 西行 (xxx)

なにとなくものかなしくそ見えわたるとはたのおもの秋の夕くれ

なにとなく−ものかなしくそ−みえわたる−とはたのおもの−あきのゆふくれ


00293
未入力 西行 (xxx)

ねさめつつなかきよかなといはれのにいくあきさてもわか身へぬらん

ねさめつつ−なかきよかなと−いはれのに−いくあきさても−わかみへぬらむ


00294
未入力 西行 (xxx)

おほかたの露にはなにのなるならんたもとにおくはなみたなりけり

おほかたの−つゆにはなにの−なるならむ−たもとにおくは−なみたなりけり


00295
未入力 西行 (xxx)

山さとのそとものをかのたかき木にそそろかましきあきせみのこゑ

やまさとの−そとものをかの−たかききに−そそろかましき−あきせみのこゑ


00296
未入力 西行 (xxx)

たまにぬく露はこほれてむさしののくさのはむすふ秋のはつかせ

たまにぬく−つゆはこほれて−むさしのの−くさのはむすふ−あきのはつかせ


00297
未入力 西行 (xxx)

ほにいててしののをすすきまねくのにたはれてたてるをみなへしかな

ほにいてて−しののをすすき−まねくのに−たはれてたてる−をみなへしかな


00298
未入力 西行 (xxx)

はなをこそのへのものとは見にきつれくるれほむしのねをもききけり

はなをこそ−のへのものとは−みにきつれ−くるれほむしの−ねをもききけり


00299
未入力 西行 (xxx)

をきのはをふきすきてゆく風の音に心みたるる秋のゆふくれ

をきのはを−ふきすきてゆく−かせのおとに−こころみたるる−あきのゆふくれ


00300
未入力 西行 (xxx)

はれやらぬみやまのきりのたえたえにほのかにしかのこゑきこゆなり

はれやらぬ−みやまのきりの−たえたえに−ほのかにしかの−こゑきこゆなり


00301
未入力 西行 (xxx)

かねてよりこすゑのいろをおもふかなしくれはしむるみやまへのさと

かねてより−こすゑのいろを−おもふかな−しくれはしむる−みやまへのさと


00302
未入力 西行 (xxx)

しかのねをかきねにこめてきくのみか月もすみけりあきの山さと

しかのねを−かきねにこめて−きくのみか−つきもすみけり−あきのやまさと


00303
未入力 西行 (xxx)

いほにもる月の影こそさひしけれやまたはひたのおとはかりして

いほにもる−つきのかけこそ−さひしけれ−やまたはひたの−おとはかりして


00304
未入力 西行 (xxx)

わつかなるにはのこ草のしら露をもとめてやとる秋のよの月

わつかなる−にはのこくさの−しらつゆを−もとめてやとる−あきのよのつき


00305
未入力 西行 (xxx)

なにとかくこころをさへはつくすらんわかなけきにてくるるあきかは

なにとかく−こころをさへは−つくすらむ−わかなけきにて−くるるあきかは


00306
未入力 西行 (xxx)

秋のよの空にいつてふ名のみしてかけほのかなるゆふつくよかな

あきのよの−そらにいつてふ−なのみして−かけほのかなる−ゆふつくよかな


00307
未入力 西行 (xxx)

あまのはらつきたけのほるくもちをはわきても風のふきはらはなん

あまのはら−つきたけのほる−くもちをは−わきてもかせの−ふきはらはなむ


00308
未入力 西行 (xxx)

うれしとやまつ人ことにおもふらん山のはいつる秋のよの月

うれしとや−まつひとことに−おもふらむ−やまのはいつる−あきのよのつき


00309
未入力 西行 (xxx)

なかなかに心つくすもくるしきにくもらはいりね秋の夜の月

なかなかに−こころつくすも−くるしきに−くもらはいりね−あきのよのつき


00310
未入力 西行 (xxx)

いかはかりうれしからまし秋のよの月すむ空にくもなかりせは

いかはかり−うれしからまし−あきのよの−つきすむそらに−くもなかりせは


00311
未入力 西行 (xxx)

はりまかたなたのみおきにこきいててあたりおもはぬ月をなかめん

はりまかた−なたのみおきに−こきいてて−あたりおもはぬ−つきをなかめむ


00312
未入力 西行 (xxx)

いさよはていつるは月のうれしくているやまのははつらきなりけり

いさよはて−いつるはつきの−うれしくて−いるやまのはは−つらきなりけり


00313
未入力 西行 (xxx)

水のおもにやとる月さへいりぬるはいけのそこにもやまやあるらん

みつのおもに−やとるつきさへ−いりぬるは−いけのそこにも−やまやあるらむ


00314
未入力 西行 (xxx)

したはるるこころやゆくとやまのはにしはしないりそ秋のよの月

したはるる−こころやゆくと−やまのはに−しはしないりそ−あきのよのつき


00315
未入力 西行 (xxx)

あくるまてよひよりそらにくもなくてまたこそかかる月みさりつれ

あくるまて−よひよりそらに−くもなくて−またこそかかる−つきみさりつれ


00316
未入力 西行 (xxx)

あさちはら葉すゑの露のたまことにひかりつらぬく秋のよの月

あさちはら−はすゑのつゆの−たまことに−ひかりつらぬく−あきのよのつき


00317
未入力 西行 (xxx)

秋のよの月をゆきかとまかふれは露もあられのここちこそすれ

あきのよの−つきをゆきかと−まかふれは−つゆもあられの−ここちこそすれ


00318
未入力 西行 (xxx)

月ならてさしいるかけのなきままにくるるうれしき秋の山さと

つきならて−さしいるかけの−なきままに−くるるうれしき−あきのやまさと


00319
未入力 西行 (xxx)

きよみかた月すむ空のうきくもは富士のたかねのけふりなりけり

きよみかた−つきすむそらの−うきくもは−ふしのたかねの−けふりなりけり


00320
未入力 西行 (xxx)

みさひゐぬいけのおもてのきよけれはやとれる月もめやすかりけり

みさひゐぬ−いけのおもての−きよけれは−やとれるつきも−めやすかりけり


00321
未入力 西行 (xxx)

やとしもつ月のひかりのををしさはいかにいへともひろさはのいけ

やとしもつ−つきのひかりの−ををしさは−いかにいへとも−ひろさはのいけ


00322
未入力 西行 (xxx)

いけにすむ月にかかれるうきくもははらひのこせるみさひなりけり

いけにすむ−つきにかかれる−うきくもは−はらひのこせる−みさひなりけり


00323
未入力 西行 (xxx)

水なくてこほりそしたるかつまたの池あらたむる秋のよの月

みつなくて−こほりそしたる−かつまたの−いけあらたむる−あきのよのつき


00324
未入力 西行 (xxx)

きよみかたおきのいはこすしら浪にひかりをかはす秋のよの月

きよみかた−おきのいはこす−しらなみに−ひかりをかはす−あきのよのつき


00325
未入力 西行 (xxx)

なへてなほ所のなをやをしむらんあかしはわきて月のさやけき

なへてなほ−ところのなをや−をしむらむ−あかしはわきて−つきのさやけき


00326
未入力 西行 (xxx)

なにはかた月のひかりにうらさえてなみのおもてにこほりをそしく

なにはかた−つきのひかりに−うらさえて−なみのおもてに−こほりをそしく


00327
未入力 西行 (xxx)

くまもなき月のひかりにさそはれていくくもゐまてゆく心そも

くまもなき−つきのひかりに−さそはれて−いくくもゐまて−ゆくこころそも


00328
未入力 西行 (xxx)

たれきなん月のひかりにさそはれてとおもふによはのあけぬなるかな

たれきなむ−つきのひかりに−さそはれてと−おもふによはの−あけぬなるかな


00329
未入力 西行 (xxx)

山のはをいつるよひよりしるきかなこよひしらする秋のよの月

やまのはを−いつるよひより−しるきかな−こよひしらする−あきのよのつき


00330
未入力 西行 (xxx)

かそへねとこよひの月のけしきにて秋のなかはを空にしるかな

かそへねと−こよひのつきの−けしきにて−あきのなかはを−そらにしるかな


00331
未入力 西行 (xxx)

あまのかはなになかれたるかひありてこよひの月はことにすみけり

あまのかは−なになかれたる−かひありて−こよひのつきは−ことにすみけり


00332
未入力 西行 (xxx)

さやかなるかけにてしるし秋の月とよにあまれるいつかなりけり

さやかなる−かけにてしるし−あきのつき−とよにあまれる−いつかなりけり


00333
未入力 西行 (xxx)

うちつけにまたこん秋のこよひまて月ゆゑをしくなるいのちかな

うちつけに−またこむあきの−こよひまて−つきゆゑをしく−なるいのちかな


00334
未入力 西行 (xxx)

秋はたたこよひひとよのななりけりおなしくもゐに月はすめとも

あきはたた−こよひひとよの−ななりけり−おなしくもゐに−つきはすめとも


00335
未入力 西行 (xxx)

おいもせぬ十五のとしもあるものをこよひの月のかからましかは

おいもせぬ−しふこのとしも−あるものを−こよひのつきの−かからましかは


00336
未入力 西行 (xxx)

月見れはかけなくくもにつつまれてこよひならすはやみに見えまし

つきみれは−かけなくくもに−つつまれて−こよひならすは−やみにみえまし


00337
未入力 西行 (xxx)

いりぬとやあつまに人はをしむらんみやこにいつる山のはの月

いりぬとや−あつまにひとは−をしむらむ−みやこにいつる−やまのはのつき


00338
未入力 西行 (xxx)

まちいててくまなきよひの月みれは雲そ心にまつかかりける

まちいてて−くまなきよひの−つきみれは−くもそこころに−まつかかりける


00339
未入力 西行 (xxx)

秋風やあまつ雲井をはらふらんふけゆくままに月のさやけき

あきかせや−あまつくもゐを−はらふらむ−ふけゆくままに−つきのさやけき


00340
未入力 西行 (xxx)

いつくとてあはれならすはなけれともあれたるやとそ月はさひしき

いつくとて−あはれならすは−なけれとも−あれたるやとそ−つきはさひしき


00341
未入力 西行 (xxx)

よもきわけてあれたる庭の月みれはむかしすみけん人そ恋しき

よもきわけて−あれたるにはの−つきみれは−むかしすみけむ−ひとそこひしき


00342
未入力 西行 (xxx)

身にしみてあはれしらする風よりも月にそ秋のいろはありける

みにしみて−あはれしらする−かせよりも−つきにそあきの−いろはありける


00343
未入力 西行 (xxx)

むしのねにかれゆく野への草むらにあはれをそへてすめる月かけ

むしのねに−かれゆくのへの−くさむらに−あはれをそへて−すめるつきかけ


00344
未入力 西行 (xxx)

ひとも見ぬよしなき山のすゑまてにすむらん月のかけをこそおもへ

ひともみぬ−よしなきやまの−すゑまてに−すむらむつきの−かけをこそおもへ


00345
未入力 西行 (xxx)

このまもる有明の月をなかむれはさひしさそふるみねのまつ風

このまもる−ありあけのつきを−なかむれは−さひしさそふる−みねのまつかせ


00346
未入力 西行 (xxx)

いかにせんかけをはそてにやとせとも心のすめは月のくもるを

いかにせむ−かけをはそてに−やとせとも−こころのすめは−つきのくもるを


00347
未入力 西行 (xxx)

くやしくもしつのふせやとおとしめて月のもるをもしらてすきける

くやしくも−しつのふせやと−おとしめて−つきのもるをも−しらてすきける


00348
未入力 西行 (xxx)

あはれなる草の庵にもる月を袖にうつしてなかめつるかな

あはれなる−くさのいほりに−もるつきを−そてにうつして−なかめつるかな


00349
未入力 西行 (xxx)

月をみて心うかれしいにしへのあきにもさらにめくりあひぬる

つきをみて−こころうかれし−いにしへの−あきにもさらに−めくりあひぬる


00350
未入力 西行 (xxx)

なにこともかはりのみゆく世の中におなしかけにてすめる月かな

なにことも−かはりのみゆく−よのなかに−おなしかけにて−すめるつきかな


00351
未入力 西行 (xxx)

夜もすから月こそ袖にやとりけれむかしの秋をおもひいつれは

よもすから−つきこそそてに−やとりけれ−むかしのあきを−おもひいつれは


00352
未入力 西行 (xxx)

なかむれはほかのかけこそゆかしけれかはらしものをあきのよの月

なかむれは−ほかのかけこそ−ゆかしけれ−かはらしものを−あきのよのつき


00353
未入力 西行 (xxx)

ゆくへなく月に心のすみすみてはてはいかにかならんとすらん

ゆくへなく−つきにこころの−すみすみて−はてはいかにか−ならむとすらむ


00354
未入力 西行 (xxx)

月影のかたふく山をなかめつつをしむしるしや有明の空

つきかけの−かたふくやまを−なかめつつ−をしむしるしや−ありあけのそら


00355
未入力 西行 (xxx)

なかむるもまことしからぬ心ちしてよにあまりたる月の影かな

なかむるも−まことしからぬ−ここちして−よにあまりたる−つきのかけかな


00356
未入力 西行 (xxx)

ゆくすゑの月をはしらすすききつるあきまたかかるかけはなかりき

ゆくすゑの−つきをはしらす−すききつる−あきまたかかる−かけはなかりき


00357
未入力 西行 (xxx)

まことともたれかおもはんひとり見てのちにこよひの月をかたらは

まこととも−たれかおもはむ−ひとりみて−のちにこよひの−つきをかたらは


00358
未入力 西行 (xxx)

月のためひるとおもふかかひなきにしはしくもりてよるをしらせよ

つきのため−ひるとおもふか−かひなきに−しはしくもりて−よるをしらせよ


00359
未入力 西行 (xxx)

あまのはらあさひやまよりいつれはや月のひかりのひるにまかへみて

あまのはら−あさひやまより−いつれはや−つきのひかりの−ひるにまかへる


00360
未入力 西行 (xxx)

有明の月のころにしなりぬれはあきはよるなき心ちこそすれ

ありあけの−つきのころにし−なりぬれは−あきはよるなき−ここちこそすれ


00361
未入力 西行 (xxx)

なかなかにときときくものかかるこそ月をもてなすかさりなりけれ

なかなかに−ときときくもの−かかるこそ−つきをもてなす−かさりなりけれ


00362
未入力 西行 (xxx)

雲はるるあらしのおとは松にあれや月もみとりの色にはえつつ

くもはるる−あらしのおとは−まつにあれや−つきもみとりの−いろにはえつつ


00363
未入力 西行 (xxx)

さためなく鳥やなくらんあきのよの月のひかりをおもひまかへて

さためなく−とりやなくらむ−あきのよの−つきのひかりを−おもひまかへて


00364
未入力 西行 (xxx)

誰もみなことわりとこそさたむらめひるをあらそふ秋のよの月

たれもみな−ことわりとこそ−さたむらめ−ひるをあらそふ−あきのよのつき


00365
未入力 西行 (xxx)

かけさえてまことに月のあかきよは心も空にうかれてそすむ

かけさえて−まことにつきの−あかきよは−こころもそらに−うかれてそすむ


00366
未入力 西行 (xxx)

くまもなき月のおもてにとふ雁のかけをくもかとまかへつるかな

くまもなき−つきのおもてに−とふかりの−かけをくもかと−まかへつるかな


00367
未入力 西行 (xxx)

なかむれはいなや心のくるしきにいたくなすみそ秋のよの月

なかむれは−いなやこころの−くるしきに−いたくなすみそ−あきのよのつき


00368
未入力 西行 (xxx)

雲も見ゆ風もふくれはあらくなるのとかなりつる月のひかりを

くももみゆ−かせもふくれは−あらくなる−のとかなりつる−つきのひかりを


00369
未入力 西行 (xxx)

もろともにかけをならふるひともあれや月のもりくるささのいほりに

もろともに−かけをならふる−ひともあれや−つきのもりくる−ささのいほりに


00370
未入力 西行 (xxx)

なかなかにくもると見えてはるるよの月はひかりのそふここちする

なかなかに−くもるとみえて−はるるよの−つきはひかりの−そふここちする


00371
未入力 西行 (xxx)

うき事の月のおもてにかかれともはやくすくるはうれしかりけり

うきことの−つきのおもてに−かかれとも−はやくすくるは−うれしかりけり


00372
未入力 西行 (xxx)

すきやらて月ちかくゆくうき雲のたたよふみるはわひしかりけり

すきやらて−つきちかくゆく−うきくもの−たたよふみるは−わひしかりけり


00373
未入力 西行 (xxx)

いとへともさすかにくものうちちりて月のあたりをはなれさりけり

いとへとも−さすかにくもの−うちちりて−つきのあたりを−はなれさりけり


00374
未入力 西行 (xxx)

雲はらふあらしに月のみかかれてひかりえてすむあきの空かな

くもはらふ−あらしにつきの−みかかれて−ひかりえてすむ−あきのそらかな


00375
未入力 西行 (xxx)

くまもなき月のひかりをなかむれはまつをはすてのやまそこひしき

くまもなき−つきのひかりを−なかむれは−まつをはすての−やまそこひしき


00376
未入力 西行 (xxx)

月さゆるあかしのせとに風ふけはこほりのうへにたたむしらなみ

つきさゆる−あかしのせとに−かせふけは−こほりのうへに−たたむしらなみ


00377
未入力 西行 (xxx)

あまのはらおなしいはとをいつれともひかりことなる秋のよの月

あまのはら−おなしいはとを−いつれとも−ひかりことなる−あきのよのつき


00378
未入力 西行 (xxx)

かきりなくなこりをしきは秋のよの月にともなふあけほのの空

かきりなく−なこりをしきは−あきのよの−つきにともなふ−あけほののそら


00379
未入力 西行 (xxx)

こよひはと心えかほにすむ月のひかりもてなすきくのしらつゆ

こよひはと−こころえかほに−すむつきの−ひかりもてなす−きくのしらつゆ


00380
未入力 西行 (xxx)

雲きえし秋のなかはの空よりも月はこよひそなにおへりける

くもきえし−あきのなかはの−そらよりも−つきはこよひそ−なにおへりける


00381
未入力 西行 (xxx)

月みれはあきくははれるとしはまたあかぬ心も空にそありける

つきみれは−あきくははれる−としはまた−あかぬこころも−そらにそありける


00382
未入力 西行 (xxx)

雲きゆるなちのたかねに月たけてひかりをぬけるたきのしらいと

くもきゆる−なちのたかねに−つきたけて−ひかりをぬける−たきのしらいと


00383
未入力 西行 (xxx)

いてなからくもにかくるる月かけをかさねてまつやふたむらの山

いてなから−くもにかくるる−つきかけを−かさねてまつや−ふたむらのやま


00384
未入力 西行 (xxx)

秋のよのいさよふ山のはのみかは雲のたえまもまたれやはせぬ

あきのよの−いさよふやまの−はのみかは−くものたえまも−またれやはせぬ


00385
未入力 西行 (xxx)

をしむよの月にならひて有明のいらぬをまねくはなすすきかな

をしむよの−つきにならひて−ありあけの−いらぬをまねく−はなすすきかな


00386
未入力 西行 (xxx)

はなすすき月のひかりにまかはましふかさますほのいろにそめすは

はなすすき−つきのひかりに−まかはまし−ふかさますほの−いろにそめすは


00387
未入力 西行 (xxx)

月すむとをきうゑさらんやとならはあはれすくなき秋にやあらまし

つきすむと−をきうゑさらむ−やとならは−あはれすくなき−あきにやあらまし


00388
未入力 西行 (xxx)

月なくはくれはやとへやかへらましのへには花のさかりなりとも

つきなくは−くれはやとへや−かへらまし−のへにははなの−さかりなりとも


00389
未入力 西行 (xxx)

はなのころをかけにうつせは秋のよの月も野もりのかかみなりけり

はなのころを−かけにうつせは−あきのよの−つきものもりの−かかみなりけり


00390
未入力 西行 (xxx)

月の色をはなにかさねてをみなへしうはものしたにつゆをかけたる

つきのいろを−はなにかさねて−をみなへし−うはものしたに−つゆをかけたる


00391
未入力 西行 (xxx)

よひのまの露にしをれて女郎花ありあけの月のかけにたはるる

よひのまの−つゆにしをれて−をみなへし−ありあけのつきの−かけにたはるる


00392
未入力 西行 (xxx)

庭さゆる月なりけりなをみなへししもにあひぬるはなとみたれは

にはさゆる−つきなりけりな−をみなへし−しもにあひぬる−はなとみたれは


00393
未入力 西行 (xxx)

月のすむあさちにすたくきりきりす露のおくにや秋をしるらん

つきのすむ−あさちにすたく−きりきりす−つゆのおくにや−あきをしるらむ


00394
未入力 西行 (xxx)

露なからこほさてをらん月かけにこはきかえたのまつむしのこゑ

つゆなから−こほさてをらむ−つきかけに−こはきかえたの−まつむしのこゑ


00395
未入力 西行 (xxx)

わかよとやふけゆく空をおもふらんこゑもやすまぬきりきりすかな

わかよとや−ふけゆくそらを−おもふらむ−こゑもやすまぬ−きりきりすかな


00396
未入力 西行 (xxx)

夕露のたましくをたのいなむしろかふすほすゑに月そすみける

ゆふつゆの−たましくをたの−いなむしろ−かふすほすゑに−つきそすみける


00397
未入力 西行 (xxx)

たくひなき心ちこそすれ秋のよの月すむみねのさをしかの声

たくひなき−ここちこそすれ−あきのよの−つきすむみねの−さをしかのこゑ


00398
未入力 西行 (xxx)

このまもる有あけの月のさやけきに紅葉をそへてなかめつるかな

このまもる−ありあけのつきの−さやけきに−もみちをそへて−なかめつるかな


00399
未入力 西行 (xxx)

たつた山月すむみねのかひそなきふもとにきりのはれぬかきりは

たつたやま−つきすむみねの−かひそなき−ふもとにきりの−はれぬかきりは


00400
未入力 西行 (xxx)

いにしへをなににつけてかおもひいてん月さへくもるよならましかは

いにしへを−なににつけてか−おもひいてむ−つきさへくもる−よならましかは


00401
未入力 西行 (xxx)

世の中のうきをもしらてすむ月のかけはわか身のここちこそすれ

よのなかの−うきをもしらて−すむつきの−かけはわかみの−ここちこそすれ


00402
未入力 西行 (xxx)

よの中はくもりはてぬる月なれやさりともとみしかけもまたれす

よのなかは−くもりはてぬる−つきなれや−さりともとみし−かけもまたれす


00403
未入力 西行 (xxx)

いとふよも月すむ秋になりぬれはなからへすはとおもふなるかな

いとふよも−つきすむあきに−なりぬれは−なからへすはと−おもふなるかな


00404
未入力 西行 (xxx)

さらぬたにうかれてものをおもふ身の心をさそふあきのよの月

さらぬたに−うかれてものを−おもふみの−こころをさそふ−あきのよのつき


00405
未入力 西行 (xxx)

すてていにしうきよに月のすまてあれなさらは心のとまらさらまし

すてていにし−うきよにつきの−すまてあれな−さらはこころの−とまらさらまし


00406
未入力 西行 (xxx)

あなかちに山にのみすむこころかなたれかは月のいるををしまぬ

あなかちに−やまにのみすむ−こころかな−たれかはつきの−いるををしまぬ


00407
未入力 西行 (xxx)

ふりさけし人の心そしられぬるこよひみかさの月をなかめて

ふりさけし−ひとのこころそ−しられぬる−こよひみかさの−つきをなかめて


00408
未入力 西行 (xxx)

ひるとみゆる月にあくるをしらましやときつくかねのおとせさりせは

ひるとみゆる−つきにあくるを−しらましや−ときつくかねの−おとせさりせは


00409
未入力 西行 (xxx)

かたそきのゆきあはぬまよりもる月やさえてみそての霜におくらん

かたそきの−ゆきあはぬまより−もるつきや−さえてみそての−しもにおくらむ


00410
未入力 西行 (xxx)

浪にやとる月をみきはにゆりよせてかかみにかくるすみよしのきし

なみにやとる−つきをみきはに−ゆりよせて−かかみにかくる−すみよしのきし


00411
未入力 西行 (xxx)

あかすのみみやこにてみしかけよりも旅こそ月はあはれなりけれ

あかすのみ−みやこにてみし−かけよりも−たひこそつきは−あはれなりけれ


00412
未入力 西行 (xxx)

見しままにすかたもかけもかはらねは月そみやこのかたみなりける

みしままに−すかたもかけも−かはらねは−つきそみやこの−かたみなりける


00413
未入力 西行 (xxx)

月はなほよなよなことにやとるへしわかむすひおくくさのいほりに

つきはなほ−よなよなことに−やとるへし−わかむすひおく−くさのいほりに


00414
未入力 西行 (xxx)

なみのおとを心にかけてあかすかなとまもる月のかけをともにて

なみのおとを−こころにかけて−あかすかな−とまもるつきの−かけをともにて


00415
未入力 西行 (xxx)

もろともにたひなる空に月もいててすめやかけのあはれなるらん

もろともに−たひなるそらに−つきもいて−てすめやかけの−あはれなるらむ


00416
未入力 西行 (xxx)

あはれしる人見たらはとおもふかなたひねのとこにやとる月影

あはれしる−ひとみたらはと−おもふかな−たひねのとこに−やとるつきかけ


00417
未入力 西行 (xxx)

月やとるおなしうきねのなみにしもそてしをるへき契り有りける

つきやとる−おなしうきねの−なみにしも−そてしをるへき−ちきりありける


00418
未入力 西行 (xxx)

みやこにて月をあはれとおもひしはかすよりほかのすさひなりけり

みやこにて−つきをあはれと−おもひしは−かすよりほかの−すさひなりけり


00419
未入力 西行 (xxx)

おきかけてやへのしほちをゆくふねはほかにそききしはつかりの声

おきかけて−やへのしほちを−ゆくふねは−ほかにそききし−はつかりのこゑ


00420
未入力 西行 (xxx)

よこ雲の風にわかるるしののめにやまとひこゆるはつかりのこゑ

よこくもの−かせにわかるる−しののめに−やまとひこゆる−はつかりのこゑ


00421
未入力 西行 (xxx)

からすはにかくたまつさの心ちして雁なきわたる夕やみの空

からすはに−かくたまつさの−ここちして−かりなきわたる−ゆふやみのそら


00422
未入力 西行 (xxx)

しら雲をつはさにかけてゆく雁のかとたのおものともしたふなり

しらくもを−つはさにかけて−ゆくかりの−かとたのおもの−ともしたふなり


00423
未入力 西行 (xxx)

玉章のつつきは見えて雁かねのこゑこそきりにけたれさりけれ

たまつさの−つつきはみえて−かりかねの−こゑこそきりに−けたれさりけれ


00424
未入力 西行 (xxx)

空いろのこなたをうらにたつきりのおもてにかりのかくるたまつさ

そらいろの−こなたをうらに−たつきりの−おもてにかりの−かくるたまつさ


00425
未入力 西行 (xxx)

うつらなくをりにしなれはきりこめてあはれさひしきふかくさのさと

うつらなく−をりにしなれは−きりこめて−あはれさひしき−ふかくさのさと


00426
未入力 西行 (xxx)

なこりおほきむつことつきてかへりゆく人をはきりも立ちへたてけり

なこりおほき−むつことつきて−かへりゆく−ひとをはきりも−たちへたてけり


00427
未入力 西行 (xxx)

たちこむるきりのしたにもうつもれて心はれせぬみやまへのさと

たちこむる−きりのしたにも−うつもれて−こころはれせぬ−みやまへのさと


00428
未入力 西行 (xxx)

よをこめてたけのあみとにたつきりのはれはやかてやあけんとすらん

よをこめて−たけのあみとに−たつきりの−はれはやかてや−あけむとすらむ


00429
未入力 西行 (xxx)

したりさくはきのふるえに風かけてすかひすかひにをしかなくなり

したりさく−はきのふるえに−かせかけて−すかひすかひに−をしかなくなり


00430
未入力 西行 (xxx)

はきかえのつゆためすふく秋風にをしかなくなりみやきののはら

はきかえの−つゆためすふく−あきかせに−をしかなくなり−みやきののはら


00431
未入力 西行 (xxx)

夜もすからつまこひかねてなくしかのなみたやのへの露と成るらん

よもすから−つまこひかねて−なくしかの−なみたやのへの−つゆとなるらむ


00432
未入力 西行 (xxx)

さらぬたに秋はもののみかなしきをなみたもよほすさをしかのこゑ

さらぬたに−あきはもののみ−かなしきを−なみたもよほす−さをしかのこゑ


00433
未入力 西行 (xxx)

やまおろしにしかのねたくふ夕暮にものかなしとはいふにや有るらん

やまおろしに−しかのねたくふ−ゆふくれに−ものかなしとは−いふにやあるらむ


00434
未入力 西行 (xxx)

しかもわふ空のけしきもしくるめりかなしかれともなれる秋かな

しかもわふ−そらのけしきも−しくるめり−かなしかれとも−なれるあきかな


00435
未入力 西行 (xxx)

なにとなくすままほしくそおもほゆるしかあはれなる秋の山さと

なにとなく−すままほしくそ−おもほゆる−しかあはれなる−あきのやまさと


00436
未入力 西行 (xxx)

をしかなくをくらの山のすそちかみたたひとりすむ我か心かな

をしかなく−をくらのやまの−すそちかみ−たたひとりすむ−わかこころかな


00437
未入力 西行 (xxx)

よをのこすねさめに聞くそあはれなるゆめののしかもかくやなくらん

よをのこす−ねさめにきくそ−あはれなる−ゆめののしかも−かくやなくらむ


00438
未入力 西行 (xxx)

しのはらやきりにまかひてなく鹿の声かすかなる秋の夕くれ

しのはらや−きりにまかひて−なくしかの−こゑかすかなる−あきのゆふくれ


00439
未入力 西行 (xxx)

となりゐねはらのかりやにあかすよはしかあはれなるものにそ有りける

となりゐぬ−はらのかりやに−あかすよは−しかあはれなる−ものにそありける


00440
未入力 西行 (xxx)

をやまたの庵ちかくなく鹿の音におとろかされておとろかすかな

をやまたの−いほちかくなく−しかのねに−おとろかされて−おとろかすかな


00441
未入力 西行 (xxx)

鹿のねをきくにつけてもすむ人の心しらるるをのの山さと

しかのねを−きくにつけても−すむひとの−こころしらるる−をののやまさと


00442
未入力 西行 (xxx)

ひとりねのよさむになるにかさねはやたかためにうつころもなるらん

ひとりねの−よさむになるに−かさねはや−たかためにうつ−ころもなるらむ


00443
未入力 西行 (xxx)

さよ衣いつくのさとにうつならんとほくきこゆるつちのおとかな

さよころも−いつくのさとに−うつならむ−とほくきこゆる−つちのおとかな


00444
未入力 西行 (xxx)

わけているそてにあはれをかけよとて露けきにはにむしさへそなく

わけている−そてにあはれを−かけよとて−つゆけきにはに−むしさへそなく


00445
未入力 西行 (xxx)

ゆふされやたまおく露のこささふに声はつならすきりきりすかな

ゆふされや−たまおくつゆの−こささふに−こゑはつならす−きりきりすかな


00446
未入力 西行 (xxx)

秋風にほすゑなみよるかるかやのしたはにむしのこゑみたるなり

あきかせに−ほすゑなみよる−かるかやの−したはにむしの−こゑみたるなり


00447
未入力 西行 (xxx)

きりきりすなくなるのへはよそなるをおもはぬそてに露のこほるる

きりきりす−なくなるのへは−よそなるを−おもはぬそてに−つゆのこほるる


00448
未入力 西行 (xxx)

秋風のふけゆくのへのむしのねにはしたなきまてぬるるそてかな

あきかせの−ふけゆくのへの−むしのねに−はしたなきまて−ぬるるそてかな


00449
未入力 西行 (xxx)

むしのねをよそにおもひてあかさねはたもとも露はのへにかはらし

むしのねを−よそにおもひて−あかさねは−たもともつゆは−のへにかはらし


00450
未入力 西行 (xxx)

野へになく虫もやものはかなしきにこたへましかはとひてきかまし

のへになく−むしもやものは−かなしきに−こたへましかは−とひてきかまし


00451
未入力 西行 (xxx)

秋のよをひとりやなきてあかさましともなふむしの声なかりせは

あきのよを−ひとりやなきて−あかさまし−ともなふむしの−こゑなかりせは


00452
未入力 西行 (xxx)

秋のよにこゑもやすますなく虫を露まとろまてききあかすかな

あきのよに−こゑもやすます−なくむしを−つゆまとろまて−ききあかすかな


00453
未入力 西行 (xxx)

秋の野のをはなか袖にまねかせていかなる人をまつむしのこゑ

あきののの−をはなかそてに−まねかせて−いかなるひとを−まつむしのこゑ


00454
未入力 西行 (xxx)

よもすからたもとに虫のねをかけてはらひわつらふ袖のしらつゆ

よもすから−たもとにむしの−ねをかけて−はらひわつらふ−そてのしらつゆ


00455
未入力 西行 (xxx)

きりきりす夜さむになるをつけかほにまくらのもとにきつつなくなり

きりきりす−よさむになるを−つけかほに−まくらのもとに−きつつなくなり


00456
未入力 西行 (xxx)

虫の音をよわりゆくかときくからに心に秋のひかすをそふる

むしのねを−よわりゆくかと−きくからに−こころにあきの−ひかすをそふる


00457
未入力 西行 (xxx)

秋ふかみよわるはむしのこゑのみかきくわれとてもたのみやはある

あきふかみ−よわるはむしの−こゑのみか−きくわれとても−たのみやはある


00458
未入力 西行 (xxx)

むしの音につゆけかるへきたもとかはあやしやこころものおもふへし

むしのねに−つゆけかるへき−たもとかは−あやしやこころ−ものおもふへし


00459
未入力 西行 (xxx)

ひとりねのともにはなれてきりきりすなくねをきけはもの思ひそふ

ひとりねの−ともにはなれて−きりきりす−なくねをきけは−ものおもひそふ


00460
未入力 西行 (xxx)

草ふかみわけいりてとふ人もあれやふりゆく跡のすすむしのこゑ

くさふかみ−わけいりてとふ−ひともあれや−ふりゆくあとの−すすむしのこゑ


00461
未入力 西行 (xxx)

かへにおふるこくさにわふるきりきりすしくるるにはのつゆいとふへし

かへにおふる−こくさにわふる−きりきりす−しくるるにはの−つゆいとふへし


00462
未入力 西行 (xxx)

こはきさく山たのくろのむしのねにいほもる人や袖ぬらすらん

こはきさく−やまたのくろの−むしのねに−いほもるひとや−そてぬらすらむ


00463
未入力 西行 (xxx)

うちすくる人なきみちのゆふされはこゑにておくるくつわむしかな

うちすくる−ひとなきみちの−ゆふされは−こゑにておくる−くつわむしかな


00464
未入力 西行 (xxx)

なかむれは袖にも露そこほれけるそとものをたの秋の夕くれ

なかむれは−そてにもつゆそ−こほれける−そとものをたの−あきのゆふくれ


00465
未入力 西行 (xxx)

ふきすくる風さへことに身にそしむ山田の庵のあきの夕くれ

ふきすくる−かせさへことに−みにそしむ−やまたのいほの−あきのゆふくれ


00466
未入力 西行 (xxx)

君かすむやとのつほをはきくそかさる仙のみやとやいふへかるらん

きみかすむ−やとのつほをは−きくそかさる−やまのみやとや−いふへかるらむ


00467
未入力 西行 (xxx)

いくあきにわれあひぬらんなかつきのここぬかにつむやへのしらきく

いくあきに−われあひぬらむ−なかつきの−ここぬかにつむ−やへのしらきく


00468
未入力 西行 (xxx)

秋ふかみならふはななき菊なれはところをしものおけとこそおもへ

あきふかみ−ならふはななき−きくなれは−ところをしもの−おけとこそおもへ


00469
未入力 西行 (xxx)

ませなくはなにをしるしに思はまし月にまかよふしら菊の花

ませなくは−なにをしるしに−おもはまし−つきにまかよふ−しらきくのはな


00470
未入力 西行 (xxx)

こころなき身にもあはれはしられけりしきたつさはの秋の夕くれ

こころなき−みにもあはれは−しられけり−しきたつさはの−あきのゆふくれ


00471
未入力 西行 (xxx)

立ちよりてとなりとふへきかきにそひてひまなくはへるやへむくらかな

たちよりて−となりとふへき−かきにそひて−ひまなくはへる−やへむくらかな


00472
未入力 西行 (xxx)

いつよりかもみちの色はそむへきとしくれにくもるそらにとははや

いつよりか−もみちのいろは−そむへきと−しくれにくもる−そらにとははや


00473
未入力 西行 (xxx)

いとか山しくれに色をそめさせてかつかつおれるにしきなりけり

いとかやま−しくれにいろを−そめさせて−かつかつおれる−にしきなりけり


00474
未入力 西行 (xxx)

そめてけり紅葉のいろのくれなゐをしくると見えしみやまへのさと

そめてけり−もみちのいろの−くれなゐを−しくるとみえし−みやまへのさと


00475
未入力 西行 (xxx)

さらぬたにこゑよわかりしまつむしの秋のすゑにはききもわかれす

さらぬたに−こゑよわかりし−まつむしの−あきのすゑには−ききもわかれす


00476
未入力 西行 (xxx)

こすゑあれはかれゆくのへはいかかせんむしのねのこせ秋のやまさと

こすゑあれは−かれゆくのへは−いかかせむ−むしのねのこせ−あきのやまさと


00477
未入力 西行 (xxx)

さまさまのにしきありける深山かなはなみしみねをしくれそめつつ

さまさまの−にしきありける−みやまかな−はなみしみねを−しくれそめつつ


00478
未入力 西行 (xxx)

かきりあれはいかかは色のまさるへきあかすしくるるをくらやまかな

かきりあれは−いかかはいろの−まさるへき−あかすしくるる−をくらやまかな


00479
未入力 西行 (xxx)

もみちはのちらてしくれのひかすへはいかはかりなる色にはあらまし

もみちはの−ちらてしくれの−ひかすへは−いかはかりなる−いろにはあらまし


00480
未入力 西行 (xxx)

にしきはる秋のこすゑを見せぬかなへたつる事のやみをつくりて

にしきはる−あきのこすゑを−みせぬかな−へたつることの−やみをつくりて


00481
未入力 西行 (xxx)

おもはすによしあるしつのすみかかなつたのもみちを軒にははせて

おもはすに−よしあるしつの−すみかかな−つたのもみちを−のきにははせて


00482
未入力 西行 (xxx)

ときはなるまつのみとりに神さひてもみちそ秋はあけのたまかき

ときはなる−まつのみとりに−かみさひて−もみちそあきは−あけのたまかき


00483
未入力 西行 (xxx)

もみちちるのはらをわけてゆく人ははなならぬまたにしききるへし

もみちちる−のはらをわけて−ゆくひとは−はなならぬまた−にしききるへし


00484
未入力 西行 (xxx)

おほゐ河ゐせきによとむみつの色にあきふかくなるほとそしらるる

おほゐかは−ゐせきによとむ−みつのいろに−あきふかくなる−ほとそしらるる


00485
未入力 西行 (xxx)

小倉山ふもとに秋の色はあれやこすゑのにしきかせにたたれて

をくらやま−ふもとにあきの−いろはあれや−こすゑのにしき−かせにたたれて


00486
未入力 西行 (xxx)

わかものとあきのこすゑをおもふかなをくらのさとにいへゐせしより

わかものと−あきのこすゑを−おもふかな−をくらのさとに−いへゐせしより


00487
未入力 西行 (xxx)

山さとは秋のすゑにそおもひしるかなしかりけりこからしのかせ

やまさとは−あきのすゑにそ−おもひしる−かなしかりけり−こからしのかせ


00488
未入力 西行 (xxx)

くれはつる秋のかたみにしはしみんもみちちらすなこからしのかせ

くれはつる−あきのかたみに−しはしみむ−もみちちらすな−こからしのかせ


00489
未入力 西行 (xxx)

秋くるる月なみわくるやまかつの心うらやむけふのゆふくれ

あきくるる−つきなみわくる−やまかつの−こころうらやむ−けふのゆふくれ


00490
未入力 西行 (xxx)

をしめともかねのおとさへかはるかなしもにやつゆをむすひかふらん

をしめとも−かねのおとさへ−かはるかな−しもにやつゆを−むすひかふらむ



山家集 巻上:冬

00491
未入力 西行 (xxx)

夜もすからをしけなくふくあらしかなわさとしくれのそむるこすゑを

よもすから−をしけなくふく−あらしかな−わさとしくれの−そむるこすゑを


00492
未入力 西行 (xxx)

ねさめする人のこころをわひしめてしくるるおとはかなしかりけり

ねさめする−ひとのこころを−わひしめて−しくるるおとは−かなしかりけり


00493
未入力 西行 (xxx)

しもうつむむくらかしたのきりきりすあるかなきかのこゑきこゆなり

しもうつむ−むくらかしたの−きりきりす−あるかなきかの−こゑきこゆなり


00494
未入力 西行 (xxx)

みちもなしやとはこのはにうつもれてまたきせさするふゆこもりかな

みちもなし−やとはこのはに−うつもれて−またきせさする−ふゆこもりかな


00495
未入力 西行 (xxx)

このはちれは月に心そあらはるるみやまかくれにすまんとおもふに

このはちれは−つきにこころそ−あらはるる−みやまかくれに−すまむとおもふに


00496
未入力 西行 (xxx)

時雨かとねさめのとこにきこゆるは嵐にたへぬこのはなりけり

しくれかと−ねさめのとこに−きこゆるは−あらしにたへぬ−このはなりけり


00497
未入力 西行 (xxx)

たつたひめそめし木すゑのちるをりはくれなゐあらふやまかはの水

たつたひめ−そめしこすゑの−ちるをりは−くれなゐあらふ−やまかはのみつ


00498
未入力 西行 (xxx)

あらしはくにはのこのはのをしきかなまことのちりに成りぬとおもへは

あらしはく−にはのこのはの−をしきかな−まことのちりに−なりぬとおもへは


00499
未入力 西行 (xxx)

山おろしの月にこのはをふきかけてひかりにまかふかけを見るかな

やまおろしの−つきにこのはを−ふきかけて−ひかりにまかふ−かけをみるかな


00500
未入力 西行 (xxx)

こからしにみねの木のはやたくふらんむらこに見ゆる滝のしらいと

こからしに−みねのこのはや−たくふらむ−むらこにみゆる−たきのしらいと


00501
未入力 西行 (xxx)

やとかこふははそのしはの時雨さへしたひてそむるはつしくれかな

やとかこふ−ははそのしはの−しくれさへ−したひてそむる−はつしくれかな


00502
未入力 西行 (xxx)

おのつからおとする人そなかりけるやまめくりする時雨ならては

おのつから−おとするひとそ−なかりける−やまめくりする−しくれならては


00503
未入力 西行 (xxx)

あつまやのあまりにもふる時雨かなたれかはしらぬかみなつきとは

あつまやの−あまりにもふる−しくれかな−たれかはしらぬ−かみなつきとは


00504
未入力 西行 (xxx)

もみちよるあしろのぬのの色そめてひをくくりとは見えぬなりけり

もみちよる−あしろのぬのの−いろそめて−ひをくくりとは−みえぬなりけり


00505
未入力 西行 (xxx)

かきこめしすそののすすきしもかれてさひしさまさるしはのいほかな

かきこめし−すそののすすき−しもかれて−さひしさまさる−しはのいほかな


00506
未入力 西行 (xxx)

さまさまに花さきけりと見しのへのおなしいろにもしもかれにけり

さまさまに−はなさきけりと−みしのへの−おなしいろにも−しもかれにけり


00507
未入力 西行 (xxx)

わけかねしそてに露をはととめおきてしもにくちぬるまののはきはら

わけかねし−そてにつゆをは−ととめおきて−しもにくちぬる−まののはきはら


00508
未入力 西行 (xxx)

霜かつくかれのの草のさひしきにいつくは人のこころとむらん

しもかつく−かれののくさの−さひしきに−いつくはひとの−こころとむらむ


00509
未入力 西行 (xxx)

しもかれてもろくくたくるをきのはをあらくわくなるかせのおとかな

しもかれて−もろくくたくる−をきのはを−あらくわくなる−かせのおとかな


00510
未入力 西行 (xxx)

なにはえのみきはのあしにしもさえてうら風さむきあさほらけかな

なにはえの−みきはのあしに−しもさえて−うらかせさむき−あさほらけかな


00511
未入力 西行 (xxx)

たまかけしはなのすかたもおとろへてしもをいたたくをみなへしかな

たまかけし−はなのすかたも−おとろへて−しもをいたたく−をみなへしかな


00512
未入力 西行 (xxx)

山さくらはつゆきふれはさきにけりよしのはさとにふゆこもれとも

やまさくら−はつゆきふれは−さきにけり−よしのはさとに−ふゆこもれとも


00513
未入力 西行 (xxx)

さひしさにたへたる人のまたもあれないほりならへん冬の山さと

さひしさに−たへたるひとの−またもあれな−いほりならへむ−ふゆのやまさと


00514
未入力 西行 (xxx)

しもにあひていろあらたむるあしのほのさひしく見ゆるなにはえのうら

しもにあひて−いろあらたむる−あしのほの−さひしくみゆる−なにはえのうら


00515
未入力 西行 (xxx)

たままきしかきねのまくす霜かれてさひしく見ゆる冬の山さと

たままきし−かきねのまくす−しもかれて−さひしくみゆる−ふゆのやまさと


00516
未入力 西行 (xxx)

旅ねするくさのまくらにしもさえてあり明の月のかけそまたるる

たひねする−くさのまくらに−しもさえて−ありあけのつきの−かけそまたるる


00517
未入力 西行 (xxx)

ふゆかれのすさましけなるやまさとに月のすむこそあはれなりけれ

ふゆかれの−すさましけなる−やまさとに−つきのすむこそ−あはれなりけれ


00518
未入力 西行 (xxx)

月いつるみねのこのはもちりはててふもとのさとはうれしかるらん

つきいつる−みねのこのはも−ちりはてて−ふもとのさとは−うれしかるらむ


00519
未入力 西行 (xxx)

はなにおくつゆにやとりしかけよりもかれのの月はあはれなりけり

はなにおく−つゆにやとりし−かけよりも−かれののつきは−あはれなりけり


00520
未入力 西行 (xxx)

こほりしくぬまのあしはら風さえて月もひかりそさひしかりける

こほりしく−ぬまのあしはら−かせさえて−つきもひかりそ−さひしかりける


00521
未入力 西行 (xxx)

霜さゆる庭の木のはをふみわけて月は見るやととふ人もかな

しもさゆる−にはのこのはを−ふみわけて−つきはみるやと−とふひともかな


00522
未入力 西行 (xxx)

さゆと見えて冬ふかくなる月影はみつなき庭にこほりをそしく

さゆとみえて−ふゆふかくなる−つきかけは−みつなきにはに−こほりをそしく


00523
未入力 西行 (xxx)

あはせつるこゐのはしたかそはへかしいぬかひ人のこゑしきりなり

あはせつる−こゐのはしたか−そはへかし−いぬかひひとの−こゑしきりなり


00524
未入力 西行 (xxx)

かきくらす雪にききすは見えねともはおとにすすをくはへてそやる

かきくらす−ゆきにききすは−みえねとも−はおとにすすを−くはへてそやる


00525
未入力 西行 (xxx)

ふる雪にとたちも見えすうつもれてとりところなきみかりのの原

ふるゆきに−とたちもみえす−うつもれて−とりところなき−みかりののはら


00526
未入力 西行 (xxx)

このまもる月のかけとも見ゆるかなはたらにふれる庭のしらゆき

このまもる−つきのかけとも−みゆるかな−はたらにふれる−にはのしらゆき


00527
未入力 西行 (xxx)

たちのほる朝日の影のさすままに都の雪はきえみきえすみ

たちのほる−あさひのかけの−さすままに−みやこのゆきは−きえみきえすみ


00528
未入力 西行 (xxx)

かれはつるかやかうははにふる雪はさらにをはなのここちこそすれ

かれはつる−かやかうははに−ふるゆきは−さらにをはなの−ここちこそすれ


00529
未入力 西行 (xxx)

たゆみつつそりのはやをもつけなくにつもりにけりなこしのしらゆき

たゆみつつ−そりのはやをも−つけなくに−つもりにけりな−こしのしらゆき


00530
未入力 西行 (xxx)

ふる雪にしをりししはもうつもれておもはぬやまに冬こもりぬる

ふるゆきに−しをりししはも−うつもれて−おもはぬやまに−ふゆこもりぬる


00531
未入力 西行 (xxx)

雪ふかくうつみてけりなきみくやともみちのにしきしきし山ちを

ゆきふかく−うつみてけりな−きみくやと−もみちのにしき−しきしやまちを


00532
未入力 西行 (xxx)

わかやとに庭よりほかのみちもかなとひこん人のあとつけてみん

わかやとに−にはよりほかの−みちもかな−とひこむひとの−あとつけてみむ


00533
未入力 西行 (xxx)

人こはとおもひて雪をみる程にしかあとつくることもありけり

ひとこはと−おもひてゆきを−みるほとに−しかあとつくる−こともありけり


00534
未入力 西行 (xxx)

あととむるこまのゆくへはさもあらはあれうれしく君にゆきにあひぬる

あととむる−こまのゆくへは−さもあらはあれ−うれしくきみに−ゆきにあひぬる


00535
未入力 西行 (xxx)

雪うつむそののくれ竹をれふしてねくらもとむるむらすすめかな

ゆきうつむ−そののくれたけ−をれふして−ねくらもとむる−むらすすめかな


00536
未入力 西行 (xxx)

うらかへすをみのころもと見ゆるかなたけのうれはにふれるしらゆき

うらかへす−をみのころもと−みゆるかな−たけのうれはに−ふれるしらゆき


00537
未入力 西行 (xxx)

たまかきはあけもみとりもうつもれてゆきおもしろきまつのをの山

たまかきは−あけもみとりも−うつもれて−ゆきおもしろき−まつのをのやま


00538
未入力 西行 (xxx)

なにとなくくるるしつりのおとまても雪あはれなるふかくさのさと

なにとなく−くるるしつりの−おとまても−ゆきあはれなる−ふかくさのさと


00539
未入力 西行 (xxx)

雪ふれはのちも山ちもうつもれてをちこちしらぬたひのそらかな

ゆきふれは−のちもやまちも−うつもれて−をちこちしらぬ−たひのそらかな


00540
未入力 西行 (xxx)

あをねやまこけのむしろの上にしく雪はしらねのここちこそすれ

あをねやま−こけのむしろの−うへにしく−ゆきはしらねの−ここちこそすれ


00541
未入力 西行 (xxx)

うの花のここちこそすれ山さとのかきねのしはをうつむしらゆき

うのはなの−ここちこそすれ−やまさとの−かきねのしはを−うつむしらゆき


00542
未入力 西行 (xxx)

をりならぬめくりのかきのうの花をうれしく雪のさかせつるかな

をりならぬ−めくりのかきの−うのはなを−うれしくゆきの−さかせつるかな


00543
未入力 西行 (xxx)

とへなきみゆふくれになるにはの雪をあとなきよりはあはれならまし

とへなきみ−ゆふくれになる−にはのゆきを−あとなきよりは−あはれならまし


00544
未入力 西行 (xxx)

せとわたるたななしをふねこころせよあられみたるるしまきよこきる

せとわたる−たななしをふね−こころせよ−あられみたるる−しまきよこきる


00545
未入力 西行 (xxx)

杣人のまきのかりやのあたふしにおとするものはあられなりけり

そまひとの−まきのかりやの−あたふしに−おとするものは−あられなりけり


00546
未入力 西行 (xxx)

たたはおちてえたをつたへるあられかなつほめる花のちるここちして

たたはおちて−えたをつたへる−あられかな−つほめるはなの−ちるここちして


00547
未入力 西行 (xxx)

かきりあらんくもこそあらめすみかまのけふりに月のすすけぬるかな

かきりあらむ−くもこそあらめ−すみかまの−けふりにつきの−すすけぬるかな


00548
未入力 西行 (xxx)

あはち島いそわの千鳥こゑしけみせとのしほかせさえわたるよは

あはちしま−いそわのちとり−こゑしけみ−せとのしほかせ−さえわたるよは


00549
未入力 西行 (xxx)

あはち島せとのしほひのゆふくれにすまよりかよふちとりなくなり

あはちしま−せとのしほひの−ゆふくれに−すまよりかよふ−ちとりなくなり


00550
未入力 西行 (xxx)

しもさえて汀ふけゆくうらかせをおもひしりけになくちとりかな

しもさえて−みきはふけゆく−うらかせを−おもひしりけに−なくちとりかな


00551
未入力 西行 (xxx)

さゆれともこころやすくそききあかすかはせの千鳥ともくしてけり

さゆれとも−こころやすくそ−ききあかす−かはせのちとり−ともくしてけり


00552
未入力 西行 (xxx)

やせわたるみなとのかせに月ふけてしほひるかたに千鳥なくなり

やせわたる−みなとのかせに−つきふけて−しほひるかたに−ちとりなくなり


00553
未入力 西行 (xxx)

千鳥なくゑしまのうらにすむ月をなみにうつして見るこよひかな

ちとりなく−ゑしまのうらに−すむつきを−なみにうつして−みるこよひかな


00554
未入力 西行 (xxx)

いはまゆくこのはわけこし山水をつゆもらさぬはこほりなりけり

いはまゆく−このはわけこし−やまみつを−つゆもらさぬは−こほりなりけり


00555
未入力 西行 (xxx)

みなかみに水や氷をむすふらんくるとも見えぬ滝のしらいと

みなかみに−みつやこほりを−むすふらむ−くるともみえぬ−たきのしらいと


00556
未入力 西行 (xxx)

こほりわるいかたのさをのたゆけれはもちやこさましほつの山こえ

こほりわる−いかたのさをの−たゆけれは−もちやこさまし−ほつのやまこえ


00557
未入力 西行 (xxx)

はなもかれもみちもちらぬ山さとはさひしさをまたとふ人もかな

はなもかれ−もみちもちらぬ−やまさとは−さひしさをまた−とふひともかな


00558
未入力 西行 (xxx)

ひとりすむかた山かけのともなれやあらしにはるる冬のやまさと

ひとりすむ−かたやまかけの−ともなれや−あらしにはるる−ふゆのやまさと


00559
未入力 西行 (xxx)

つのくにのあしのまろやのさひしさは冬こそわけてとふへかりけれ

つのくにの−あしのまろやの−さひしさは−ふゆこそわけて−とふへかりけれ


00560
未入力 西行 (xxx)

さゆる夜はよそのそらにそをしもなくこほりにけりなこやの池みつ

さゆるよは−よそのそらにそ−をしもなく−こほりにけりな−こやのいけみつ


00561
未入力 西行 (xxx)

よもすからあらしの山に風さえておほ井のよとにこほりをそしく

よもすから−あらしのやまに−かせさえて−おほゐのよとに−こほりをそしく


00562
未入力 西行 (xxx)

さえわたるうらかせいかにさむからんちとりむれゐるゆふさきの浦

さえわたる−うらかせいかに−さむからむ−ちとりむれゐる−ゆふさきのうら


00563
未入力 西行 (xxx)

山さとはしくれしころのさひしさにあらしのおとはややまさりけり

やまさとは−しくれしころの−さひしさに−あらしのおとは−ややまさりけり


00564
未入力 西行 (xxx)

かせさえてよすれはやかてこほりつつかへるなみなきしかのからさき

かせさえて−よすれはやかて−こほりつつ−かへるなみなき−しかのからさき


00565
未入力 西行 (xxx)

よしの山ふもとにふらぬ雪ならははなかとみてやたつねいらまし

よしのやま−ふもとにふらぬ−ゆきならは−はなかとみてや−たつねいらまし


00566
未入力 西行 (xxx)

やまことにさひしからしとはけむへしけふりこめたりをののやまさと

やまことに−さひしからしと−はけむへし−けふりこめたり−をののやまさと


00567
未入力 西行 (xxx)

山さくらおもひよそへてなかむれは木ことのはなはゆきまさりけり

やまさくら−おもひよそへて−なかむれは−きことのはなは−ゆきまさりけり


00568
未入力 西行 (xxx)

ふりうつむ雪をともにて春きては日をおくるへきみ山への里

ふりうつむ−ゆきをともにて−はるきては−ひをおくるへき−みやまへのさと


00569
未入力 西行 (xxx)

とふ人ははつ雪をこそわけこしかみちとちてけりみやまへのさと

とふひとは−はつゆきをこそ−わけこしか−みちとちてけり−みやまへのさと


00570
未入力 西行 (xxx)

としのうちはとふ人さらにあらしかし雪も山ちもふかきすみかを

としのうちは−とふひとさらに−あらしかし−ゆきもやまちも−ふかきすみかを


00571
未入力 西行 (xxx)

わりなしやこほるかけひの水ゆゑにおもひすててしはるのまたるる

わりなしや−こほるかけひの−みつゆゑに−おもひすててし−はるのまたるる


00572
未入力 西行 (xxx)

つねよりも心ほそくそおもほゆるたひのそらにてとしのくれぬる

つねよりも−こころほそくそ−おもほゆる−たひのそらにて−としのくれぬる


00573
未入力 西行 (xxx)

あたらしきしはのあみとをたてかへてとしのあくるをまちわたるかな

あたらしき−しはのあみとを−たてかへて−としのあくるを−まちわたるかな


00574
未入力 西行 (xxx)

としくれてそのいとなみはわすられてあらぬさまなるいそきをそする

としくれて−そのいとなみは−わすられて−あらぬさまなる−いそきをそする


00575
未入力 西行 (xxx)

おしなへておなし月日のすきゆけはみやこもかくやとしはくれぬる

おしなへて−おなしつきひの−すきゆけは−みやこもかくや−としはくれぬる


00576
未入力 西行 (xxx)

おのつからいはぬをしたふ人やあるとやすらふほとにとしのくれぬる

おのつから−いはぬをしたふ−ひとやあると−やすらふほとに−としのくれぬる


00577
未入力 西行 (xxx)

いつかわれむかしの人といはるへきかさなるとしをおくりむかへて

いつかわれ−むかしのひとと−いはるへき−かさなるとしを−おくりむかへて



山家集 巻中:恋

00578
未入力 西行 (xxx)

あはさらんことをはしらてははききのふせやとききて尋ねきにけり

あはさらむ−ことをはしらて−ははききの−ふせやとききて−たつねきにけり


00579
未入力 西行 (xxx)

たてそめてかへる心はにしきさのちつかまつへき心ちこそせね

たてそめて−かへるこころは−にしきさの−ちつかまつへき−ここちこそせね


00580
未入力 西行 (xxx)

おはつかないかにと人のくれはとりあやむるまてにぬるる袖かな

おはつかな−いかにとひとの−くれはとり−あやむるまてに−ぬるるそてかな


00581
未入力 西行 (xxx)

なかなかに夢にうれしきあふことはうつつに物をおもふなりけり

なかなかに−ゆめにうれしき−あふことは−うつつにものを−おもふなりけり


00582
未入力 西行 (xxx)

あふとみることをかきれる夢ちにてさむる別のなからましかは

あふとみる−ことをかきれる−ゆめちにて−さむるわかれの−なからましかは


00583
未入力 西行 (xxx)

夢とのみおもひなさるるうつつこそあひみしことのかひなかりけれ

ゆめとのみ−おもひなさるる−うつつこそ−あひみしことの−かひなかりけれ


00584
未入力 西行 (xxx)

けさよりそ人の心はつらからてあけはなれ行く空をうらむる

けさよりそ−ひとのこころは−つらからて−あけはなれゆく−そらをうらむる


00585
未入力 西行 (xxx)

あふことをしのはさりせはみちしはの露よりさきにおきてこましや

あふことを−しのはさりせは−みちしはの−つゆよりさきに−おきてこましや


00586
未入力 西行 (xxx)

さらぬたにかへりやられぬしののめにそへてかたらふ郭公かな

さらぬたに−かへりやられぬ−しののめに−そへてかたらふ−ほとときすかな


00587
未入力 西行 (xxx)

かさねてはこひえまほしきうつりかをはなたちはなにけさたくへつつ

かさねては−こひえまほしき−うつりかを−はなたちはなに−けさたくへつつ


00588
未入力 西行 (xxx)

やすらはんおほかたのよはあけぬともやみとかいへる霧にこもりて

やすらはむ−おほかたのよは−あけぬとも−やみとかいへる−きりにこもりて


00589
未入力 西行 (xxx)

ことつけてけさの別をやすらはんしくれをさへや袖にかくへき

ことつけて−けさのわかれを−やすらはむ−しくれをさへや−そてにかくへき


00590
未入力 西行 (xxx)

つらくともあはすはなにのならひにか身の程しらす人をうらみん

つらくとも−あはすはなにの−ならひにか−みのほとしらす−ひとをうらみむ


00591
未入力 西行 (xxx)

さらはたたさらてそ人のやみなましさてのちもさはさもあらしとや

さらはたた−さらてそひとの−やみなまし−さてのちもさは−さもあらしとや


00592
未入力 西行 (xxx)

もらさしとそてにあまるをつつまましなさけを忍ふなみたなりせは

もらさしと−そてにあまるを−つつままし−なさけをしのふ−なみたなりせは


00593
未入力 西行 (xxx)

から衣たちはなれにしままならはかさねてものはおもはさらまし

からころも−たちはなれにし−ままならは−かさねてものは−おもはさらまし


00594
未入力 西行 (xxx)

しつのめかすそとるいとにつゆそひておもひにたかふ恋もするかな

しつのめか−すそとるいとに−つゆそひて−おもひにたかふ−こひもするかな


00595
未入力 西行 (xxx)

をらはやとなにおもはまし梅のはななつかしからぬにほひなりせは

をらはやと−なにおもはまし−うめのはな−なつかしからぬ−にほひなりせは


00596
未入力 西行 (xxx)

ゆきすりにひとえたをりしむめかかのふかくも袖にしみにけるかな

ゆきすりに−ひとえたをりし−うめかかの−ふかくもそてに−しみにけるかな


00597
未入力 西行 (xxx)

つれもなき人にみせはやさくらはなかせにしたかふ心よわさを

つれもなき−ひとにみせはや−さくらはな−かせにしたかふ−こころよわさを


00598
未入力 西行 (xxx)

はなをみる心はよそにへたたりて身につきたるは君かおもかけ

はなをみる−こころはよそに−へたたりて−みにつきたるは−きみかおもかけ


00599
未入力 西行 (xxx)

はかくれにちりととまれるはなのみそしのひし人にあふ心ちする

はかくれに−ちりととまれる−はなのみそ−しのひしひとに−あふここちする


00600
未入力 西行 (xxx)

つれもなくたえにし人をかりかねのかへる心とおもはましかは

つれもなく−たえにしひとを−かりかねの−かへるこころと−おもはましかは


00601
未入力 西行 (xxx)

くちてたたしをれはよしや我か袖もはきのしたえの露によそへて

くちてたた−しをれはよしや−わかそても−はきのしたえの−つゆによそへて


00602
未入力 西行 (xxx)

つまこひて人めつつまぬしかのねもうらやむ袖のみさをなるかは

つまこひて−ひとめつつまぬ−しかのねも−うらやむそての−みさをなるかは


00603
未入力 西行 (xxx)

ひとかたにみたるともなき我か恋や風さたまらぬのへのかるかや

ひとかたに−みたるともなき−わかこひや−かせさたまらぬ−のへのかるかや


00604
未入力 西行 (xxx)

夕きりのへたてなくこそおもほゆれかくれて君かあはぬなりけり

ゆふきりの−へたてなくこそ−おもほゆれ−かくれてきみか−あはぬなりけり


00605
未入力 西行 (xxx)

わかなみたしくれの雨にたくへはやもみちの色の袖にまかへる

わかなみた−しくれのあめに−たくへはや−もみちのいろの−そてにまかへる


00606
未入力 西行 (xxx)

あさことにこゑをととむる風の音はよをへてかかる人のこころか

あさことに−こゑをととむる−かせのおとは−よをへてかかる−ひとのこころか


00607
未入力 西行 (xxx)

春をまつすはのわたりもあるものをいつをかきりにすへきつららそ

はるをまつ−すはのわたりも−あるものを−いつをかきりに−すへきつららそ


00608
未入力 西行 (xxx)

わかそてのなみたかかるとぬれてあれなうらやましきは池のをしとり

わかそての−なみたかかると−ぬれてあれな−うらやましきは−いけのをしとり


00609
未入力 西行 (xxx)

かけひにも君かつららやむすふらん心ほそくもたえぬなるかな

かけひにも−きみかつららや−むすふらむ−こころほそくも−たえぬなるかな


00610
未入力 西行 (xxx)

おもひかねいちのなかには人おほみゆかりたつねてつくるたまつさ

おもひかね−いちのなかには−ひとおほみ−ゆかりたつねて−つくるたまつさ


00611
未入力 西行 (xxx)

なみしのくことをもなにかわつらはん君にあふへきみちとおもはは

なみしのく−ことをもなにか−わつらはむ−きみにあふへき−みちとおもはは


00612
未入力 西行 (xxx)

いはしろの松かせきけは物おもふ人も心そむすほほれける

いはしろの−まつかせきけは−ものおもふ−ひともこころそ−むすほほれける


00613
未入力 西行 (xxx)

なかつきのあまりにつらき心にていむとは人のいふにやあるらん

なかつきの−あまりにつらき−こころにて−いむとはひとの−いふにやあるらむ


00614
未入力 西行 (xxx)

ことつくるみあれのほとをすくしてもなほやうつきの心なるへき

ことつくる−みあれのほとを−すくしても−なほやうつきの−こころなるへき


00615
未入力 西行 (xxx)

あまくたるかみのしるしのありなしをつれなき人の行へにてみん

あまくたる−かみのしるしの−ありなしを−つれなきひとの−ゆくへにてみむ


00616
未入力 西行 (xxx)

月まつといひなされつるよひのまの心のいろをそてにみえぬる

つきまつと−いひなされつる−よひのまの−こころのいろを−そてにみえぬる


00617
未入力 西行 (xxx)

しらさりき雲井のよそにみし月のかけをたもとにやとすへしとは

しらさりき−くもゐのよそに−みしつきの−かけをたもとに−やとすへしとは


00618
未入力 西行 (xxx)

あはれともみる人あらはおもひなん月のおもてにやとる心は

あはれとも−みるひとあらは−おもひなむ−つきのおもてに−やとるこころは


00619
未入力 西行 (xxx)

月みれはいてやとよのみおもほえてもたりにくくもなる心かな

つきみれは−いてやとよのみ−おもほえて−もたりにくくも−なるこころかな


00620
未入力 西行 (xxx)

ゆみはりの月にはつれて見しかけのやさしかりしはいつか忘れん

ゆみはりの−つきにはつれて−みしかけの−やさしかりしは−いつかわすれむ


00621
未入力 西行 (xxx)

おもかけのわすらるましき別かな名残を人の月にととめて

おもかけの−わすらるましき−わかれかな−なこりをひとの−つきにととめて


00622
未入力 西行 (xxx)

秋のよの月やなみたをかこつらん雲なきかけをもてやつすとて

あきのよの−つきやなみたを−かこつらむ−くもなきかけを−もてやつすとて


00623
未入力 西行 (xxx)

あまのはらさゆるみそらははれなからなみたそ月の雲になりける

あまのはら−さゆるみそらは−はれなから−なみたそつきの−くもになりける


00624
未入力 西行 (xxx)

ものおもふ心のたけそしられぬるよなよな月をなかめあかして

ものおもふ−こころのたけそ−しられぬる−よなよなつきを−なかめあかして


00625
未入力 西行 (xxx)

月をみる心のふしをとかにしてたよりえかほにぬるる袖かな

つきをみる−こころのふしを−とかにして−たよりえかほに−ぬるるそてかな


00626
未入力 西行 (xxx)

おもひいつることはいつともいひなから月にはたえぬ心なりけり

おもひいつる−ことはいつとも−いひなから−つきにはたえぬ−こころなりけり


00627
未入力 西行 (xxx)

あしひきのやまのあなたに君すまはいるとも月ををしまさらまし

あしひきの−やまのあなたに−きみすまは−いるともつきを−をしまさらまし


00628
未入力 西行 (xxx)

なけけとて月やは物をおもはするかこちかほなるわかなみたかな

なけけとて−つきやはものを−おもはする−かこちかほなる−わかなみたかな


00629
未入力 西行 (xxx)

きみにいかて月にあらそふ程はかりめくりあひつつかけをならへん

きみにいかて−つきにあらそふ−ほとはかり−めくりあひつつ−かけをならへむ


00630
未入力 西行 (xxx)

しろたへのころもかさぬる月かけのさゆるまそてにかかる白露

しろたへの−ころもかさぬる−つきかけの−さゆるまそてに−かかるしらつゆ


00631
未入力 西行 (xxx)

忍ひねのなみたたたふる袖のうらになつますやとる秋のよの月

しのひねの−なみたたたふる−そてのうらに−なつますやとる−あきのよのつき


00632
未入力 西行 (xxx)

ものおもふそてにも月はやとりけりにこらてすめるみつならねとも

ものおもふ−そてにもつきは−やとりけり−にこらてすめる−みつならねとも


00633
未入力 西行 (xxx)

こひしさをもよほす月のかけなれはこほれかかりてかこつなみたか

こひしさを−もよほすつきの−かけなれは−こほれかかりて−かこつなみたか


00634
未入力 西行 (xxx)

よしさらはなみたのいけにそてなれて心のままに月をやとさん

よしさらは−なみたのいけに−そてなれて−こころのままに−つきをやとさむ


00635
未入力 西行 (xxx)

うちたえてなけくなみたに我か袖のくちなはなにに月をやとさん

うちたえて−なけくなみたに−わかそての−くちなはなにに−つきをやとさむ


00636
未入力 西行 (xxx)

よよふともわすれかたみのおもひ出はたもとに月のやとるはかりか

よよふとも−わすれかたみの−おもひては−たもとにつきの−やとるはかりか


00637
未入力 西行 (xxx)

なみたゆゑくまなき月そくもりぬるあまのはらはらとのみなかれて

なみたゆゑ−くまなきつきそ−くもりぬる−あまのはらはら−とのみなかれて


00638
未入力 西行 (xxx)

あやにくにしるくも月のやとるかなよにまきれてとおもふたもとに

あやにくに−しるくもつきの−やとるかな−よにまきれてと−おもふたもとに


00639
未入力 西行 (xxx)

おもかけに君かすかたをみつるよりにはかに月のくもりぬるかな

おもかけに−きみかすかたを−みつるより−にはかにつきの−くもりぬるかな


00640
未入力 西行 (xxx)

よもすから月をみかほにもてなして心のやみにまよふ比かな

よもすから−つきをみかほに−もてなして−こころのやみに−まよふころかな


00641
未入力 西行 (xxx)

あきの月ものおもふ人のためとてやうきおもかけにそへていつらん

あきのつき−ものおもふひとの−ためとてや−うきおもかけに−そへていつらむ


00642
未入力 西行 (xxx)

へたてたる人の心のくまにより月をさやかにみぬかかなしさ

へたてたる−ひとのこころの−くまにより−つきをさやかに−みぬかかなしさ


00643
未入力 西行 (xxx)

なみたゆゑ月はくもれる月なれはなかれぬをりそはれまなりける

なみたゆゑ−つきはくもれる−つきなれは−なかれぬをりそ−はれまなりける


00644
未入力 西行 (xxx)

くまもなきをりしも人をおもひいてて心と月をやつしつるかな

くまもなき−をりしもひとを−おもひいてて−こころとつきを−やつしつるかな


00645
未入力 西行 (xxx)

物おもふ心のくまをのこひうててくもらぬ月をみるよしもかな

ものおもふ−こころのくまを−のこひうてて−くもらぬつきを−みるよしもかな


00646
未入力 西行 (xxx)

こひしさやおもひよわるとなかむれはいとと心をくたく月影

こひしさや−おもひよわると−なかむれは−いととこころを−くたくつきかけ


00647
未入力 西行 (xxx)

ともすれは月すむ空にあくかるる心のはてをしるよしもかな

ともすれは−つきすむそらに−あくかるる−こころのはてを−しるよしもかな


00648
未入力 西行 (xxx)

なかむるになくさむことはなけれとも月をともにてあかす比かな

なかむるに−なくさむことは−なけれとも−つきをともにて−あかすころかな


00649
未入力 西行 (xxx)

ものおもひてなかむるころの月の色にいかはかりなるあはれそむらん

ものおもひて−なかむるころの−つきのいろに−いかはかりなる−あはれそむらむ


00650
未入力 西行 (xxx)

あま雲のわりなきひまをもる月のかけはかりたにあひみてしかな

あまくもの−わりなきひまを−もるつきの−かけはかりたに−あひみてしかな


00651
未入力 西行 (xxx)

あさの月しのたのもりの千えよりもしけきなけきやくまなかるらん

あさのつき−しのたのもりの−ちえよりも−しけきなけきや−くまなかるらむ


00652
未入力 西行 (xxx)

おもひしる人ありあけのよなりせはつきせす身をはうらみさらまし

おもひしる−ひとありあけの−よなりせは−つきせすみをは−うらみさらまし


00653
未入力 西行 (xxx)

かすならぬ心のとかになしはてししらせてこそは身をもうらみめ

かすならぬ−こころのとかに−なしはてし−しらせてこそは−みをもうらみめ


00654
未入力 西行 (xxx)

うちむかふそのあらましのおもかけをまことになしてみるよしもかな

うちむかふ−そのあらましの−おもかけを−まことになして−みるよしもかな


00655
未入力 西行 (xxx)

やまかつのあらのをしめてすみそむるかたたよりなる恋もするかな

やまかつの−あらのをしめて−すみそむる−かたたよりなる−こひもするかな


00656
未入力 西行 (xxx)

ときは山しひのしたしはかりすてんかくれておもふかひのなきかと

ときはやま−しひのしたしは−かりすてむ−かくれておもふ−かひのなきかと


00657
未入力 西行 (xxx)

なけくともしらはやひとのおのつからあはれとおもふこともあるへき

なけくとも−しらはやひとの−おのつから−あはれとおもふ−こともあるへき


00658
未入力 西行 (xxx)

なにとなくさすかにをしき命かなありへは人やおもひしるとて

なにとなく−さすかにをしき−いのちかな−ありへはひとや−おもひしるとて


00659
未入力 西行 (xxx)

なにゆゑかけふまてものをおもはまし命にかへてあふよなりせは

なにゆゑか−けふまてものを−おもはまし−いのちにかへて−あふよなりせは


00660
未入力 西行 (xxx)

あやめつつ人しるとてもいかかせんしのひはつへきたもとならねは

あやめつつ−ひとしるとても−いかかせむ−しのひはつへき−たもとならねは


00661
未入力 西行 (xxx)

なみたかはふかくなかるるみをならはあさき人めにつつまさらまし

なみたかは−ふかくなかるる−みをならは−あさきひとめに−つつまさらまし


00662
未入力 西行 (xxx)

しはしこそ人めつつみにせかれけれはてはなみたやなるたきの川

しはしこそ−ひとめつつみに−せかれけれ−はてはなみたや−なるたきのかは


00663
未入力 西行 (xxx)

ものおもへはそてになかるるなみたかはいかなるみをにあふせなりなん

ものおもへは−そてになかるる−なみたかは−いかなるみをに−あふせなりなむ


00664
未入力 西行 (xxx)

うきにたになとなと人をおもへともかなはてとしのつもりぬるかな

うきにたに−なとなとひとを−おもへとも−かなはてとしの−つもりぬるかな


00665
未入力 西行 (xxx)

なかなかになれぬおもひのままならはうらみはかりや身につもらまし

なかなかに−なれぬおもひの−ままならは−うらみはかりや−みにつもらまし


00666
未入力 西行 (xxx)

なにせんにつれなかりしを恨みけんあはすはかかるおもひせましや

なにせむに−つれなかりしを−うらみけむ−あはすはかかる−おもひせましや


00667
未入力 西行 (xxx)

むかはらはわれかなけきのむくいにて誰ゆゑ君か物をおもはん

むかはらは−われかなけきの−むくいにて−たれゆゑきみか−ものをおもはむ


00668
未入力 西行 (xxx)

身のうさのおもひしらるることわりにおさへられぬはなみたなりけり

みのうさの−おもひしらるる−ことわりに−おさへられぬは−なみたなりけり


00669
未入力 西行 (xxx)

日をふれはたもとのあめのあしそひてはるへくもなき我か心かな

ひをふれは−たもとのあめの−あしそひて−はるへくもなき−わかこころかな


00670
未入力 西行 (xxx)

かきくらすなみたのあめのあししけみさかりにもののなけかしきかな

かきくらす−なみたのあめの−あししけみ−さかりにものの−なけかしきかな


00671
未入力 西行 (xxx)

ものおもへともかからぬ人もあるものをあはれなりける身のちきりかな

ものおもへとも−かからぬひとも−あるものを−あはれなりける−みのちきりかな


00672
未入力 西行 (xxx)

なほさりのなさけは人のあるものをたゆるはつねのならひなれとも

なほさりの−なさけはひとの−あるものを−たゆるはつねの−ならひなれとも


00673
未入力 西行 (xxx)

なにとこはかすまへられぬ身の程に人をうらむるこころなりけん

なにとこは−かすまへられぬ−みのほとに−ひとをうらむる−こころなりけむ


00674
未入力 西行 (xxx)

うきふしをまつおもひしるなみたかなさのみこそはとなくさむれとも

うきふしを−まつおもひしる−なみたかな−さのみこそはと−なくさむれとも


00675
未入力 西行 (xxx)

さまさまにおもひみたるる心をは君かもとにそつかねあつむる

さまさまに−おもひみたるる−こころをは−きみかもとにそ−つかねあつむる


00676
未入力 西行 (xxx)

ものおもへはちちに心そくたけぬるしのたのもりの千えならねとも

ものおもへは−ちちにこころそ−くたけぬる−しのたのもりの−ちえならねとも


00677
未入力 西行 (xxx)

かかる身におほしたてけんたらちねのおやさへつらき恋もするかな

かかるみに−おほしたてけむ−たらちねの−おやさへつらき−こひもするかな


00678
未入力 西行 (xxx)

おほつかななにのむくいのかへりきて心せたむるあたとなるらん

おほつかな−なにのむくいの−かへりきて−こころせたむる−あたとなるらむ


00679
未入力 西行 (xxx)

かきみたる心やすめぬことくさはあはれあはれとなけくはかりか

かきみたる−こころやすめぬ−ことくさは−あはれあはれと−なけくはかりか


00680
未入力 西行 (xxx)

身をしれは人のとかにはおもはぬにうらみかほにもぬるる袖かな

みをしれは−ひとのとかには−おもはぬに−うらみかほにも−ぬるるそてかな


00681
未入力 西行 (xxx)

なかなかになるるつらさにくらふれはうときうらみはみさをなりけり

なかなかに−なるるつらさに−くらふれは−うときうらみは−みさをなりけり


00682
未入力 西行 (xxx)

人はうしなけきはつゆもなくさますさはこはいかにすへき心そ

ひとはうし−なけきはつゆも−なくさます−さはこはいかに−すへきこころそ


00683
未入力 西行 (xxx)

ひにそへてうらみはいととおほうみのゆたかなりけるわかおもひかな

ひにそへて−うらみはいとと−おほうみの−ゆたかなりける−わかおもひかな


00684
未入力 西行 (xxx)

さることのあるなりけりとおもひ出てて忍ふ心をしのへとそ思ふ

さることの−あるなりけりと−おもひいてて−しのふこころを−しのへとそおもふ


00685
未入力 西行 (xxx)

けふそしるおもひいてよとちきりしはわすれんとてのなさけなりけり

けふそしる−おもひいてよと−ちきりしは−わすれむとての−なさけなりけり


00686
未入力 西行 (xxx)

なにはかたなみのみいととかすそひてうらみのひまや袖のかわかん

なにはかた−なみのみいとと−かすそひて−うらみのひまや−そてのかわかむ


00687
未入力 西行 (xxx)

心さしありてのみやは人をとふなさけはなととおもふはかりそ

こころさし−ありてのみやは−ひとをとふ−なさけはなとと−おもふはかりそ


00688
未入力 西行 (xxx)

なかなかにおもひしるてふことのははとはぬにすきてうらめしきかな

なかなかに−おもひしるてふ−ことのはは−とはぬにすきて−うらめしきかな


00689
未入力 西行 (xxx)

なとかわれことのほかなるなけきせてみさをなる身にむまれさりけん

なとかわれ−ことのほかなる−なけきせて−みさをなるみに−むまれさりけむ


00690
未入力 西行 (xxx)

くみてしる人もあらなんおのつからほりかねの井のそこの心を

くみてしる−ひともあらなむ−おのつから−ほりかねのゐの−そこのこころを


00691
未入力 西行 (xxx)

けふりたつふしにおもひのあらそひてよたけきこひをするかへそ行く

けふりたつ−ふしにおもひの−あらそひて−よたけきこひを−するかへそゆく


00692
未入力 西行 (xxx)

なみたかはさかまくみをのそこふかみみなきりあへぬわか心かな

なみたかは−さかまくみをの−そこふかみ−みなきりあへぬ−わかこころかな


00693
未入力 西行 (xxx)

いそのまになみあらけなるをりをりはうらみをかつく里のあま人

いそのまに−なみあらけなる−をりをりは−うらみをかつく−さとのあまひと


00694
未入力 西行 (xxx)

せとくちにたけるうしほのおほよとみよとむとしひのなきなみたかな

せとくちに−たけるうしほの−おほよとみ−よとむとしひの−なきなみたかな


00695
未入力 西行 (xxx)

あつまちやあひのなか山ほとせはみ心のおくのみえはこそあらめ

あつまちや−あひのなかやま−ほとせはみ−こころのおくの−みえはこそあらめ


00696
未入力 西行 (xxx)

いつとなくおもひにもゆる我か身かなあさまのけふりしめるよもなく

いつとなく−おもひにもゆる−わかみかな−あさまのけふり−しめるよもなく


00697
未入力 西行 (xxx)

はりまちやこころのすまにせきすゑていかて我か身の恋をととめん

はりまちや−こころのすまに−せきすゑて−いかてわかみの−こひをととめむ


00698
未入力 西行 (xxx)

あはれてふなさけに恋のなくさまはとふことのはやうれしからまし

あはれてふ−なさけにこひの−なくさまは−とふことのはや−うれしからまし


00699
未入力 西行 (xxx)

ものおもへはまたゆふくれのままなるにあけぬとつくるしはとりのこゑ

ものおもへは−またゆふくれの−ままなるに−あけぬとつくる−しはとりのこゑ


00700
未入力 西行 (xxx)

夢をなとよころたのまてすききけんさらてあふへき君ならなくに

ゆめをなと−よころたのまて−すききけむ−さらてあふへき−きみならなくに


00701
未入力 西行 (xxx)

さはといひて衣かへしてうちふせとめのあははやはゆめもみるへき

さはといひて−ころもかへして−うちふせと−めのあははやは−ゆめもみるへき


00702
未入力 西行 (xxx)

こひらるるうき名を人にたてしとてしのふわりなき我かたもとかな

こひらるる−うきなをひとに−たてしとて−しのふわりなき−わかたもとかな


00703
未入力 西行 (xxx)

なつくさのしけりのみゆくおもひかなまたるる秋のあはれしられて

なつくさの−しけりのみゆく−おもひかな−またるるあきの−あはれしられて


00704
未入力 西行 (xxx)

くれなゐの色にたもとのしくれつつそてにあきある心ちこそすれ

くれなゐの−いろにたもとの−しくれつつ−そてにあきある−ここちこそすれ


00705
未入力 西行 (xxx)

あはれとてとふ人のなとなかるらんものおもふやとの荻のうはかせ

あはれとて−とふひとのなと−なかるらむ−ものおもふやとの−をきのうはかせ


00706
未入力 西行 (xxx)

わりなしやさこそものおもふ袖ならめあきにあひてもおける露かな

わりなしや−さこそものおもふ−そてならめ−あきにあひても−おけるつゆかな


00707
未入力 西行 (xxx)

秋ふかき野への草はにくらへはやものおもふころの袖の白露

あきふかき−のへのくさはに−くらへはや−ものおもふころの−そてのしらつゆ


00708
未入力 西行 (xxx)

いかにせんこむよのあまとなるほとも見るめかたくてすくるうらみを

いかにせむ−こむよのあまと−なるほとも−みるめかたくて−すくるうらみを


00709
未入力 西行 (xxx)

ものおもふとなみたややかてみつせかは人をしつむるふちとなるらん

ものおもふと−なみたややかて−みつせかは−ひとをしつむる−ふちとなるらむ


00710
未入力 西行 (xxx)

あはれあはれこのよはよしやさもあらはあれこんよもかくやくるしかるへき

あはれあはれ−このよはよしや−さもあらはあれ−こむよもかくや−くるしかるへき


00711
未入力 西行 (xxx)

たのもしなよひあかつきのかねのおとものおもふつみもつきさらめやは

たのもしな−よひあかつきの−かねのおと−ものおもふつみも−つきさらめやは



山家集 巻中:雑

00712
未入力 西行 (xxx)

つくつくとものをおもふにうちそへてをりあはれなるかねの音かな

つくつくと−ものをおもふに−うちそへて−をりあはれなる−かねのおとかな


00713
未入力 西行 (xxx)

なさけありしむかしのみなほしのはれてなからへまうき世にも有るかな

なさけありし−むかしのみなほ−しのはれて−なからへまうき−よにもあるかな


00714
未入力 西行 (xxx)

のきちかきはなたちはなに袖しめてむかしをしのふなみたつつまん

のきちかき−はなたちはなに−そてしめて−むかしをしのふ−なみたつつまむ


00715
未入力 西行 (xxx)

なにこともむかしをきくはなさけ有りてゆゑあるさまにしのはるるかな

なにことも−むかしをきくは−なさけありて−ゆゑあるさまに−しのはるるかな


00716
未入力 西行 (xxx)

わか宿は山のあなたにあるものをなににうきよをしらぬこころそ

わかやとは−やまのあなたに−あるものを−なににうきよを−しらぬこころそ


00717
未入力 西行 (xxx)

くもりなうかかみのうへにゐるちりをめにたててみるよとおもははや

くもりなう−かかみのうへに−ゐるちりを−めにたててみる−よとおもははや


00718
未入力 西行 (xxx)

なからへんとおもふ心そつゆもなきいとふにたにもたへぬ浮身は

なからへむと−おもふこころそ−つゆもなき−いとふにたにも−たへぬうきみは


00719
未入力 西行 (xxx)

おもひいつるすきにしかたをはつかしみあるに物うきこの世なりけり

おもひいつる−すきにしかたを−はつかしみ−あるにものうき−このよなりけり


00720
未入力 西行 (xxx)

よの中にすまぬもよしやあきの月にこれるみつのたたふさかりに

よのなかに−すまぬもよしや−あきのつき−にこれるみつの−たたふさかりに


00721
未入力 西行 (xxx)

よのうきにひかるる人はあやめくさ心のねなき心ちこそすれ

よのうきに−ひかるるひとは−あやめくさ−こころのねなき−ここちこそすれ


00722
未入力 西行 (xxx)

よのうさをむかしかたりになしはててはなたちはなにおもひいてめや

よのうさを−むかしかたりに−なしはてて−はなたちはなに−おもひいてめや


00723
未入力 西行 (xxx)

そらになる心は春のかすみにてよにあらしともおもひたつかな

そらになる−こころははるの−かすみにて−よにあらしとも−おもひたつかな


00724
未入力 西行 (xxx)

世をいとふ名をたにもさはととめおさてかすならぬ身のおもひてにせん

よをいとふ−なをたにもさは−ととめおさて−かすならぬみの−おもひてにせむ


00725
未入力 西行 (xxx)

しはのいほときくはくやしきななれともよにこのもしきすまひなりけり

しはのいほと−きくはくやしき−ななれとも−よにこのもしき−すまひなりけり


00726
未入力 西行 (xxx)

世のなかをそむきはてぬといひおかんおもひしるへき人はなくとも

よのなかを−そむきはてぬと−いひおかむ−おもひしるへき−ひとはなくとも


00727
未入力 西行 (xxx)

月のみやうはのそらなるかたみにておもひもいては心かよはん

つきのみや−うはのそらなる−かたみにて−おもひもいては−こころかよはむ


00728
未入力 西行 (xxx)

すすか山うき世をよそにふりすてていかになり行くわか身なるらん

すすかやま−うきよをよそに−ふりすてて−いかになりゆく−わかみなるらむ


00729
未入力 西行 (xxx)

なにことにとまる心のありけれはさらにしもまたよのいとはしき

なにことに−とまるこころの−ありけれは−さらにしもまた−よのいとはしき


00730
未入力 侍従大納言成通 (xxx)

おとろかすきみによりてそなかき世のひさしきゆめはさむへかりける

おとろかす−きみによりてそ−なかきよの−ひさしきゆめは−さむへかりける


00731
未入力 西行 (xxx)

おとろかぬ心なりせはよの中を夢そとかたるかひなからまし

おとろかぬ−こころなりせは−よのなかを−ゆめそとかたる−かひなからまし


00732
未入力 中院右大臣 (xxx)

よもすから月をなかめてちきりおきしそのむつことにやみははれにき

よもすから−つきをなかめて−ちきりおきし−そのむつことに−やみははれにき


00733
未入力 西行 (xxx)

すむといひし心の月しあらはれはこの世もやみのはれさらめやは

すむといひし−こころのつきし−あらはれは−このよもやみの−はれさらめやは


00734
未入力 西行 (xxx)

いにしへにかはらぬ君かすかたこそけふはときはのかたみなりけれ

いにしへに−かはらぬきみか−すかたこそ−けふはときはの−かたみなりけれ


00735
未入力 ためなり (xxx)

色かへてひとりのこれるときはきはいつをまつとか人はみるらん

いろかへて−ひとりのこれる−ときはきは−いつをまつとか−ひとはみるらむ


00736
未入力 ある人 (xxx)

たちよりてしはのけふりのあはれさをいかかおもひし冬の山さと

たちよりて−しはのけふりの−あはれさを−いかかおもひし−ふゆのやまさと


00737
未入力 西行 (xxx)

山里にこころはふかくいりなからしはのけふりのたちかへりにし

やまさとに−こころはふかく−いりなから−しはのけふりの−たちかへりにし


00738
未入力 ある人 (xxx)

をしからぬ身をすてやらてふる程になかきやみにや又まよひなん

をしからぬ−みをすてやらて−ふるほとに−なかきやみにや−またまよひなむ


00739
未入力 西行 (xxx)

よをすてぬ心のうちにやみこめてまよはんことは君ひとりかは

よをすてぬ−こころのうちに−やみこめて−まよはむことは−きみひとりかは


00740
未入力 ある人 (xxx)

なへてみなはれせぬやみのかなしさをきみしるへせよひかりみゆやと

なへてみな−はれせぬやみの−かなしさを−きみしるへせよ−ひかりみゆやと


00741
未入力 西行 (xxx)

おもふともいかにしてかはしるへせんをしふるみちにいらはこそあらめ

おもふとも−いかにしてかは−しるへせむ−をしふるみちに−いらはこそあらめ


00742
未入力 西行 (xxx)

よのなかに心ありあけの人はみなかくてやみにはまよはぬものを

よのなかに−こころありあけの−ひとはみな−かくてやみには−まよはぬものを


00743
未入力 のちのよの事、むけにおもはすしもなしとみえける人 (xxx)

世をそむく心はかりはありあけのつきせぬやみは君にはるけん

よをそむく−こころはかりは−ありあけの−つきせぬやみは−きみにはるけむ


00744
未入力 ある所の女房 (xxx)

しほなれしとまやもあれてうき浪による方もなきあまとしらすや

しほなれし−とまやもあれて−うきなみに−よるかたもなき−あまとしらすや


00745
未入力 西行 (xxx)

とまのやになみたちよらぬけしきにてあまりすみうきほとはみえにき

とまのやに−なみたちよらぬ−けしきにて−あまりすみうき−ほとはみえにき


00746
未入力 西行 (xxx)

やまおろすあらしのおとのはけしさをいつならひける君かすみかそ

やまおろす−あらしのおとの−はけしさを−いつならひける−きみかすみかそ


00747
未入力 待賢門院兵衛のつほね (xxx)

うき世をはあらしのかせにさそはれて家をいてにしすみかとそみる

うきよをは−あらしのかせに−さそはれて−いへをいてにし−すみかとそみる


00748
[詞書] をくらをすみすてて、高野のふもとあまのと申す山にすまれけり、おなし院の帥のつほね、みやこのほかのすみかとひ申さていかてかとて、わけおはしたりける、ありかたくなん、かへるさにこかはへまゐられけるに、御山よりいてあひたりけるを、しるへせよとありけれは、くし申してこかはへまゐりたりけり、かかるついては、いまはあるましき事なり、ふきあけみんといふこと、くせられたりける人人申しいてて、ふきあけへおはしけり、道よりおほあめ風ふきて、きようなくなりにけり、さりとてはふきあけにゆきつきたりけれとも、見所なきやうにて、やしろにこしかきすゑて、おもふにもにさりけり、能因か、なはしろ水にせきくたせ、とよみていひつたへられたるものをとおもひて、やしろにかきつけける/かくかきつけたりけれは、やかてにしのかせふきかはりて、たちまちにくもはれてうらうらと日なりにけり、すゑのよなれと、こころさしいたりぬる事には、しるしあらたなりけることを人人申しつつ、しんおこして、ふきあけわかのうらおもふやうにみてかへられにけり
未入力 西行 (xxx)

あまくたるなをふきあけの神ならは雲はれのきてひかりあらはせ

あまくたる−なをふきあけの−かみならは−くもはれのきて−ひかりあらはせ


00749
[詞書] をくらをすみすてて、高野のふもとあまのと申す山にすまれけり、おなし院の帥のつほね、みやこのほかのすみかとひ申さていかてかとて、わけおはしたりける、ありかたくなん、かへるさにこかはへまゐられけるに、御山よりいてあひたりけるを、しるへせよとありけれは、くし申してこかはへまゐりたりけり、かかるついては、いまはあるましき事なり、ふきあけみんといふこと、くせられたりける人人申しいてて、ふきあけへおはしけり、道よりおほあめ風ふきて、きようなくなりにけり、さりとてはふきあけにゆきつきたりけれとも、見所なきやうにて、やしろにこしかきすゑて、おもふにもにさりけり、能因か、なはしろ水にせきくたせ、とよみていひつたへられたるものをとおもひて、やしろにかきつけける/かくかきつけたりけれは、やかてにしのかせふきかはりて、たちまちにくもはれてうらうらと日なりにけり、すゑのよなれと、こころさしいたりぬる事には、しるしあらたなりけることを人人申しつつ、しんおこして、ふきあけわかのうらおもふやうにみてかへられにけり
未入力 西行 (xxx)

なはしろにせきくたされしあまの川とむるもかみのこころなるへし

なはしろに−せきくたされし−あまのかは−とむるもかみの−こころなるへし


00750
未入力 待賢門院の女房堀川のつほね (xxx)

この世にてかたらひおかんほとときすしてのやまちのしるへともなれ

このよにて−かたらひおかむ−ほとときす−してのやまちの−しるへともなれ


00751
未入力 西行 (xxx)

ほとときすなくなくこそはかたらはめしての山路に君しかからは

ほとときす−なくなくこそは−かたらはめ−してのやまちに−きみしかからは


00752
未入力 西行 (xxx)

よのなかをいとふまてこそかたからめかりのやとりををしむ君かな

よのなかを−いとふまてこそ−かたからめ−かりのやとりを−をしむきみかな


00753
未入力 作者不詳 (xxx)

いへをいつる人としきけはかりのやと心とむなとおもふはかりそ

いへをいつる−ひととしきけは−かりのやと−こころとむなと−おもふはかりそ


00754
未入力 西行 (xxx)

よをすててたにそこにすむ人見よとみねのこのまを分くる月影

よをすてて−たにそこにすむ−ひとみよと−みねのこのまを−わくるつきかけ


00755
未入力 西行 (xxx)

くやしきはよしなき君になれそめていとふみやこのしのはれぬへき

くやしきは−よしなききみに−なれそめて−いとふみやこの−しのはれぬへき


00756
未入力 西行 (xxx)

さらぬたに世のはかなさをおもふ身にぬえなきわたるあけほのの空

さらぬたに−よのはかなさを−おもふみに−ぬえなきわたる−あけほののそら


00757
未入力 西行 (xxx)

とりへのを心のうちにわけゆけはいふきの露にそてそそほつる

とりへのを−こころのうちに−わけゆけは−いふきのつゆに−そてそそほつる


00758
未入力 西行 (xxx)

いつのよになかきねふりの夢さめておとろくことのあらんとすらん

いつのよに−なかきねふりの−ゆめさめて−おとろくことの−あらむとすらむ


00759
未入力 西行 (xxx)

世の中を夢とみるみるはかなくも猶おとろかぬわかこころかな

よのなかを−ゆめとみるみる−はかなくも−なほおとろかぬ−わかこころかな


00760
未入力 西行 (xxx)

なき人もあるをおもふもよの中はねふりのうちの夢とこそみれ

なきひとも−あるをおもふも−よのなかは−ねふりのうちの−ゆめとこそみれ


00761
未入力 西行 (xxx)

きしかたの見しよのゆめにかはらねはいまもうつつのここちやはする

きしかたの−みしよのゆめに−かはらねは−いまもうつつの−ここちやはする


00762
未入力 西行 (xxx)

こととなくけふくれぬめりあすもまたかはらすこそはひますくるかけ

こととなく−けふくれぬめり−あすもまた−かはらすこそは−ひますくるかけ


00763
未入力 西行 (xxx)

こえぬれはまたもこの世にかへりこぬしての山こそかなしかりけれ

こえぬれは−またもこのよに−かへりこぬ−してのやまこそ−かなしかりけれ


00764
未入力 西行 (xxx)

はかなしやあたにいのちのつゆきえて野へに我か身やおくりおくらん

はかなしや−あたにいのちの−つゆきえて−のへにわかみや−おくりおくらむ


00765
未入力 西行 (xxx)

つゆの玉はきゆれはまたもおくものをたのみもなきは我か身なりけり

つゆのたまは−きゆれはまたも−おくものを−たのみもなきは−わかみなりけり


00766
未入力 西行 (xxx)

あれはとてたのまれぬかなあすはまた昨日とけふをいはるへけれは

あれはとて−たのまれぬかな−あすはまた−きのふとけふを−いはるへけれは


00767
未入力 西行 (xxx)

秋の色はかれ野なからもあるものをよのはかなさやあさちふのつゆ

あきのいろは−かれのなからも−あるものを−よのはかなさや−あさちふのつゆ


00768
未入力 西行 (xxx)

とし月をいかてわか身におくりけんきのふの人もけふはなき世に

としつきを−いかてわかみに−おくりけむ−きのふのひとも−けふはなきよに


00769
未入力 西行 (xxx)

すてやらていのちををふる人はみなちちのこかねをもてかへるなり

すてやらて−いのちををふる−ひとはみな−ちちのこかねを−もてかへるなり


00770
未入力 西行 (xxx)

つきはてしそのいりあひのほとなさをこのあかつきにおもひしりぬる

つきはてし−そのいりあひの−ほとなさを−このあかつきに−おもひしりぬる


00771
未入力 西行 (xxx)

なき人をかすめる空にまかふるは道をへたつるこころなるへし

なきひとを−かすめるそらに−まかふるは−みちをへたつる−こころなるへし


00772
未入力 西行 (xxx)

ちると見れはまたさくはなのにほひにもおくれさきたつためしありけり

ちるとみれは−またさくはなの−にほひにも−おくれさきたつ−ためしありけり


00773
未入力 西行 (xxx)

月をみていつれのとしの秋まてかこの世にわれかちさりあるらん

つきをみて−いつれのとしの−あきまてか−このよにわれか−ちさりあるらむ


00774
未入力 西行 (xxx)

いかてわれこよひの月を身にそへてしての山路の人をてらさん

いかてわれ−こよひのつきを−みにそへて−してのやまちの−ひとをてらさむ


00775
未入力 西行 (xxx)

そのをりのよもきかもとの枕にもかくこそむしのねにはむつれめ

そのをりの−よもきかもとの−まくらにも−かくこそむしの−ねにはむつれめ


00776
未入力 西行 (xxx)

とりへのやわしのたかねのすゑならんけふりを分けていつる月かけ

とりへのや−わしのたかねの−すゑならむ−けふりをわけて−いつるつきかけ


00777
未入力 西行 (xxx)

はかなくてすきにしかたをおもふにもいまもさこそはあさかほの露

はかなくて−すきにしかたを−おもふにも−いまもさこそは−あさかほのつゆ


00778
未入力 西行 (xxx)

もろともになかめなかめてあきの月ひとりにならんことそかなしき

もろともに−なかめなかめて−あきのつき−ひとりにならむ−ことそかなしき


00779
未入力 西行 (xxx)

たつぬともかせのつてにもきかしかし花とちりにし君か行へを

たつぬとも−かせのつてにも−きかしかし−はなとちりにし−きみかゆくへを


00780
未入力 待賢門院堀川の局 (xxx)

ふくかせの行へしらするものならははなとちるにもおくれさらまし

ふくかせの−ゆくへしらする−ものならは−はなとちるにも−おくれさらまし


00781
未入力 西行 (xxx)

みかかれし玉のすみかを露ふかき野へにうつして見るそかなしき

みかかれし−たまのすみかを−つゆふかき−のへにうつして−みるそかなしき


00782
未入力 西行 (xxx)

こよひこそおもひしらるれあさからぬ君にちきりのあるみなりけり

こよひこそ−おもひしらるれ−あさからぬ−きみにちきりの−あるみなりけり


00783
未入力 西行 (xxx)

みちかはるみゆきかなしきこよひかなかきりのたひと見るにつけても

みちかはる−みゆきかなしき−こよひかな−かきりのたひと−みるにつけても


00784
未入力 西行 (xxx)

とははやとおもひよらてそなけかましむかしなからの我か身なりせは

とははやと−おもひよらてそ−なけかまし−むかしなからの−わかみなりせは


00785
未入力 西行 (xxx)

かさねきるふちのころもをたよりにて心の色をそめよとそ思ふ

かさねきる−ふちのころもを−たよりにて−こころのいろを−そめよとそおもふ


00786
未入力 右大将公能 (xxx)

ふち衣かさぬる色はふかけれとあさき心のしまぬはかなさ

ふちころも−かさぬるいろは−ふかけれと−あさきこころの−しまぬはかなさ


00787
未入力 西行 (xxx)

君かためあきはよにうきをりなれやこそもことしも物思ひにて

きみかため−あきはよにうき−をりなれや−こそもことしも−ものおもひにて


00788
未入力 おなしなけきし侍りける人 (xxx)

はれやらぬこそのしくれのうへにまたかきくらさるる山めくりかな

はれやらぬ−こそのしくれの−うへにまた−かきくらさるる−やまめくりかな


00789
未入力 西行 (xxx)

おもひいつるなさけを人のおなしくはそのをりとへなうれしからまし

おもひいつる−なさけをひとの−おなしくは−そのをりとへな−うれしからまし


00790
未入力 西行 (xxx)

かきりなくかなしかりけりとりへ山なきをおくりてかへる心は

かきりなく−かなしかりけり−とりへやま−なきをおくりて−かへるこころは


00791
未入力 西行 (xxx)

このたひはさきさきみけん夢よりもさめすやものはかなしかるらん

このたひは−さきさきみけむ−ゆめよりも−さめすやものは−かなしかるらむ


00792
未入力 西行 (xxx)

こよひ君しての山ちの月をみてくものうへをやおもひいつらん

こよひきみ−してのやまちの−つきをみて−くものうへをや−おもひいつらむ


00793
未入力 西行 (xxx)

かくれにし君かみかけの恋しさに月にむかひてねをやなくらん

かくれにし−きみかみかけの−こひしさに−つきにむかひて−ねをやなくらむ


00794
未入力 みかはの内侍 (xxx)

わかきみのひかりかくれし夕よりやみにそまよふ月はすめとも

わかきみの−ひかりかくれし−ゆふへより−やみにそまよふ−つきはすめとも


00795
未入力 西行 (xxx)

いにしへをこふるなみたの色ににてたもとにちるはもみちなりけり

いにしへを−こふるなみたの−いろににて−たもとにちるは−もみちなりけり


00796
未入力 西行 (xxx)

しけきのをいくひとむらに分けなしてさらにむかしをしのひかへさん

しけきのを−いくひとむらに−わけなして−さらにむかしを−しのひかへさむ


00797
未入力 西行 (xxx)

もみちみてきみかためとやしくるらんむかしのあきの色をしたひて

もみちみて−きみかためとや−しくるらむ−むかしのあきの−いろをしたひて


00798
未入力 上西門院兵衛局 (xxx)

色ふかきこすゑをみてもしくれつつふりにしことをかけぬ日そなき

いろふかき−こすゑをみても−しくれつつ−ふりにしことを−かけぬひそなき


00799
未入力 西行 (xxx)

いにしへはついゐしやともあるものをなにをかけふのしるしにはせん

いにしへは−ついゐしやとも−あるものを−なにをかけふの−しるしにはせむ


00800
未入力 西行 (xxx)

くちもせねそのなはかりをととめ置きてかれののすすき形見にそみる

くちもせぬ−そのなはかりを−ととめおきて−かれののすすき−かたみにそみる


00801
未入力 西行 (xxx)

すみすてしそのふるさとをあらためてむかしにかへる心ちもやする

すみすてし−そのふるさとを−あらためて−むかしにかへる−ここちもやする


00802
未入力 西行 (xxx)

なへてみな君かなけきをとふかすにおもひなされぬことのはもかな

なへてみな−きみかなけきを−とふかすに−おもひなされぬ−ことのはもかな


00803
未入力 西行 (xxx)

あはれとも心におもふほとはかりいはれぬへくはとひこそはせめ

あはれとも−こころにおもふ−ほとはかり−いはれぬへくは−とひこそはせめ


00804
未入力 西行 (xxx)

なみたをやしのはん人はなかすへきあはれにみゆるみつくきのあと

なみたをや−しのはむひとは−なかすへき−あはれにみゆる−みつくきのあと


00805
未入力 寂然 (xxx)

みたれすとをはりきくこそうれしけれさてもわかれはなくさまねとも

みたれすと−をはりきくこそ−うれしけれ−さてもわかれは−なくさまねとも


00806
未入力 西行 (xxx)

この世にてまたあふましきかなしさにすすめし人そ心みたれし

このよにて−またあふましき−かなしさに−すすめしひとそ−こころみたれし


00807
未入力 寂然 (xxx)

いるさにはひろふかたみものこりけりかへる山路の友はなみたか

いるさには−ひろふかたみも−のこりけり−かへるやまちの−ともはなみたか


00808
未入力 西行 (xxx)

いかにともおもひわかすそすきにける夢に山路を行く心ちして

いかにとも−おもひわかすそ−すきにける−ゆめにやまちを−ゆくここちして


00809
未入力 西行 (xxx)

ゆきちらんけふのわかれをおもふにもさらになけきやそふ心ちする

ゆきちらむ−けふのわかれを−おもふにも−さらになけきや−そふここちする


00810
未入力 作者不詳 (xxx)

ふししつむ身には心のあらはこそさらになけきもそふ心ちせめ

ふししつむ−みにはこころの−あらはこそ−さらになけきも−そふここちせめ


00811
未入力 作者不詳 (xxx)

たくひなきむかしの人のかたみには君をのみこそたのみましけれ

たくひなき−むかしのひとの−かたみには−きみをのみこそ−たのみましけれ


00812
未入力 西行 (xxx)

いにしへのかたみになるときくからにいととつゆけきすみ染の袖

いにしへの−かたみになると−きくからに−いととつゆけき−すみそめのそて


00813
未入力 西行 (xxx)

なきあともけふまてはなほのこりけるをあすや別をそへて忍はん

なきあとも−けふまてはなほ−のこりけるを−あすやわかれを−そへてしのはむ


00814
未入力 のりつな (xxx)

おもへたたけふのわかれのかなしさにすかたをかへて忍ふ心を

おもへたた−けふのわかれの−かなしさに−すかたをかへて−しのふこころを


00815
未入力 西行 (xxx)

いかはかりきみおもはましみちにいらてたのもしからぬ別なりせは

いかはかり−きみおもはまし−みちにいらて−たのもしからぬ−わかれなりせは


00816
未入力 寂然 (xxx)

たのもしきみちにはいりてゆきしかとわか身をつめはいかかとそおもふ

たのもしき−みちにはいりて−ゆきしかと−わかみをつめは−いかかとそおもふ


00817
未入力 西行 (xxx)

なかれ行くみつにたまなすうたかたのあはれあたなるこの世なりけり

なかれゆく−みつにたまなす−うたかたの−あはれあたなる−このよなりけり


00818
未入力 西行 (xxx)

きえぬめるもとのしつくをおもふにも誰かはすゑの露の身ならぬ

きえぬめる−もとのしつくを−おもふにも−たれかはすゑの−つゆのみならぬ


00819
未入力 西行 (xxx)

おくりおきてかへりしのへのあさ露を袖にうつすは涙なりけり

おくりおきて−かへりしのへの−あさつゆを−そてにうつすは−なみたなりけり


00820
未入力 西行 (xxx)

ふなをかのすそののつかのかすそへてむかしの人に君をなしつる

ふなをかの−すそののつかの−かすそへて−むかしのひとに−きみをなしつる


00821
未入力 西行 (xxx)

あらぬ世の別はけふそうかりけるあさちかはらをみるにつけても

あらぬよの−わかれはけふそ−うかりける−あさちかはらを−みるにつけても


00822
未入力 西行 (xxx)

のちのよをとへとちきりしことのはやわすらるましきかたみなるへき

のちのよを−とへとちきりし−ことのはや−わすらるましき−かたみなるへき


00823
未入力 西行 (xxx)

おくれゐてなみたにしつむ古郷をたまのかけにもあはれとやみん

おくれゐて−なみたにしつむ−ふるさとを−たまのかけにも−あはれとやみむ


00824
未入力 西行 (xxx)

あとをとふみちにやきみはいりぬらんくるしきしての山へかからて

あとをとふ−みちにやきみは−いりぬらむ−くるしきしての−やまへかからて


00825
未入力 西行 (xxx)

名残さへほとなくすきはかなし世になぬかのかすをかさねすもかな

なこりさへ−ほとなくすきは−かなしよに−なぬかのかすを−かさねすもかな


00826
未入力 西行 (xxx)

あとしのふ人にさへまたわかるへきその日をかねてちるなみたかな

あとしのふ−ひとにさへまた−わかるへき−そのひをかねて−ちるなみたかな


00827
未入力 西行 (xxx)

さくら花ちりちりになるこのもとになこりををしむうくひすのこゑ

さくらはな−ちりちりになる−このもとに−なこりををしむ−うくひすのこゑ


00828
未入力 少将なかのり (xxx)

ちるはなはまたこん春もさきぬへしわかれはいつかめくりあふへき

ちるはなは−またこむはるも−さきぬへし−わかれはいつか−めくりあふへき


00829
未入力 西行 (xxx)

あはれしる空も心のありけれはなみたに雨をそふるなりけり

あはれしる−そらもこころの−ありけれは−なみたにあめを−そふるなりけり


00830
未入力 院少納言の局 (xxx)

あはれしるそらにはあらしわひ人のなみたそけふは雨とふるらん

あはれしる−そらにはあらし−わひひとの−なみたそけふは−あめとふるらむ


00831
未入力 西行 (xxx)

けさいかにおもひの色のまさるらん昨日にさへもまたわかれつつ

けさいかに−おもひのいろの−まさるらむ−きのふにさへも−またわかれつつ


00832
未入力 少将なかのり (xxx)

君にさへたち別れつつけふよりそなくさむかたはけになかりける

きみにさへ−たちわかれつつ−けふよりそ−なくさむかたは−けになかりける


00833
未入力 寂然 (xxx)

とへかしな別の袖につゆしけきよもきかもとの心ほそさを

とへかしな−わかれのそてに−つゆしけき−よもきかもとの−こころほそさを


00834
未入力 寂然 (xxx)

まちわひぬおくれさきたつあはれをも君ならてさは誰かとふへき

まちわひぬ−おくれさきたつ−あはれをも−きみならてさは−たれかとふへき


00835
未入力 寂然 (xxx)

わかれにし人をふたたひあとを見はうらみやせましとはぬ心を

わかれにし−ひとをふたたひ−あとをみは−うらみやせまし−とはぬこころを


00836
未入力 寂然 (xxx)

いかかせんあとのあはれはとはすとも別れし人のゆくへたつねよ

いかかせむ−あとのあはれは−とはすとも−わかれしひとの−ゆくへたつねよ


00837
未入力 寂然 (xxx)

中中にとはぬはふかきかたもあらん心あさくもうらみつるかな

なかなかに−とはぬはふかき−かたもあらむ−こころあさくも−うらみつるかな


00838
未入力 西行 (xxx)

分けいりてよもきかつゆをこほさしとおもふも人をとふにあらすや

わけいりて−よもきかつゆを−こほさしと−おもふもひとを−とふにあらすや


00839
未入力 西行 (xxx)

よそにおもふわかれならねはたれをかは身より外にはとふへかりける

よそにおもふ−わかれならねは−たれをかは−みよりほかには−とふへかりける


00840
未入力 西行 (xxx)

へたてなきのりのことはにたよりえてはちすの露にあはれかくらん

へたてなき−のりのことはに−たよりえて−はちすのつゆに−あはれかくらむ


00841
未入力 西行 (xxx)

なき人を忍ふおもひのなくさまはあとをもちたひとひこそはせめ

なきひとを−しのふおもひの−なくさまは−あとをもちたひ−とひこそはせめ


00842
未入力 西行 (xxx)

みのりをはことはなけれととくときけはふかきあはれはとはてこそ思へ

みのりをは−ことはなけれと−とくときけは−ふかきあはれは−とはてこそおもへ


00843
未入力 西行 (xxx)

つゆふかきのへになり行くふるさとはおもひやるにも袖しをれけり

つゆふかき−のへになりゆく−ふるさとは−おもひやるにも−そてしをれけり


00844
未入力 西行 (xxx)

いつくにかねふりねふりてたふれふさんとおもふかなしきみちしはのつゆ

いつくにか−ねふりねふりて−たふれふさむと−おもふかなしき−みちしはのつゆ


00845
未入力 西行 (xxx)

おとろかんとおもふ心のあらはやはなかきねふりの夢も覚むへき

おとろかむと−おもふこころの−あらはやは−なかきねふりの−ゆめもさむへき


00846
未入力 西行 (xxx)

かせあらきいそにかかれるあま人はつなかぬふねの心ちこそすれ

かせあらき−いそにかかれる−あまひとは−つなかぬふねの−ここちこそすれ


00847
未入力 西行 (xxx)

おほなみにひかれいてたる心ちしてたすけふねなきおきにゆらるる

おほなみに−ひかれいてたる−ここちして−たすけふねなき−おきにゆらるる


00848
未入力 西行 (xxx)

なきあとをたれとしらねととりへ山おのおのすこきつかの夕暮

なきあとを−たれとしらねと−とりへやま−おのおのすこき−つかのゆふくれ


00849
未入力 西行 (xxx)

なみたかきよをこきこきて人はみなふなをか山をとまりにそする

なみたかき−よをこきこきて−ひとはみな−ふなをかやまを−とまりにそする


00850
未入力 西行 (xxx)

しにてふさんこけのむしろを思ふよりかねてしらるるいはかけの露

しにてふさむ−こけのむしろを−おもふより−かねてしらるる−いはかけのつゆ


00851
未入力 西行 (xxx)

つゆときえはれんたいのにをおくりおけねかふ心をなにあらはさん

つゆときえは−れむたいのにを−おくりおけ−ねかふこころを−なにあらはさむ


00852
未入力 西行 (xxx)

このもとにすみけるあとをみつるかななちのたかねの花を尋ねて

このもとに−すみけるあとを−みつるかな−なちのたかねの−はなをたつねて


00853
未入力 西行 (xxx)

いとといかににしへかたふく月かけをつねよりもけに君したふらん

いとといかに−にしへかたふく−つきかけを−つねよりもけに−きみしたふらむ


00854
未入力 堀川の局 (xxx)

にしへ行くしるへとたのむ月かけのそらたのめこそかひなかりけれ

にしへゆく−しるへとたのむ−つきかけの−そらたのめこそ−かひなかりけれ


00855
未入力 西行 (xxx)

さしいらてくもちをよきし月かけはまたぬ心そそらにみえける

さしいらて−くもちをよきし−つきかけは−またぬこころそ−そらにみえける


00856
未入力 西行 (xxx)

ひろむらんのりにはあはぬ身なりともなをきくかすにいらさらめやは

ひろむらむ−のりにはあはぬ−みなりとも−なをきくかすに−いらさらめやは


00857
未入力 寂超入道 (xxx)

つたへきくなかれなりとものりの水くむ人からやふかくなるらん

つたへきく−なかれなりとも−のりのみつ−くむひとからや−ふかくなるらむ


00858
未入力 観音寺入道生光 (xxx)

てらつくるこのわかたににつちうめよ君はかりこそ山もくつさめ

てらつくる−このわかたにに−つちうめよ−きみはかりこそ−やまもくつさめ


00859
未入力 西行 (xxx)

やまくつすそのちからねはかたくとも心たくみをそへこそはせめ

やまくつす−そのちからねは−かたくとも−こころたくみを−そへこそはせめ


00860
未入力 西行 (xxx)

つらなりしむかしにつゆもかはらしとおもひしられし法のにはかな

つらなりし−むかしにつゆも−かはらしと−おもひしられし−のりのにはかな


00861
未入力 西行 (xxx)

いにしへにもれけんことのかなしさはきのふのにはに心ゆきにき

いにしへに−もれけむことの−かなしさは−きのふのにはに−こころゆきにき


00862
未入力 西行 (xxx)

きえぬへきのりのひかりのともしひをかかくるわたのとまりなりけり

きえぬへき−のりのひかりの−ともしひを−かかくるわたの−とまりなりけり


00863
未入力 西行 (xxx)

あさからぬちきりの程そくまれぬるかめ井の水にかけうつしつつ

あさからぬ−ちきりのほとそ−くまれぬる−かめゐのみつに−かけうつしつつ


00864
未入力 院 (xxx)

ありかたきのりにあふきのかせならは心のちりをはらへとそ思ふ

ありかたき−のりにあふきの−かせならは−こころのちりを−はらへとそおもふ


00865
未入力 西行 (xxx)

ちりはかりうたかふ心なからなんのりをあふきてたのむとならは

ちりはかり−うたかふこころ−なからなむ−のりをあふきて−たのむとならは


00866
未入力 西行 (xxx)

ひはりたつあらのにおふるひめゆりのなににつくともなき心かな

ひはりたつ−あらのにおふる−ひめゆりの−なににつくとも−なきこころかな


00867
未入力 西行 (xxx)

まとひつつすきけるかたのくやしさになくなく身をそけふはうらむる

まとひつつ−すきけるかたの−くやしさに−なくなくみをそ−けふはうらむる


00868
未入力 西行 (xxx)

あさ日まつほとはやみにやまよはまし有明の月のかけなかりせは

あさひまつ−ほとはやみにや−まよはまし−ありあけのつきの−かけなかりせは


00869
未入力 西行 (xxx)

にしをまつ心にふちをかけてこそそのむらさきの雲をおもはめ

にしをまつ−こころにふちを−かけてこそ−そのむらさきの−くもをおもはめ


00870
未入力 西行 (xxx)

山端にかくるる月をなかむれはわれと心のにしにいるかな

やまのはに−かくるるつきを−なかむれは−われとこころの−にしにいるかな


00871
未入力 西行 (xxx)

夢さむるかねのひひきにうちそへてとたひのみなをとなへつるかな

ゆめさむる−かねのひひきに−うちそへて−とたひのみなを−となへつるかな


00872
未入力 西行 (xxx)

西へ行く月をやよそにおもふらん心にいらぬ人のためには

にしへゆく−つきをやよそに−おもふらむ−こころにいらぬ−ひとのためには


00873
未入力 西行 (xxx)

山川のみなきる水の音きけはせむるいのちそおもひしらるる

やまかはの−みなきるみつの−おときけは−せむるいのちそ−おもひしらるる


00874
未入力 西行 (xxx)

あたならぬやかてさとりにかへりけり人のためにもすつる命は

あたならぬ−やかてさとりに−かへりけり−ひとのためにも−すつるいのちは


00875
未入力 西行 (xxx)

まとひきてさとりうへくもなかりつる心をしるは心なりけり

まとひきて−さとりうへくも−なかりつる−こころをしるは−こころなりけり


00876
未入力 西行 (xxx)

やみはれて心のそらにすむ月はにしの山へやちかくなるらん

やみはれて−こころのそらに−すむつきは−にしのやまへや−ちかくなるらむ


00877
未入力 西行 (xxx)

ちりまかふはなのにほひをさきたててひかりを法のむしろにそしく

ちりまかふ−はなのにほひを−さきたてて−ひかりをのりの−むしろにそしく


00878
未入力 西行 (xxx)

はなのかをつらなるそてにふきしめてさとれと風のちらすなりけり

はなのかを−つらなるそてに−ふきしめて−さとれとかせの−ちらすなりけり


00879
未入力 西行 (xxx)

こりもせすうき世のやみにまかふかな身をおもはぬは心なりけり

こりもせす−うきよのやみに−まかふかな−みをおもはぬは−こころなりけり


00880
未入力 西行 (xxx)

のりしらぬ人をそけふはうしと見るみつのくるまに心かけねは

のりしらぬ−ひとをそけふは−うしとみる−みつのくるまに−こころかけねは


00881
未入力 西行 (xxx)

やすむへきやとをおもへはなかそらのたひもなににかくるしかるへき

やすむへき−やとをおもへは−なかそらの−たひもなににか−くるしかるへき


00882
未入力 西行 (xxx)

おのつからきよき心にみかかれてたまときかくるのりをしりぬる

おのつから−きよきこころに−みかかれて−たまときかくる−のりをしりぬる


00883
未入力 西行 (xxx)

いさきよきたまを心にみかき出てていはけなき身にさとりをそえし

いさきよき−たまをこころに−みかきいてて−いはけなきみに−さとりをそえし


00884
未入力 西行 (xxx)

これやさはとしつもるまてこりつめし法にあふこのたききなりける

これやさは−としつもるまて−こりつめし−のりにあふこの−たききなりける


00885
未入力 西行 (xxx)

いかにしてきくことのかくやすからんあたにおもひてえける法かは

いかにして−きくことのかく−やすからむ−あたにおもひて−えけるのりかは


00886
未入力 西行 (xxx)

あまくものはるるみそらの月影にうらみなくさむをはすての山

あまくもの−はるるみそらの−つきかけに−うらみなくさむ−をはすてのやま


00887
未入力 西行 (xxx)

いかにしてうらみしそてにやとりけんいてかたくみし有明の月

いかにして−うらみしそてに−やとりけむ−いてかたくみし−ありあけのつき


00888
未入力 西行 (xxx)

わしの山月をいりぬとみる人はくらきにまよふ心なりけり

わしのやま−つきをいりぬと−みるひとは−くらきにまよふ−こころなりけり


00889
未入力 西行 (xxx)

さとりえし心の月のあらはれてわしのたかねにすむにそ有りける

さとりえし−こころのつきの−あらはれて−わしのたかねに−すむにそありける


00890
未入力 西行 (xxx)

雲はるるわしのみやまの月影を心すみてや君なかむらん

くもはるる−わしのみやまの−つきかけを−こころすみてや−きみなかむらむ


00891
未入力 西行 (xxx)

わしの山誰かは月をみさるへき心にかかる雲しはれなは

わしのやま−たれかはつきを−みさるへき−こころにかかる−くもしはれなは


00892
未入力 西行 (xxx)

行すゑのためにととかぬのりならはなにか我か身にたのみあらまし

ゆくすゑの−ためにととかぬ−のりならは−なにかわかみに−たのみあらまし


00893
未入力 西行 (xxx)

ちりしきしはなのにほひの名残おほみたたまうかりし法のにはかな

ちりしきし−はなのにほひの−なこりおほみ−たたまうかりし−のりのにはかな


00894
未入力 西行 (xxx)

なにこともむなしきのりの心にてつみある身とはつゆもおもはし

なにことも−むなしきのりの−こころにて−つみあるみとは−つゆもおもはし


00895
未入力 西行 (xxx)

わしの山うへくらからぬみねなれはあたりをはらふ有明の月

わしのやま−うへくらからぬ−みねなれは−あたりをはらふ−ありあけのつき


00896
未入力 西行 (xxx)

いかなれはちりにましりてますかかみつかふる人はきよまはるらん

いかなれは−ちりにましりて−ますかかみ−つかふるひとは−きよまはるらむ


00897
未入力 西行 (xxx)

つみ人のしぬるよもなくもゆるひのたききなるらんことそかなしき

つみひとの−しぬるよもなく−もゆるひの−たききなるらむ−ことそかなしき


00898
未入力 西行 (xxx)

あさ夕のこをやしなひにすときけはくにすくれてもかなしかるらん

あさゆふの−こをやしなひに−すときけは−くにすくれても−かなしかるらむ


00899
未入力 西行 (xxx)

かくらうたにくさとりかふはいたけれと猶そのこまになることはうし

かくらうたに−くさとりかふは−いたけれと−なほそのこまに−なることはうし


00900
未入力 西行 (xxx)

よしなしなあらそふことをたてにしていかりをのみもむすふ心は

よしなしな−あらそふことを−たてにして−いかりをのみも−むすふこころは


00901
未入力 西行 (xxx)

ありかたき人になりけるかひありてさとりもとむる心あらなん

ありかたき−ひとになりける−かひありて−さとりもとむる−こころあらなむ


00902
未入力 西行 (xxx)

くものうへのたのしみとてもかひそなきさてしもやかてすみしはてねは

くものうへの−たのしみとても−かひそなき−さてしもやかて−すみしはてねは


00903
未入力 西行 (xxx)

にこりたる心の水のすくなきになにかは月の影やとるへき

にこりたる−こころのみつの−すくなきに−なにかはつきの−かけやとるへき


00904
未入力 西行 (xxx)

いかてわれきよくくもらぬ身になりて心の月のかけをみかかん

いかてわれ−きよくくもらぬ−みになりて−こころのつきの−かけをみかかむ


00905
未入力 西行 (xxx)

のかれなくつひにゆくへきみちをさはしらてはいかかすくへかりける

のかれなく−つひにゆくへき−みちをさは−しらてはいかか−すくへかりける


00906
未入力 西行 (xxx)

おろかなるこころにのみやまかすへきしとなることもあるなるものを

おろかなる−こころにのみや−まかすへき−しとなることも−あるなるものを


00907
未入力 西行 (xxx)

のにたてるえたなき木にもおとりけりのちの世しらぬ人の心は

のにたてる−えたなききにも−おとりけり−のちのよしらぬ−ひとのこころは


00908
未入力 西行 (xxx)

身のうさをおもひしらてややみなましそむくならひのなき世なりせは

みのうさを−おもひしらてや−やみなまし−そむくならひの−なきよなりせは


00909
未入力 西行 (xxx)

いつくにか身をかくさましいとひてもうき世にふかき山なかりせ

いつくにか−みをかくさまし−いとひても−うきよにふかき−やまなかりせは


00910
未入力 西行 (xxx)

身のうさのかくれかにせん山さとは心ありてそすむへかりける

みのうさの−かくれかにせむ−やまさとは−こころありてそ−すむへかりける


00911
未入力 西行 (xxx)

あはれしるなみたの露そこほれけるくさのいほりをむすふちきりは

あはれしる−なみたのつゆそ−こほれける−くさのいほりを−むすふちきりは


00912
未入力 西行 (xxx)

うかれいつる心は身にもかなはねはいかなりとてもいかにかはせん

うかれいつる−こころはみにも−かなはねは−いかなりとても−いかにかはせむ


00913
未入力 西行 (xxx)

すむことは所からそといひなからたかのはもののあはれなるかな

すむことは−ところからそと−いひなから−たかのはものの−あはれなるかな


00914
未入力 西行 (xxx)

あさくいてし心のみつやたたふらんすみ行くままにふかくなるかな

あさくいてし−こころのみつや−たたふらむ−すみゆくままに−ふかくなるかな


00915
未入力 西行 (xxx)

あらしのみときときまとにおとつれてあけぬる空の名残をそ思ふ

あらしのみ−ときときまとに−おとつれて−あけぬるそらの−なこりをそおもふ


00916
未入力 西行 (xxx)

こよひこそあはれみあつき心ちしてあらしのおとをよ所にききつれ

こよひこそ−あはれみあつき−ここちして−あらしのおとを−よそにききつれ


00917
未入力 西行 (xxx)

露もらぬいはやもそてはぬれけりときかすはいかかあやしからまし

つゆもらぬ−いはやもそては−ぬれけりと−きかすはいかか−あやしからまし


00918
未入力 西行 (xxx)

分けきつるをささのつゆにそほちつつほしそわつらふすみそめの袖

わけきつる−をささのつゆに−そほちつつ−ほしそわつらふ−すみそめのそて


00919
未入力 西行 (xxx)

けさの色やわかむらさきにそめてけるこけのたもとをおもひかへして

けさのいろや−わかむらさきに−そめてける−こけのたもとを−おもひかへして


00920
未入力 西行 (xxx)

きえぬへき露の命もきみかとふことのはにこそおきゐられけれ

きえぬへき−つゆのいのちも−きみかとふ−ことのはにこそ−おきゐられけれ


00921
未入力 風わつらひける人 (xxx)

ふきすくる風しやみなはたのもしみあきののもせの露の白玉

ふきすくる−かせしやみなは−たのもしみ−あきののもせの−つゆのしらたま


00922
未入力 西行 (xxx)

ことのねになみたをそへてなかすかなたえなましかはと思ふあはれに

ことのねに−なみたをそへて−なかすかな−たえなましかはと−おもふあはれに


00923
未入力 院の小侍従 (xxx)

たのむへきこともなき身をけふまてもなににかかれる玉のをならん

たのむへき−こともなきみを−けふまても−なににかかれる−たまのをならむ


00924
未入力 西行 (xxx)

さためなし風わつらはぬをりたにもまたこんことをたのむへきよか

さためなし−かせわつらはぬ−をりたにも−またこむことを−たのむへきよか


00925
未入力 西行 (xxx)

あたにちるこのはにつけておもふかなかせさそふめる露の命を

あたにちる−このはにつけて−おもふかな−かせさそふめる−つゆのいのちを


00926
未入力 西行 (xxx)

われなくはこのさと人やあきふかきつゆをたもとにかけて忍はん

われなくは−このさとひとや−あきふかき−つゆをたもとに−かけてしのはむ


00927
未入力 西行 (xxx)

さまさまにあはれおほかるわかれかな心を君かやとにととめて

さまさまに−あはれおほかる−わかれかな−こころをきみか−やとにととめて


00928
未入力 西行 (xxx)

かへれとも人のなさけにしたはれて心は身にもそはすなりぬる

かへれとも−ひとのなさけに−したはれて−こころはみにも−そはすなりぬる


00929
未入力 寂超 (xxx)

もろともにちることのはをかくほとにやかてもそてのそほちぬるかな

もろともに−ちることのはを−かくほとに−やかてもそての−そほちぬるかな


00930
未入力 西行 (xxx)

としふれとくちぬときはのことの葉をさそしのふらんおほはらのさと

としふれと−くちぬときはの−ことのはを−さそしのふらむ−おほはらのさと


00931
未入力 想空 (xxx)

いへのかせつたふはかりはなけれともなとかちらさぬなけのことのは

いへのかせ−つたふはかりは−なけれとも−なとかちらさぬ−なけのことのは


00932
未入力 西行 (xxx)

いへのかせむねとふくへきこのもとはいまちりなんとおもふことのは

いへのかせ−むねとふくへき−このもとは−いまちりなむと−おもふことのは


00933
未入力 西行 (xxx)

いへのかせふきつたへけるかひありてちることのはのめつらしきかな

いへのかせ−ふきつたへける−かひありて−ちることのはの−めつらしきかな


00934
未入力 右大将きんよし (xxx)

いへのかせふきつたふともわかのうらにかひあることのはにてこそしれ

いへのかせ−ふきつたふとも−わかのうらに−かひあることの−はにてこそしれ


00935
未入力 西行 (xxx)

こからしにこの葉のおつるやまさとはなみたこそさへもろくなりけれ

こからしに−このはのおつる−やまさとは−なみたこそさへ−もろくなりけれ


00936
未入力 西行 (xxx)

みねわたるあらしはけしき山さとにそへてきこゆる滝川の水

みねわたる−あらしはけしき−やまさとに−そへてきこゆる−たきかはのみつ


00937
未入力 西行 (xxx)

とふ人もおもひたえたる山さとのさひしさなくはすみうからまし

とふひとも−おもひたえたる−やまさとの−さひしさなくは−すみうからまし


00938
未入力 西行 (xxx)

あかつきのあらしにたくふかねのおとを心のそこにこたへてそきく

あかつきの−あらしにたくふ−かねのおとを−こころのそこに−こたへてそきく


00939
未入力 西行 (xxx)

またれつるいりあひのかねのおとすなりあすもやあらはきかんとすらん

またれつる−いりあひのかねの−おとすなり−あすもやあらは−きかむとすらむ


00940
未入力 西行 (xxx)

松かせの音あはれなる山さとにさひしさそふるひくらしのこゑ

まつかせの−おとあはれなる−やまさとに−さひしさそふる−ひくらしのこゑ


00941
未入力 西行 (xxx)

たにのまにひとりそまつも立てりけるわれのみともはなきかとおもへは

たにのまに−ひとりそまつも−たてりける−われのみともは−なきかとおもへは


00942
未入力 西行 (xxx)

いり日さすやまのあなたはしらねとも心をかねておくりおきつる

いりひさす−やまのあなたは−しらねとも−こころをかねて−おくりおきつる


00943
未入力 西行 (xxx)

なにとなくくむたひにすむ心かないは井の水にかけうつしつつ

なにとなく−くむたひにすむ−こころかな−いはゐのみつに−かけうつしつつ


00944
未入力 西行 (xxx)

みつのおとはさひしきいほのともなれやみねのあらしのたえまたえまに

みつのおとは−さひしきいほの−ともなれや−みねのあらしの−たえまたえまに


00945
未入力 西行 (xxx)

うつらふすかりたのひつちおひいててほのかにてらすみか月のかけ

うつらふす−かりたのひつち−おひいてて−ほのかにてらす−みかつきのかけ


00946
未入力 西行 (xxx)

あらしこすみねのこのまを分けきつつ谷のしみつにやとる月影

あらしこす−みねのこのまを−わけきつつ−たにのしみつに−やとるつきかけ


00947
未入力 西行 (xxx)

にこるへきいは井の水にあらねともくまはやとれる月やさわかん

にこるへき−いはゐのみつに−あらねとも−くまはやとれる−つきやさわかむ


00948
未入力 西行 (xxx)

ひとりすむいほりに月のさしこすはなにか山への友にならまし

ひとりすむ−いほりにつきの−さしこすは−なにかやまへの−ともにならまし


00949
未入力 西行 (xxx)

尋ねきてこととふ人のなきやとにこのまの月の影そさしくる

たつねきて−こととふひとの−なきやとに−このまのつきの−かけそさしくる


00950
未入力 西行 (xxx)

しはのいほはすみうきこともあらましを友なふ月の影なかりせは

しはのいほは−すみうきことも−あらましを−ともなふつきの−かけなかりせは


00951
未入力 西行 (xxx)

かけきえてはやまの月はもりもこす谷はこすゑの雪とみえつつ

かけきえて−はやまのつきは−もりもこす−たにはこすゑの−ゆきとみえつつ


00952
未入力 西行 (xxx)

雲にたたこよひの月をまかせてんいとふとてしもはれぬものゆゑ

くもにたた−こよひのつきを−まかせてむ−いとふとてしも−はれぬものゆゑ


00953
未入力 西行 (xxx)

月を見るほかもさこそはいとふらめくもたたここの空にたたよへ

つきをみる−ほかもさこそは−いとふらめ−くもたたここの−そらにたたよへ


00954
未入力 西行 (xxx)

はれまなく雲こそ空にみちにけれ月みることはおもひたえなん

はれまなく−くもこそそらに−みちにけれ−つきみることは−おもひたえなむ


00955
未入力 西行 (xxx)

ぬるれとも雨もる宿のうれしきはいりこん月をおもふなりけり

ぬるれとも−あめもるやとの−うれしきは−いりこむつきを−おもふなりけり


00956
未入力 西行 (xxx)

分けいりて誰かは人をたつぬへきいはかけ草のしける山路を

わけいりて−たれかはひとを−たつぬへき−いはかけくさの−しけるやまちを


00957
未入力 西行 (xxx)

山さとは谷のかけひのたえたえにみつこひとりのこゑきこゆなり

やまさとは−たにのかけひの−たえたえに−みつこひとりの−こゑきこゆなり


00958
未入力 西行 (xxx)

つかはねとうつれはかけをともとしてをしすみけりな山川の水

つかはねと−うつれはかけを−ともとして−をしすみけりな−やまかはのみつ


00959
未入力 西行 (xxx)

つらならてかせにみたれてなくかりのしとろにこゑのきこゆなるかな

つらならて−かせにみたれて−なくかりの−しとろにこゑの−きこゆなるかな


00960
未入力 西行 (xxx)

はれかたき山路の雲にうつもれてこけのたもとはきりくちにけり

はれかたき−やまちのくもに−うつもれて−こけのたもとは−きりくちにけり


00961
未入力 西行 (xxx)

つつらはふはやまはしたもしけけれはすむ人いかにこくらかるらん

つつらはふ−はやまはしたも−しけけれは−すむひといかに−こくらかるらむ


00962
未入力 西行 (xxx)

くまのすむこけのいはやまおそろしみむへなりけりな人もかよはぬ

くまのすむ−こけのいはやま−おそろしみ−うへなりけりな−ひともかよはぬ


00963
未入力 西行 (xxx)

おとはせていはにたはしるあられこそよもきのまとの友となりけれ

おとはせて−いはにたはしる−あられこそ−よもきのまとの−ともとなりけれ


00964
未入力 西行 (xxx)

あはれにそものめかしくはきこえけるかれたるならのしはのおちはは

あはれにそ−ものめかしくは−きこえける−かれたるならの−しはのおちはは


00965
未入力 西行 (xxx)

しはかこふいほりのうちはたひたちてすとほるかせもとまらさりけり

しはかこふ−いほりのうちは−たひたちて−すとほるかせも−とまらさりけり


00966
未入力 西行 (xxx)

谷風はとをふきあけているものをなにとあらしのまとたたくらん

たにかせは−とをふきあけて−いるものを−なにとあらしの−まとたたくらむ


00967
未入力 西行 (xxx)

春あさきすすのまかきにかせさえてまた雪きえぬしからきのさと

はるあさき−すすのまかきに−かせさえて−またゆききえぬ−しからきのさと


00968
未入力 西行 (xxx)

みをよとむあまのかはきしなみたたて月をはみるやさへさみのかみ

みをよとむ−あまのかはきし−なみたたて−つきをはみるや−さへさみのかみ


00969
未入力 西行 (xxx)

ひかりをはくもらぬ月そみかきけるいなはにかかるあさひこのたま

ひかりをは−くもらぬつきそ−みかきける−いなはにかかる−あさひこのたま


00970
未入力 西行 (xxx)

いはれののはきかたえまのひまひまにこのてかしはのはなさきにけり

いはれのの−はきかたえまの−ひまひまに−このてかしはの−はなさきにけり


00971
未入力 西行 (xxx)

衣てにうつりしはなの色かれてそてほころふるはきか花すり

ころもてに−うつりしはなの−いろかれて−そてほころふる−はきかはなすり


00972
未入力 西行 (xxx)

をささはらはすゑの露はたまににていしなき山を行く心ちする

をささはら−はすゑのつゆは−たまににて−いしなきやまを−ゆくここちする


00973
未入力 西行 (xxx)

まさきわるひたのたくみやいてぬらん村雨過くるかさとりの山

まさきわる−ひたのたくみや−いてぬらむ−むらさめすくる−かさとりのやま


00974
未入力 西行 (xxx)

かはあひやまきのすそやまいしたててそま人いかに涼しかるらん

かはあひや−まきのすそやま−いしたてて−そまひといかに−すすしかるらむ


00975
未入力 西行 (xxx)

ゆきとくるしみみにしたくかささきのみちゆきにくきあしからの山

ゆきとくる−しみみにしたく−かささきの−みちゆきにくき−あしからのやま


00976
未入力 西行 (xxx)

ねわたしにしるしのさをやたてつらんこひきまちつるこしのなか山

ねわたしに−しるしのさをや−たてつらむ−こひきまちつる−こしのなかやま


00977
未入力 西行 (xxx)

くもとりやしこの山路はさておきてをくちかはらのさひしからぬか

くもとりや−しこのやまちは−さておきて−をくちかはらの−さひしからぬか


00978
未入力 西行 (xxx)

ふもと行くふな人いかにさむからんくま山たけをおろすあらしに

ふもとゆく−ふなひといかに−さむからむ−くまやまたけを−おろすあらしに


00979
未入力 西行 (xxx)

をりかくるなみのたつかとみゆるかなさすかにきゐるさきの村とり

をりかくる−なみのたつかと−みゆるかな−さすかにきゐる−さきのむらとり


00980
未入力 西行 (xxx)

わつらはて月にはよるもかよひけりとなりへつたふあせのほそみち

わつらはて−つきにはよるも−かよひけり−となりへつたふ−あせのほそみち


00981
未入力 西行 (xxx)

あれにけるさはたのあせにくららおひて秋まつへくもなきわたりかな

あれにける−さはたのあせに−くららおひて−あきまつへくも−なきわたりかな


00982
未入力 西行 (xxx)

つたひくるうちひをたえすまかすれは山田は水もおもはさりけり

つたひくる−うちひをたえす−まかすれは−やまたはみつも−おもはさりけり


00983
未入力 西行 (xxx)

身にしみしをきのおとにはかはれともしふく風こそけには物うき

みにしみし−をきのおとには−かはれとも−しふくかせこそ−けにはものうき


00984
未入力 西行 (xxx)

こせりつむさはのこほりのひまたえて春めきそむるさくらゐのさと

こせりつむ−さはのこほりの−ひまたえて−はるめきそむる−さくらゐのさと


00985
未入力 西行 (xxx)

くる春はみねにかすみをさきたてて谷のかけひをつたふなりけり

くるはるは−みねにかすみを−さきたてて−たにのかけひを−つたふなりけり


00986
未入力 西行 (xxx)

はるになるさくらのえたはなにとなくはななけれともむつましきかな

はるになる−さくらのえたは−なにとなく−はななけれとも−むつましきかな


00987
未入力 西行 (xxx)

空わたる雲なりけりなよしの山はなもてわたる風とみたれは

そらわたる−くもなりけりな−よしのやま−はなもてわたる−かせとみたれは


00988
未入力 西行 (xxx)

さらに又かすみに暮るる山路かな春をたつぬるはなのあけほの

さらにまた−かすみにくるる−やまちかな−はるをたつぬる−はなのあけほの


00989
未入力 西行 (xxx)

雲もかかれはなとをはるはみてすきんいつれの山もあたにおもはて

くももかかれ−はなとをはるは−みてすきむ−いつれのやまも−あたにおもはて


00990
未入力 西行 (xxx)

雲かかるやまみはわれもおもひいてに花ゆゑなれしむつひ忘れす

くもかかる−やまみはわれも−おもひいてに−はなゆゑなれし−むつひわすれす


00991
未入力 西行 (xxx)

山ふかみかすみこめたるしはの庵にこととふ物はうくひすのこゑ

やまふかみ−かすみこめたる−しはのいほに−こととふものは−うくひすのこゑ


00992
未入力 西行 (xxx)

うくひすはゐなかの谷のすなれともたひたるねをはなかぬなりけり

うくひすは−ゐなかのたにの−すなれとも−たひたるねをは−なかぬなりけり


00993
未入力 西行 (xxx)

うくひすのこゑにさとりをうへきかはきくうれしきもはかなかりけり

うくひすの−こゑにさとりを−うへきかは−きくうれしきも−はかなかりけり


00994
未入力 西行 (xxx)

すきて行くはかせなつかしうくひすになつさひけりな梅の立枝に

すきてゆく−はかせなつかし−うくひすに−なつさひけりな−うめのたちえに


00995
未入力 西行 (xxx)

山もなきうみのおもてにたなひきてなみの花にもまかふしら雲

やまもなき−うみのおもてに−たなひきて−なみのはなにも−まかふしらくも


00996
未入力 西行 (xxx)

おなしくは月のをりさけ山さくらはなみるよはのたえまあらせし

おなしくは−つきのをりさけ−やまさくら−はなみるよはの−たえまあらせし


00997
未入力 西行 (xxx)

ふるはたのそはのたつきにゐるはとの友よふこゑにすこき夕暮

ふるはたの−そはのたつきに−ゐるはとの−ともよふこゑに−すこきゆふくれ


00998
未入力 西行 (xxx)

なみにつきていそわにいますあらかみはしほふむきねをまつにや有るらん

なみにつきて−いそわにいます−あらかみは−しほふむきねを−まつにやあるらむ


00999
未入力 西行 (xxx)

しほかせにいせのはまをきふせはまつほすしほなみのあらたむるかな

しほかせに−いせのはまをき−ふせはまつ−ほすしほなみの−あらたむるかな


01000
未入力 西行 (xxx)

あらいそのなみにそなれてはふまつはみさこのゐるそたよりなりける

あらいその−なみにそなれて−はふまつは−みさこのゐるそ−たよりなりける


01001
未入力 西行 (xxx)

うらちかみかれたる松のこすゑにはなみのおとをや風はかるらん

うらちかみ−かれたるまつの−こすゑには−なみのおとをや−かせはかるらむ


01002
未入力 西行 (xxx)

あはちしませとのなころはたかくともこのしほにたにおしわたらはや

あはちしま−せとのなころは−たかくとも−このしほにたに−おしわたらはや


01003
未入力 西行 (xxx)

しほち行くかこみのともろ心せよまたうつはやきせとわたる程

しほちゆく−かこみのともろ−こころせよ−またうつはやき−せとわたるほと


01004
未入力 西行 (xxx)

いそにをるなみのけはしくみゆるかなおきになころやたかく行くらん

いそにをる−なみのけはしく−みゆるかな−おきになころや−たかくゆくらむ


01005
未入力 西行 (xxx)

おほつかないふきおろしのかささきにあさつまふねはあひやしぬらん

おほつかな−いふきおろしの−かささきに−あさつまふねは−あひやしぬらむ


01006
未入力 西行 (xxx)

くれふねよあさつまわたりけさなせそいふきのたけに雪しまくめり

くれふねよ−あさつまわたり−けさなせそ−いふきのたけに−ゆきしまくめり


01007
未入力 西行 (xxx)

あふみちやのちのたひ人いそかなんやすかはらとてとほからぬかは

あふみちや−のちのたひひと−いそかなむ−やすかはらとて−とほからぬかは


01008
未入力 西行 (xxx)

さと人のおほぬさこぬさたてなめてむまかたむすふのへになりけり

さとひとの−おほぬさこぬさ−たてなめて−むまかたむすふ−のへになりけり


01009
未入力 西行 (xxx)

いたけもるあま見るときになりにけりえそかけしまを煙こめたり

いたけもる−あまみるときに−なりにけり−えそかけしまを−けふりこめたり


01010
未入力 西行 (xxx)

もののふのならすすさみはおもたたしあちそのしさりかものいれくひ

もののふの−ならすすさみは−おもたたし−あちそのしさり−かものいれくひ


01011
未入力 西行 (xxx)

むつのくのおくゆかしくそおもほゆるつほのいしふみそとのはまかせ

むつのくの−おくゆかしくそ−おもほゆる−つほのいしふみ−そとのはまかせ


01012
未入力 西行 (xxx)

あさかへるかりゐうなこのむらともははらのをか山こえやしぬらん

あさかへる−かりゐうなこの−むらともは−はらのをかやま−こえやしぬらむ


01013
未入力 西行 (xxx)

すかるふすこくれかしたのくすまきを吹きうらかへす秋の初かせ

すかるふす−こくれかしたの−くすまきを−ふきうらかへす−あきのはつかせ


01014
未入力 西行 (xxx)

もろこゑにもりかきみかそきこゆなるいひあはせてやつまをこふらん

もろこゑに−もりかきみかそ−きこゆなる−いひあはせてや−つまをこふらむ


01015
未入力 西行 (xxx)

すみれさくよこののつはなさきぬれはおもひおもひに人かよふなり

すみれさく−よこののつはな−さきぬれは−おもひおもひに−ひとかよふなり


01016
未入力 西行 (xxx)

くれなゐの色なりなからたてのほのからしや人のめにもたてぬは

くれなゐの−いろなりなから−たてのほの−からしやひとの−めにもたてぬは


01017
未入力 西行 (xxx)

よもきふはさまことなりや庭のおもにからすあふきのなそしけるらん

よもきふは−さまことなりや−にはのおもに−からすあふきの−なそしけるらむ


01018
未入力 西行 (xxx)

かりのこす水のまこもにかくろへてかけもちかほになくかはつかな

かりのこす−みつのまこもに−かくろへて−かけもちかほに−なくかはつかな


01019
未入力 西行 (xxx)

やなきはらかはかせふかぬかけならはあつくやせみのこゑにならまし

やなきはら−かはかせふかぬ−かけならは−あつくやせみの−こゑにならまし


01020
未入力 西行 (xxx)

ひさきおひてすすめとなれるかけなれやなみうつきしに風わたりつつ

ひさきおひて−すすめとなれる−かけなれや−なみうつきしに−かせわたりつつ


01021
未入力 西行 (xxx)

月のためみさひすゑしとおもひしにみとりにもしく池のうき草

つきのため−みさひすゑしと−おもひしに−みとりにもしく−いけのうきくさ


01022
未入力 西行 (xxx)

おもふことみあれのしめにひくすすのかなはすはよもならしとそ思ふ

おもふこと−みあれのしめに−ひくすすの−かなはすはよも−ならしとそおもふ


01023
未入力 西行 (xxx)

みくまののはまゆふおふるうらさひて人なみなみにとしそかさなる

みくまのの−はまゆふおふる−うらさひて−ひとなみなみに−としそかさなる


01024
未入力 西行 (xxx)

いそのかみふるきすみかへ分けいれは鹿のあさちに露のこほるる

いそのかみ−ふるきすみかへ−わけいれは−しかのあさちに−つゆのこほるる


01025
未入力 西行 (xxx)

とをちさすひたのおもてにひくしほにしつむ心そかなしかりける

とをちさす−ひたのおもてに−ひくしほに−しつむこころそ−かなしかりける


01026
未入力 西行 (xxx)

ませにさくはなにむつれてとふてふのうらやましくもはかなかりけり

ませにさく−はなにむつれて−とふてふの−うらやましくも−はかなかりけり


01027
未入力 西行 (xxx)

うつり行く色をはしらすことのはのなさへあたなるつゆくさのはな

うつりゆく−いろをはしらす−ことのはの−なさへあたなる−つゆくさのはな


01028
未入力 西行 (xxx)

かせふけはあたにやれ行くはせうはのあれはと身をもたのむへきかは

かせふけは−あたにやれゆく−はせうはの−あれはとみをも−たのむへきかは


01029
未入力 西行 (xxx)

古郷のよもきはやとのなになれはあれ行く庭にまつしけるらん

ふるさとの−よもきはやとの−なになれは−あれゆくにはに−まつしけるらむ


01030
未入力 西行 (xxx)

ふるさとはみし世にもにすあせにけりいつちむかしの人ゆきにけん

ふるさとは−みしよにもにす−あせにけり−いつちむかしの−ひとゆきにけむ


01031
未入力 西行 (xxx)

しくるれは山めくりする心かないつまてとのみうちしをれつつ

しくるれは−やまめくりする−こころかな−いつまてとのみ−うちしをれつつ


01032
未入力 西行 (xxx)

はらはらとおつるなみたそあはれなるたまらすもののかなしかるへし

はらはらと−おつるなみたそ−あはれなる−たまらすものの−かなしかるへし


01033
未入力 西行 (xxx)

なにとなくせりときくこそあはれなれつみけん人の心しられて

なにとなく−せりときくこそ−あはれなれ−つみけむひとの−こころしられて


01034
未入力 西行 (xxx)

やま人よ吉野のおくのしるへせよはなもたつねんまたおもひあり

やまひとよ−よしののおくの−しるへせよ−はなもたつねむ−またおもひあり


01035
未入力 西行 (xxx)

わひ人のなみたににたるさくらかなかせみにしめはまつこほれつつ

わひひとの−なみたににたる−さくらかな−かせみにしめは−まつこほれつつ


01036
未入力 西行 (xxx)

よしの山やかていてしとおもふ身をはなちりなはと人やまつらん

よしのやま−やかていてしと−おもふみを−はなちりなはと−ひとやまつらむ


01037
未入力 西行 (xxx)

人もこす心もちらて山かけははなをみるにもたよりありけり

ひともこす−こころもちらて−やまかけは−はなをみるにも−たよりありけり


01038
未入力 西行 (xxx)

かせの音にものおもふわれか色そめて身にしみわたる秋の夕暮

かせのおとに−ものおもふわれか−いろそめて−みにしみわたる−あきのゆふくれ


01039
未入力 西行 (xxx)

われなれやかせをわつらふしのたけはおきふしものの心ほそくて

われなれや−かせをわつらふ−しのたけは−おきふしものの−こころほそくて


01040
未入力 西行 (xxx)

こん世にもかかる月をし見るへくはいのちををしむ人なからまし

こむよにも−かかるつきをし−みるへくは−いのちををしむ−ひとなからまし


01041
未入力 西行 (xxx)

この世にてなかめられねる月なれはまよはんやみもてらささらめや

このよにて−なかめられねる−つきなれは−まよはむやみも−てらささらめや



山家集 巻下

01042
未入力 西行 (xxx)

秋風のことに身にしむこよひかな月さへすめる庭のけしきに

あきかせの−ことにみにしむ−こよひかな−つきさへすめる−にはのけしきに


01043
未入力 西行 (xxx)

すむ人の心くまるるいつみかなむかしをいかにおもひいつらん

すむひとの−こころくまるる−いつみかな−むかしをいかに−おもひいつらむ


01044
未入力 西行 (xxx)

いまよりはむかしかたりはこころせんあやしきまてに袖しをれけり

いまよりは−むかしかたりは−こころせむ−あやしきまてに−そてしをれけり


01045
未入力 西行 (xxx)

なれきにし都もうとく成りはててかなしさそふる秋のくれかな

なれきにし−みやこもうとく−なりはてて−かなしさそふる−あきのくれかな


01046
未入力 西行 (xxx)

君いなは月まつとてもなかめやらんあつまのかたの夕くれの空

きみいなは−つきまつとても−なかめやらむ−あつまのかたの−ゆふくれのそら


01047
未入力 西行 (xxx)

おほはらやまたすみかまもならはすといひけん人を今あらせはや

おほはらや−またすみかまも−ならはすと−いひけむひとを−いまあらせはや


01048
未入力 西行 (xxx)

いまたにもかかりといひしたきつせのそのをりまては昔なりけん

いまたにも−かかりといひし−たきつせの−そのをりまては−むかしなりけむ


01049
未入力 西行 (xxx)

まきれつるまとのあらしの声とめてふくるをつくる水の音かな

まきれつる−まとのあらしの−こゑとめて−ふくるをつくる−みつのおとかな


01050
未入力 西行 (xxx)

たまみかく露そまくらにちりかかる夢おとろかす竹の嵐に

たまみかく−つゆそまくらに−ちりかかる−ゆめおとろかす−たけのあらしに


01051
未入力 西行 (xxx)

みねおろすまつのあらしの音に又ひひきをそふる入あひのかね

みねおろす−まつのあらしの−おとにまた−ひひきをそふる−いりあひのかね


01052
未入力 西行 (xxx)

ゆふされやひはらのみねをこえ行けはすこくきこゆるやまはとのこゑ

ゆふされや−ひはらのみねを−こえゆけは−すこくきこゆる−やまはとのこゑ


01053
未入力 西行 (xxx)

なみちかき磯の松かねまくらにてうらかなしきはこよひのみかは

なみちかき−いそのまつかね−まくらにて−うらかなしきは−こよひのみかは


01054
未入力 西行 (xxx)

すみよしの松かねあらふなみのおとをこすゑにかくるおきつしほかせ

すみよしの−まつかねあらふ−なみのおとを−こすゑにかくる−おきつしほかせ


01055
未入力 寂然、 (xxx)

へたてこしそのとし月もあるものをなこりおほかる峰の秋きり

へたてこし−そのとしつきも−あるものを−なこりおほかる−みねのあききり


01056
未入力 西行 (xxx)

したはれしなこりをこそはなかめつれ立ちかへりにし峰の秋霧

したはれし−なこりをこそは−なかめつれ−たちかへりにし−みねのあききり


01057
未入力 西行 (xxx)

ゆきわけてふかき山路にこもりなはとしかへりてや君にあふへき

ゆきわけて−ふかきやまちに−こもりなは−としかへりてや−きみにあふへき


01058
未入力 中宮大夫 (xxx)

わけてゆく山ちの雪はふかくともとく立ちかへれとしにたくへて

わけてゆく−やまちのゆきは−ふかくとも−とくたちかへれ−としにたくへて


01059
未入力 西行 (xxx)

かすめともとしのうちはとわかねまに春をつくなる山河の水

かすめとも−としのうちはと−わかねまに−はるをつくなる−やまかはのみつ


01060
未入力 西行 (xxx)

はるとしもなほおもはれぬ心かなあめふるとしのここちのみして

はるとしも−なほおもはれぬ−こころかな−あめふるとしの−ここちのみして


01061
未入力 西行 (xxx)

としははや月なみかけてこえにけりむへつみはへししはのわかたち

としははや−つきなみかけて−こえにけり−うへつみはへし−しはのわかたち


01062
未入力 西行 (xxx)

なにとなく雪になりぬときく日より心にかかるみよしののやま

なにとなく−ゆきになりぬと−きくひより−こころにかかる−みよしののやま


01063
未入力 西行 (xxx)

いつしかもはつ春さめそふりにけるのへのわかなもおひやしねらん

いつしかも−はつはるさめそ−ふりにける−のへのわかなも−おひやしねらむ


01064
未入力 西行 (xxx)

山路こそゆきのした水とけさらめ都のそらは春めきぬらん

やまちこそ−ゆきのしたみつ−とけさらめ−みやこのそらは−はるめきぬらむ


01065
未入力 西行 (xxx)

雪分けてと山かたにの鴬はふもとの里に春やつくらん

ゆきわけて−とやまかたにの−うくひすは−ふもとのさとに−はるやつくらむ


01066
未入力 西行 (xxx)

おほつかな春の日かすのふるままにさかのの雪はきえやしぬらん

おほつかな−はるのひかすの−ふるままに−さかののゆきは−きえやしぬらむ


01067
未入力 静忍法師 (xxx)

立ちかへり君やとひくと待つほとにまたきえやらすのへのあは雪

たちかへり−きみやとひくと−まつほとに−またきえやらす−のへのあはゆき


01068
未入力 西行 (xxx)

おもひはててふるすにかへる鴬はたひのねくらやすみうかりつる

おもひはてて−ふるすにかへる−うくひすは−たひのねくらや−すみうかりつる


01069
未入力 西行 (xxx)

月みれはかせに桜のえたなえてはなよとつくる心ちこそすれ

つきみれは−かせにさくらの−えたなえて−はなよとつくる−ここちこそすれ


01070
未入力 西行 (xxx)

花をみしむかしの心あらためてよしのの里にすまんとそ思ふ

はなをみし−むかしのこころ−あらためて−よしののさとに−すまむとそおもふ


01071
未入力 西行 (xxx)

おもひつつはなのくた物つみてけり吉野のひとのみやたてにして

おもひつつ−はなのくたもの−つみてけり−よしののひとの−みやたてにして


01072
未入力 みやたて (xxx)

こころさしふかくはこへるみやたてをさとりひらけん春にたくへよ

こころさし−ふかくはこへる−みやたてを−さとりひらけむ−はるにたくへよ


01073
未入力 西行 (xxx)

吹きみたる風になひくとみる程に春をむすへる青柳の糸

ふきみたる−かせになひくと−みるほとに−はるをむすへる−あをやきのいと


01074
未入力 西行 (xxx)

もみちみしたかののみねの花さかりたのめぬ人のまたるるやなに

もみちみし−たかののみねの−はなさかり−たのめぬひとの−またるるやなに


01075
未入力 寂然 (xxx)

共にみしみねのもみちのかひなれや花のをりにも思ひ出てける

ともにみし−みねのもみちの−かひなれや−はなのをりにも−おもひいてける


01076
未入力 西行 (xxx)

にはよりはさきゐる松のこすゑにそ雪はつもれる夏の夜の月

にはよりは−さきゐるまつの−こすゑにそ−ゆきはつもれる−なつのよのつき


01077
未入力 西行 (xxx)

まつかねのいはたの岸の夕すすみ君かあれなとおもほゆるかな

まつかねの−いはたのきしの−ゆふすすみ−きみかあれなと−おもほゆるかな


01078
未入力 西行 (xxx)

かつらきやまさきの色は秋ににてよそのこすゑはみとりなるかな

かつらきや−まさきのいろは−あきににて−よそのこすゑは−みとりなるかな


01079
未入力 西行 (xxx)

くみてなと心かよははとはさらんいてたるものをきくの下水

くみてなと−こころかよはは−とはさらむ−いてたるものを−きくのしたみつ


01080
未入力 かくくゑん (xxx)

たにふかくすむかとおもひてとはぬまに恨をむすふ菊の下水

たにふかく−すむかとおもひて−とはぬまに−うらみをむすふ−きくのしたみつ


01081
未入力 西行 (xxx)

おもへたた暮れぬとききし鐘のおとは都にてたにかなしかりしを

おもへたた−くれぬとききし−かねのおとは−みやこにてたに−かなしかりしを


01082
未入力 西行 (xxx)

あらし吹くみねのこのはにともなひていつちうかるる心なるらん

あらしふく−みねのこのはに−ともなひて−いつちうかるる−こころなるらむ


01083
未入力 侍従大納言成通 (xxx)

なにとなくおつるこのはも吹くかせにちりゆくかたはしられやはせぬ

なにとなく−おつるこのはも−ふくかせに−ちりゆくかたは−しられやはせぬ


01084
未入力 西行 (xxx)

あくかれしこころを道のしるへにて雲にともなふ身とそ成りぬる

あくかれし−こころをみちの−しるへにて−くもにともなふ−みとそなりぬる


01085
未入力 宮の法印 (xxx)

やまのはに月すむましとしられにき心のそらになるとみしより

やまのはに−つきすむましと−しられにき−こころのそらに−なるとみしより


01086
未入力 西行 (xxx)

こころをはふかきもみちの色にそめてわかれてゆくやちるに成るらん

こころをは−ふかきもみちの−いろにそめて−わかれてゆくや−ちるになるらむ


01087
未入力 西行 (xxx)

なみたのみかきくらさるるたひなれやさやかにみよと月はすめとも

なみたのみ−かきくらさるる−たひなれや−さやかにみよと−つきはすめとも


01088
未入力 西行 (xxx)

身にもしみ物あはれなるけしきさへあはれをせむる風のおとかな

みにもしみ−ものあはれなる−けしきさへ−あはれをせむる−かせのおとかな


01089
未入力 西行 (xxx)

いかてかはおとに心のすまさらんくさ木もなひくあらしなりけり

いかてかは−おとにこころの−すまさらむ−くさきもなひく−あらしなりけり


01090
未入力 西行 (xxx)

松かせはいつもときはに身にしめとわきてさひしきゆふくれのそら

まつかせは−いつもときはに−みにしめと−わきてさひしき−ゆふくれのそら


01091
未入力 西行 (xxx)

ほとふれはおなしみやこのうちたにもおほつかなさはとはまほしきを

ほとふれは−おなしみやこの−うちたにも−おほつかなさは−とはまほしきを


01092
未入力 西行 (xxx)

さためなしいくとせ君になれなれてわかれをけふはおもふなるらん

さためなし−いくとせきみに−なれなれて−わかれをけふは−おもふなるらむ


01093
未入力 西行 (xxx)

わかるともなるるおもひやかさねましすきにしかたのこよひなりせは

わかるとも−なるるおもひや−かさねまし−すきにしかたの−こよひなりせは


01094
未入力 西行 (xxx)

みやこにも旅なる月のかけをこそおなしくも井の空にみるらめ

みやこにも−たひなるつきの−かけをこそ−おなしくもゐの−そらにみるらめ


01095
未入力 西行 (xxx)

かしこまるしてになみたのかかるかな又いつかはとおもふあはれに

かしこまる−してになみたの−かかるかな−またいつかはと−おもふあはれに


01096
未入力 西行 (xxx)

むかし見しのなかのし水かはらねはわかかけをもや思ひ出つらん

むかしみし−のなかのしみつ−かはらねは−わかかけをもや−おもひいつらむ


01097
未入力 西行 (xxx)

かへりゆく人のこころを思ふにもはなれかたきは都なりけり

かへりゆく−ひとのこころを−おもふにも−はなれかたきは−みやこなりけり


01098
未入力 西行 (xxx)

柴のいほのしはしみやこへかへらしとおもはんたにもあはれなるへし

しはのいほの−しはしみやこへ−かへらしと−おもはむたにも−あはれなるへし


01099
未入力 西行 (xxx)

草枕たひなる袖におく露をみやこの人や夕にみゆらん

くさまくら−たひなるそてに−おくつゆを−みやこのひとや−ゆふへにみゆらむ


01100
未入力 西行 (xxx)

こえきつる都へたつる山さへにはてはかすみに消えぬめるかな

こえきつる−みやこへたつる−やまさへに−はてはかすみに−きえぬめるかな


01101
未入力 西行 (xxx)

わたのはらはるかに波をへたてきて都にいてし月をみるかは

わたのはら−はるかになみを−へたてきて−みやこにいてし−つきをみるかは


01102
未入力 西行 (xxx)

わたの原波にも月はかくれけりみやこの山を何いとひけん

わたのはら−なみにもつきは−かくれけり−みやこのやまを−なにいとひけむ


01103
未入力 西行 (xxx)

やましろのみつのみくさにつなかれてこまものうけにみゆる旅かな

やましろの−みつのみくさに−つなかれて−こまものうけに−みゆるたひかな


01104
未入力 西行 (xxx)

ふかき山にすみける月を見さりせは思出もなき我か身ならまし

ふかきやまに−すみけるつきを−みさりせは−おもひてもなき−わかみならまし


01105
未入力 西行 (xxx)

みねのうへもおなし月こそてらすらめ所からなるあはれなるへし

みねのうへも−おなしつきこそ−てらすらめ−ところからなる−あはれなるへし


01106
未入力 西行 (xxx)

月すめはたににそくもはしつむめるみね吹きはらふ風にしかれて

つきすめは−たににそくもは−しつむめる−みねふきはらふ−かせにしかれて


01107
未入力 西行 (xxx)

をはすてはしなのならねといつくにも月すむみねの名にこそ有りけれ

をはすては−しなのならねと−いつくにも−つきすむみねの−なにこそありけれ


01108
未入力 西行 (xxx)

いかにしてこすゑのひまもをもとめえてこいけにこよひ月のすむらん

いかにして−こすゑのひまもを−もとめえて−こいけにこよひ−つきのすむらむ


01109
未入力 西行 (xxx)

いほりさすくさのまくらに友なひてささの露にもやとる月かな

いほりさす−くさのまくらに−ともなひて−ささのつゆにも−やとるつきかな


01110
未入力 西行 (xxx)

こすゑもる月もあはれをおもふへしひかりにくして露のこほるる

こすゑもる−つきもあはれを−おもふへし−ひかりにくして−つゆのこほるる


01111
未入力 西行 (xxx)

神無月しくれはるれはあつまやの峰にそ月はむねとすみける

かみなつき−しくれはるれは−あつまやの−みねにそつきは−むねとすみける


01112
未入力 西行 (xxx)

かみな月たににそ雲はしくるめる月すむ峰はあきにかはらて

かみなつき−たににそくもは−しくるめる−つきすむみねは−あきにかはらて


01113
未入力 西行 (xxx)

神無月しくれふるやにすむ月はくもらぬかけもたのまれぬかな

かみなつき−しくれふるやに−すむつきは−くもらぬかけも−たのまれぬかな


01114
未入力 西行 (xxx)

あはれとてはなみしみねになをとめてもみちそけふはともにふりける

あはれとて−はなみしみねに−なをとめて−もみちそけふは−ともにふりける


01115
未入力 西行 (xxx)

わけて行く色のみならすこすゑさへ千くさのたけは心そみけり

わけてゆく−いろのみならす−こすゑさへ−ちくさのたけは−こころそみけり


01116
未入力 西行 (xxx)

ささふかみきりこすくきをあさたちてなひきわつらふありのとわたり

ささふかみ−きりこすくきを−あさたちて−なひきわつらふ−ありのとわたり


01117
未入力 西行 (xxx)

ひやうふにや心をたてておもひけん行者はかへりちこはとまりぬ

ひやうふにや−こころをたてて−おもひけむ−きやうさはかへり−ちこはとまりぬ


01118
未入力 西行 (xxx)

身につもることはのつみもあらはれて心すみぬるみかさねのたき

みにつもる−ことはのつみも−あらはれて−こころすみぬる−みかさねのたき


01119
未入力 西行 (xxx)

こここそはのりとかれける所よときくさとりをもえつるけふかな

こここそは−のりとかれける−ところよと−きくさとりをも−えつるけふかな


01120
未入力 西行 (xxx)

よしさらはいくへともなく山こえてやかても人にへたてられなん

よしさらは−いくへともなく−やまこえて−やかてもひとに−へたてられなむ


01121
未入力 西行 (xxx)

しをりせしなほ山ふかくわけいらんうき事きかぬ所ありやと

しをりせし−なほやまふかく−わけいらむ−うきこときかぬ−ところありやと


01122
未入力 西行 (xxx)

あきはくれ君はみやこへかへりなはあはれなるへき旅の空かな

あきはくれ−きみはみやこへ−かへりなは−あはれなるへき−たひのそらかな


01123
未入力 大宮の女房加賀 (xxx)

君をおきてたち出つる空の露けさに秋さへくるる旅のかなしさ

きみをおきて−たちいつるそらの−つゆけさに−あきさへくるる−たひのかなしさ


01124
未入力 西行 (xxx)

露おきし庭のこはきもかれにけりいつら都に秋とまるらん

つゆおきし−にはのこはきも−かれにけり−いつらみやこに−あきとまるらむ


01125
未入力 おなし人(大宮の女房加賀) (xxx)

したふ秋は露もとまらぬ都へとなとていそきしふなてなるらん

したふあきは−つゆもとまらぬ−みやこへと−なとていそきし−ふなてなるらむ


01126
未入力 西行 (xxx)

しらかはのせきやを月のもるかけは人の心をとむるなりけり

しらかはの−せきやをつきの−もるかけは−ひとのこころを−とむるなりけり


01127
未入力 西行 (xxx)

みやこいててあふさかこえしをりまては心かすめし白川のせき

みやこいてて−あふさかこえし−をりまては−こころかすめし−しらかはのせき


01128
未入力 西行 (xxx)

かれにける松なきあとのたけくまはみきといひてもかひなかるへし

かれにける−まつなきあとの−たけくまは−みきといひても−かひなかるへし


01129
未入力 西行 (xxx)

ふままうきもみちのにしきちりしきて人もかよはぬおもはくのはし

ふままうき−もみちのにしき−ちりしきて−ひともかよはぬ−おもはくのはし


01130
未入力 西行 (xxx)

なとり河きしのもみちのうつるかけはおなしにしきをそこにさへしく

なとりかは−きしのもみちの−うつるかけは−おなしにしきを−そこにさへしく


01131
未入力 西行 (xxx)

とりわきて心もしみてさえそわたる衣河みにきたるけふしも

とりわきて−こころもしみて−さえそわたる−ころもかはみに−きたるけふしも


01132
未入力 西行 (xxx)

たくひなきおもひいてはのさくらかなうすくれなゐの花のにほひは

たくひなき−おもひいてはの−さくらかな−うすくれなゐの−はなのにほひは


01133
未入力 西行 (xxx)

みやこちかきをの大はらを思ひ出つるしはのけふりのあはれなるかな

みやこちかき−をのおほはらを−おもひいつる−しはのけふりの−あはれなるかな


01134
未入力 西行 (xxx)

かせあらきしはの庵はつねよりもねさめそものはかなしかりける

かせあらき−しはのいほりは−つねよりも−ねさめそものは−かなしかりける


01135
未入力 西行 (xxx)

なにとなくみやこのかたをきくそらはむつましくてそなかめられける

なにとなく−みやこのかたを−きくそらは−むつましくてそ−なかめられける


01136
未入力 女房 (xxx)

みつくきのかきなかすへきかたそなき心のうちはくみてしらなん

みつくきの−かきなかすへき−かたそなき−こころのうちは−くみてしらなむ


01137
未入力 西行 (xxx)

ほととほみかよふ心のゆくかりなほかきなかせみつくきの跡

ほととほみ−かよふこころの−ゆくはかり−なほかきなかせ−みつくきのあと


01138
未入力 女房 (xxx)

いととしくうきにつけてもたのむかな契りし道のしるへたかふな

いととしく−うきにつけても−たのむかな−ちきりしみちの−しるへたかふな


01139
未入力 女房 (xxx)

かかりける涙にしつむ身のうさを君ならて又誰かうかへん

かかりける−なみたにしつむ−みのうさを−きみならてまた−たれかうかへむ


01140
未入力 西行 (xxx)

たのむらんしるへもいさやひとつよの別にたにもまとふ心は

たのむらむ−しるへもいさや−ひとつよの−わかれにたにも−まとふこころは


01141
未入力 西行 (xxx)

なかれ出つる涙にけふはしつむともうかはんすゑを猶思はなん

なかれいつる−なみたにけふは−しつむとも−うかはむすゑを−なほおもはなむ


01142
未入力 西行 (xxx)

さりともと猶あふことをたのむかなしての山ちをこえぬわかれは

さりともと−なほあふことを−たのむかな−してのやまちを−こえぬわかれは


01143
未入力 西行 (xxx)

この春は君にわかれのをしきかな花のゆくへを思ひ忘れて

このはるは−きみにわかれの−をしきかな−はなのゆくへを−おもひわすれて


01144
未入力 女房六角のつほね (xxx)

君かいなんかたみにすへき桜さへ名残あらせす風さそふなり

きみかいなむ−かたみにすへき−さくらさへ−なこりあらせす−かせさそふなり


01145
未入力 西行 (xxx)

むかし見し松はおい木に成りにけり我かとしへたるほともしられて

むかしみし−まつはおいきに−なりにけり−わかとしへたる−ほともしられて


01146
未入力 西行 (xxx)

竹のおとも荻ふくかせのすくなきにたくへて聞けはやさしかりけり

たけのおとも−をきふくかせの−すくなきに−たくへてきけは−やさしかりけり


01147
未入力 西行 (xxx)

よよふとも竹のはしらの一すちに立てたるふしはかはらさらなん

よよふとも−たけのはしらの−ひとすちに−たてたるふしは−かはらさらなむ


01148
未入力 西行 (xxx)

あはれたる草のいほりのさひしさは風よりほかにとふ人そなき

あはれたる−くさのいほりの−さひしさは−かせよりほかに−とふひとそなき


01149
未入力 西行 (xxx)

あはれなりよりよりしらぬのの末にかせきを友になるるすみかは

あはれなり−よりよりしらぬ−ののすゑに−かせきをともに−なるるすみかは


01150
未入力 西行 (xxx)

山水のいついつへしとおもはねは心はそくてすむとしらすや

やまみつの−いついつへしと−おもはねは−こころはそくて−すむとしらすや


01151
未入力 西行 (xxx)

かけうすみ松のたえまをもりきつつ心ほそしやみかつきのそら

かけうすみ−まつのたえまを−もりきつつ−こころほそしや−みかつきのそら


01152
未入力 西行 (xxx)

けふもまた松のかせふくをかへゆかんきのふすすみしともにあふやと

けふもまた−まつのかせふく−をかへゆかむ−きのふすすみし−ともにあふやと


01153
未入力 西行 (xxx)

さしきつるまとのいり日をあらためてひかりをかふる夕つくよかな

さしきつる−まとのいりひを−あらためて−ひかりをかふる−ゆふつくよかな


01154
未入力 西行 (xxx)

いむといひてかけにあたらぬこよひしもわれて月みるなやたちぬらん

いむといひて−かけにあたらぬ−こよひしも−われてつきみる−なやたちぬらむ


01155
未入力 西行 (xxx)

大原はひらのたかねのちかけれはゆきふるほとをおもひこそやれ

おほはらは−ひらのたかねの−ちかけれは−ゆきふるほとを−おもひこそやれ


01156
未入力 寂然入道 (xxx)

おもへたたみやこにてたに袖さえしひらのたかねの雪のけしきを

おもへたた−みやこにてたに−そてさえし−ひらのたかねの−ゆきのけしきを


01157
未入力 西行 (xxx)

こととなく君こひわたるはしのうへにあらそふ物は月の影のみ

こととなく−きみこひわたる−はしのうへに−あらそふものは−つきのかけのみ


01158
未入力 西住 (xxx)

おもひやるこころはみえてはしの上にあらそひけりな月の影のみ

おもひやる−こころはみえて−はしのうへに−あらそひけりな−つきのかけのみ


01159
未入力 忍西入道 (xxx)

しかのねや心ならねはとまるらんさらてはのへをみな見するかな

しかのねや−こころならねは−とまるらむ−さらてはのへを−みなみするかな


01160
未入力 西行 (xxx)

しかのたつのへのにしきのきりはしはのこりおほかる心ちこそすれ

しかのたつ−のへのにしきの−きりはしは−のこりおほかる−ここちこそすれ


01161
未入力 西行 (xxx)

ひとすちにいかてそま木のそろひけんいつはりつくる心たくみに

ひとすちに−いかてそまきの−そろひけむ−いつはりつくる−こころたくみに


01162
未入力 西行 (xxx)

わかためにつらき心をみなつきのてつからやかてはらへうてなん

わかために−つらきこころを−みなつきの−てつからやかて−はらへうてなむ


01163
未入力 新院 (xxx)

もかみ川なへてひくらんいなふねのしはしかほとはいかりおろさん

もかみかは−なへてひくらむ−いなふねの−しはしかほとは−いかりおろさむ


01164
未入力 西行 (xxx)

つよくひくつなてとみせよもかみ川そのいなふねのいかりをさめて

つよくひく−つなてとみせよ−もかみかは−そのいなふねの−いかりをさめて


01165
未入力 西行 (xxx)

いそなつむあまのさをとめ心せよおき吹く風になみたかくなる

いそなつむ−あまのさをとめ−こころせよ−おきふくかせに−なみたかくなる


01166
未入力 西行 (xxx)

いそによるなみに心のあらはれてねさめかちなるとまやかたかな

いそによる−なみにこころの−あらはれて−ねさめかちなる−とまやかたかな


01167
未入力 西行 (xxx)

くれなゐのいろこきむめををる人の袖にはふかきかやとまるらん

くれなゐの−いろこきうめを−をるひとの−そてにはふかき−かやとまるらむ


01168
未入力 西行 (xxx)

春風の吹きおこせむに桜花となりくるしくぬしやおもはん

はるかせの−ふきおこせむに−さくらはな−となりくるしく−ぬしやおもはむ


01169
未入力 西行 (xxx)

やまふきのはなさくゐてのさとこそはやしうゐたりとおもはさらなん

やまふきの−はなさくゐての−さとこそは−やしうゐたりと−おもはさらなむ


01170
未入力 西行 (xxx)

ひまもなくふりくる雨のあしよりも数かきりなき君かみよかな

ひまもなく−ふりくるあめの−あしよりも−かすかきりなき−きみかみよかな


01171
未入力 西行 (xxx)

ち世ふへきものをさなからあつむとも君かよはひをしらんものかは

ちよふへき−ものをさなから−あつむとも−きみかよはひを−しらむものかは


01172
未入力 西行 (xxx)

こけうつむゆるかぬいはのふかきねは君かちとせをかためたるへし

こけうつむ−ゆるかぬいはの−ふかきねは−きみかちとせを−かためたるへし


01173
未入力 西行 (xxx)

むれたちてくも井にたつのこゑすなり君かちとせや空にみゆらん

むれたちて−くもゐにたつの−こゑすなり−きみかちとせや−そらにみゆらむ


01174
未入力 西行 (xxx)

さはへよりすたちはしむるつるのこは松のえたにやうつりそむらん

さはへより−すたちはしむる−つるのこは−まつのえたにや−うつりそむらむ


01175
未入力 西行 (xxx)

おほうみのしほひてやまになるまてに君はかはらぬ君にましませ

おほうみの−しほひてやまに−なるまてに−きみはかはらぬ−きみにましませ


01176
未入力 西行 (xxx)

君か世のためしになにをおもはましかはらぬ松の色なかりせは

きみかよの−ためしになにを−おもはまし−かはらぬまつの−いろなかりせは


01177
未入力 西行 (xxx)

君かよはあまつそらなるほしなれや数もしられぬここちのみして

きみかよは−あまつそらなる−ほしなれや−かすもしられぬ−ここちのみして


01178
未入力 西行 (xxx)

ひかりさす三笠の山の朝日こそけによろつ世のためしなりけれ

ひかりさす−みかさのやまの−あさひこそ−けによろつよの−ためしなりけれ


01179
未入力 西行 (xxx)

よろつよのためしにひかんかめ山のすそのの原にしける小松を

よろつよの−ためしにひかむ−かめやまの−すそののはらに−しけるこまつを


01180
未入力 西行 (xxx)

かすかくる波にしつえのいろ染めて神さひまさるすみよしの松

かすかくる−なみにしつえの−いろそめて−かみさひまさる−すみよしのまつ


01181
未入力 西行 (xxx)

若葉さすひらのの松はさらに又枝にやちよの数をそふらん

わかはさす−ひらののまつは−さらにまた−えたにやちよの−かすをそふらむ


01182
未入力 西行 (xxx)

竹の色もきみかみとりにそめられていくよともなくひさしかるへし

たけのいろも−きみかみとりに−そめられて−いくよともなく−ひさしかるへし


01183
未入力 西行 (xxx)

千世ふへきふたはの松のおひさきをみる人いかにうれしかるらん

ちよふへき−ふたはのまつの−おひさきを−みるひといかに−うれしかるらむ


01184
未入力 西行 (xxx)

きみかためこえふのねの日しつるかなたひたひちよをふへきしるしに

きみかため−こえふのねのひ−しつるかな−たひたひちよを−ふへきしるしに


01185
未入力 西行 (xxx)

ねのひするのへのわれこそぬしなるをこえふなしとてひく人のなき

ねのひする−のへのわれこそ−ぬしなるを−こえふなしとて−ひくひとのなき


01186
未入力 西行 (xxx)

このはるはえたえたまてにさかゆへしかれたる木たに花はさくめり

このはるは−えたえたまてに−さかゆへし−かれたるきたに−はなはさくめり


01187
未入力 西行 (xxx)

あはれにそふかきちかひのたのもしききよきなかれのそこくまれつつ

あはれにそ−ふかきちかひの−たのもしき−きよきなかれの−そこくまれつつ


01188
未入力 西行 (xxx)

ゆくすゑの名にやなかれんつねよりも月すみわたる白川の水

ゆくすゑの−なにやなかれむ−つねよりも−つきすみわたる−しらかはのみつ


01189
未入力 西行 (xxx)

かせたたて波ををさむるうらうらにこかひをむれてひろふなりけり

かせたたて−なみををさむる−うらうらに−こかひをむれて−ひろふなりけり


01190
未入力 西行 (xxx)

なにはかたしほひはむれて出てたたんしらすのさきのこかひひろひに

なにはかた−しほひはむれて−いてたたむ−しらすのさきの−こかひひろひに


01191
未入力 西行 (xxx)

かせふけははなさくなみのをるたひに桜かひよるみしまえのうら

かせふけは−はなさくなみの−をるたひに−さくらかひよる−みしまえのうら


01192
未入力 西行 (xxx)

なみあらふ衣のうらの神かひをみきはに風のたたみおくかな

なみあらふ−ころものうらの−そてかひを−みきはにかせの−たたみおくかな


01193
未入力 西行 (xxx)

なみかくるふきあけのはまのすたれかひ風もそおろすいそきひろはん

なみかくる−ふきあけのはまの−すたれかひ−かせもそおろす−いそきひろはむ


01194
未入力 西行 (xxx)

しほそむるますほのこかひひろふとていろのはまとはいふにやあるらん

しほそむる−ますほのこかひ−ひろふとて−いろのはまとは−いふにやあるらむ


01195
未入力 西行 (xxx)

なみふするたけのとまりのすすめかひうれしきよにもあひにけるかな

なみふする−たけのとまりの−すすめかひ−うれしきよにも−あひにけるかな


01196
未入力 西行 (xxx)

なみよするしららのはまのからすかひひろひやすくもおもほゆるかな

なみよする−しららのはまの−からすかひ−ひろひやすくも−おもほゆるかな


01197
未入力 西行 (xxx)

かひありなきみかみそてにおほはれて心にあはぬこともなきよは

かひありな−きみかみそてに−おほはれて−こころにあはぬ−こともなきよは


01198
未入力 西行 (xxx)

やまふかみさこそあらめときこえつつおとあはれなる谷の川水

やまふかみ−さこそあらめと−きこえつつ−おとあはれなる−たにのかはみつ


01199
未入力 西行 (xxx)

山ふかみまきのはわくる月かけははけしきもののすこきなりけり

やまふかみ−まきのはわくる−つきかけは−はけしきものの−すこきなりけり


01200
未入力 西行 (xxx)

山ふかみまとのつれつれとふものはいろつきそむるはしのたちえた

やまふかみ−まとのつれつれ−とふものは−いろつきそむる−はしのたちえた


01201
未入力 西行 (xxx)

山ふかみこけのむしろのうへにゐて何心なくなくましらかな

やまふかみ−こけのむしろの−うへにゐて−なにこころなく−なくましらかな


01202
未入力 西行 (xxx)

やまふかみいはにしたるる水ためんかつかつおつるとちひろふほと

やまふかみ−いはにしたるる−みつためむ−かつかつおつる−とちひろふほと


01203
未入力 西行 (xxx)

山ふかみけちかきとりのおとはせて物おそろしきふくろふのこゑ

やまふかみ−けちかきとりの−おとはせて−ものおそろしき−ふくろふのこゑ


01204
未入力 西行 (xxx)

やまふかみこくらきみねのこすゑよりものものしくもわたる嵐か

やまふかみ−こくらきみねの−こすゑより−ものものしくも−わたるあらしか


01205
未入力 西行 (xxx)

山ふかみほたきるなりと聞えつつところにきはふをののおとかな

やまふかみ−ほたきるなりと−きこえつつ−ところにきはふ−をののおとかな


01206
未入力 西行 (xxx)

やまふかみいりてみと見るものはみなあはれもよほすけしきなるかな

やまふかみ−いりてみとみる−ものはみな−あはれもよほす−けしきなるかな


01207
未入力 西行 (xxx)

山ふかみなるるかせきのけちかさによにとほさかるほとそしらるる

やまふかみ−なるるかせきの−けちかさに−よにとほさかる−ほとそしらるる


01208
未入力 寂然 (xxx)

あはれさはかうやときみもおもひやれ軟くれかたのおほ原のさと

あはれさは−かうやときみも−おもひやれ−あきくれかたの−おほはらのさと


01209
未入力 寂然 (xxx)

ひとりすむおほろのしみつともとては月をそすますおほはらのさと

ひとりすむ−おほろのしみつ−ともとては−つきをそすます−おほはらのさと


01210
未入力 寂然 (xxx)

すみかまのたなひくけふり一すちに心ほそきは大原のさと

すみかまの−たなひくけふり−ひとすちに−こころほそきは−おほはらのさと


01211
未入力 寂然 (xxx)

なにとなくつゆそこほるるあきの田にひたひきならす大原のさと

なにとなく−つゆそこほるる−あきのたに−ひたひきならす−おほはらのさと


01212
未入力 寂然 (xxx)

水のおとはまくらにおつるここちしてねさめかちなる大原のさと

みつのおとは−まくらにおつる−ここちして−ねさめかちなる−おほはらのさと


01213
未入力 寂然 (xxx)

あたにふく草のいほりのあはれよりそてに露おく大原のさと

あたにふく−くさのいほりの−あはれより−そてにつゆおく−おほはらのさと


01214
未入力 寂然 (xxx)

やまかせにみねのささくりはらはらと庭におちしく大原の里

やまかせに−みねのささくり−はらはらと−にはにおちしく−おほはらのさと


01215
未入力 寂然 (xxx)

ますらをかつまきにあけひさしそへて暮るれはかへる大原のさと

ますらをか−つまきにあけひ−さしそへて−くるれはかへる−おほはらのさと


01216
未入力 寂然 (xxx)

むくらはふかとはこのはにうつもれて人もさしこぬ大原の里

むくらはふ−かとはこのはに−うつもれて−ひともさしこぬ−おほはらのさと


01217
未入力 寂然 (xxx)

もろともに秋もやまちもふかけれはしかそかなしき大原の里

もろともに−あきもやまちも−ふかけれは−しかそかなしき−おほはらのさと


01218
未入力 西行 (xxx)

たえたりし君か御幸をまちつけてかみいかはかりうれしかるらん

たえたりし−きみかみゆきを−まちつけて−かみいかはかり−うれしかるらむ


01219
未入力 西行 (xxx)

いにしへの松のしつえをあらひけん波を心にかけてこそみれ

いにしへの−まつのしつえを−あらひけむ−なみをこころに−かけてこそみれ


01220
未入力 西行 (xxx)

むらさきの色なき比の野へなれやかたまつりにてかけぬあふひは

むらさきの−いろなきころの−のへなれや−かたまつりにて−かけぬあふひは


01221
未入力 西行 (xxx)

神のよもかはりにけりと見ゆるかなそのことわさのあらすなるにも

かみのよも−かはりにけりと−みゆるかな−そのことわさの−あらすなるにも


01222
未入力 西行 (xxx)

みたらしのなかれはいつもかはらしをすゑにしなれはあさましのよや

みたらしの−なかれはいつも−かはらしを−すゑにしなれは−あさましのよや


01223
未入力 西行 (xxx)

さかきはに心をかけんゆふしてておもへは神もほとけなりけり

さかきはに−こころをかけむ−ゆふしてて−おもへはかみも−ほとけなりけり


01224
未入力 西行 (xxx)

君すまぬみうちはあれてありすかはいむすかたをもうつしつるかな

きみすまぬ−みうちはあれて−ありすかは−いむすかたをも−うつしつるかな


01225
未入力 せんしのつほね (xxx)

おもひきやいみこし人のつてにしてなれしみうちにきかん物とは

おもひきや−いみこしひとの−つてにして−なれしみうちに−きかむものとは


01226
未入力 西行 (xxx)

いつかまたいつきの宮のいつかれてしめのみうちにちりをはらはん

いつかまた−いつきのみやの−いつかれて−しめのみうちに−ちりをはらはむ


01227
未入力 西行 (xxx)

かかるよにかけもかはらすすむ月をみる我かみさへうらめしきかな

かかるよに−かけもかはらす−すむつきを−みるわかみさへ−うらめしきかな


01228
未入力 西行 (xxx)

ことのはのなさけたえにし折節にありあふ身こそかなしかりけれ

ことのはの−なさけたえにし−をりふしに−ありあふみこそ−かなしかりけれ


01229
未入力 寂然 (xxx)

しきしまやたえぬる道になくなくも君とのみこそ跡を忍はめ

しきしまや−たえぬるみちに−なくなくも−きみとのみこそ−あとをしのはめ


01230
未入力 西行 (xxx)

世の中をそむくたよりやなからましうき折ふしに君あはすして

よのなかを−そむくたよりや−なからまし−うきをりふしに−きみあはすして


01231
未入力 西行 (xxx)

あさましやいかなるゆゑのむくいにてかかることしも有る世なるらん

あさましや−いかなるゆゑの−むくいにて−かかることしも−あるよなるらむ


01232
未入力 西行 (xxx)

なからへてつひにすむへき都かは此世はよしやとてもかくても

なからへて−つひにすむへき−みやこかは−このよはよしや−とてもかくても


01233
未入力 西行 (xxx)

まほろしの夢をうつつにみる人はめもあはせてや世をあかすらん

まほろしの−ゆめをうつつに−みるひとは−めもあはせてや−よをあかすらむ


01234
未入力 西行 (xxx)

其日よりおつる涙をかたみにておもひ忘るる時のまもなし

そのひより−おつるなみたを−かたみにて−おもひわするる−ときのまもなし


01235
未入力 女房 (xxx)

めの前にかはりはてにし世のうさに涙を君になかしけるかな

めのまへに−かはりはてにし−よのうさに−なみたをきみに−なかしけるかな


01236
未入力 女房 (xxx)

松山の涙はうみにふかくなりてはちすの池にいれよとそ思ふ

まつやまの−なみたはうみに−ふかくなりて−はちすのいけに−いれよとそおもふ


01237
未入力 女房 (xxx)

波のたつ心のみつをしつめつつさかんはちすを今はまつかな

なみのたつ−こころのみつを−しつめつつ−さかむはちすを−いまはまつかな


01238
未入力 西行 (xxx)

山深みつゑにすかりている人の心のおくのはつかしきかな

やまふかみ−つゑにすかりて−いるひとの−こころのおくの−はつかしきかな


01239
未入力 西行 (xxx)

はなならぬことのはなれとおのつから色もやあると君ひろはなん

はなならぬ−ことのはなれと−おのつから−いろもやあると−きみひろはなむ


01240
未入力 俊成 (xxx)

世をすてて入りにし道のことのはそあはれも深き色もみえける

よをすてて−いりにしみちの−ことのはそ−あはれもふかき−いろもみえける


01241
未入力 西行 (xxx)

おもひあまりいひ出てしこそ池水の深き心のほとはしられめ

おもひあまり−いひいてしこそ−いけみつの−ふかきこころの−ほとはしられめ


01242
未入力 西行 (xxx)

なき名こそしかまのいちにたちにけれまたあひそめぬ恋するものを

なきなこそ−しかまのいちに−たちにけれ−またあひそめぬ−こひするものを


01243
未入力 西行 (xxx)

つつめとも涙の色にあらはれてしのふ思ひは袖よりもちる

つつめとも−なみたのいろに−あらはれて−しのふおもひは−そてよりもちる


01244
未入力 西行 (xxx)

わりなしや我も人めをつつむまにしひてもいはぬ心つくしは

わりなしや−われもひとめを−つつむまに−しひてもいはぬ−こころつくしは


01245
未入力 西行 (xxx)

なかなかにしのふけしきやしるからんかはる思ひにならひなき身は

なかなかに−しのふけしきや−しるからむ−かはるおもひに−ならひなきみは


01246
未入力 西行 (xxx)

けしきをはあやめて人のとかむとも打ちまかせてはいはしとそ思ふ

けしきをは−あやめてひとの−とかむとも−うちまかせては−いはしとそおもふ


01247
未入力 西行 (xxx)

心にはしのふとおもふかひもなくしるきは恋の涙なりけり

こころには−しのふとおもふ−かひもなく−しるきはこひの−なみたなりけり


01248
未入力 西行 (xxx)

色に出てていつより物はおもふそととふ人あらほいかかこたへん

いろにいてて−いつよりものは−おもふそと−とふひとあらほ−いかかこたへむ


01249
未入力 西行 (xxx)

あふ事のなくてやみぬる物ならは今みよ世にもありやはつると

あふことの−なくてやみぬる−ものならは−いまみよよにも−ありやはつると


01250
未入力 西行 (xxx)

うき身とてしのははこひのしのはれて人のなたてに成りもこそすれ

うきみとて−しのははこひの−しのはれて−ひとのなたてに−なりもこそすれ


01251
未入力 西行 (xxx)

みさをなる涙なりせはから衣かけても人にしられましやは

みさをなる−なみたなりせは−からころも−かけてもひとに−しられましやは


01252
未入力 西行 (xxx)

なけきあまり筆のすさみにつくせとも思ふはかりはかかれさりけり

なけきあまり−ふてのすさみに−つくせとも−おもふはかりは−かかれさりけり


01253
未入力 西行 (xxx)

わかなけく心のうちのくるしさも何にたとへて君にしられん

わかなけく−こころのうちの−くるしさも−なににたとへて−きみにしられむ


01254
未入力 西行 (xxx)

いまはたたしのふ心そつつまれぬなけかは人や思ひしるとて

いまはたた−しのふこころそ−つつまれぬ−なけかはひとや−おもひしるとて


01255
未入力 西行 (xxx)

こころには深くしめとも梅の花をらぬにほひはかひなかりけり

こころには−ふかくしめとも−うめのはな−をらぬにほひは−かひなかりけり


01256
未入力 西行 (xxx)

さりとよとほのかに人をみつれともおほえぬ夢のここちこそすれ

さりとよと−ほのかにひとを−みつれとも−おほえぬゆめの−ここちこそすれ


01257
未入力 西行 (xxx)

きえかへりくれまつ袖そしをれぬるおきつる人は露ならねとも

きえかへり−くれまつそてそ−しをれぬる−おきつるひとは−つゆならねとも


01258
未入力 西行 (xxx)

いかにせんそのさみたれのなこりよりやかてをやまぬ袖のしつくを

いかにせむ−そのさみたれの−なこりより−やかてをやまぬ−そてのしつくを


01259
未入力 西行 (xxx)

さるほとの契りは君に有りなからゆかぬ心のくるしきやなそ

さるほとの−ちきりはきみに−ありなから−ゆかぬこころの−くるしきやなそ


01260
未入力 西行 (xxx)

いまはさはおほえぬ夢になしはてて人にかたらてやみねとそ思ふ

いまはさは−おほえぬゆめに−なしはてて−ひとにかたらて−やみねとそおもふ


01261
未入力 西行 (xxx)

をる人のてにはとまらて梅の花たかうつりかにならんとすらん

をるひとの−てにはとまらて−うめのはな−たかうつりかに−ならむとすらむ


01262
未入力 西行 (xxx)

うたたねの夢をいとひし床の上にけさいかはかりおきうかるらん

うたたねの−ゆめをいとひし−とこのうへに−けさいかはかり−おきうかるらむ


01263
未入力 西行 (xxx)

ひきかへてうれしかるらん心にもうかりしことは忘れさらなん

ひきかへて−うれしかるらむ−こころにも−うかりしことは−わすれさらなむ


01264
未入力 西行 (xxx)

七夕はあふをうれしとおもふらん我は別れのうきこよひかな

たなはたは−あふをうれしと−おもふらむ−われはわかれの−うきこよひかな


01265
未入力 西行 (xxx)

おなしくはさきそめしよりしめおきて人にをられぬ花と思はん

おなしくは−さきそめしより−しめおきて−ひとにをられぬ−はなとおもはむ


01266
未入力 西行 (xxx)

朝露にぬれにし袖をほす程にやかてゆふたつ我か袂かな

あさつゆに−ぬれにしそてを−ほすほとに−やかてゆふたつ−わかたもとかな


01267
未入力 西行 (xxx)

まちかねて夢にみゆやとまとろめはねさめすすむる荻のうはかせ

まちかねて−ゆめにみゆやと−まとろめは−ねさめすすむる−をきのうはかせ


01268
未入力 西行 (xxx)

つつめとも人しる恋やおほゐかは井せきのひまをくくる白波

つつめとも−ひとしるこひや−おほゐかは−ゐせきのひまを−くくるしらなみ


01269
未入力 西行 (xxx)

あふまての命もかなとおもひしにくやしかりける我か心かな

あふまての−いのちもかなと−おもひしに−くやしかりける−わかこころかな


01270
未入力 西行 (xxx)

いまよりはあはて物をはおもふとものちうき人に身をはまかせし

いまよりは−あはてものをは−おもふとも−のちうきひとに−みをはまかせし


01271
未入力 西行 (xxx)

いつかはとこたへんことのねたきかな思ひしらすとうらみきかせは

いつかはと−こたへむことの−ねたきかな−おもひしらすと−うらみきかせは


01272
未入力 西行 (xxx)

袖の上の人めしられしをりまてはみさをなりける我か涙かな

そてのうへの−ひとめしられし−をりまては−みさをなりける−わかなみたかな


01273
未入力 西行 (xxx)

あやにくに人めもしらぬ涙かなたへぬ心にしのふかひなく

あやにくに−ひとめもしらぬ−なみたかな−たへぬこころに−しのふかひなく


01274
未入力 西行 (xxx)

荻のおとは物おもふわれか何なれはこほるる露の袖におくらん

をきのおとは−ものおもふわれか−なになれは−こほるるつゆの−そてにおくらむ


01275
未入力 西行 (xxx)

草しけみさはにぬはれてふすしきのいかによそたつ人の心そ

くさしけみ−さはにぬはれて−ふすしきの−いかによそたつ−ひとのこころそ


01276
未入力 西行 (xxx)

あはれとて人の心のなさけあれな数ならぬにはよらぬなけきを

あはれとて−ひとのこころの−なさけあれな−かすならぬには−よらぬなけきを


01277
未入力 西行 (xxx)

いかにせんうき名をはよにたてはてて思ひもしらぬ人の心を

いかにせむ−うきなをはよに−たてはてて−おもひもしらぬ−ひとのこころを


01278
未入力 西行 (xxx)

わすられんことをはかねて思ひにき何おとろかす涙なるらん

わすられむ−ことをはかねて−おもひにき−なにおとろかす−なみたなるらむ


01279
未入力 西行 (xxx)

とはれぬもとはぬ心のつれなさもうきはかはらぬここちこそすれ

とはれぬも−とはぬこころの−つれなさも−うきはかはらぬ−ここちこそすれ


01280
未入力 西行 (xxx)

つらからん人ゆゑ身をはうらみしと思ひしことも叶はさりけり

つらからむ−ひとゆゑみをは−うらみしと−おもひしことも−かなはさりけり


01281
未入力 西行 (xxx)

今さらに何かは人もとかむへきはしめてぬるる袂ならねは

いまさらに−なにかはひとも−とかむへき−はしめてぬるる−たもとならねは


01282
未入力 西行 (xxx)

わりなしな袖になけきのみつままに命をのみもいとふ心は

わりなしな−そてになけきの−みつままに−いのちをのみも−いとふこころは


01283
未入力 西行 (xxx)

色ふかき涙の川のみなかみは人を忘れぬこころなりけり

いろふかき−なみたのかはの−みなかみは−ひとをわすれぬ−こころなりけり


01284
未入力 西行 (xxx)

侍ちかねてひとりはふせとしきたへの枕ならふるあらましそする

まちかねて−ひとりはふせと−しきたへの−まくらならふる−あらましそする


01285
未入力 西行 (xxx)

とへかしななさけは人の身のためをうき我とても心やはなき

とへかしな−なさけはひとの−みのためを−うきわれとても−こころやはなき


01286
未入力 西行 (xxx)

ことのはのしもかれにしにおもひにき事のなさけもかからましとは

ことのはの−しもかれにしに−おもひにき−ことのなさけも−かからましとは


01287
未入力 西行 (xxx)

よもすからうらみを袖にたたふれは枕に波の音そきこゆる

よもすから−うらみをそてに−たたふれは−まくらになみの−おとそきこゆる


01288
未入力 西行 (xxx)

なからへて人のまことを見るへきに恋に命のたえんものかは

なからへて−ひとのまことを−みるへきに−こひにいのちの−たえむものかは


01289
未入力 西行 (xxx)

たのめおきしそのいひことやあたなりし波こえぬへき末の松山

たのめおきし−そのいひことや−あたなりし−なみこえぬへき−すゑのまつやま


01290
未入力 西行 (xxx)

かはのせによにきえやすきうたかたの命をなそや君かたのむる

かはのせに−よにきえやすき−うたかたの−いのちをなそや−きみかたのむる


01291
未入力 西行 (xxx)

かりそめにおく露とこそ思ひしか秋にあひぬる我か袂かな

かりそめに−おくつゆとこそ−おもひしか−あきにあひぬる−わかたもとかな


01292
未入力 西行 (xxx)

おのつからありへはとこそおもひつれ憑なくなる我か命かな

おのつから−ありへはとこそ−おもひつれ−たのみなくなる−わかいのちかな


01293
未入力 西行 (xxx)

身をもいとひ人のつらさもなけかれて思ひ数あるころにも有るかな

みをもいとひ−ひとのつらさも−なけかれて−おもひかすある−ころにもあるかな


01294
未入力 西行 (xxx)

すかのねのなかく物をはおもはしとたむけし神にいのりしものを

すかのねの−なかくものをは−おもはしと−たむけしかみに−いのりしものを


01295
未入力 西行 (xxx)

うちとけてまとろまはやはから衣よなよなかへすかひも有るへき

うちとけて−まとろまはやは−からころも−よなよなかへす−かひもあるへき


01296
未入力 西行 (xxx)

我かつらきことにをなさんおのつから人めをおもふ心ありやと

わかつらき−ことにをなさむ−おのつから−ひとめをおもふ−こころありやと


01297
未入力 西行 (xxx)

ことといへはもてはなれたるけしきかなうららかなれや人のこころの

ことといへは−もてはなれたる−けしきかな−うららかなれや−ひとのこころの


01298
未入力 西行 (xxx)

物思ふ袖になけきのたけ見えてしのふしらぬは涙なりけり

ものおもふ−そてになけきの−たけみえて−しのふしらぬは−なみたなりけり


01299
未入力 西行 (xxx)

草のはにあらぬたもとも物思へは袖に露おく秋の夕暮

くさのはに−あらぬたもとも−ものおもへは−そてにつゆおく−あきのゆふくれ


01300
未入力 西行 (xxx)

あふことのなきやまひにて恋ひしなはさすかに人やあはれと思はん

あふことの−なきやまひにて−こひしなは−さすかにひとや−あはれとおもはむ


01301
未入力 西行 (xxx)

いかにそやいひやりたりしかたもなく物をおもひて過くる比かな

いかにそや−いひやりたりし−かたもなく−ものをおもひて−すくるころかな


01302
未入力 西行 (xxx)

われはかり物おもふ人や又もあるともろこしまても尋ねてしかな

われはかり−ものおもふひとや−またもあると−もろこしまても−たつねてしかな


01303
未入力 西行 (xxx)

君にわれいかはかりなる契りありて二なく物を思ひそめけん

きみにわれ−いかはかりなる−ちきりありて−ふたなくものを−おもひそめけむ


01304
未入力 西行 (xxx)

さらぬたにもとの思ひのたえぬみになけきを人のそふるなりけり

さらぬたに−もとのおもひの−たえぬみに−なけきをひとの−そふるなりけり


01305
未入力 西行 (xxx)

我のみそわか心をはいとほしむあはれふ人のなきに付けても

われのみそ−わかこころをは−いとほしむ−あはれふひとの−なきにつけても


01306
未入力 西行 (xxx)

恨みしとおもふ我さへつらきかなとはて過きぬる心つよさを

うらみしと−おもふわれさへ−つらきかな−とはてすきぬる−こころつよさを


01307
未入力 西行 (xxx)

いつとなきおもひはふしのけふりにて打ちふす床やうき島かはら

いつとなき−おもひはふしの−けふりにて−うちふすとこや−うきしまかはら


01308
未入力 西行 (xxx)

これもみな昔のことといひなからなと物おもふ契りなりけん

これもみな−むかしのことと−いひなから−なとものおもふ−ちきりなりけむ


01309
未入力 西行 (xxx)

なとかわれつらき人ゆゑ物をおもふ契りをしもはむすひおきけん

なとかわれ−つらきひとゆゑ−ものをおもふ−ちきりをしもは−むすひおきけむ


01310
未入力 西行 (xxx)

くれなゐにあらふ袂のこき色はこかれて物をおもふなりけり

くれなゐに−あらふたもとの−こきいろは−こかれてものを−おもふなりけり


01311
未入力 西行 (xxx)

せきかねてさはとてなかす滝つせにわくしら玉は涙なりけり

せきかねて−さはとてなかす−たきつせに−わくしらたまは−なみたなりけり


01312
未入力 西行 (xxx)

なけかしとつつみし比の涙たにうちまかせたるここちやはせし

なけかしと−つつみしころの−なみたたに−うちまかせたる−ここちやはせし


01313
未入力 西行 (xxx)

今はわれ恋せん人をとふらはん世にうきこととおもひしられぬ

いまはわれ−こひせむひとを−とふらはむ−よにうきことと−おもひしられぬ


01314
未入力 西行 (xxx)

なかめこそうき身のくせに成りはてて夕くれならぬをりもせらるれ

なかめこそ−うきみのくせに−なりはてて−ゆふくれならぬ−をりもせらるれ


01315
未入力 西行 (xxx)

おもへともおもふかひこそなかりけれ思ひもしらぬ人をおもへは

おもへとも−おもふかひこそ−なかりけれ−おもひもしらぬ−ひとをおもへは


01316
未入力 西行 (xxx)

あやひねるささめのこみのきぬにきん涙の雨もしのきかてらに

あやひねる−ささめのこみの−きぬにきむ−なみたのあめも−しのきかてらに


01317
未入力 西行 (xxx)

なそもかくことあたらしく人のとふ我物おもふふりにしものを

なそもかく−ことあたらしく−ひとのとふ−われものおもふ−ふりにしものを


01318
未入力 西行 (xxx)

しなはやと何おもふらんのちの世も恋はよにうきこととこそきけ

しなはやと−なにおもふらむ−のちのよも−こひはよにうき−こととこそきけ


01319
未入力 西行 (xxx)

わりなしやいつをおもひのはてにして月日を送る我かみなるらん

わりなしや−いつをおもひの−はてにして−つきひをおくる−わかみなるらむ


01320
未入力 西行 (xxx)

いとほしやさらに心のをさなひてたまきれらるる恋もするかな

いとほしや−さらにこころの−をさなひて−たまきれらるる−こひもするかな


01321
未入力 西行 (xxx)

君したふ心のうちはちこめきて涙もろくもなるわか身かな

きみしたふ−こころのうちは−ちこめきて−なみたもろくも−なるわかみかな


01322
未入力 西行 (xxx)

なつかしき君か心のいろをいかて露もちらさて袖につつまん

なつかしき−きみかこころの−いろをいかて−つゆもちらさて−そてにつつまむ


01323
未入力 西行 (xxx)

いくほともなからふましき世の中に物をおもはてふるよしもかな

いくほとも−なからふましき−よのなかに−ものをおもはて−ふるよしもかな


01324
未入力 西行 (xxx)

いつかわれちりつむ床をはらひあけてこんと憑めん人をまつへき

いつかわれ−ちりつむとこを−はらひあけて−こむとたのめむ−ひとをまつへき


01325
未入力 西行 (xxx)

よたけたつ袖にたたへて忍ふかな袂のたきにおつる浪を

よたけたつ−そてにたたへて−しのふかな−たもとのたきに−おつるなみたを


01326
未入力 西行 (xxx)

うきによりつひに朽ちぬる我か袖を心つくしに何しのひけん

うきにより−つひにくちぬる−わかそてを−こころつくしに−なにしのひけむ


01327
未入力 西行 (xxx)

こころから心に物を思はせて身をくるしむる我か身なりけり

こころから−こころにものを−おもはせて−みをくるしむる−わかみなりけり


01328
未入力 西行 (xxx)

ひとりきてわか身にまとふから衣しほしほとこそなきぬらさるれ

ひとりきて−わかみにまとふ−からころも−しほしほとこそ−なきぬらさるれ


01329
未入力 西行 (xxx)

いひたててうらみはいかにつらからんおもへはうしや人の心は

いひたてて−うらみはいかに−つらからむ−おもへはうしや−ひとのこころは


01330
未入力 西行 (xxx)

なけかるる心のうちのくるしさを人のしらはや君にかたらん

なけかるる−こころのうちの−くるしさを−ひとのしらはや−きみにかたらむ


01331
未入力 西行 (xxx)

人しれぬ涙にむせふゆふくれはひきかつきてそ打ちふされける

ひとしれぬ−なみたにむせふ−ゆふくれは−ひきかつきてそ−うちふされける


01332
未入力 西行 (xxx)

おもひきやかかる恋路に入りそめてよくかたもなき歎きせんとは

おもひきや−かかるこひちに−いりそめて−よくかたもなき−なけきせむとは


01333
未入力 西行 (xxx)

あやふさに人めそつねによかれける岩のかとふむほきのかけ道

あやふさに−ひとめそつねに−よかれける−いはのかとふむ−ほきのかけみち


01334
未入力 西行 (xxx)

しらさりき身にあまりたる歎きしてひまなく袖をしほるへしとは

しらさりき−みにあまりたる−なけきして−ひまなくそてを−しほるへしとは


01335
未入力 西行 (xxx)

吹く風に露もたまらぬくすのはのうらかへれとは君こそ思へ

ふくかせに−つゆもたまらぬ−くすのはの−うらかへれとは−きみこそおもへ


01336
未入力 西行 (xxx)

われからともにすむむしのなにしおへは人をはさらに恨みやはする

われからと−もにすむむしの−なにしおへは−ひとをはさらに−うらみやはする


01337
未入力 西行 (xxx)

むなしくてやみぬへきかなうつせみのこの身からにて思ふ歎は

むなしくて−やみぬへきかな−うつせみの−このみからにて−おもふなけきは


01338
未入力 西行 (xxx)

つつめとも袖よりほかにこほれいててうしろめたきは涙なりけり

つつめとも−そてよりほかに−こほれいてて−うしろめたきは−なみたなりけり


01339
未入力 西行 (xxx)

われなからうたかはれぬる心かなゆゑなく袖をしほるへきかは

われなから−うたかはれぬる−こころかな−ゆゑなくそてを−しほるへきかは


01340
未入力 西行 (xxx)

さることのあるへきかはとしのはれて心いつまてみさをなるらん

さることの−あるへきかはと−しのはれて−こころいつまて−みさをなるらむ


01341
未入力 西行 (xxx)

とりのこしおもひもかけぬ露はらひあなくらたかのわれか心や

とりのこし−おもひもかけぬ−つゆはらひ−あなくらたかの−われかこころや


01342
未入力 西行 (xxx)

君にそむ心の色のふかさにはにほひもさらにみえぬなりけり

きみにそむ−こころのいろの−ふかさには−にほひもさらに−みえぬなりけり


01343
未入力 西行 (xxx)

さもこそは人めおもはす成りはててあなさまにくの袖のしつくや

さもこそは−ひとめおもはす−なりはてて−あなさまにくの−そてのしつくや


01344
未入力 西行 (xxx)

かつすすく沢のこせりのねをしろみきよけに物をおもはすもかな

かつすすく−さはのこせりの−ねをしろみ−きよけにものを−おもはすもかな


01345
未入力 西行 (xxx)

いかさまにおもひつつけてうらみましひとへにつらき君ならなくに

いかさまに−おもひつつけて−うらみまし−ひとへにつらき−きみならなくに


01346
未入力 西行 (xxx)

うらみてもなくさめてまし中中につらくて人のあはぬと思へは

うらみても−なくさめてまし−なかなかに−つらくてひとの−あはぬとおもへは


01347
未入力 西行 (xxx)

うちたえて君にあふ人いかなれやわか身もおなしよにこそはふれ

うちたえて−きみにあふひと−いかなれや−わかみもおなし−よにこそはふれ


01348
未入力 西行 (xxx)

とにかくにいとはまほしきよなれとも君かすむにもひかれぬるかな

とにかくに−いとはまほしき−よなれとも−きみかすむにも−ひかれぬるかな


01349
未入力 西行 (xxx)

なにことにつけてかよをはいとはましうかりし人そけふはうれしき

なにことに−つけてかよをは−いとはまし−うかりしひとそ−けふはうれしき


01350
未入力 西行 (xxx)

あふとみしそのよのりのさめてあれななかきねふりはうかるへけれと

あふとみし−そのよのりのさ−めてあれな−なかきねふりは−うかるへけれと


01351
未入力 院の少納言のつほね (xxx)

まきことにたまのこゑせしたまつさのたくひは又も有りけるものを

まきことに−たまのこゑせし−たまつさの−たくひはまたも−ありけるものを


01352
未入力 西行 (xxx)

よしさらはひかりなくともたまといひてことはのちりは君みかかなん

よしさらは−ひかりなくとも−たまといひて−ことはのちりは−きみみかかなむ


01353
未入力 西行 (xxx)

まつ山のなみになかれてこしふねのやかてむなしく成りにけるかな

まつやまの−なみになかれて−こしふねの−やかてむなしく−なりにけるかな


01354
未入力 西行 (xxx)

まつ山のなみのけしきはかはらしをかたなく君はなりましにけり

まつやまの−なみのけしきは−かはらしを−かたなくきみは−なりましにけり


01355
未入力 西行 (xxx)

よしやきみむかしのたまのゆかとてもかからん後は何にかはせん

よしやきみ−むかしのたまの−ゆかとても−かからむのちは−なににかはせむ


01356
未入力 西行 (xxx)

くもりなき山にてうみの月みれはしまそこほりのたえまなりける

くもりなき−やまにてうみの−つきみれは−しまそこほりの−たえまなりける


01357
未入力 西行 (xxx)

いまよりはいとはし命あれはこそかかるすまひのあはれをもしれ

いまよりは−いとはしいのち−あれはこそ−かかるすまひの−あはれをもしれ


01358
未入力 西行 (xxx)

ひさにへてわか後のよをとへよまつ跡しのふへき人もなきみそ

ひさにへて−わかのちのよを−とへよまつ−あとしのふへき−ひともなきみそ


01359
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

ここをまた−われすみうくて−うかれなは−まつはひとりに−ならむとすらむ


01360
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

まつのしたは−ゆきふるをりの−いろなれや−みなしろたへに−みゆるやまちに


01361
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

ゆきつみて−きもわかすさく−はななれや−ときはのまつも−みえねなりけり


01362
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

はなとみる−こすゑのゆきに−つきさえて−たとへむかたも−なきここちする


01363
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

まかふいろは−うめとのみみて−すきゆくに−ゆきのはなには−かそなかりける


01364
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

をりしもあれ−うれしくゆきの−うつむかな−かきこもりなむと−おもふやまちを


01365
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

なかなかに−たにのほそみち−うつめゆき−ありとてひとの−かよふへきかは


01366
未入力 西行 (xxx)

ゆきのふりけるに

たにのいほに−たまのすたれを−かけましや−すかるたるひの−のきをとちすは


01367
未入力 西行 (xxx)

しきみおくあかのをしきのふちなくは何にあられの玉とちらまし

しきみおく−あかのをしきの−ふちなくは−なににあられの−たまとちらまし


01368
未入力 西行 (xxx)

いはにせくあか井の水のわりなきに心すめともやとる月かな

いはにせく−あかゐのみつの−わりなきに−こころすめとも−やとるつきかな


01369
未入力 西行 (xxx)

あはれなりおなしの山にたてる木のかかるしるしの契りありける

あはれなり−おなしのやまに−たてるきの−かかるしるしの−ちきりありける


01370
未入力 西行 (xxx)

めくりあはんことのちきりそ有りかたききひしき山のちかひみるにも

めくりあはむ−ことのちきりそ−ありかたき−きひしきやまの−ちかひみるにも


01371
[詞書] やかてそれか上は、大師の、御師にあひまゐらせさせをりましたるみねなり、わかはいしさと、その山をは申すなり、その辺の人は、わかはいしとそ申しならひたる、山もしをはすてて、申さす、又ふての山ともなつけたり、とほくてみれはふてににて、まろまろと山のみねのさきのとかりたるやうなるを、申しならはしたるなめり、行道ところより、かまへてかきつきのほりて、みねにまゐりたれは、師にあはせおはしましたる所のしるしに、たふをたておはしましたりけり、たふのいしすゑ、はかりなくおほきなり、高野の大たふなとはかりなりけるたふのあととみゆ、こけはふかくうつみたれとも、いしおほきにして、あらはに見ゆ、ふてのやまと申すなにつきて/善通寺の大師の御影には、そはにさしあけて、大師の御師かきくせられたりき、大師の御てなともおはしましき、四の門のかく少少われて、おほかたはたかはすして侍りき、すゑにこそいかかなりなんすらんと、おほつかなくおほえ侍りしか
未入力 西行 (xxx)

ふての山にかきのほりてもみつるかなこけのしたなる岩のけしきを

ふてのやまに−かきのほりても−みつるかな−こけのしたなる−いはのけしきを


01372
未入力 西行 (xxx)

たてそむるあみとるうらのはつさをはつみのなかにもすくれたるかな

たてそむる−あみとるうらの−はつさをは−つみのなかにも−すくれたるかな


01373
未入力 西行 (xxx)

おりたちてうらたにひろふあまのこはつみよりつみをならふなりけり

おりたちて−うらたにひろふ−あまのこは−つみよりつみを−ならふなりけり


01374
未入力 西行 (xxx)

まなへよりしわくへかよふあき人はつみをかひにて波るなりけり

まなへより−しわくへかよふ−あきひとは−つみをかひにて−わたるなりけり


01375
未入力 西行 (xxx)

おなしくはかきをそさしてほしもすへきはまくりよりはなもたよりあり

おなしくは−かきをそさして−ほしもすへき−はまくりよりは−なもたよりあり


01376
未入力 西行 (xxx)

さたえすむせとの岩つもとめいてていそきしあまのけしきなるかな

さたえすむ−せとのいはつも−とめいてて−いそきしあまの−けしきなるかな


01377
未入力 西行 (xxx)

いはのねにかたおもむきになみうきてあはひをかつくあまのむらきみ

いはのねに−かたおもむきに−なみうきて−あはひをかつく−あまのむらきみ


01378
未入力 西行 (xxx)

こたひひくあみのうけなはよりくめりうきしわさあるしほさきのうら

こたひひく−あみのうけなは−よりくめり−うきしわさある−しほさきのうら


01379
未入力 西行 (xxx)

かすみしくなみのはつはなをりかけて桜たひつる沖のあま舟

かすみしく−なみのはつはな−をりかけて−さくらたひつる−おきのあまふね


01380
未入力 西行 (xxx)

あま人のいそしてかへるひしきものはこにしはまくりかうなしたたみ

あまひとの−いそしてかへる−ひしきもの−はこにしはまくり−かうなしたたみ


01381
未入力 西行 (xxx)

いそなつまんいまおひそむるわかふのりみるめきはさひしきこころふと

いそなつまむ−いまおひそむる−わかふのり−みるめきはさひ−しきこころふと


01382
未入力 西行 (xxx)

すかしまやたふしのこいしわけかへてくろしろませよ浦の浜かせ

すかしまや−たふしのこいし−わけかへて−くろしろませよ−うらのはまかせ


01383
未入力 西行 (xxx)

さきしまのこいしのしろをたか波のたふしの浜に打ちよせてける

さきしまの−こいしのしろを−たかなみの−たふしのはまに−うちよせてける


01384
未入力 西行 (xxx)

からすさきのはまのこいしと思ふかなしろもましらぬすか島のくろ

からすさきの−はまのこいしと−おもふかな−しろもましらぬ−すかしまのくろ


01385
未入力 西行 (xxx)

あはせはやさきとからすとこをうたはたふしすか島くろしろのはま

あはせはや−さきとからすと−こをうたは−たふしすかしま−くろしろのはま


01386
未入力 西行 (xxx)

いまそしるふた見の浦のはまくりをかひあはせとておほふなりけり

いまそしる−ふたみのうらの−はまくりを−かひあはせとて−おほふなりけり


01387
未入力 西行 (xxx)

あこやとるいかひのからをつみおきてたからのあとをみするなりけり

あこやとる−いかひのからを−つみおきて−たからのあとを−みするなりけり


01388
未入力 西行 (xxx)

いらこさきにかつをつりふねならひうきてはかちの波にうかひつつそよる

いらこさきに−かつをつりふね−ならひうきて−はかちのなみに−うかひつつそよる


01389
未入力 西行 (xxx)

すたかわたるいらこかさきをうたかひてなほきにかへる山かへりかな

すたかわたる−いらこかさきを−うたかひて−なほきにかへる−やまかへりかな


01390
未入力 西行 (xxx)

はしたかのすすろかさてもふるさせてすゑたる人の有りかたのよや

はしたかの−すすろかさても−ふるさせて−すゑたるひとの−ありかたのよや


01391
未入力 西行 (xxx)

うち川のはやせおちまふれふふねのかつきにちかふこひのむらまけ

うちかはの−はやせおちまふ−れふふねの−かつきにちかふ−こひのむらまけ


01392
未入力 西行 (xxx)

こはえつとふぬまのいりえのもの下は人つけおかねふしにそありける

こはえつとふ−ぬまのいりえの−ものしたは−ひとつけおかぬ−ふしにそありける


01393
未入力 西行 (xxx)

たねつくるつほ井の水のひくすゑにえふなあつまるおちあひのわた

たねつくる−つほゐのみつの−ひくすゑに−えふなあつまる−おちあひのわた


01394
未入力 西行 (xxx)

しらなはにこあゆひかれてくたるせにもちまうけたるこめのしきあみ

しらなはに−こあゆひかれて−くたるせに−もちまうけたる−こめのしきあみ


01395
未入力 西行 (xxx)

みるもうきはうなはににくるいろくつをのからかさてもしたむもちあみ

みるもうきは−うなはににくる−いろくつを−のからかさても−したむもちあみ


01396
未入力 西行 (xxx)

秋かせにすすきつりふねはしるめり其ひとはしのなこりしたひて

あきかせに−すすきつりふね−はしるめり−そのひとはしの−なこりしたひて


01397
未入力 西行 (xxx)

としへたるうらのあま人こととはん波をかつきていくよ過きにき

としへたる−うらのあまひと−こととはむ−なみをかつきて−いくよすきにき


01398
未入力 西行 (xxx)

くろかみはすくるとみえし白波をかつきはてたる身にはしれあま

くろかみは−すくるとみえし−しらなみを−かつきはてたる−みにはしれあま


01399
未入力 西行 (xxx)

こゑせすはいろこくなるとおもはまし柳のめはむひはの村とり

こゑせすは−いろこくなると−おもはまし−やなきのめはむ−ひはのむらとり


01400
未入力 西行 (xxx)

ももそのの花にまかへるてりうそのむれたつをりはちるここちする

ももそのの−はなにまかへる−てりうその−むれたつをりは−ちるここちする


01401
未入力 西行 (xxx)

ならひゐてともをはなれぬこからめのねくらに憑むしひの下えた

ならひゐて−ともをはなれぬ−こからめの−ねくらにたのむ−しひのしたえた


01402
未入力 西行 (xxx)

月のすむみおやか原に霜さえて千鳥とほたつ声きこゆなり

つきのすむ−みおやかはらに−しもさえて−ちとりとほたつ−こゑきこゆなり


01403
未入力 西行 (xxx)

立ちのほる月のあたりに雲きえて光かさぬるななこしのみね

たちのほる−つきのあたりに−くもきえて−ひかりかさぬる−ななこしのみね


01404
未入力 西行 (xxx)

しきわたす月のこほりをうたかひてひひのてまはるあちのむらとり

しきわたす−つきのこほりを−うたかひて−ひひのてまはる−あちのむらとり


01405
未入力 西行 (xxx)

いかてわれ心の雲にちりすゑてみるかひありて月をなかめん

いかてわれ−こころのくもに−ちりすゑて−みるかひありて−つきをなかめむ


01406
未入力 西行 (xxx)

なかめをりて月のかけにそよをはみる住むもすまぬもさなりけりとは

なかめをりて−つきのかけにそ−よをはみる−すむもすまぬも−さなりけりとは


01407
未入力 西行 (xxx)

雲はれて身にうれへなき人の身そさやかに月のかけはみるへき

くもはれて−みにうれへなき−ひとのみそ−さやかにつきの−かけはみるへき


01408
未入力 西行 (xxx)

さのみやはたもとにかけをやとすへきよわし心よ月ななかめそ

さのみやは−たもとにかけを−やとすへき−よわしこころよ−つきななかめそ


01409
未入力 西行 (xxx)

月にはちてさし出てられぬ心かななかむか袖にかけのやとれは

つきにはちて−さしいてられぬ−こころかな−なかむかそてに−かけのやとれは


01410
未入力 西行 (xxx)

心をはみる人ことにくるしめて何かは月のとりところなる

こころをは−みるひとことに−くるしめて−なにかはつきの−とりところなる


01411
未入力 西行 (xxx)

つゆけさはうき身の袖のくせなるを月みるとかにおほせつるかな

つゆけさは−うきみのそての−くせなるを−つきみるとかに−おほせつるかな


01412
未入力 西行 (xxx)

なかめきて月いかはかりしのはれんこのよしくものほかになりなは

なかめきて−つきいかはかり−しのはれむ−このよしくもの−ほかになりなは


01413
未入力 西行 (xxx)

いつかわれこのよのそらをへたたらんあはれあはれと月をおもひて

いつかわれ−このよのそらを−へたたらむ−あはれあはれと−つきをおもひて


01414
未入力 西行 (xxx)

露もありつかへすかへすも思ひしりてひとりそみつるあさかほのはな

つゆもありつ−かへすかへすも−おもひしりて−ひとりそみつる−あさかほのはな


01415
未入力 西行 (xxx)

ひときれはみやこをすてていつれともめくりてはなほきそのかけはし

ひときれは−みやこをすてて−いつれとも−めくりてはなほ−きそのかけはし


01416
未入力 西行 (xxx)

すてたれとかくれてすまぬ人になれは猶よにあるににたるなりけり

すてたれと−かくれてすまぬ−ひとになれは−なほよにあるに−にたるなりけり


01417
未入力 西行 (xxx)

世の中をすててすてえぬここちしてみやこはなれぬ我かみなりけり

よのなかを−すててすてえぬ−ここちして−みやこはなれぬ−わかみなりけり


01418
未入力 西行 (xxx)

すてしをりのこころをさらにあらためてみるよの人に別れはてなん

すてしをりの−こころをさらに−あらためて−みるよのひとに−わかれはてなむ


01419
未入力 西行 (xxx)

おもへこころ人のあらはや世にもはちむさりとてやはといさむはかりそ

おもへこころ−ひとのあらはや−よにもはちむ−さりとてやはと−いさむはかりそ


01420
未入力 西行 (xxx)

くれ竹のふししけからぬよなりせはこの君はとてさしいてなまし

くれたけの−ふししけからぬ−よなりせは−このきみはとて−さしいてなまし


01421
未入力 西行 (xxx)

あしよしをおもひわくこそくるしけれたたあらされはあられけるみを

あしよしを−おもひわくこそ−くるしけれ−たたあらされは−あられけるみを


01422
未入力 西行 (xxx)

ふかく入るは月ゆゑとしもなきものをうきよしのはんみよしのの山

ふかくいるは−つきゆゑとしも−なきものを−うきよしのはむ−みよしののやま


01423
未入力 西行 (xxx)

この里やさかのみかりのあとならん野山もはてはあせかはりけり

このさとや−さかのみかりの−あとならむ−のやまもはては−あせかはりけり


01424
未入力 西行 (xxx)

庭のいはにめたつる人もなからましかとあるさまに立てしおかすは

にはのいはに−めたつるひとも−なからまし−かとあるさまに−たてしおかすは


01425
未入力 西行 (xxx)

なかれみしきしのこたちもあせはてて松のみこそは昔なるらめ

なかれみし−きしのこたちも−あせはてて−まつのみこそは−むかしなるらめ


01426
未入力 西行 (xxx)

せをはやみみやたきかはをわたり行けは心のそこのすむここちする

せをはやみ−みやたきかはを−わたりゆけは−こころのそこの−すむここちする


01427
未入力 西行 (xxx)

おもひ出ててたれかはとめてわけもこんいるやまみちの露の深さを

おもひいてて−たれかはとめて−わけもこむ−いるやまみちの−つゆのふかさを


01428
未入力 西行 (xxx)

呉竹の今いくよかはおきふしていほりのまとをあけおろすへき

くれたけの−いまいくよかは−おきふして−いほりのまとを−あけおろすへき


01429
未入力 西行 (xxx)

そのすちにいりなは心なにしかも人めおもひてよにつつむらん

そのすちに−いりなはこころ−なにしかも−ひとめおもひて−よにつつむらむ


01430
未入力 西行 (xxx)

みとりなるまつにかさなる白雪は柳のきぬを山におほへる

みとりなる−まつにかさなる−しらゆきは−やなきのきぬを−やまにおほへる


01431
未入力 西行 (xxx)

さかりならぬ木もなく花のさきにけるとおもへは雪を分くる山みち

さかりならぬ−きもなくはなの−さきにけると−おもへはゆきを−わくるやまみち


01432
未入力 西行 (xxx)

波と見ゆるゆきをわけてそこき渡るきそのかけはしそこも見えねは

なみとみゆる−ゆきをわけてそ−こきわたる−きそのかけはし−そこもみえねは


01433
未入力 西行 (xxx)

まなつるはさはの氷のかかみにてちとせのかけをもてやなすらん

まなつるは−さはのこほりの−かかみにて−ちとせのかけを−もてやなすらむ


01434
未入力 西行 (xxx)

さはもとけすつめとかたみにととまらてめにもたまらぬゑくのくさくき

さはもとけす−つめとかたみに−ととまらて−めにもたまらぬ−ゑくのくさくき


01435
未入力 西行 (xxx)

きみかすむきしのいはよりいつる水のたえぬ末をそ人もくみける

きみかすむ−きしのいはより−いつるみつの−たえぬすゑをそ−ひともくみける


01436
未入力 西行 (xxx)

たしろみゆるいけのつつみのかさそへてたたふる水や春のよのため

たしろみゆる−いけのつつみの−かさそへて−たたふるみつや−はるのよのため


01437
未入力 西行 (xxx)

にはになかすしみつの末をせきとめてかとたやしなふ心にも有るかな

にはになかす−しみつのすゑを−せきとめて−かとたやしなふ−こころにもあるかな


01438
未入力 西行 (xxx)

ふしみすきぬをかのやになほととまらし日野まてゆきてこま心みん

ふしみすきぬ−をかのやになほ−ととまらし−ひのまてゆきて−こまこころみむ


01439
未入力 西行 (xxx)

秋のいろはかせそのもせにしきわたすしくれは音を袂にそきく

あきのいろは−かせそのもせに−しきわたす−しくれはおとを−たもとにそきく


01440
未入力 西行 (xxx)

しくれそむるはなそのやまに秋暮れてにしきのいろをあらたむるかな

しくれそむる−はなそのやまに−あきくれて−にしきのいろを−あらたむるかな


01441
未入力 西行 (xxx)

なみにしくもみちの色をあらふゆゑににしきのしまといふにや有るらん

なみにしく−もみちのいろを−あらふゆゑに−にしきのしまと−いふにやあるらむ


01442
未入力 西行 (xxx)

ききもせすたはしねやまのさくら花よしののほかにかかるへしとは

ききもせす−たはしねやまの−さくらはな−よしののほかに−かかるへしとは


01443
未入力 西行 (xxx)

おくに猶人みぬ花のちらぬあれやたつねをいらん山ほとときす

おくになほ−ひとみぬはなの−ちらぬあれや−たつねをいらむ−やまほとときす


01444
未入力 西行 (xxx)

つはなぬくきたののちはらあせゆけは心すみれそおひかはりける

つはなぬく−きたののちはら−あせゆけは−こころすみれそ−おひかはりける


01445
未入力 西行 (xxx)

はなのをりかしはにつつむしなのなしはみとりなれともあかしのみと見ゆ

はなのをり−かしはにつつむ−しなのなしは−みとりなれとも−あかしのみとみゆ


01446
未入力 西行 (xxx)

ふりにけり君かみゆきのすすのそうはいかなる世にもたえすきこえて

ふりにけり−きみかみゆきの−すすのそうは−いかなるよにも−たえすきこえて


01447
未入力 西行 (xxx)

浪のうつおとをつつみにまかふれは入日のかけのうちてゆらるる

なみのうつ−おとをつつみに−まかふれは−いりひのかけの−うちてゆらるる


01448
未入力 西行 (xxx)

山里の人もこすゑのまつかうれにあはれにきゐるほとときすかな

やまさとの−ひともこすゑの−まつかうれに−あはれにきゐる−ほとときすかな


01449
未入力 西行 (xxx)

ならへける心はわれかほとときす君まちえたるよひの枕に

ならへける−こころはわれか−ほとときす−きみまちえたる−よひのまくらに


01450
未入力 西行 (xxx)

はらかつるおほわたさきのうけなはに心かけつつすきんとそ思ふ

はらかつる−おほわたさきの−うけなはに−こころかけつつ−すきむとそおもふ


01451
未入力 西行 (xxx)

はらかつるおxxxつきてすまふなみにけことおほゆるいりとりのあま

はらかつる−おхххつきて−すまふなみに−けことおほゆる−いりとりのあま


01452
未入力 西行 (xxx)

いそなつみて波かけられてすきにけるわにのすみけるおほいそのねを

いそなつみて−なみかけられて−すきにける−わにのすみける−おほいそのねを



山家集 巻下:百首

01453
未入力 西行 (xxx)

よしの山花のちりにしこのもとにとめし心はわれをまつらん

よしのやま−はなのちりにし−このもとに−とめしこころは−われをまつらむ


01454
未入力 西行 (xxx)

吉野山たかねの桜さきそめはかからんものかはなのうすくも

よしのやま−たかねのさくら−さきそめは−かからむものか−はなのうすくも


01455
未入力 西行 (xxx)

人はみなよしのの山へ入りぬめり都の花にわれはとまらん

ひとはみな−よしののやまへ−いりぬめり−みやこのはなに−われはとまらむ


01456
未入力 西行 (xxx)

たつね入る人にはみせし山桜われとを花にあはんと思へは

たつねいる−ひとにはみせし−やまさくら−われとをはなに−あはむとおもへは


01457
未入力 西行 (xxx)

山桜さきぬとききてみにゆかん人をあらそふこころととめて

やまさくら−さきぬとききて−みにゆかむ−ひとをあらそふ−こころととめて


01458
未入力 西行 (xxx)

やま桜ほとなくみゆるにほひかなさかりを人にまたれまたれて

やまさくら−ほとなくみゆる−にほひかな−さかりをひとに−またれまたれて


01459
未入力 西行 (xxx)

花のゆきのにはにつもるにあとつけしかとなきやとといひちらさせて

はなのゆきの−にはにつもるに−あとつけし−かとなきやとと−いひちらさせて


01460
未入力 西行 (xxx)

なかめつるあしたの雨の庭のおもに花のゆきしく春の夕くれ

なかめつる−あしたのあめの−にはのおもに−はなのゆきしく−はるのゆふくれ


01461
未入力 西行 (xxx)

よしの山ふもとのたきになかす花や峰につもりし雪のした水

よしのやま−ふもとのたきに−なかすはなや−みねにつもりし−ゆきのしたみつ


01462
未入力 西行 (xxx)

ねにかへる花をおくりてよしの山夏のさかひに入りて出てぬる

ねにかへる−はなをおくりて−よしのやま−なつのさかひに−いりていてぬる


01463
未入力 西行 (xxx)

なかんこゑやちりぬる花の名残なるやかてまたるるほとときすかな

なかむこゑや−ちりぬるはなの−なこりなる−やかてまたるる−ほとときすかな


01464
未入力 西行 (xxx)

はるくれてこゑにはなさくほとときす尋ぬることもまつもかはらぬ

はるくれて−こゑにはなさく−ほとときす−たつぬることも−まつもかはらぬ


01465
未入力 西行 (xxx)

きかてまつ人おもひしれ郭公ききても人は猶そまつめる

きかてまつ−ひとおもひしれ−ほとときす−ききてもひとは−なほそまつめる


01466
未入力 西行 (xxx)

ところからききかたきかとほとときすさとをかへても待たんとそ思ふ

ところから−ききかたきかと−ほとときす−さとをかへても−またむとそおもふ


01467
未入力 西行 (xxx)

はつこゑをききてののちはほとときす待つも心のたのもしきかな

はつこゑを−ききてののちは−ほとときす−まつもこころの−たのもしきかな


01468
未入力 西行 (xxx)

さみたれのはれまたつねてほとときす雲井につたふ声きこゆなり

さみたれの−はれまたつねて−ほとときす−くもゐにつたふ−こゑきこゆなり


01469
未入力 西行 (xxx)

ほとときすなへてきくにはにさりけりふるき山へのあかつきのこゑ

ほとときす−なへてきくには−にさりけり−ふるきやまへの−あかつきのこゑ


01470
未入力 西行 (xxx)

ほとときすふかき山へにすむかひはこすゑにつつくこゑをきくかな

ほとときす−ふかきやまへに−すむかひは−こすゑにつつく−こゑをきくかな


01471
未入力 西行 (xxx)

よるのとこをなきうかさなん郭公物おもふ袖をとひにきたらは

よるのとこを−なきうかさなむ−ほとときす−ものおもふそてを−とひにきたらは


01472
未入力 西行 (xxx)

ほとときす月のかたふく山のはにいてつるこゑのかへりいるかな

ほとときす−つきのかたふく−やまのはに−いてつるこゑの−かへりいるかな


01473
未入力 西行 (xxx)

いせしまや月の光のさひか浦はあかしにはにぬかけそすみける

いせしまや−つきのひかりの−さひかうらは−あかしにはにぬ−かけそすみける


01474
未入力 西行 (xxx)

いけ水に底きよくすむ月影はなみにこほりをしきわたすかな

いけみつに−そこきよくすむ−つきかけは−なみにこほりを−しきわたすかな


01475
未入力 西行 (xxx)

月をみてあかしのうらを出つる舟はなみのよるとやおもはさるらん

つきをみて−あかしのうらを−いつるふねは−なみのよるとや−おもはさるらむ


01476
未入力 西行 (xxx)

はなれたるしららのはまのおきのいしをくたかてあらふ月の白波

はなれたる−しららのはまの−おきのいしを−くたかてあらふ−つきのしらなみ


01477
未入力 西行 (xxx)

おもひとけはちさとのかけもかすならすいたらぬくまも月にあらせし

おもひとけは−ちさとのかけも−かすならす−いたらぬくまも−つきにあらせし


01478
未入力 西行 (xxx)

おほかたのあきをは月につつませて吹きほころはす風の音かな

おほかたの−あきをはつきに−つつませて−ふきほころはす−かせのおとかな


01479
未入力 西行 (xxx)

なにことかこのよにへたるおもひ出をとへかし人に月ををしへん

なにことか−このよにへたる−おもひてを−とへかしひとに−つきををしへむ


01480
未入力 西行 (xxx)

おもひしるをよにはくまなきかけならすわかめにくもる月の光は

おもひしるを−よにはくまなき−かけならす−わかめにくもる−つきのひかりは


01481
未入力 西行 (xxx)

うき世ともおもひとほさしおしかへし月のすみけるひさかたのそら

うきよとも−おもひとほさし−おしかへし−つきのすみける−ひさかたのそら


01482
未入力 西行 (xxx)

月のよやかてともとをなりていつくにも人しらさらんすみかをしへよ

つきのよやかて−ともとをなりて−いつくにも−ひとしらさらむ−すみかをしへよ


01483
未入力 西行 (xxx)

しからきのそまのおほちはととめてよ初雪ふりぬむこの山人

しからきの−そまのおほちは−ととめてよ−はつゆきふりぬ−むこのやまひと


01484
未入力 西行 (xxx)

いそかすは雪にわか身やとめられて山への里に寺をまたまし

いそかすは−ゆきにわかみや−とめられて−やまへのさとに−はるをまたまし


01485
未入力 西行 (xxx)

あはれしりて誰かわけこん山里の雪ふりうつむ庭の夕暮

あはれしりて−たれかわけこむ−やまさとの−ゆきふりうつむ−にはのゆふくれ


01486
未入力 西行 (xxx)

みなと川とまにゆきふく友舟はむやひつつこそよをあかしけれ

みなとかは−とまにゆきふく−ともふねは−むやひつつこそ−よをあかしけれ


01487
未入力 西行 (xxx)

いかたしのなみのしつむと見えつるは雪をつみつつくたるなりけり

いかたしの−なみのしつむと−みえつるは−ゆきをつみつつ−くたるなりけり


01488
未入力 西行 (xxx)

たまりをるこすゑの雪の春ならは山里いかにもてなされまし

たまりをる−こすゑのゆきの−はるならは−やまさといかに−もてなされまし


01489
未入力 西行 (xxx)

おほはらはせれふを雪の道にあけてよもには人もかよはさりけり

おほはらは−せれふをゆきの−みちにあけて−よもにはひとも−かよはさりけり


01490
未入力 西行 (xxx)

はれやらてふたむら山にたつ雲はひらのふふきのなこりなりけり

はれやらて−ふたむらやまに−たつくもは−ひらのふふきの−なこりなりけり


01491
未入力 西行 (xxx)

ゆきしのくいほりのつまをさしそへて跡とめてこん人をととめん

ゆきしのく−いほりのつまを−さしそへて−あととめてこむ−ひとをととめむ


01492
未入力 西行 (xxx)

くやしくもゆきのみやまへわけいらてふもとにのみもとしをつみける

くやしくも−ゆきのみやまへ−わけいらて−ふもとにのみも−としをつみける


01493
未入力 西行 (xxx)

ふるきいもかそのにうゑたるからなつなたれなつさへとおほしたつらん

ふるきいもか−そのにうゑたる−からなつな−たれなつさへと−おほしたつらむ


01494
未入力 西行 (xxx)

くれなゐのよそなる色はしられねはふてにこそまつそめはしめつれ

くれなゐの−よそなるいろは−しられねは−ふてにこそまつ−そめはしめつれ


01495
未入力 西行 (xxx)

さまさまのなけきを身にはつみおきていつしめるへきおもひなるらん

さまさまの−なけきをみには−つみおきて−いつしめるへき−おもひなるらむ


01496
未入力 西行 (xxx)

きみをいかてこまかにゆへるしけめゆひたちもはなれすならひつつみん

きみをいかて−こまかにゆへる−しけめゆひ−たちもはなれす−ならひつつみむ


01497
未入力 西行 (xxx)

こひすともみさをに人にいはれはや身にしたかはぬ心やはある

こひすとも−みさをにひとに−いはれはや−みにしたかはぬ−こころやはある


01498
未入力 西行 (xxx)

おもひいてよみつのはままつよそたつとしかのうら波たたんたもとを

おもひいてよ−みつのはままつ−よそたつと−しかのうらなみ−たたむたもとを


01499
未入力 西行 (xxx)

うとくなる人は心のかはるともわれとは人に心おかれし

うとくなる−ひとはこころの−かはるとも−われとはひとに−こころおかれし


01500
未入力 西行 (xxx)

月をうしとなかめなからもおもふかなそのよはかりのかけとやはみし

つきをうしと−なかめなからも−おもふかな−そのよはかりの−かけとやはみし


01501
未入力 西行 (xxx)

我はたたかへさてをきんさよ衣きてねしことをおもひいてつつ

われはたた−かへさてをきむ−さよころも−きてねしことを−おもひいてつつ


01502
未入力 西行 (xxx)

川かせにちとりなきけんふゆのよはわかおもひにてありけるものを

かはかせに−ちとりなきけむ−ふゆのよは−わかおもひにて−ありけるものを


01503
未入力 西行 (xxx)

いささらはさかりおもふもほともあらしはこやかみねの花にむつれし

いささらは−さかりおもふも−ほともあらし−はこやかみねの−はなにむつれし


01504
未入力 西行 (xxx)

山ふかくこころはかねておくりてき身こそうきよを出てやらねとも

やまふかく−こころはかねて−おくりてき−みこそうきよを−いてやらねとも


01505
未入力 西行 (xxx)

月にいかてむかしのことをかたらせてかけにそひつつ立ちもはなれし

つきにいかて−むかしのことを−かたらせて−かけにそひつつ−たちもはなれし


01506
未入力 西行 (xxx)

うき世としおもはても身のすきにける月の影にもなつさはりつつ

うきよとし−おもはてもみの−すきにける−つきのかけにも−なつさはりつつ


01507
未入力 西行 (xxx)

雲につきてうかれのみゆく心をは山にかけてをとめんとそ思ふ

くもにつきて−うかれのみゆく−こころをは−やまにかけてを−とめむとそおもふ


01508
未入力 西行 (xxx)

すててのちはまきれしかたはおほえぬを心のみをは世にあらせける

すててのちは−まきれしかたは−おほえぬを−こころのみをは−よにあらせける


01509
未入力 西行 (xxx)

ちりつかてゆかめるみちをなほくなしてゆくゆく人をよにつかへはや

ちりつかて−ゆかめるみちを−なほくなして−ゆくゆくひとを−よにつかへはや


01510
未入力 西行 (xxx)

ひとしまんとおもひも見えぬ世にあれは末にさこそはおほぬさのそら

ひとしまむと−おもひもみえぬ−よにあれは−すゑにさこそは−おほぬさのそら


01511
未入力 西行 (xxx)

深き山はこけむすいはをたたみあけてふりにしかたををさめたるかな

ふかきやまは−こけむすいはを−たたみあけて−ふりにしかたを−をさめたるかな


01512
未入力 西行 (xxx)

ふりにける心こそなほあはれなれおよはぬ身にもよをおもはする

ふりにける−こころこそなほ−あはれなれ−およはぬみにも−よをおもはする


01513
未入力 西行 (xxx)

はかなしな千世おもひしむかしをもゆめのうちにて過きにける代は

はかなしな−ちよхおもひし−むかしをも−ゆめのうちにて−すきにけるよは


01514
未入力 西行 (xxx)

ささかにのいとにつらぬく露のたまをかけてかされる世にこそありけれ

ささかにの−いとにつらぬく−つゆのたまを−かけてかされる−よにこそありけれ


01515
未入力 西行 (xxx)

うつつをもうつつとさらにおもへねは夢をも夢と何かおもはん

うつつをも−うつつとさらに−おもへねは−ゆめをもゆめと−なにかおもはむ


01516
未入力 西行 (xxx)

さらぬこともあとかたなきをわきてなと露をあたにもいひもおきけん

さらぬことも−あとかたなきを−わきてなと−つゆをあたにも−いひもおきけむ


01517
未入力 西行 (xxx)

ともしひのかかけちからもなくなりてとまるひかりを待つわか身かな

ともしひの−かかけちからも−なくなりて−とまるひかりを−まつわかみかな


01518
未入力 西行 (xxx)

みつひたるいけにうるほふしたたりを命にたのむいろくつやたれ

みつひたる−いけにうるほふ−したたりを−いのちにたのむ−いろくつやたれ


01519
未入力 西行 (xxx)

みきはちかくひきよせらるるおほあみにいくせのものの命こもれり

みきはちかく−ひきよせらるる−おほあみに−いくせのものの−いのちこもれり


01520
未入力 西行 (xxx)

うらうらとしなんするなとおもひとけは心のやかてさそとこたふる

うらうらと−しなむするなと−おもひとけは−こころのやかて−さそとこたふる


01521
未入力 西行 (xxx)

いひすてて後のゆくへをおもひ出てはさてさはいかにうらしまのはこ

いひすてて−のちのゆくへを−おもひいては−さてさはいかに−うらしまのはこ


01522
未入力 西行 (xxx)

よの中になくなる人をきくたひにおもひはしるをおろかなる身に

よのなかに−なくなるひとを−きくたひに−おもひはしるを−おろかなるみに


01523
未入力 西行 (xxx)

めつらしなあさくら山の雲井よりしたひ出てたるあかほしのかけ

めつらしな−あさくらやまの−くもゐより−したひいてたる−あかほしのかけ


01524
未入力 西行 (xxx)

なこりいかにかへすかへすもをしからしそのこまにたつかくらとねりは

なこりいかに−かへすかへすも−をしからし−そのこまにたつ−かくらとねりは


01525
未入力 西行 (xxx)

みたらしに若なすすきて宮人のまてにささけてみとひらくめる

みたらしに−わかなすすきて−みやひとの−まてにささけて−みとひらくめる


01526
未入力 西行 (xxx)

なかつきのちからあはせにかちにけりわかかたをかをつよくたのみて

なかつきの−ちからあはせに−かちにけり−わかかたをかを−つよくたのみて


01527
未入力 西行 (xxx)

けふのこまはみつのさうふをおひてこそかたきをらちにかけてとほらめ

けふのこまは−みつのさうふを−おひてこそ−かたきをらちに−かけてとほらめ


01528
未入力 西行 (xxx)

みこしをさのこゑさきたててくたりますをとかしこまる神の宮人

みこしをさの−こゑさきたてて−くたります−をとかしこまる−かみのみやひと


01529
未入力 西行 (xxx)

みくまののむなしきことはあらしかしむしたれいたのはこふあゆみは

みくまのの−むなしきことは−あらしかし−むしたれいたの−はこふあゆみは


01530
未入力 西行 (xxx)

あらたなるくまのまうてのしるしをはこほりのこりにうへきなりけり

あらたなる−くまのまうての−しるしをは−こほりのこりに−うへきなりけり


01531
未入力 西行 (xxx)

はつ春をくまなくてらすかけをみて月にまつしるみもすそのきし

はつはるを−くまなくてらす−かけをみて−つきにまつしる−みもすそのきし


01532
未入力 西行 (xxx)

みもすそのきしの岩ねによをこめてかためたてたる宮はしらかな

みもすその−きしのいはねに−よをこめて−かためたてたる−みやはしらかな


01533
未入力 西行 (xxx)

まとひてし心をたれもわすれつつひかへらるなることのうきかな

まとひてし−こころをたれも−わすれつつ−ひかへらるなる−ことのうきかな


01534
未入力 西行 (xxx)

ひきひきにわかうてつるとおもひける人のこころやせはまくのきぬ

ひきひきに−わかうてつると−おもひける−ひとのこころや−せはまくのきぬ


01535
未入力 西行 (xxx)

末の世の人の心もみかくへき玉をもちりにませてけるかな

すゑのよの−ひとのこころも−みかくへき−たまをもちりに−ませてけるかな


01536
未入力 西行 (xxx)

さとりひろきこの法をまつとき置きてふたつなしとはいひきはめける

さとりひろき−こののりをまつ−ときおきて−ふたつなしとは−いひきはめける


01537
未入力 西行 (xxx)

山桜つほみはしむる花の枝に春をはこめてかすむなりけり

やまさくら−つほみはしむる−はなのえに−はるをはこめて−かすむなりけり


01538
未入力 西行 (xxx)

身につきてもゆるおもひのきえましや涼しき風のあふかさりせは

みにつきて−もゆるおもひの−きえましや−すすしきかせの−あふかさりせは


01539
未入力 西行 (xxx)

花まては身ににさるへし朽ちはてて枝もなき木のねをなからしそ

はなまては−みににさるへし−くちはてて−えたもなききの−ねをなからしそ


01540
未入力 西行 (xxx)

ちかひありてねかはんくにへ行くへくはにしのかとよりさとりひらかん

ちかひありて−ねかはむくにへ−ゆくへくは−にしのかとより−さとりひらかむ


01541
未入力 西行 (xxx)

さまさまにたなこころなるちかひをはなものことはにふさねたるかな

さまさまに−たなこころなる−ちかひをは−なものことはに−ふさねたるかな


01542
未入力 西行 (xxx)

野辺の色も春のにほひもおしなへて心そめけるさとりにそなる

のへのいろも−はるのにほひも−おしなへて−こころそめける−さとりにそなる


01543
未入力 西行 (xxx)

さはのおもにふけたるたつの一こゑにおとろかされて千鳥なくなり

さはのおもに−ふけたるたつの−ひとこゑに−おとろかされて−ちとりなくなり


01544
未入力 西行 (xxx)

ともになりておなしみなとを出舟のゆくへもしらすこきわかれぬる

ともになりて−おなしみなとを−いてふねの−ゆくへもしらす−こきわかれぬる


01545
未入力 西行 (xxx)

たきおつるよしののおくの宮川の昔をみけん跡したははや

たきおつる−よしののおくの−みやかはの−むかしをみけむ−あとしたははや


01546
未入力 西行 (xxx)

わかそののをかへにたてる一松をともとみつつもおいにけるかな

わかそのの−をかへにたてる−ひとつまつを−ともとみつつも−おいにけるかな


01547
未入力 西行 (xxx)

さまさまのあはれありつる山里を人につたへて秋の暮れぬる

さまさまの−あはれありつる−やまさとを−ひとにつたへて−あきのくれぬる


01548
未入力 西行 (xxx)

山かつの住みぬとみゆるわたりかなふゆにあせゆくしつはらの里

やまかつの−すみぬとみゆる−わたりかな−ふゆにあせゆく−しつはらのさと


01549
未入力 西行 (xxx)

やま里の心の夢にまとひをれは吹きしらまかす風の音かな

やまさとの−こころのゆめに−まとひをれは−ふきしらまかす−かせのおとかな


01550
未入力 西行 (xxx)

月をこそなかめは心うかれ出てめやみなる空にたたよふやなそ

つきをこそ−なかめはこころ−うかれいてめ−やみなるそらに−たたよふやなそ


01551
未入力 西行 (xxx)

なみたかきあしやのおきをかくれふねのことなくてよをすきんとそおもふ

なみたかき−あしやのおきを−かくれふねの−ことなくてよを−すきむとそおもふ


01552
未入力 西行 (xxx)

ささかにのいとよをかくてすきにける人のひとなるてにもかからて

ささかにの−いとよをかくて−すきにける−ひとのひとなる−てにもかからて