[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

内裏詩歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名内裏詩歌合 
作品集名読みだいりしいかあわせ 
作成年月日建暦三年二月二十六日(1213年3月19日)
場所 

00002
未入力 (xxx)

いほしめて山のかひあるみよしのの花よりいつる月をみるかな

いほしめて−やまのかひある−みよしのの−はなよりいつる−つきをみるかな


00004
未入力 (xxx)

よしの山苔のさむしろしきしのひ今夜はここに花のしたふし

よしのやま−こけのさむしろ−しきしのひ−こよひはここに−はなのしたふし


00006
未入力 (xxx)

はつせ山花の梢にこもるなり雨うちそふる入あひのかね

はつせやま−はなのこすゑに−こもるなり−あめうちそふる−いりあひのかね


00008
未入力 (xxx)

嵐より花はたもとに匂ひきて霞にこゆるしかの夕くれ

あらしより−はなはたもとに−にほひきて−かすみにこゆる−しかのゆふくれ


00010
未入力 (xxx)

春といへはしるもしらぬもみ山へにこたへぬ花にたそかれの空

はるといへは−しるもしらぬも−みやまへに−こたへぬはなに−たそかれのそら


00012
未入力 (xxx)

雲返す嵐もしらすうつり行く桜の山の雨のゆふくれ

くもかへす−あらしもしらす−うつりゆく−さくらのやまの−あめのゆふくれ


00014
未入力 (xxx)

しくれせし色は匂はす唐錦竜田のみねの花の夕かせ

しくれせし−いろはにほはす−からにしき−たつたのみねの−はなのゆふかせ


00016
未入力 (xxx)

桜かり霞のしたにけふ暮れぬ一夜やとかせ春の山風

さくらかり−かすみのしたに−けふくれぬ−ひとよやとかせ−はるのやまかせ


00018
未入力 (xxx)

みよしのや花にやととふ夕くれの雲は匂はぬ春の山かせ

みよしのや−はなにやととふ−ゆふくれの−くもはにほはぬ−はるのやまかせ


00020
未入力 (xxx)

かつらきや高間の桜春ふけて夕ゐる雲のあとそさひしき

かつらきや−たかまのさくら−はるふけて−ゆふゐるくもの−あとそさひしき


00022
未入力 (xxx)

暮れぬるか山かけさひし夕月よ花にほのめくみよしのの空

くれぬるか−やまかけさひし−ゆふつくよ−はなにほのめく−みよしののそら


00024
未入力 (xxx)

みよしのやいく重霞を分けつらん花に暮行く春の山道

みよしのや−いくへかすみを−わけつらむ−はなにくれゆく−はるのやまみち


00026
未入力 (xxx)

さひしさはたた大かたのなかめかは花にくらせる志かの山こえ

さひしさは−たたおほかたの−なかめかは−はなにくらせる−しかのやまこえ


00028
未入力 (xxx)

山ふかみ峰の木の間をたとりきて花になれぬる夕月よかな

やまふかみ−みねのこのまを−たとりきて−はなになれぬる−ゆふつくよかな


00030
未入力 (xxx)

とまるへき宿は桜にかりころもひも夕くれの山のはるかせ

とまるへき−やとはさくらに−かりころも−ひもゆふくれの−やまのはるかせ


00032
未入力 (xxx)

かへるさの家路は暮れぬ山さくら人たのめなる花のしたかけ

かへるさの−いへちはくれぬ−やまさくら−ひとたのめなる−はなのしたかけ


00034
未入力 (xxx)

にほひくる風のしるへをしたひつつひとりみ山の花のゆふ暮

にほひくる−かせのしるへを−したひつつ−ひとりみやまの−はなのゆふくれ


00036
未入力 (xxx)

尋ねつつかすみを分けてみねの花匂ひそふかき春の夕かせ

たつねつつ−かすみをわけて−みねのはな−にほひそふかき−はるのゆふかせ


00038
未入力 (xxx)

けふも又花ゆゑ暮す袖の上に山かせかよふ入あひのかね

けふもまた−はなゆゑくらす−そてのうへに−やまかせかよふ−いりあひのかね


00040
未入力 (xxx)

よしの山花にや宿をかりころも暮行く空の入あひのかね

よしのやま−はなにややとを−かりころも−くれゆくそらの−いりあひのかね


00042
未入力 (xxx)

高砂の尾上に春の風たちて桜を分くる入あひのかね

たかさこの−をのへにはるの−かせたちて−さくらをわくる−いりあひのかね


00044
未入力 (xxx)

うはの空花とは風そしるへする夕日にかすむ峰のしら雲

うはのそら−はなとはかせそ−しるへする−ゆふひにかすむ−みねのしらくも


00046
未入力 (xxx)

よしの山こほりし雲も春かせにつもるもはなのゆきくれの空

よしのやま−こほりしくもも−はるかせに−つもるもはなの−ゆきくれのそら


00048
未入力 (xxx)

花なれや水わけ山の夕まくれ雲に波たつをちのはるかせ

はななれや−みつわけやまの−ゆふまくれ−くもになみたつ−をちのはるかせ


00050
未入力 (xxx)

さくら花木のしたかけは暮れやらて匂ふ山ちの袖の夕つゆ

さくらはな−このしたかけは−くれやらて−にほふやまちの−そてのゆふつゆ


00052
未入力 (xxx)

しをりせしたつきもしらぬ山桜花にやとかせ夕くれのくも

しをりせし−たつきもしらぬ−やまさくら−はなにやとかせ−ゆふくれのくも


00054
未入力 (xxx)

袖におく朝けのつゆのほしもあへて霧に分行く秋のたひ人

そてにおく−あさけのつゆの−ほしもあへて−きりにわけゆく−あきのたひひと


00056
未入力 (xxx)

あさちふやのへのあはれも白露のふかきは秋のならひなりけり

あさちふや−のへのあはれも−しらつゆの−ふかきはあきの−ならひなりけり


00058
未入力 (xxx)

村さめの玉ぬきとめぬ秋風にいく野かくたく萩の上の露

むらさめの−たまぬきとめぬ−あきかせに−いくのかくたく−はきのうへのつゆ


00060
未入力 (xxx)

あさなあさな草の袂はうつろひぬかりのなみたもをちのしの原

あさなあさな−くさのたもとは−うつろひぬ−かりのなみたも−をちのしのはら


00062
未入力 (xxx)

むさしのや道ある時はめもはるになひく草はを秋かせそふく

むさしのや−みちあるときは−めもはるに−なひくくさはを−あきかせそふく


00064
未入力 (xxx)

なかめやるいくのの原に霧はれてかきりもしらぬ秋の色かな

なかめやる−いくののはらに−きりはれて−かきりもしらぬ−あきのいろかな


00066
未入力 (xxx)

あさち原分行く末も白露の袖にふきこすのへの秋かせ

あさちはら−わけゆくすゑも−しらつゆの−そてにふきこす−のへのあきかせ


00068
未入力 (xxx)

宮城のや小萩か下もうら枯れて露のかたみの秋かせそふく

みやきのや−こはきかしたも−うらかれて−つゆのかたみの−あきかせそふく


00070
未入力 (xxx)

むさしのやなかめの末のはてそなきを花ふきこす秋の夕かせ

むさしのや−なかめのすゑの−はてそなき−をはなふきこす−あきのゆふかせ


00072
未入力 (xxx)

宮城野やなかむる末は霧こめて秋かせそふくさをしかの声

みやきのや−なかむるすゑは−きりこめて−あきかせそふく−さをしかのこゑ


00074
未入力 (xxx)

なかめやるふるののをのの小萩原露もむかしにかはらさりけり

なかめやる−ふるののをのの−こはきはら−つゆもむかしに−かはらさりけり


00076
未入力 (xxx)

野はらよりあきのあはれはしらせけり荻ふくかせのたよりたつねて

のはらより−あきのあはれは−しらせけり−をきふくかせの−たよりたつねて


00078
未入力 (xxx)

分けきつる野へのにしきの袖の色もあらへはふかき萩のした露

わけきつる−のへのにしきの−そてのいろも−あらへはふかき−はきのしたつゆ


00080
未入力 (xxx)

露にたにわきてはなれし荻はらや末こすかせは袖にふくなり

つゆにたに−わきてはなれし−をきはらや−すゑこすかせは−そてにふくなり


00082
未入力 (xxx)

むさしのや分行く方は白雲のとたゆる空の初かりのこゑ

むさしのや−わけゆくかたは−しらくもの−とたゆるそらの−はつかりのこゑ


00084
未入力 (xxx)

ほのかなるを花かすゑは霧こめてなかめにつつくまのの秋かせ

ほのかなる−をはなかすゑは−きりこめて−なかめにつつく−まののあきかせ


00086
未入力 (xxx)

夕されは露ふきむすふあきかせにみたれてなひくをのの萩はら

ゆふされは−つゆふきむすふ−あきかせに−みたれてなひく−をののはきはら


00088
未入力 (xxx)

から衣すそのの原の夕きりにいくよしをれぬ萩の花すり

からころも−すそののはらの−ゆふきりに−いくよしをれぬ−はきのはなすり


00090
未入力 (xxx)

有明の雲ふきはらふ秋かせにひとりしくるるいはしろのまつ

ありあけの−くもふきはらふ−あきかせに−ひとりしくるる−いはしろのまつ


00092
未入力 (xxx)

村雨の露のかこともうらかれてをのの草ふし秋かせそふく

むらさめの−つゆのかことも−うらかれて−をののくさふし−あきかせそふく


00094
未入力 (xxx)

藤はかま香をなつかしみきて見れはゆかりの色もむさしのの原

ふちはかま−かをなつかしみ−きてみれは−ゆかりのいろも−むさしののはら


00096
未入力 (xxx)

身にそしむ千草にうつる露よりも色なききりの野へのあけほの

みにそしむ−ちくさにうつる−つゆよりも−いろなききりの−のへのあけほの


00098
未入力 (xxx)

風わたる野へには秋の色見えて雲路はるかにはつかりのこゑ

かせわたる−のへにはあきの−いろみえて−くもちはるかに−はつかりのこゑ


00100
未入力 (xxx)

露ふかき野へのかるかや秋かせにおもひみたるるさをしかのこゑ

つゆふかき−のへのかるかや−あきかせに−おもひみたるる−さをしかのこゑ


00102
未入力 (xxx)

さをしかのおのかすむのの萩の上に雁のなみたのつゆそあらそふ

さをしかの−おのかすむのの−はきのうへに−かりのなみたの−つゆそあらそふ


00104
未入力 (xxx)

夕月よ月ふくかせにかよふなり野はらにすたく松むしのこゑ

ゆふつくよ−つきふくかせに−かよふなり−のはらにすたく−まつむしのこゑ