[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

月卿雲客妬歌合 


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名月卿雲客妬歌合  
作品集名読みげっけいうんかくねたみうたあわせ 
作成年月日建保二年九月三十日(1214年11月3日)
場所 

00001
未入力 (xxx)

ふる里のさほの河水いかならむははそのいろは風ものこらす

ふるさとの−さほのかはみつ−いかならむ−ははそのいろは−かせものこらす


00002
未入力 (xxx)

神なひの山のあらしやたつた川水のあきのみふかき比かな

かみなひの−やまのあらしや−たつたかは−みつのあきのみ−ふかきころかな


00003
未入力 (xxx)

もみち葉やよとますうかふあすか川なかれてはやき秋の日かすに

もみちはや−よとますうかふ−あすかかは−なかれてはやき−あきのひかすに


00004
未入力 (xxx)

あすか川ゆくせもふかき紅葉はにきのふの浪も色かはりけり

あすかかは−ゆくせもふかき−もみちはに−きのふのなみも−いろかはりけり


00005
未入力 (xxx)

吹く風のここにはみえぬからにしき川せのなみのたつにまかせて

ふくかせの−ここにはみえぬ−からにしき−かはせのなみの−たつにまかせて


00006
未入力 (xxx)

秋の色のさそふ水あらはとおもひける紅葉をなかすうちの川なみ

あきのいろの−さそふみつあらはと−おもひける−もみちをなかす−うちのかはなみxxxxxxxx・00007こからしの−たつたのもみち−もろともに−さそへはさそふ−あきのかはなみ


00008
未入力 (xxx)

木からしの竜田のもみちもろ共にさそへはさそふ秋の川なみ

みわたせは−あきかせなかる−たつたかは−ちるやみむろの−やまのこのはに


00009
未入力 (xxx)

見わたせは秋かせなかるたつた河ちるやみむろの山の木葉に

たつたかは−なみにのこらぬ−もみちはを−とやまにしのふ−まつかせのこゑ


00010
未入力 (xxx)

竜田川なみにのこらぬ紅葉葉をとやまにしのふ松風のこゑ

おほゐかは−わたらはにしき−あともをし−このころはかり−いかたおろすな


00011
未入力 (xxx)

おほ井河わたらはにしき跡もをしこの比はかりいかたおろすな

やまおろし−ふきにしひより−おとはかは−もみちによとむ−せせのしらなみ


00012
未入力 (xxx)

山おろし吹きにし日より音羽川もみちによとむ瀬瀬のしら浪

たつたやま−あらしのそらの−ゆふしくれ−かはせのなみの−いろもそめけり


00013
未入力 (xxx)

竜田山あらしの空の夕しくれ川せのなみの色も染めけり

こすゑには−おともあらしの−たつたかは−なほあきふかき−みつのいろかな


00014
未入力 (xxx)

木すゑにはおともあらしのたつた河なほあきふかき水の色かな

たつたかは−うつるこのまの−いろなから−あきをそさそふ−みつのしらなみ


00015
未入力 (xxx)

立田河うつるこのまの色なから秋をそさそふ水のしらなみ

やまおろしの−もみちふきおろす−たつたかは−ゆくせにはやき−みつのあきかな


00016
未入力 (xxx)

山おろしの紅葉吹きおろすたつた河ゆくせにはやき水の秋かな

ふきまよふ−あらしにつけて−ゆくあきを−かはせにいそく−みねのもみちは


00017
未入力 (xxx)

吹きまよふあらしにつけて行く秋を川せにいそく峰のもみちは

よもすから−しくるるよはの−あらしより−このはにうかふ−たにかはのみつ


00018
未入力 (xxx)

よもすからしくるる夜半のあらしよりこの葉にうかふ谷川の水

からにしき−あきのいろをや−たつたかは−このはいさよふ−せせのしらなみ


00019
未入力 (xxx)

からにしき秋の色をやたつた川この葉いさよふせせのしらなみ

たつたやま−こすゑのあきを−なみにとめて−くれなゐむすふ−せせのかはかせ


00020
未入力 (xxx)

立田山木末の秋を浪にとめて紅むすふせせのかはかせ

まきもくの−たかねのくもや−しくれぬる−あなしのかはに−このはすくなり


00021
未入力 (xxx)

まきもくのたかねの雲やしくれぬるあなしの河にこのはすくなり

けふもきて−むなしきそてに−とふとりの−あすかとたにも−なにをたのまむ


00022
未入力 (xxx)

けふもきてむなしき袖にとふ鳥のあすかとたにも何をたのまん

まちわひて−こぬよむなしく−あけゆけは−なみたにかすむ−しきのはねかき


00023
未入力 (xxx)

まちわひてこぬよむなしく明行けは涙にかすむ鴫のはねかき

あふさかの−ゆふつけとりの−こゑたてて−たのめぬひとの−ゆききをそまつ


00024
未入力 (xxx)

あふさかのゆふつけとりの声たててたのめぬ人の行きをそまつ

とふとりの−あとみしそらに−たつけふり−たえむおもひの−しるへはかなし


00025
未入力 (xxx)

とふ鳥のあとみし空にたつ煙たえむおもひのしるへはかなし

ものおもふ−そてのなみたの−くれなゐに−ふりつつそなく−やまほとときす


00026
未入力 (xxx)

ものおもふ袖の涙のくれなゐにふりつつそなく山ほとときす

たつのゐる−あしへのしほの−いやましに−そてほすひまも−なくなくそふる


00027
未入力 (xxx)

たつのゐるあしへの塩のいやましに袖ほすひまもなくなくそふる

なみたのみ−しきのはねかき−かきわひて−こぬよのかすや−そてのかたしき


00028
未入力 (xxx)

涙のみ鴫のはねかきかき侘ひてこぬよのかすや袖のかたしき

くさもきも−うつろふあきの−みやまとり−ひとりやねなむ−しもしろきよを


00029
未入力 (xxx)

草も木もうつろふ秋のみやま鳥ひとりやねなん霜しろきよを

うしやなほ−とほやまとりの−ひとりのみ−なかきおもひに−あかぬよのそて


00030
未入力 (xxx)

うしや猶とほ山とりのひとりのみなかきおもひにあかぬ夜の袖

わすれしな−ひとをうらみて−なくなへに−いなとなつけそ−いなおほせとり


00031
未入力 (xxx)

わすれしな人をうらみてなくなへにいなとなつけそいなおほせ鳥

おもひやる−ふかきこころは−とふとりの−こゑたにもせぬ−やまのゆふくれ


00032
未入力 (xxx)

おもひやるふかき心はとふ鳥の声たにもせぬ山のゆふくれ

あふことは−かたののとたち−かるたかの−それてむなしき−おもひなりけり


00033
未入力 (xxx)

あふことはかたののとたちかるたかのそれてむなしき思ひなりけり

あさちふや−うらむるそての−あさきりに−たれゆゑとてか−うつらなくらむ


00034
未入力 (xxx)

あさちふやうらむる袖の朝きりに誰ゆゑとてか鶉なくらむ

しられしな−ふかきえにすむ−みつとりの−したやすからぬ−おもひありとも


00035
未入力 (xxx)

しられしなふかき江にすむ水鳥の下やすからぬ思ひありとも

わひつつも−さよやふけひの−うらちとり−なくねあとなき−そてのつきかな


00036
未入力 (xxx)

わひつつもさよやふけひの浦千鳥なくねあとなき袖の月かな

ものおもへは−よそにはきかす−さよちとり−うらみてかへる−あかつきのこゑ


00037
未入力 (xxx)

物おもへはよそにはきかすさよ千鳥うらみてかへるあかつきの声

にこりえに−おもふこころは−ふかけれと−ひとこそしらね−にほのしたみち


00038
未入力 (xxx)

濁り江におもふ心はふかけれと人こそしらねにほの下みち

わかこひは−つれなきなみを−かことにて−かよふもくるし−にほのしたみち


00039
未入力 (xxx)

わかこひはつれなきなみをかことにてかよふもくるしにほの下道

はかなしや−ゆめちたえゆく−とりのねに−なきてわかれし−ひとのおもかけ


00040
未入力 (xxx)

はかなしや夢ちたえゆく鳥のねになきてわかれし人のおもかけ

しのふれと−あまるなみたに−にほとりの−ぬれつつきつる−あとやみゆらむ


00041
未入力 (xxx)

忍ふれとあまる涙ににほ鳥のぬれつつきつる跡やみゆらむ

つれつれの−なかめもいまや−まさきちる−みやまのあきの−むらさめのそら


00042
未入力 (xxx)

つれつれのなかめも今やまさきちる太山の秋のむら雨の空

ふみまよひ−たつきもしらぬ−やまひとの−そてもしをりの−あめのゆふくれ


00043
未入力 (xxx)

ふみまよひたつきもしらぬ山人の袖もしをりの雨のゆふ暮

つきにたに−とはれむやまと−しらさりき−しをりのおくの−あめのゆふくれ


00044
未入力 (xxx)

つきにたにとはれん山としらさりきしをりのおくの雨のゆふ暮

やまひとの−そてのみいろに−ふるあめの−しつくむなしき−まきのあきかせ


00045
未入力 (xxx)

山人の袖のみ色にふるあめのしつくむなしきまきの秋風

たへてたれ−きくかあらしの−ふきまよふ−よしののおくの−あきのむらさめ


00046
未入力 (xxx)

たへてたれきくか嵐のふき迷ふよしののおくの秋のむら雨

くもかかる−みやまのおくの−あまそそき−あまりになれて−さひしともなし


00047
未入力 (xxx)

雲かかるみやまのおくの雨そそきあまりになれてさひしともなし

よしのやま−さむきあらしの−ふくままに−このはこきませ−うちしくれつつ


00048
未入力 (xxx)

よし野山さむきあらしの吹くままに木の葉こきませうちしくれつつ

うきなから−わかみよにふる−しくれより−あきいろふかき−やまのおくかな


00049
未入力 (xxx)

うきなから我か身世にふるしくれよりあきいろふかき山のおくかな

ころもては−しくるるあめの−ふりはへて−とはれぬやまの−おくのかりいほ


00050
未入力 (xxx)

衣手はしくるる雨のふりはへてとはれぬ山のおくのかり庵

まきのはに−なれてもそはぬ−むらしくれ−いくよむなしき−やまをすくらむ


00051
未入力 (xxx)

まきの葉になれてもそはぬ村時雨いく夜むなしき山をすくらむ

このころは−もみちをそむる−しくれのみ−ふるのやまみち−たれかよふらむ


00052
未入力 (xxx)

この比は紅葉をそむるしくれのみふるの山みちたれかよふらむ

あしひきの−やまはよしのの−おくのいほ−しくるるそらは−とふひともなし


00053
未入力 (xxx)

あし引の山はよし野のおくの庵しくるる空はとふ人もなし

むらくもは−かせもふきあへす−かつらきや−たかまのおくも−しくれすくらし


00054
未入力 (xxx)

むら雲は風も吹きあへすかつらきやたかまの奥もしくれすくらし

しくれする−いろこそみえね−まきもくの−あなしのやまに−しかはなくなり


00055
未入力 (xxx)

しくれする色こそみえねまきもくのあなしの山に鹿はなくなり

とやまたに−さひしきころの−むらさめに−くもよりおくの−あきのゆふくれ


00056
未入力 (xxx)

外山たにさひしきころのむら雨に雲よりおくの秋のゆふくれ

まきのはは−さそなつれなき−あきのころ−しらぬやまちの−ゆふしくれかな


00057
未入力 (xxx)

まきの葉はさそなつれなき秋の比しらぬ山路の夕しくれかな

けふもまた−つゆわけころも−ほしあへて−いくむらさめか−みくまののやま


00058
未入力 (xxx)

けふも又露わけ衣ほしあへていくむらさめかみくま野の山

おほかたの−さひしさのみは−なかりけり−みやまのあめの−あきのゆふくれ


00059
未入力 (xxx)

大かたのさひしさのみはなかりけり深山のあめの秋のゆふくれ

そむれとも−つれなきまきの−したはより−しくれにあへぬ−そてのいろかな


00060
未入力 (xxx)

染むれともつれなき槙の下葉よりしくれにあへぬ袖の色かな

しをりせし−やまちをうつむ−くもにまた−このはふりそふ−あきのむらさめ