[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

内裏百番歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名内裏百番歌合 
作品集名読みだいりひゃくばんうたあわせ 
作成年月日承久元年七月廿七日(1219年9月7日)
場所 

00001
未入力 (xxx)

わけし野の露の衣手それなから霞にまよふ荻の焼はら

わけしのの−つゆのころもて−それなから−かすみにまよふ−をきのやけはら


00002
未入力 (xxx)

かすみ行く野原の草のみとりまてあらはれそむる松のかけかな

かすみゆく−のはらのくさの−みとりまて−あらはれそむる−まつのかけかな


00003
未入力 (xxx)

春日野の霞のころも山かせに忍ふもちすり乱れてそ行く

かすかのの−かすみのころも−やまかせに−しのふもちすり−みたれてそゆく


00004
未入力 (xxx)

はるたつといふはかりみんいつくとて行ききにかすむ野へのあけほの

はるたつと−いふはかりみむ−いつくとて−ゆききにかすむ−のへのあけほの


00005
未入力 (xxx)

ひとりやはわくともわかむ春霞妻もこもれる野への若草

ひとりやは−わくともわかむ−はるかすみ−つまもこもれる−のへのわかくさ


00006
未入力 (xxx)

たか里をとふひののへに行きくれてたのむ草はの猶かすむらん

たかさとを−とふひののへに−ゆきくれて−たのむくさはの−なほかすむらむ


00007
未入力 (xxx)

分行けは霞そふかきあさ緑はつかに見ゆる野への若草

わけゆけは−かすみそふかき−あさみとり−はつかにみゆる−のへのわかくさ


00008
未入力 (xxx)

行すゑのなかめはかすみへたてけり心にとほき武蔵野のはら

ゆくすゑの−なかめはかすみ−へたてけり−こころにとほき−むさしののはら


00009
未入力 (xxx)

うちわたす遠かた人のたもとまて緑にかすむ野への明ほの

うちわたす−をちかたひとの−たもとまて−みとりにかすむ−のへのあけほの


00010
未入力 (xxx)

宿からむ末野の里のしるへまて霞にまよふ夕煙かな

やとからむ−すゑののさとの−しるへまて−かすみにまよふ−ゆふけふりかな


00011
未入力 (xxx)

ふみしたく雪まの野への若草を跡たに見えすかすむ空かな

ふみしたく−ゆきまののへの−わかくさを−あとたにみえす−かすむそらかな


00012
未入力 (xxx)

ふみわけし雪まの草もそれなからかすむ野原の松の村立

ふみわけし−ゆきまのくさも−それなから−かすむのはらの−まつのむらたち


00013
未入力 (xxx)

をちかたや行きかふ人の袖もなし霞やふかき武蔵野の原

をちかたや−ゆきかふひとの−そてもなし−かすみやふかき−むさしののはら


00014
未入力 (xxx)

ふみなれし野中の道もわすれ水今朝は霞の絶間たになし

ふみなれし−のなかのみちも−わすれみつ−けさはかすみの−たえまたになし


00015
未入力 (xxx)

みちとほきいく野の霞いくへとも程こそしらね春の夕暮

みちとほき−いくののかすみ−いくへとも−ほとこそしらね−はるのゆふくれ


00016
未入力 (xxx)

春日野の草はのかすみうちはらひ行く袖しろき春の旅人

かすかのの−くさはのかすみ−うちはらひ−ゆくそてしろき−はるのたひひと


00017
未入力 (xxx)

かすみつつ春は来にけりあつまちやふしのすそ野の雪の村消

かすみつつ−はるはきにけり−あつまちや−ふしのすそのの−ゆきのむらきえ


00018
未入力 (xxx)

白妙の袖もみとりにうつもれて霞分行く野へのささ原

しろたへの−そてもみとりに−うつもれて−かすみわけゆく−のへのささはら


00019
未入力 (xxx)

夕つく夜かすむ末野に行く人のすけのを笠に春風そ吹く

ゆふつくよ−かすむすゑのに−ゆくひとの−すけのをかさに−はるかせそふく


00020
未入力 (xxx)

春日野やをち方人はかすめとも猶ふる雪に跡そみえける

かすかのや−をちかたひとは−かすめとも−なほふるゆきに−あとそみえける


00021
未入力 (xxx)

しをりせし椎柴かけてさく花に緑まれなる春の山かせ

しをりせし−しひしはかけて−さくはなに−みとりまれなる−はるのやまかせ


00022
未入力 (xxx)

春くるるよし野にふかき山さとは花よりおくのあるしをそ思ふ

はるくるる−よしのにふかき−やまさとは−はなよりおくの−あるしをそおもふ


00023
未入力 (xxx)

山人もすまていくよのいしのゆか霞に花は猶にほひつつ

やまひとも−すまていくよの−いしのゆか−かすみにはなは−なほにほひつつ


00024
未入力 (xxx)

石はしるよしのの滝もよそなからいとはぬ花の限をそみる

いしはしる−よしののたきも−よそなから−いとはぬはなの−かきりをそみる


00025
未入力 (xxx)

山かせに雲のいくへを分けきても吹きこす花の峰のしら雪

やまかせに−くものいくへを−わけきても−ふきこすはなの−みねのしらゆき


00026
未入力 (xxx)

あさほらけ雲も霞もうつもれて花の底なるみよしのの山

あさほらけ−くももかすみも−うつもれて−はなのそこなる−みよしののやま


00027
未入力 (xxx)

桜花いくへかさねてみねの雲よしのの奥にたつね来にけり

さくらはな−いくへかさねて−みねのくも−よしののおくに−たつねきにけり


00028
未入力 (xxx)

徒に花やちるらん高円の尾上の宮の春のゆふくれ

いたつらに−はなやちるらむ−たかまとの−をのへのみやの−はるのゆふくれ


00029
未入力 (xxx)

よしの山花はかきりもなかりけりゆけともふかき峰の白雲

よしのやま−はなはかきりも−なかりけり−ゆけともふかき−みねのしらくも


00030
未入力 (xxx)

三芳野やこれよりおくの山桜にほひもふかし峰の白雲

みよしのや−これよりおくの−やまさくら−にほひもふかし−みねのしらくも


00031
未入力 (xxx)

みねふかき山さくらとのいたつらに明けぬくれぬと花そふりしく

みねふかき−やまさくらとの−いたつらに−あけぬくれぬと−はなそふりしく


00032
未入力 (xxx)

たつねすはたか名にたててふりなましみ山かくれの花の埋木

たつねすは−たかなにたてて−ふりなまし−みやまかくれの−はなのうもれき


00033
未入力 (xxx)

今よりやそれともわかむよしの山うつろふ花にかかる白雲

いまよりや−それともわかむ−よしのやま−うつろふはなに−かかるしらくも


00034
未入力 (xxx)

かすみこしたかまの桜あらはれてと山の花やけふのしらくも

かすみこし−たかまのさくら−あらはれて−とやまのはなや−けふのしらくも


00035
未入力 (xxx)

花にあかぬみちのまにまにたつぬれは山は吉野のおくものこらす

はなにあかぬ−みちのまにまに−たつぬれは−やまはよしのの−おくものこらす


00036
未入力 (xxx)

よしの山かすめる方の春風に木の下しらぬ花のかそする

よしのやま−かすめるかたの−はるかせに−このもとしらぬ−はなのかそする


00037
未入力 (xxx)

たれしめて花をみるらん白雲の絶えすたなひく峰の松かき

たれしめて−はなをみるらむ−しらくもの−たえすたなひく−みねのまつかき


00038
未入力 (xxx)

みよしのの山の霞や晴れぬらん花もあらはに行くあらしかな

みよしのの−やまのかすみや−はれぬらむ−はなもあらはに−ゆくあらしかな


00039
未入力 (xxx)

みよし野の山のあなたの桜花人にしられぬ人やみるらん

みよしのの−やまのあなたの−さくらはな−ひとにしられぬ−ひとやみるらむ


00040
未入力 (xxx)

桜さく深山はくもにうつもれて風のわたせる花のかけはし

さくらさく−みやまはくもに−うつもれて−かせのわたせる−はなのかけはし


00041
未入力 (xxx)

今はとて鴬かへる春雨にぬれてそ花の跡はみるへき

いまはとて−うくひすかへる−はるさめに−ぬれてそはなの−あとはみるへき


00042
未入力 (xxx)

夕日かけうつろふ山のいはつつししをるる色に春雨そふる

ゆふひかけ−うつろふやまの−いはつつし−しをるるいろに−はるさめそふる


00043
未入力 (xxx)

鴬のかへるふるすやたつぬらん雲にあまねき春雨の空

うくひすの−かへるふるすや−たつぬらむ−くもにあまねき−はるさめのそら


00044
未入力 (xxx)

なきとむる花や藤なみ鴬のしひてそきゐる雨にぬれつつ

なきとむる−はなやふちなみ−うくひすの−しひてそきゐる−あめにぬれつつ


00045
未入力 (xxx)

しをれにし花のなこりの色とめてほさしや袖に雨はふりつつ

しをれにし−はなのなこりの−いろとめて−ほさしやそてに−あめはふりつつ


00046
未入力 (xxx)

ぬれてをる藤の下陰露ちりて春はいくかの夕くれの雨

ぬれてをる−ふちのしたかけ−つゆちりて−はるはいくかの−ゆふくれのあめ


00047
未入力 (xxx)

大方の空にも春やをしむらん雲間も見えぬくれの雨かな

おほかたの−そらにもはるや−をしむらむ−くもまもみえぬ−くれのあめかな


00048
未入力 (xxx)

おなしくはぬるとも花の陰ならて青はの山に春雨そふる

おなしくは−ぬるともはなの−かけならて−あをはのやまに−はるさめそふる


00049
未入力 (xxx)

行く春のなこりの空やうき雲のおのれしをるる雨の夕暮

ゆくはるの−なこりのそらや−うきくもの−おのれしをるる−あめのゆふくれ


00050
未入力 (xxx)

此暮とたれにたのめて行く春のふれとも雨にさはらさるらん

このくれと−たれにたのめて−ゆくはるの−ふれともあめに−さはらさるらむ


00051
未入力 (xxx)

あすよりはおのか名にたにととまらししはしなはれそ春雨の空

あすよりは−おのかなにたに−ととまらし−しはしなはれそ−はるさめのそら


00052
未入力 (xxx)

けふのみとなかむはかりの夕くれにはては物うき春雨の空

けふのみと−なかむはかりの−ゆふくれに−はてはものうき−はるさめのそら


00053
未入力 (xxx)

花はみな木のもとしろく散りはてて枝もさひしく春雨そふる

はなはみな−このもとしろく−ちりはてて−えたもさひしく−はるさめそふる


00054
未入力 (xxx)

春雨にさくや藤なみむらさきに色こきたるる松の下露

はるさめに−さくやふちなみ−むらさきに−いろこきたるる−まつのしたつゆ


00055
未入力 (xxx)

時鳥いつれの山を出てかてによこ雲近きこゑ忍ふらん

ほとときす−いつれのやまを−いてかてに−よこくもちかき−こゑしのふらむ


00056
未入力 (xxx)

ほとときすやすらふよはの鐘の音に明行く山の月そのこれる

ほとときす−やすらふよはの−かねのおとに−あけゆくやまの−つきそのこれる


00057
未入力 (xxx)

時鳥いつるあなしの山かつら今や里人かけてまつらん

ほとときす−いつるあなしの−やまかつら−いまやさとひと−かけてまつらむ


00058
未入力 (xxx)

ほとときすさ月まつまの一こゑになきもふるさぬあり明の空

ほとときす−さつきまつまの−ひとこゑに−なきもふるさぬ−ありあけのそら


00059
未入力 (xxx)

ほとときす山のはならぬ一こゑをたたよひかぬるしののめのくも

ほとときす−やまのはならぬ−ひとこゑを−たたよひかぬる−しののめのくも


00060
未入力 (xxx)

なこりさヘをしみそあへぬ時鳥一こゑあかすあかすよの空

なこりさヘ−をしみそあへぬ−ほとときす−ひとこゑあかす−あかすよのそら


00061
未入力 (xxx)

たれか又山時鳥過きぬとてあり明の空の月をみるらん

たれかまた−やまほとときす−すきぬとて−ありあけのそらの−つきをみるらむ


00062
未入力 (xxx)

ほとときすまたやすらひの一こゑに天のとあくるしののめの空

ほとときす−またやすらひの−ひとこゑに−あまのとあくる−しののめのそら


00063
未入力 (xxx)

時鳥ねぬに明行く空よりもなこりそあかぬをちの一声

ほとときす−ねぬにあけゆく−そらよりも−なこりそあかぬ−をちのひとこゑ


00064
未入力 (xxx)

時鳥しはしかたらへみしか夜はあかつきとてもなこりやはある

ほとときす−しはしかたらへ−みしかよは−あかつきとても−なこりやはある


00065
未入力 (xxx)

うき物と思ひわすれん時鳥一こゑならぬ暁もかな

うきものと−おもひわすれむ−ほとときす−ひとこゑならぬ−あかつきもかな


00066
未入力 (xxx)

郭公おのれまちても有明のつれなく見えし月はかはらす

ほとときす−おのれまちても−ありあけの−つれなくみえし−つきはかはらす


00067
未入力 (xxx)

時鳥たた一こゑを鳴きすてて月につれなきあり明の空

ほとときす−たたひとこゑを−なきすてて−つきにつれなき−ありあけのそら


00068
未入力 (xxx)

郭公たた一声のやすらひにしはしはのこれあり明の月

ほとときす−たたひとこゑの−やすらひに−しはしはのこれ−ありあけのつき


00069
未入力 (xxx)

ほとときすたた一こゑのみしか夜にしはしなこりの暁もかな

ほとときす−たたひとこゑの−みしかよに−しはしなこりの−あかつきもかな


00070
未入力 (xxx)

時鳥いかにしのはん一こゑの行方見せぬ明くれの空

ほとときす−いかにしのはむ−ひとこゑの−ゆくすゑみせぬ−あけくれのそら


00071
未入力 (xxx)

あし引の山ほとときすこゑはして行かた見せぬ明くれの空

あしひきの−やまほとときす−こゑはして−ゆくかたみせぬ−あけくれのそら


00072
未入力 (xxx)

あまの戸をおしあけ方の時鳥横雲なからこゑそきえ行く

あまのとを−おしあけかたの−ほとときす−よこくもなから−こゑそきえゆく


00073
未入力 (xxx)

暁とおもはてしもやほとときすまた中空の月になくらん

あかつきと−おもはてしもや−ほとときす−またなかそらの−つきになくらむ


00074
未入力 (xxx)

郭公身をつむ鶴をあはれとや雲まにきゆるをちの一こゑ

ほとときす−みをつむつるを−あはれとや−くもまにきゆる−をちのひとこゑ


00075
未入力 (xxx)

吹きみたす玉江のあしのこす波の秋かせまたぬ袖そすすしき

ふきみたす−たまえのあしの−こすなみの−あきかせまたぬ−そてそすすしき


00076
未入力 (xxx)

夏草のしけれるかけをうつしてもむすふにあかぬ山の井の水

なつくさの−しけれるかけを−うつしても−むすふにあかぬ−やまのゐのみつ


00077
未入力 (xxx)

かりねせし玉江のあしにみかくれて秋のとなりのかせそすすしき

かりねせし−たまえのあしに−みかくれて−あきのとなりの−かせそすすしき


00078
未入力 (xxx)

夕は川夏行くなみのいは小菅ぬきもさためぬ玉そみたるる

ゆふはかは−なつゆくなみの−いはこすけ−ぬきもさためぬ−たまそみたるる


00079
未入力 (xxx)

ふしなれぬ玉江のあしを折りしきてむすふ夢ちの夜半そみしかき

ふしなれぬ−たまえのあしを−をりしきて−むすふゆめちの−よはそみしかき


00080
未入力 (xxx)

行く川の浪にしたかふみたれあしのさてもみきはははなれさりけり

ゆくかはの−なみにしたかふ−みたれあしの−さてもみきはは−はなれさりけり


00081
未入力 (xxx)

夏ふかくなりにけらしなすすしくもみきはのまこも末はなみよる

なつふかく−なりにけらしな−すすしくも−みきはのまこも−すゑはなみよる


00082
未入力 (xxx)

はつせ河わたる瀬よりも又ふかしみきはにたてる杉の下草

はつせかは−わたるせよりも−またふかし−みきはにたてる−すきのしたくさ


00083
未入力 (xxx)

夕暮はみつのみまきにかる草のつかのまはかりかよふ秋かせ

ゆふくれは−みつのみまきに−かるくさの−つかのまはかり−かよふあきかせ


00084
未入力 (xxx)

春きてもあらはに見えし玉桙の野沢のし水草かくれつつ

はるきても−あらはにみえし−たまほこの−のさはのしみつ−くさかくれつつ


00085
未入力 (xxx)

夏草にかくれてすみしぬま水のは末にこゆる五月雨の比

なつくさに−かくれてすみし−ぬまみつの−はすゑにこゆる−さみたれのころ


00086
未入力 (xxx)

露にふす草のしけみにかくろへて行方見えぬのちの玉川

つゆにふす−くさのしけみに−かくろへて−ゆくすゑみえぬ−のちのたまかは


00087
未入力 (xxx)

くみてしる人やなからん夏草のしけみにしつむゐての玉川

くみてしる−ひとやなからむ−なつくさの−しけみにしつむ−ゐてのたまかは


00088
未入力 (xxx)

たき川や落ちてみたるる玉ささのはわけすすしき水の色かな

たきかはや−おちてみたるる−たまささの−はわけすすしき−みつのいろかな


00089
未入力 (xxx)

くみに行く野中の清水しる人もわするはかりにしける夏草

くみにゆく−のなかのしみつ−しるひとも−わするはかりに−しけるなつくさ


00090
未入力 (xxx)

さみたれのふるやよとののあやめ草引く手にこゆるせせのしら波

さみたれの−ふるやよとのの−あやめくさ−ひくてにこゆる−せせのしらなみ


00091
未入力 (xxx)

夏ふかき野沢の草のみかくれて下葉朽行く五月雨の比

なつふかき−のさはのくさの−みかくれて−したはくちゆく−さみたれのころ


00092
未入力 (xxx)

夏の池のみきはすすしき松かけのあさちもあをき庭の色かな

なつのいけの−みきはすすしき−まつかけの−あさちもあをき−にはのいろかな


00093
未入力 (xxx)

瀬をはやみ岩間もほそき谷川に草のかけたる水のしからみ

せをはやみ−いはまもほそき−たにかはに−くさのかけたる−みつのしからみ


00094
未入力 (xxx)

山川にいはこす浪のありま菅おのつからおく露そみたるる

やまかはに−いはこすなみの−ありますけ−おのつからおく−つゆそみたるる


00095
未入力 (xxx)

たかための涙なるらん夕くれの籬の露に秋はきにけり

たかための−なみたなるらむ−ゆふくれの−まかきのつゆに−あきはきにけり


00096
未入力 (xxx)

秋かせに夕やつらき露やおく袖も草はもしをれてそふる

あきかせに−ゆふへやつらき−つゆやおく−そてもくさはも−しをれてそふる


00097
未入力 (xxx)

夕くれの草の庵の秋の袖ならはぬ人やしほらてもみん

ゆふくれの−くさのいほりの−あきのそて−ならはぬひとや−しほらてもみむ


00098
未入力 (xxx)

秋風もはらひそやらぬくるる野の草はの数における白露

あきかせも−はらひそやらぬ−くるるのの−くさはのかすに−おけるしらつゆ


00099
未入力 (xxx)

夕暮の袖にしをるる嵐かな草はのほかの露や数そふ

ゆふくれの−そてにしをるる−あらしかな−くさはのほかの−つゆやかすそふ


00100
未入力 (xxx)

夕されはたもとにふかくおく露のもろきならひに秋かせそふく

ゆふされは−たもとにふかく−おくつゆの−もろきならひに−あきかせそふく


00101
未入力 (xxx)

うつり行く心の色もかはるらん秋の夕の萩の上の露

うつりゆく−こころのいろも−かはるらむ−あきのゆふへの−はきのうへのつゆ


00102
未入力 (xxx)

我か袖の露ふきとほす秋風も夕されよりや色をしるらん

わかそての−つゆふきとほす−あきかせも−ゆふされよりや−いろをしるらむ


00103
未入力 (xxx)

たか秋をうらむともなき夕くれも身をしる袖に露そこほるる

たかあきを−うらむともなき−ゆふくれも−みをしるそてに−つゆそこほるる


00104
未入力 (xxx)

草のはら風まつほとの夕くれをわか物かほにおける白露

くさのはら−かせまつほとの−ゆふくれを−わかものかほに−おけるしらつゆ


00105
未入力 (xxx)

おく露になひく草はのおもけれは吹くともみえぬ秋の夕風

おくつゆに−なひくくさはの−おもけれは−ふくともみえぬ−あきのゆふかせ


00106
未入力 (xxx)

吹きはらふ野はらの風の夕くれも袖にそとまる秋の白露

ふきはらふ−のはらのかせの−ゆふくれも−そてにそとまる−あきのしらつゆ


00107
未入力 (xxx)

まくすはらうら葉もしろく乱れつつかせのままなる秋の夕露

まくすはら−うらはもしろく−みたれつつ−かせのままなる−あきのゆふつゆ


00108
未入力 (xxx)

秋風の夕日かくれのふもとより露見えそはぬ草のはそなき

あきかせの−ゆふひかくれの−ふもとより−つゆみえそはぬ−くさのはそなき


00109
未入力 (xxx)

あさちふのをののしのはら数ことに露をさかりの秋の夕暮

あさちふの−をののしのはら−かすことに−つゆをさかりの−あきのゆふくれ


00110
未入力 (xxx)

夕されは風まつほとの露にまたなひきはてぬる野への萩原

ゆふされは−かせまつほとの−つゆにまた−なひきはてぬる−のへのはきはら


00111
未入力 (xxx)

くるしさははらひもはてす秋の田のかりほのいほのとまの白露

くるしさは−はらひもはてす−あきのたの−かりほのいほの−とまのしらつゆ


00112
未入力 (xxx)

なく鹿の涙にまかふ夕かなおのかすむのの秋のしら露

なくしかの−なみたにまかふ−ゆふへかな−おのかすむのの−あきのしらつゆ


00113
未入力 (xxx)

ささかにの手引のいともたゆむらん草の露ふく秋の夕風

ささかにの−てひきのいとも−たゆむらむ−くさのつゆふく−あきのゆふかせ


00114
未入力 (xxx)

み山には夕きりつもるささのはのそれかとはかりおけるしら露

みやまには−ゆふきりつもる−ささのはの−それかとはかり−おけるしらつゆ


00115
未入力 (xxx)

長きよのしもの衣をうちわひてねぬ人しるきあさちふの宿

なかきよの−しものころもを−うちわひて−ねぬひとしるき−あさちふのやと


00116
未入力 (xxx)

蝉のはのよるのあらしやさむからん暁ふかく衣うつなり

せみのはの−よるのあらしや−さむからむ−あかつきふかく−ころもうつなり


00117
未入力 (xxx)

情なく吹く秋かせそをしふらんこぬよの床に衣うてとは

なさけなく−ふくあきかせそ−をしふらむ−こぬよのとこに−ころもうてとは


00118
未入力 (xxx)

あさ衣おもふになにの色もあらしとうつや夜ふかき音そ身にしむ

あさころも−おもふになにの−いろもあらしと−うつやよふかき−おとそみにしむ


00119
未入力 (xxx)

長き夜を我さヘねてそから衣たかうつこゑにあくるしののめ

なかきよを−われさヘねてそ−からころも−たかうつこゑに−あくるしののめ


00120
未入力 (xxx)

さえにけり涙もいまやもろこしの秋の心にうつ衣かな

さえにけり−なみたもいまや−もろこしの−あきのこころに−うつころもかな


00121
未入力 (xxx)

なかき夜に秋のはつ霜おきあかしあさのさ衣うちしらむなり

なかきよに−あきのはつしも−おきあかし−あさのさころも−うちしらむなり


00122
未入力 (xxx)

きく人も身にしむはかりうちわひぬいかなる色の衣なるらん

きくひとも−みにしむはかり−うちわひぬ−いかなるいろの−ころもなるらむ


00123
未入力 (xxx)

こぬさとも秋をいそかす風の音もねぬよかさねて衣うつなり

こぬさとも−あきをいそかす−かせのおとも−ねぬよかさねて−ころもうつなり


00124
未入力 (xxx)

秋かせや身にさむからんなか月のくるる夜ことに衣うつなり

あきかせや−みにさむからむ−なかつきの−くるるよことに−ころもうつなり


00125
未入力 (xxx)

今よりの身にしむはかり吹く風にたゆまぬ物と衣うつなり

いまよりの−みにしむはかり−ふくかせに−たゆまぬものと−ころもうつなり


00126
未入力 (xxx)

なかき夜の暁かたの木からしにねさめもしるく衣うつなり

なかきよの−あかつきかたの−こからしに−ねさめもしるく−ころもうつなり


00127
未入力 (xxx)

長月やねさめよさむになるままにのこるさとなく衣うつなり

なかつきや−ねさめよさむに−なるままに−のこるさとなく−ころもうつなり


00128
未入力 (xxx)

さ夜ころもうちねぬおともあはれなり秋の思ひをたのむ枕に

さよころも−うちねぬおとも−あはれなり−あきのおもひを−たのむまくらに


00129
未入力 (xxx)

うつままに衣やうすく成りぬらんきむたにちかさつちの音かな

うつままに−ころもやうすく−なりぬらむ−きむたにちかさ−つちのおとかな


00130
未入力 (xxx)

たかやとそまつ秋かせを身にしめて夜さむの衣うちはしむらん

たかやとそ−まつあきかせを−みにしめて−よさむのころも−うちはしむらむ


00131
未入力 (xxx)

さゆるよのうらかせいかにさむからんあまのをとめも衣うつなり

さゆるよの−うらかせいかに−さむからむ−あまのをとめも−ころもうつなり


00132
未入力 (xxx)

あしひきのみ山おろしにたくふなりふもとの里に衣うつこゑ

あしひきの−みやまおろしに−たくふなり−ふもとのさとに−ころもうつこゑ


00133
未入力 (xxx)

秋かせはいたらぬ袖もなきものをたかさとよりか衣うつらん

あきかせは−いたらぬそても−なきものを−たかさとよりか−ころもうつらむ


00134
未入力 (xxx)

ふけぬるか此里人はおともせて外山のいほに衣うつなり

ふけぬるか−このさとひとは−おともせて−とやまのいほに−ころもうつなり


00135
未入力 (xxx)

露しけきまかきの山となけれともしをれにけりな秋の紅葉は

つゆしけき−まかきのやまと−なけれとも−しをれにけりな−あきのもみちは


00136
未入力 (xxx)

木すゑにはしくるるほとの色もなしあらしにおつる庭の紅葉は

こすゑには−しくるるほとの−いろもなし−あらしにおつる−にはのもみちは


00137
未入力 (xxx)

もる山も木の下まてそしくるなりわか袖のこせ軒の紅葉は

もるやまも−このもとまてそ−しくるなり−わかそてのこせ−のきのもみちは


00138
未入力 (xxx)

しくるなりとはぬさと人見るはかり庭の梢に秋をのこすな

しくるなり−とはぬさとひと−みるはかり−にはのこすゑに−あきをのこすな


00139
未入力 (xxx)

おとつれし時雨もよわる梢より庭のあらしの色そふり行く

おとつれし−しくれもよわる−こすゑより−にはのあらしの−いろそふりゆく


00140
未入力 (xxx)

初時雨ふるきまかきの夕暮にぬれてこかるる秋の紅葉は

はつしくれ−ふるきまかきの−ゆふくれに−ぬれてこかるる−あきのもみちは


00141
未入力 (xxx)

紅葉はのこかれて見ゆる木末かな衛士のたくひのよるはもえつつ

もみちはの−こかれてみゆる−こすゑかな−ゑしのたくひの−よるはもえつつ


00142
未入力 (xxx)

しくれつつ木のはのおつる庭のおもにつもるあはれも色まさりつつ

しくれつつ−このはのおつる−にはのおもに−つもるあはれも−いろまさりつつ


00143
未入力 (xxx)

秋をへてかはらぬ庭の松かせによその紅葉の色そしくるる

あきをへて−かはらぬにはの−まつかせに−よそのもみちの−いろそしくるる


00144
未入力 (xxx)

紅葉はのちりなむ後や庭の面のみとりも□□□秋の山さと

もみちはの−ちりなむのちや−にはのおもの−みとりも□□□−あきのやまさと


00145
未入力 (xxx)

紅葉ははみちもなきまて成りにけり時雨れし後の庭の秋かせ

もみちはは−みちもなきまて−なりにけり−しくれしのちの−にはのあきかせ


00146
未入力 (xxx)

時雨こそ庭の木すゑもそめつらめ立田の山もよその秋かは

しくれこそ−にはのこすゑも−そめつらめ−たつたのやまも−よそのあきかは


00147
未入力 (xxx)

時雨たにまたせぬ庭のはつ紅葉暁かけて霜やおくらん

しくれたに−またせぬにはの−はつもみち−あかつきかけて−しもやおくらむ


00148
未入力 (xxx)

あかねさすあさひもしらぬ山かけに庭のひかりは紅葉なりけり

あかねさす−あさひもしらぬ−やまかけに−にはのひかりは−もみちなりけり


00149
未入力 (xxx)

霜をまつ軒はの紅葉またちらてあらしそおつる庭の朽はに

しもをまつ−のきはのもみち−またちらて−あらしそおつる−にはのくちはに


00150
未入力 (xxx)

おなしえをわきけん色のみゆるかな夕日うつろふ庭のもみちは

おなしえを−わきけむいろの−みゆるかな−ゆふひうつろふ−にはのもみちは


00151
未入力 (xxx)

しくれけるやとの梢の紅葉はに色ふきわくる庭の秋かせ

しくれける−やとのこすゑの−もみちはに−いろふきわくる−にはのあきかせ


00152
未入力 (xxx)

山さとの庭のまゆみのうす紅葉しくるともなき秋の色かな

やまさとの−にはのまゆみの−うすもみち−しくるともなき−あきのいろかな


00153
未入力 (xxx)

山さとはとはぬ人めも紅葉はもかねてうつろふ秋のゆふ暮

やまさとは−とはぬひとめも−もみちはも−かねてうつろふ−あきのゆふくれ


00154
未入力 (xxx)

しくるなりまかきの山のうす紅葉ころもてかけて色に出てつつ

しくるなり−まかきのやまの−うすもみち−ころもてかけて−いろにいてつつ


00155
未入力 (xxx)

久堅のあまつ川かせこほるらし月のみそらの雲もさえつつ

ひさかたの−あまつかはかせ−こほるらし−つきのみそらの−くももさえつつ


00156
未入力 (xxx)

きふね川ゆく瀬の月もさゆる夜にうへこす玉はあられなりけり

きふねかは−ゆくせのつきも−さゆるよに−うへこすたまは−あられなりけり


00157
未入力 (xxx)

あまの川こほりによとむかけさえて行かたおそき月そ久しき

あまのかは−こほりによとむ−かけさえて−ゆくかたおそき−つきそひさしき


00158
未入力 (xxx)

みそらゆく月より北の谷かせに人にしられてあられふるなり

みそらゆく−つきよりきたの−たにかせに−ひとにしられて−あられふるなり


00159
未入力 (xxx)

さえわひてはらへは袖のさむしろになほ霜ふかき月そのこれる

さえわひて−はらへはそての−さむしろに−なほしもふかき−つきそのこれる


00160
未入力 (xxx)

袖におく霜よのかねのうちとけてあとは涙にこほる月影

そてにおく−しもよのかねの−うちとけて−あとはなみたに−こほるつきかけ


00161
未入力 (xxx)

ももしきやいくよかさねてみかは水こほりをむすふ冬のよの月

ももしきや−いくよかさねて−みかはみつ−こほりをむすふ−ふゆのよのつき


00162
未入力 (xxx)

月かけのきよきかはらの霜のうへにたれあととへる千鳥鳴くらん

つきかけの−きよきかはらの−しものうへに−たれあととへる−ちとりなくらむ


00163
未入力 (xxx)

おく霜はそれとわくへき色もなし月そさえ行く小野のあさちふ

おくしもは−それとわくへき−いろもなし−つきそさえゆく−をののあさちふ


00164
未入力 (xxx)

ささの葉の夜ふかき霜やこほるらん月もあらしもさえまさるかな

ささのはの−よふかきしもや−こほるらむ−つきもあらしも−さえまさるかな


00165
未入力 (xxx)

むら雲はよそなる陰も時雨れけり嵐ふく夜の山の端の月

むらくもは−よそなるかけも−しくれけり−あらしふくよの−やまのはのつき


00166
未入力 (xxx)

さえくらし霰ふるよの袖のうへにうらむる月そ千千にくたくる

さえくらし−あられふるよの−そてのうへに−うらむるつきそ−ちちにくたくる


00167
未入力 (xxx)

かささきのわたせる橋もさえぬらん袖に霜おく長き夜の月

かささきの−わたせるはしも−さえぬらむ−そてにしもおく−なかきよのつき


00168
未入力 (xxx)

山のはに雲もまかはぬ秋よりも時雨をいつるいさよひの月

やまのはに−くももまかはぬ−あきよりも−しくれをいつる−いさよひのつき


00169
未入力 (xxx)

時雨れつるみねの村雲たえたえにあらはれわたる冬のよの月

しくれつる−みねのむらくも−たえたえに−あらはれわたる−ふゆのよのつき


00170
未入力 (xxx)

夜をさむみ氷りにけりな水の面にうつるともなき池の月影

よをさむみ−こほりにけりな−みつのおもに−うつるともなき−いけのつきかけ


00171
未入力 (xxx)

霜こほる有明の月もとふとりのあすかの川せいかにさゆらん

しもこほる−ありあけのつきも−とふとりの−あすかのかはせ−いかにさゆらむ


00172
未入力 (xxx)

むは玉のよるはかさねてさえけらしかれ野の草の霜のうへの月

むはたまの−よるはかさねて−さえけらし−かれののくさの−しものうへのつき


00173
未入力 (xxx)

山かせに時雨やとほく成りぬらん雲にたまらぬ有明の月

やまかせに−しくれやとほく−なりぬらむ−くもにたまらぬ−ありあけのつき


00174
未入力 (xxx)

つれつれと夜わたる月のおのつから霜にやとかるかささきの橋

つれつれと−よわたるつきの−おのつから−しもにやとかる−かささきのはし


00175
未入力 (xxx)

秋の色はさそひはてたる雪のうちにおとものこらぬ木からしの杜

あきのいろは−さそひはてたる−ゆきのうちに−おとものこらぬ−こからしのもり


00176
未入力 (xxx)

木からしのもりのおち葉におく霜の色なき色をうつむしら雪

こからしの−もりのおちはに−おくしもの−いろなきいろを−うつむしらゆき


00177
未入力 (xxx)

はつ雪のいのるやなにの手向していそくいはたの杜の白ゆふ

はつゆきの−いのるやなにの−たむけして−いそくいはたの−もりのしらゆふ


00178
未入力 (xxx)

冬枯はこのはへたてすふる雪のもりのやしろはうつもれにけり

ふゆかれは−このはへたてす−ふるゆきの−もりのやしろは−うつもれにけり


00179
未入力 (xxx)

山姫のなほゆふかくる色なれや雪のふりはのもりの下葉は

やまひめの−なほゆふかくる−いろなれや−ゆきのふりはの−もりのしたはは


00180
未入力 (xxx)

おほあらきのもりの下草うつもれて雪そふかくは成りまさりける

おほあらきの−もりのしたくさ−うつもれて−ゆきそふかくは−なりまさりける


00181
未入力 (xxx)

かせさやくもりのおち葉のおともせす夜はの白雪いくへかさねつ

かせさやく−もりのおちはの−おともせす−よはのしらゆき−いくへかさねつ


00182
未入力 (xxx)

問ふ人も秋風まてそまたれけるいくたの杜の雪のゆふ暮

とふひとも−あきかせまてそ−またれける−いくたのもりの−ゆきのゆふくれ


00183
未入力 (xxx)

秋の色をはらふと見えし木からしの杜の梢は雪もたまらす

あきのいろを−はらふとみえし−こからしの−もりのこすゑは−ゆきもたまらす


00184
未入力 (xxx)

くれてゆくとしもいまはとふる雪にいとと思ひそもりの下草

くれてゆく−としもいまはと−ふるゆきに−いととおもひそ−もりのしたくさ


00185
未入力 (xxx)

雪も又とはれぬままにふりしきぬいく田の杜の冬のゆふ暮

ゆきもまた−とはれぬままに−ふりしきぬ−いくたのもりの−ふゆのゆふくれ


00186
未入力 (xxx)

あた人の立ちよるあとものこりけり野中のもりの雪の夕暮

あたひとの−たちよるあとも−のこりけり−のなかのもりの−ゆきのゆふくれ


00187
未入力 (xxx)

ちりつもる木のはにたにもうつもれし杜の下草雪ふりにけり

ちりつもる−このはにたにも−うつもれし−もりのしたくさ−ゆきふりにけり


00188
未入力 (xxx)

色わかぬこすゑの雪のつもるにも常盤の杜の陰はみえけり

いろわかぬ−こすゑのゆきの−つもるにも−ときはのもりの−かけはみえけり


00189
未入力 (xxx)

かねてたに冬にうつろふ神なひのもりの梢につもる白雪

かねてたに−ふゆにうつろふ−かみなひの−もりのこすゑに−つもるしらゆき


00190
未入力 (xxx)

ふる雪に野へはさなからうつもれて猶あとのこるもりの下道

ふるゆきに−のへはさなから−うつもれて−なほあとのこる−もりのしたみち


00191
未入力 (xxx)

山風は梢はかりやはらふらん下草しらぬもりのしらゆき

やまかせは−こすゑはかりや−はらふらむ−したくさしらぬ−もりのしらゆき


00192
未入力 (xxx)

神なひの杜の木からしこゑもなし下草かけておもるしらゆき

かみなひの−もりのこからし−こゑもなし−したくさかけて−おもるしらゆき


00193
未入力 (xxx)

明けわたるけしきのもりにたつさきのうは毛にふかく雪はふりつつ

あけわたる−けしきのもりに−たつさきの−うはけにふかく−ゆきはふりつつ


00194
未入力 (xxx)

木からしのもりの梢もつもり行くよころの雪をみやははらはぬ

こからしの−もりのこすゑも−つもりゆく−よころのゆきを−みやははらはぬ