[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

石清水若宮歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名石清水若宮歌合 
作品集名読みいわしみずわかみやうたあわせ 
作成年月日寛喜四年三月廿五日(1232年4月17日)
場所石清水若宮 (いわしみずわかみや)

00001
未入力 (xxx)

わたりする河瀬の霞立ちなれて藤なみかさす雲の上人

わたりする−かはせのかすみ−たちなれて−ふちなみかさす−くものうへひと


00002
未入力 (xxx)

橋姫の袖の朝霜なほさえてかすみ吹きこすうちの河風

はしひめの−そてのあさしも−なほさえて−かすみふきこす−うちのかはかせ


00003
未入力 (xxx)

河船のゆききの跡も白浪の音さへかすむ春のあけほの

かはふねの−ゆききのあとも−しらなみの−おとさへかすむ−はるのあけほの


00004
未入力 (xxx)

あすか河よとまぬ水も霞みつつ心有りとやはるは見ゆらむ

あすかかは−よとまぬみつも−かすみつつ−こころありとや−はるはみゆらむ


00005
未入力 (xxx)

行きかへりみつのかは長さす棹のみなれし跡もかすむ春かな

ゆきかへり−みつのかはをさ−さすさをの−みなれしあとも−かすむはるかな


00006
未入力 (xxx)

立ちわたる霞の衣春きても浪風さむきよとの川長

たちわたる−かすみのころも−はるきても−なみかせさむき−よとのかはをさ


00007
未入力 (xxx)

わたり船それともみえす朝ほらけみつ野をかけてかすむ河浪

わたりふね−それともみえす−あさほらけ−みつのをかけて−かすむかはなみ


00008
未入力 (xxx)

朝日影さすや霞の立田川かは水くくるはるのくれなゐ

あさひかけ−さすやかすみの−たつたかは−かはみつくくる−はるのくれなゐ


00009
未入力 (xxx)

明けわたる川瀬の浪に立つ煙やかてもふかくかすむ空かな

あけわたる−かはせのなみに−たつけふり−やかてもふかく−かすむそらかな


00010
未入力 (xxx)

春霞うきてなかるる柴舟の跡さへみえぬ宇治の河浪

はるかすみ−うきてなかるる−しはふねの−あとさへみえぬ−うちのかはなみ


00011
未入力 (xxx)

春くれは霞の衣立田川あらへとぬれぬ浪そかけける

はるくれは−かすみのころも−たつたかは−あらへとぬれぬ−なみそかけける


00012
未入力 (xxx)

したさわく高瀬の川の浪間より露むや袖のみなとなるらん

したさわく−たかせのかはの−なみまより−つゆむやそての−みなとなるらむ


00013
未入力 (xxx)

あすか川行瀬の浪に春たちて昨日もけふもかすむふるさと

あすかかは−ゆくせのなみに−はるたちて−きのふもけふも−かすむふるさと


00014
未入力 (xxx)

春の色はそれともみえす立田河霞をくくる瀬瀬の岩なみ

はるのいろは−それともみえす−たつたかは−かすみをくくる−せせのいはなみ


00015
未入力 (xxx)

かすむ日は消えこそ渡れ谷川の氷りし水の浪のはつはな

かすむひは−きえこそわたれ−たにかはの−こほりしみつの−なみのはつはな


00016
未入力 (xxx)

水上や岸の柳のふかみとり霞のみをのしるしなりけり

みなかみや−きしのやなきの−ふかみとり−かすみのみをの−しるしなりけり


00017
未入力 (xxx)

秋よりも花のにしきの立田川霞みわたれとなかそ絶えせぬ

あきよりも−はなのにしきの−たつたかは−かすみわたれと−なかそたえせぬ


00018
未入力 (xxx)

春といへはかすみにけりな絶えす行くあすかの河の末みえぬまて

はるといへは−かすみにけりな−たえすゆく−あすかのかはの−すゑみえぬまて


00019
未入力 (xxx)

朝またき霞のみをも白浪の竜田の川をわたるかち人

あさまたき−かすみのみをも−しらなみの−たつたのかはを−わたるかちひと


00020
未入力 (xxx)

とほつかはをちかた人やまよふらん霞の間より袖そちかつく

とほつかは−をちかたひとや−まよふらむ−かすみのまより−そてそちかつく


00021
未入力 (xxx)

高せ船ゆききはみえす霞めとも声はへたてぬ淀の川長

たかせふね−ゆききはみえす−かすめとも−こゑはへたてぬ−よとのかはをさ


00022
未入力 (xxx)

さはた川霞の袖はそれなから下にふかめて春そ暮行く

さはたかは−かすみのそては−それなから−したにふかめて−はるそくれゆく


00023
未入力 (xxx)

高せさす淀のわたりは道絶えてまた夜深きに立つ霞かな

たかせさす−よとのわたりは−みちたえて−またよふかきに−たつかすみかな


00024
未入力 (xxx)

我か身よにたつせそしらぬ飛鳥川霞は深き淵となれとも

わかみよに−たつせそしらぬ−あすかかは−かすみはふかき−ふちとなれとも


00025
未入力 (xxx)

吉野川すくる岩なみ高けれとかすめる比は下くくるなり

よしのかは−すくるいはなみ−たかけれと−かすめるころは−したくくるなり


00026
未入力 (xxx)

あさなあさな浮きて霞の思川なほ晴れやらて有る世なりけり

あさなあさな−うきてかすみの−おもひかは−なほはれやらて−あるよなりけり


00027
未入力 (xxx)

心あてにむかひの里やなかむらん霞をわたる淀の川船

こころあてに−むかひのさとや−なかむらむ−かすみをわたる−よとのかはふね


00028
未入力 (xxx)

もののふのやそうち川や霞むらん行へもみえすせせのあしろ木

もののふの−やそうちかはや−かすむらむ−ゆくへもみえす−せせのあしろき


00029
未入力 (xxx)

遠近のゆききも遠くなるままに霞わかるろよとの川船

をちこちの−ゆききもとほく−なるままに−かすみわかるろ−よとのかはふね


00030
未入力 (xxx)

山風や霞ふきなかせ吉野川しらゆふ花の色そくもれる

やまかせや−かすみふきなかせ−よしのかは−しらゆふはなの−いろそくもれる


00031
未入力 (xxx)

吉野川はやくも春やなかるらん音さへかすむせせの岩浪

よしのかは−はやくもはるや−なかるらむ−おとさへかすむ−せせのいはなみ


00032
未入力 (xxx)

きよくすむ水の心やみわ河の波も霞の衣たつらん

きよくすむ−みつのこころや−みわかはの−なみもかすみの−ころもたつらむ


00033
未入力 (xxx)

おしなへて霞の衣たつた川春の色とや浪もおるらん

おしなへて−かすみのころも−たつたかは−はるのいろとや−なみもおるらむ


00034
未入力 (xxx)

音羽川せきいれし人の心まてかすめは見えぬはるの曙

おとはかは−せきいれしひとの−こころまて−かすめはみえぬ−はるのあけほの


00035
未入力 (xxx)

たのみこしみ山の桜けふやみる我か身夕の春のひかりを

たのみこし−みやまのさくら−けふやみる−わかみゆふへの−はるのひかりを


00036
未入力 (xxx)

月影もうつろふ花にかはる色の夕を春もみよし野の山

つきかけも−うつろふはなに−かはるいろの−ゆふへをはるも−みよしののやま


00037
未入力 (xxx)

尋ねても花の山辺はあかなくにいる日をかへす道をしらはや

たつねても−はなのやまへは−あかなくに−いるひをかへす−みちをしらはや


00038
未入力 (xxx)

くれぬとて雲に一よの宿とへは花こそあるしみよしのの山

くれぬとて−くもにひとよの−やととへは−はなこそあるし−みよしののやま


00039
未入力 (xxx)

まてしはし花下かけの夕つくひうつろふ雲にくるる山かせ

まてしはし−はなしたかけの−ゆふつくひ−うつろふくもに−くるるやまかせ


00040
未入力 (xxx)

桜色の雲のはたての山風に花の錦のぬきやみたれむ

さくらいろの−くものはたての−やまかせに−はなのにしきの−ぬきやみたれむ


00041
未入力 (xxx)

山のはも夕日のとけき白雲のにほふは春の花さかりかも

やまのはも−ゆふひのとけき−しらくもの−にほふははるの−はなさかりかも


00042
未入力 (xxx)

けふも又とよらの鐘の入相に花にやととふかつらきの山

けふもまた−とよらのかねの−いりあひに−はなにやととふ−かつらきのやま


00043
未入力 (xxx)

なかしとは花まつ程や山桜日をすかのねにくらしわひけむ

なかしとは−はなまつほとや−やまさくら−ひをすかのねに−くらしわひけむ


00044
未入力 (xxx)

三吉野の里もとははや山さくら夕ゐる雲に色そうつろふ

みよしのの−さともとははや−やまさくら−ゆふゐるくもに−いろそうつろふ


00045
未入力 (xxx)

山人の峰の桜ををりそへてかへるかさしもにほふはる風

やまひとの−みねのさくらを−をりそへて−かへるかさしも−にほふはるかせ


00046
未入力 (xxx)

なかき日そさかりは見ゆる山桜夕ゐるまての雲にまかへて

なかきひそ−さかりはみゆる−やまさくら−ゆふゐるまての−くもにまかへて


00047
未入力 (xxx)

あすもこむ風しつかなる三吉野の山の桜はけふくれぬとも

あすもこむ−かせしつかなる−みよしのの−やまのさくらは−けふくれぬとも


00048
未入力 (xxx)

桜かり山路もくれぬさらすとてやとらさるへき花の陰かは

さくらかり−やまちもくれぬ−さらすとて−やとらさるへき−はなのかけかは


00049
未入力 (xxx)

待つ人にとはれぬ山の桜花あたなるなにや日をくらすらん

まつひとに−とはれぬやまの−さくらはな−あたなるなにや−ひをくらすらむ


00050
未入力 (xxx)

夕月夜ほのかにかかる山のはのあかても花にやとりぬるかな

ゆふつくよ−ほのかにかかる−やまのはの−あかてもはなに−やとりぬるかな


00051
未入力 (xxx)

桜かりなほ行く山の遠けれはくるとも花にやとはさためし

さくらかり−なほゆくやまの−とほけれは−くるともはなに−やとはさためし


00052
未入力 (xxx)

尋ねみる花もなこりやしたふらんくるるもしらす匂ふ山風

たつねみる−はなもなこりや−したふらむ−くるるもしらす−にほふやまかせ


00053
未入力 (xxx)

音羽山夕ゐる雲を吹く風にさく程見ゆる花さくらかな

おとはやま−ゆふゐるくもを−ふくかせに−さくほとみゆる−はなさくらかな


00054
未入力 (xxx)

いたつらに匂ふもつらし心なきいはきの山の花の夕はえ

いたつらに−にほふもつらし−こころなき−いはきのやまの−はなのゆふはえ


00055
未入力 (xxx)

いさやさは花咲く山にやとしめて夕いそかむかたとくらさん

いさやさは−はなさくやまに−やとしめて−ゆふへいそかむ−かたとくらさむ


00056
未入力 (xxx)

よしの山暮れなはなけの花はあれといつらは春のなかしてふ日は

よしのやま−くれなはなけの−はなはあれと−いつらははるの−なかしてふひは


00057
未入力 (xxx)

此里は桜そちかきみなせ山ほとはむかひの夕暮の空

このさとは−さくらそちかき−みなせやま−ほとはむかひの−ゆふくれのそら


00058
未入力 (xxx)

越えやらぬ心そしるき夕くれのまかきの山の花の下かけ

こえやらぬ−こころそしるき−ゆふくれの−まかきのやまの−はなのしたかけ


00059
未入力 (xxx)

山桜たたけふのまの風にたに夕や花のさかりすくらむ

やまさくら−たたけふのまの−かせにたに−ゆふへやはなの−さかりすくらむ


00060
未入力 (xxx)

暮れぬとて花にもかへるともは有りとよしみむ人はみよしのの山

くれぬとて−はなにもかへる−ともはありと−よしみむひとは−みよしののやま


00061
未入力 (xxx)

初瀬山夕日のちかくなるままに峰より花の色そうつろふ

はつせやま−ゆふひのちかく−なるままに−みねよりはなの−いろそうつろふ


00062
未入力 (xxx)

なかめやる雲のはたても匂ふらんたかまの峰のはなの盛は

なかめやる−くものはたても−にほふらむ−たかまのみねの−はなのさかりは


00063
未入力 (xxx)

山陰のたそかれ時の花の色はおるまてなから雲とみえつつ

やまかけの−たそかれときの−はなのいろは−おるまてなから−くもとみえつつ


00064
未入力 (xxx)

ちりつもる桜にうつむ山の井のあかてもくるる花の色かな

ちりつもる−さくらにうつむ−やまのゐの−あかてもくるる−はなのいろかな


00065
未入力 (xxx)

しはしとてたつこの本と思へとも花にくらしつしかの山越

しはしとて−たつこのもとと−おもへとも−はなにくらしつ−しかのやまこえ


00066
未入力 (xxx)

よそにたつ高間の雲の色まても桜になりぬ夕くれの空

よそにたつ−たかまのくもの−いろまても−さくらになりぬ−ゆふくれのそら


00067
未入力 (xxx)

故郷はさもくれかたき春の日の花にすくなきみよしのの山

ふるさとは−さもくれかたき−はるのひの−はなにすくなき−みよしののやま


00068
未入力 (xxx)

桜さく春にしなれは山のはに夕をそめぬ雲そかかれる

さくらさく−はるにしなれは−やまのはに−ゆふへをそめぬ−くもそかかれる


00069
未入力 (xxx)

なかきよといたたく雪も有りふれはあふくちかひの恵なりけり

なかきよと−いたたくゆきも−ありふれは−あふくちかひの−めくみなりけり


00070
未入力 (xxx)

たのみこし心にもすめ石清水むかしの袖の影やとすまて

たのみこし−こころにもすめ−いはしみつ−むかしのそての−かけやとすまて


00071
未入力 (xxx)

なかきよをかねてそいのる石清水やとれる月のもとの光に

なかきよを−かねてそいのる−いはしみつ−やとれるつきの−もとのひかりに


00072
未入力 (xxx)

男山さかゆく時のいかならむたたよをわたる道そくるしき

をとこやま−さかゆくときの−いかならむ−たたよをわたる−みちそくるしき


00073
未入力 (xxx)

思ひやる契もふかし石清水みとせの花を外にかささて

おもひやる−ちきりもふかし−いはしみつ−みとせのはなを−ほかにかささて


00074
未入力 (xxx)

あはれ我君にまかせてみつかきのひさしく物を思はすもかな

あはれわれ−きみにまかせて−みつかきの−ひさしくものを−おもはすもかな


00075
未入力 (xxx)

数ならてわか身はふりぬ男山老せぬみやも哀かけなん

かすならて−わかみはふりぬ−をとこやま−おいせぬみやも−あはれかけなむ


00076
未入力 (xxx)

ひよしのや光をやとす石清水心をわけてたのみそめてさ

ひよしのや−ひかりをやとす−いはしみつ−こころをわけて−たのみそめてさ


00077
未入力 (xxx)

いのりこししるしあらはせ男山いはにも松のおふるためしに

いのりこし−しるしあらはせ−をとこやま−いはにもまつの−おふるためしに


00078
未入力 (xxx)

たのみこしよのことわりは石清水神と君とにまかせてそまつ

たのみこし−よのことわりは−いはしみつ−かみときみとに−まかせてそまつ


00079
未入力 (xxx)

神垣や照すひかりにたつちりのちかひもあたに頼みやはする

かみかきや−てらすひかりに−たつちりの−ちかひもあたに−たのみやはする


00080
未入力 (xxx)

男山ゆくてふおいの榊葉のかけたのまるる道をしらはや

をとこやま−ゆくてふおいの−さかきはの−かけたのまるる−みちをしらはや


00081
未入力 (xxx)

いたつらにかけし思ひそ朽ちぬへきねかひをみつの杜のしめ縄

いたつらに−かけしおもひそ−くちぬへき−ねかひをみつの−もりのしめなは


00082
未入力 (xxx)

たまくしの光をやとす石清水にこらぬ人の心くむなり

たまくしの−ひかりをやとす−いはしみつ−にこらぬひとの−こころくむなり


00083
未入力 (xxx)

いはし水おなし流に年を経ていのるおもひの末をしらはや

いはしみつ−おなしなかれに−としをへて−いのるおもひの−すゑをしらはや


00084
未入力 (xxx)

ゆふたすきたのみをかくる陰なれはなれぬ榊の色もなつかし

ゆふたすき−たのみをかくる−かけなれは−なれぬさかきの−いろもなつかし


00085
未入力 (xxx)

君か代を祈れは神もなひくらむけふゆふしてにかくる心を

きみかよを−いのれはかみも−なひくらむ−けふゆふしてに−かくるこころを


00086
未入力 (xxx)

みをうしとおもひも捨てし神垣や祈るしるへの道はへたてす

みをうしと−おもひもすてし−かみかきや−いのるしるへの−みちはへたてす


00087
未入力 (xxx)

後の世のやみをもてらせ八幡山神のふもとの有明の月

のちのよの−やみをもてらせ−やはたやま−かみのふもとの−ありあけのつき


00088
未入力 (xxx)

やはた山神やきりけむ鳩の杖おいてさかゆく道のためとて

やはたやま−かみやきりけむ−はとのつゑ−おいてさかゆく−みちのためとて


00089
未入力 (xxx)

むかしよりきよき流の石清水にこらぬ御代をいかに守らん

むかしより−きよきなかれの−いはしみつ−にこらぬみよを−いかにもるらむ


00090
未入力 (xxx)

君すめはにこらぬみよに石清水わかみくつたにしつますもかな

きみすめは−にこらぬみよに−いはしみつ−わかみくつたに−しつますもかな


00091
未入力 (xxx)

やはた山猶神かきに祈りみんをしかるへくもあらぬ身なれと

やはたやま−なほかみかきに−いのりみむ−をしかるへくも−あらぬみなれと


00092
未入力 (xxx)

をとこ山春のめくみにもらすなよまつは久しき心なれとも

をとこやま−はるのめくみに−もらすなよ−まつはひさしき−こころなれとも


00093
未入力 (xxx)

かさしこし花のかたみの岩清水ふりぬる春を哀とも見よ

かさしこし−はなのかたみの−いはしみつ−ふりぬるはるを−あはれともみよ


00094
未入力 (xxx)

いつまてか世をしたひけん男山あはれをかけよこけのたもとに

いつまてか−よをしたひけむ−をとこやま−あはれをかけよ−こけのたもとに


00095
未入力 (xxx)

けふまてはつれなく過きぬ男山さか行く時もしらぬものゆゑ

けふまては−つれなくすきぬ−をとこやま−さかゆくときも−しらぬものゆゑ


00096
未入力 (xxx)

いはし水すみにこれるをわきて思ふ神の誓のはつかしのみや

いはしみつ−すみにこれるを−わきておもふ−かみのちかひの−はつかしのみや


00097
未入力 (xxx)

さりともとちかひをたのむみや柱こと人よりも契くちめや

さりともと−ちかひをたのむ−みやはしら−ことひとよりも−ちきりくちめや


00098
未入力 (xxx)

神は只人の心をいはし水すむも濁るもあはれとや見る

かみはたた−ひとのこころを−いはしみつ−すむもにこるも−あはれとやみる


00099
未入力 (xxx)

わかたのむかみかみならはゆふたすき心にかくるしるしあらはせ

わかたのむ−かみかみならは−ゆふたすき−こころにかくる−しるしあらはせ


00100
未入力 (xxx)

すてぬ世をかりの姿の男山あふけはもとの君もみえけり

すてぬよを−かりのすかたの−をとこやま−あふけはもとの−きみもみえけり


00101
未入力 (xxx)

男山まつとせしまにふりにけりひとり老木の色もかはらて

をとこやま−まつとせしまに−ふりにけり−ひとりおいきの−いろもかはらて


00102
未入力 (xxx)

わかたのむ神のみ前の榊葉にかけてそいのるしけき歎を

わかたのむ−かみのみまへの−さかきはに−かけてそいのる−しけきなけきを