[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

光明峰寺摂政家歌合 


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名光明峰寺摂政家歌合  
作品集名読みこうみょうぶじせっしょうけうたあわせ 
作成年月日貞永元年七月(1232年7月頃)
場所光明峰寺 (こうみょうぶじ)

00001
未入力 (xxx)

くれなゐのこそめのころもたちそめてこころの色をしらせつるかな

くれなゐの−こそめのころも−たちそめて−こころのいろを−しらせつるかな


00002
未入力 (xxx)

山ひめのそめぬころももくれなゐの色にいててや今はこひしき

やまひめの−そめぬころもも−くれなゐの−いろにいててや−いまはこひしき


00003
未入力 (xxx)

こひころもわかむらさきの色に出てて乱れそまさるしのふもちすり

こひころも−わかむらさきの−いろにいてて−みたれそまさる−しのふもちすり


00004
未入力 (xxx)

秋草の露わけころもおきもせすねもせぬそてはほすひまもなし

あきくさの−つゆわけころも−おきもせす−ねもせぬそては−ほすひまもなし


00005
未入力 (xxx)

しら露のささわけわひしあさころもまたうきふしのそてはかわかす

しらつゆの−ささわけわひし−あさころも−またうきふしの−そてはかわかす


00006
未入力 (xxx)

須磨の海人のしほたれころも朽ちねたたほさぬためしの名さへうらめし

すまのあまの−しほたれころも−くちねたた−ほさぬためしの−なさへうらめし


00007
未入力 (xxx)

如何にしてゆきてみたれむみちのくのおもひしのふのころもへにけり

いかにして−ゆきてみたれむ−みちのくの−おもひしのふの−ころもへにけり


00008
未入力 (xxx)

おもひしれ胸にたく藻のしたころもうへはつれなきけふりなりとも

おもひしれ−むねにたくもの−したころも−うへはつれなき−けふりなりとも


00009
未入力 (xxx)

くれなゐの初しほいそくころも手の秋のなみたや時雨なるらむ

くれなゐの−はつしほいそく−ころもての−あきのなみたや−しくれなるらむ


00010
未入力 (xxx)

から衣かさねぬ夜はのあきかせはかへすにつけて夢をやはみる

からころも−かさねぬよはの−あきかせは−かへすにつけて−ゆめをやはみる


00011
未入力 (xxx)

月草の花すりころもあたにのみこころの色のうつりゆくかな

つきくさの−はなすりころも−あたにのみ−こころのいろの−うつりゆくかな


00012
未入力 (xxx)

から衣袖のなみたのはつしほに思ひそめたるいろをみせはや

からころも−そてのなみたの−はつしほに−おもひそめたる−いろをみせはや


00013
未入力 (xxx)

つつみあまるそてのなみたのいつみかはくちなんはてはころもかせやま

つつみあまる−そてのなみたの−いつみかは−くちなむはては−ころもかせやま


00014
未入力 (xxx)

さ夜ころもかへすしるしのなくさめもねられしまての夢にそありける

さよころも−かへすしるしの−なくさめも−ねられしまての−ゆめにそありける


00015
未入力 (xxx)

おのつからかへすころものゆゑならて夢のたたちにあひみつるかな

おのつから−かへすころもの−ゆゑならて−ゆめのたたちに−あひみつるかな


00016
未入力 (xxx)

物やおもふみのしろころもうちしめり身をしる雨におとろかれつつ

ものやおもふ−みのしろころも−うちしめり−みをしるあめに−おとろかれつつ


00017
未入力 (xxx)

あま人の浪かけころもほさてのみはてはうらみの名をや立てなむ

あまひとの−なみかけころも−ほさてのみ−はてはうらみの−なをやたてなむ


00018
未入力 (xxx)

いかかせんしのひしのひにそてぬれてこかくれあへぬせみの羽ころも

いかかせむ−しのひしのひに−そてぬれて−こかくれあへぬ−せみのはころも


00019
未入力 (xxx)

我かおもふかたにもふかぬうら風に塩たれころもいととぬれけり

わかおもふ−かたにもふかぬ−うらかせに−しほたれころも−いととぬれけり


00020
未入力 (xxx)

とほさかる身は空蝉の夏ころもなれはまさらて秋かせそふく

とほさかる−みはうつせみの−なつころも−なれはまさらて−あきかせそふく


00021
未入力 (xxx)

如何にせむころもかたしきこよひさへねられぬ床にねをのみそなく

いかにせむ−ころもかたしき−こよひさへ−ねられぬとこに−ねをのみそなく


00022
未入力 (xxx)

唐藍のやしほのころもふかけれとあらぬなみたの色そまかはぬ

からあゐの−やしほのころも−ふかけれと−あらぬなみたの−いろそまかはぬ


00023
未入力 (xxx)

別れにし石井の水のますかかみあかぬかけさへなとにこるらむ

わかれにし−いしゐのみつの−ますかかみ−あかぬかけさへ−なとにこるらむ


00024
未入力 (xxx)

ととめおきてさらぬかかみのかけにたに涙へたててえやはみえける

ととめおきて−さらぬかかみの−かけにたに−なみたへたてて−えやはみえける


00025
未入力 (xxx)

あけて見ぬ二見のうらのますかかみあかぬたもとに浪やかくらん

あけてみぬ−ふたみのうらの−ますかかみ−あかぬたもとに−なみやかくらむ


00026
未入力 (xxx)

行く水のはなのかかみのかけもうしあたなる色のうつりやすさは

ゆくみつの−はなのかかみの−かけもうし−あたなるいろの−うつりやすさは


00027
未入力 (xxx)

みくさゐる野もりのかかみかけたえてへたてしなかはよそにたにみす

みくさゐる−のもりのかかみ−かけたえて−へたてしなかは−よそにたにみす


00028
未入力 (xxx)

うきたひのなみたくもりてますかかみ面かけそはぬつらさをやみむ

うきたひの−なみたくもりて−ますかかみ−おもかけそはぬ−つらさをやみむ


00029
未入力 (xxx)

あさなあさな手にもとりえすますかかみわすらるる身のかけしうつれは

あさなあさな−てにもとりえす−ますかかみ−わすらるるみの−かけしうつれは


00030
未入力 (xxx)

ちはやふるみむろのかかみかけてなとこひしきかたをいのりそめけん

ちはやふる−みむろのかかみ−かけてなと−こひしきかたを−いのりそめけむ


00031
未入力 (xxx)

ますかかみみえはみつへきかけにたにへたつる中をなにしたふらむ

ますかかみ−みえはみつへき−かけにたに−へたつるなかを−なにしたふらむ


00032
未入力 (xxx)

ますかかみくもらぬ程のなみたにやかはるとたにもかけはみえけむ

ますかかみ−くもらぬほとの−なみたにや−かはるとたにも−かけはみえけむ


00033
未入力 (xxx)

照る月のますみのかかみくもらねとわかおもふ人のかけはみえけり

てる月のま−すみのかかみく−もらねとわ−かおもふひとの−かけはみえけり


00034
未入力 (xxx)

かかみ山かけとなるみのとしへてもたちよらはやはあはれにもみむ

かかみやま−かけとなるみの−としへても−たちよらはやは−あはれにもみむ


00035
未入力 (xxx)

ます鏡底なるかけをみてそおもふしらぬ翁はさそいとふらむ

ますかかみ−そこなるかけを−みてそおもふ−しらぬおきなは−さそいとふらむ


00036
未入力 (xxx)

ます鏡うつりしものをとはかりにとまらぬかけもかたみなりけり

ますかかみ−うつりしものを−とはかりに−とまらぬかけも−かたみなりけり


00037
未入力 (xxx)

なきこふるなみたにくもれます鏡わすらるるにはかけをたにみす

なきこふる−なみたにくもれ−ますかかみ−わすらるるには−かけをたにみす


00038
未入力 (xxx)

あた人のかけもとまらぬますかかみなにをかいまはかたみともみむ

あたひとの−かけもとまらぬ−ますかかみ−なにをかいまは−かたみともみむ


00039
未入力 (xxx)

ますかかみみぬめの浦の名もしらすたかおもかけにかけてこふらむ

ますかかみ−みぬめのうらの−なもしらす−たかおもかけに−かけてこふらむ


00040
未入力 (xxx)

うつりゆく人こそあらめますかかみわか影さへにおもかはりして

うつりゆく−ひとこそあらめ−ますかかみ−わかかけさへに−おもかはりして


00041
未入力 (xxx)

さてもかくえこそかくてはやま鳥のはつをのかかみかけはなるとも

さてもかく−えこそかくては−やまとりの−はつをのかかみ−かけはなるとも


00042
未入力 (xxx)

ますかかみうつれはかはるかたみかはわかみる影もあらすなりゆく

ますかかみ−うつれはかはる−かたみかは−わかみるかけも−あらすなりゆく


00043
未入力 (xxx)

ますかかみわか身をしれる外に又なきてもいはむおもかけそなき

ますかかみ−わかみをしれる−ほかにまた−なきてもいはむ−おもかけそなき


00044
未入力 (xxx)

かたみともあらはみつへきかけをたにとめぬならひのますかかみかな

かたみとも−あらはみつへき−かけをたに−とめぬならひの−ますかかみかな


00045
未入力 (xxx)

ちきりのみあたちのま弓色にいてて今はしくれのすゑのあきかせ

ちきりのみ−あたちのまゆみ−いろにいてて−いまはしくれの−すゑのあきかせ


00046
未入力 (xxx)

人はいさあたちのま弓おしかへしこころのすゑもいかかたのまむ

ひとはいさ−あたちのまゆみ−おしかへし−こころのすゑも−いかかたのまむ


00047
未入力 (xxx)

みちのくのあたちのま弓すゑたわみいかなるかたになほなひくらむ

みちのくの−あたちのまゆみ−すゑたわみ−いかなるかたに−なほなひくらむ


00048
未入力 (xxx)

かり人のひくやゆすゑのよるさへやたゆまぬ関のもるにまとはむ

かりひとの−ひくやゆすゑの−よるさへや−たゆまぬせきの−もるにまとはむ


00049
未入力 (xxx)

ひきとめよあり明の月のしらま弓かへるさいそく人のわかれ路

ひきとめよ−ありあけのつきの−しらまゆみ−かへるさいそく−ひとのわかれち


00050
未入力 (xxx)

わかかたによるとちきらぬあつさ弓おしてはいかか人をたのまむ

わかかたに−よるとちきらぬ−あつさゆみ−おしてはいかか−ひとをたのまむ


00051
未入力 (xxx)

わかこひはよしののおくのやま人のとつかはま弓ひけとよわらす

わかこひは−よしののおくの−やまひとの−とつかはまゆみ−ひけとよわらす


00052
未入力 (xxx)

たつか弓ひきののくさの葉すゑよりおきふしそてに露そこほるる

たつかゆみ−ひきののくさの−はすゑより−おきふしそてに−つゆそこほるる


00053
未入力 (xxx)

あつさ弓おきふししけくまたれてもはてははかなくあくるしののめ

あつさゆみ−おきふししけく−またれても−はてははかなく−あくるしののめ


00054
未入力 (xxx)

あつさゆみいくたの河に身をすてし名をのみをしむあとそはかなき

あつさゆみ−いくたのかはに−みをすてし−なをのみをしむ−あとそはかなき


00055
未入力 (xxx)

つらきをはうらみもはてすあつさ弓こころよわくもなほこふるかな

つらきをは−うらみもはてす−あつさゆみ−こころよわくも−なほこふるかな


00056
未入力 (xxx)

人こころあたちのま弓たのますよひくてあまたにかはるちきりは

ひとこころ−あたちのまゆみ−たのますよ−ひくてあまたに−かはるちきりは


00057
未入力 (xxx)

つれなさのためしにひかんあつさ弓おもひよわらぬこころつよさを

つれなさの−ためしにひかむ−あつさゆみ−おもひよわらぬ−こころつよさを


00058
未入力 (xxx)

あつさ弓いるののをささむすひてもよよのちきりのひくかたそなき

あつさゆみ−いるののをささ−むすひても−よよのちきりの−ひくかたそなき


00059
未入力 (xxx)

なほたのめあつさのま弓ひくにてもあらきよりこそしなひそむなれ

なほたのめ−あつさのまゆみ−ひくにても−あらきよりこそ−しなひそむなれ


00060
未入力 (xxx)

おもひあれは年の三とせのあつさ弓こころよわさをよそにやはきく

おもひあれは−としのみとせの−あつさゆみ−こころよわさを−よそにやはきく


00061
未入力 (xxx)

引きすてて手にたにとらぬあつさ弓またわかかたにかへりやはせん

ひきすてて−てにたにとらぬ−あつさゆみ−またわかかたに−かへりやはせむ


00062
未入力 (xxx)

いさや又人のつらさもしらまゆみひくかたにこそこころよるらめ

いさやまた−ひとのつらさも−しらまゆみ−ひくかたにこそ−こころよるらめ


00063
未入力 (xxx)

あつさ弓すゑののはらのはるのくさかれぬこころの色をみせはや

あつさゆみ−すゑののはらの−はるのくさ−かれぬこころの−いろをみせはや


00064
未入力 (xxx)

色かはるあたちのま弓ひきかへしまたはよりこんすゑもたのます

いろかはる−あたちのまゆみ−ひきかへし−またはよりこむ−すゑもたのます


00065
未入力 (xxx)

おもふことまつほにいててあつさゆみいるののすすきあきかせそふく

おもふこと−まつほにいてて−あつさゆみ−いるののすすき−あきかせそふく


00066
未入力 (xxx)

さても又なほやうらみんあつさ弓いてやと人のおもふものから

さてもまた−なほやうらみむ−あつさゆみ−いてやとひとの−おもふものから


00067
未入力 (xxx)

きえかへり袖にくたくるなみたゆゑこひちにひろふ玉もはかなし

きえかへり−そてにくたくる−なみたゆゑ−こひちにひろふ−たまもはかなし


00068
未入力 (xxx)

かひもなしとへとしらたまみたれつつこたへぬ袖のつゆのかたみは

かひもなし−とへとしらたま−みたれつつ−こたへぬそての−つゆのかたみは


00069
未入力 (xxx)

くろ髪のみたれてよわるねをそなくなみたの玉のぬきもととめす

くろかみの−みたれてよわる−ねをそなく−なみたのたまの−ぬきもととめす


00070
未入力 (xxx)

ををたえしかさしの玉とみゆるはかり君にくたくるそてのしら玉

ををたえし−かさしのたまと−みゆるはかり−きみにくたくる−そてのしらたま


00071
未入力 (xxx)

なけけたたみぬめのなみたはてはまたよし玉緒もたえぬはかりに

なけけたた−みぬめのなみた−はてはまた−よしたまのをも−たえぬはかりに


00072
未入力 (xxx)

しら玉かなにそとまよふ袖もかなあまるなみたの色もしのはむ

しらたまか−なにそとまよふ−そてもかな−あまるなみたの−いろもしのはむ


00073
未入力 (xxx)

いかにせんぬしはたれともしらたまのとへとこたへぬあたのかたみは

いかにせむ−ぬしはたれとも−しらたまの−とへとこたへぬ−あたのかたみは


00074
未入力 (xxx)

いせしまやおきつしら玉よそにのみなみたくたくるそてのうへかな

いせしまや−おきつしらたま−よそにのみ−なみたくたくる−そてのうへかな


00075
未入力 (xxx)

しら玉かとはかりいひしゆくへとて露をもあたにおもひやはする

しらたまか−とはかりいひし−ゆくへとて−つゆをもあたに−おもひやはする


00076
未入力 (xxx)

人こころよのうきよりはうきたひの袖にそひろふ滝のしら玉

ひとこころ−よのうきよりは−うきたひの−そてにそひろふ−たきのしらたま


00077
未入力 (xxx)

こひわふるなみたの玉にみつしほの袖しのうらはひるひまもなし

こひわふる−なみたのたまに−みつしほの−そてしのうらは−ひるひまもなし


00078
未入力 (xxx)

塩みてはたまもひろはぬ袖のうらなみたのかすをなににまかへむ

しほみては−たまもひろはぬ−そてのうら−なみたのかすを−なににまかへむ


00079
未入力 (xxx)

よるひかるたまかと人をみてしよりそのおもかけにますかけそなき

よるひかる−たまかとひとを−みてしより−そのおもかけに−ますかけそなき


00080
未入力 (xxx)

あはてふるあわをのすちにぬく玉のみたれてよわきなみたなりけり

あはてふる−あわをのすちに−ぬくたまの−みたれてよわき−なみたなりけり


00081
未入力 (xxx)

人しれぬ秋のちきりのなかりせは玉のかさしはかへらさらまし

ひとしれぬ−あきのちきりの−なかりせは−たまのかさしは−かへらさらまし


00082
未入力 (xxx)

あたなたつこころはかりはきよけれと玉ならぬ身はけにそかなしき

あたなたつ−こころはかりは−きよけれと−たまならぬみは−けにそかなしき


00083
未入力 (xxx)

岩のうへのたきつしら玉いたつらにおもひくたけてこひやわたらむ

いはのうへの−たきつしらたま−いたつらに−おもひくたけて−こひやわたらむ


00084
未入力 (xxx)

いつまてかそてのたきつせおろかなるなみたの玉といひけたれけむ

いつまてか−そてのたきつせ−おろかなる−なみたのたまと−いひけたれけむ


00085
未入力 (xxx)

玉の緒のさしもみしかきすゑの夜の一夜はかりはあふかひもなし

たまのをの−さしもみしかき−すゑのよの−ひとよはかりは−あふかひもなし


00086
未入力 (xxx)

かつきせし浪の中にもしらさりき人をみぬめの袖のしらたま

かつきせし−なみのうちにも−しらさりき−ひとをみぬめの−そてのしらたま


00087
未入力 (xxx)

いとと又なみたの露もおちそひぬたまのをなかく人をこふとて

いととまた−なみたのつゆも−おちそひぬ−たまのをなかく−ひとをこふとて


00088
未入力 (xxx)

はてはまたゆきわかれつつたまのをのなかきちきりはむすはさりけり

はてはまた−ゆきわかれつつ−たまのをの−なかきちきりは−むすはさりけり


00089
未入力 (xxx)

せくとこのうらわのもしほかくとのみ枕のうへそけふりたえせぬ

せくとこの−うらわのもしほ−かくとのみ−まくらのうへそ−けふりたえせぬ


00090
未入力 (xxx)

なみたもる枕やこひをしりぬらむさためかねてはうちもねぬ夜に

なみたもる−まくらやこひを−しりぬらむ−さためかねては−うちもねぬよに


00091
未入力 (xxx)

時雨れゆくもみちのしたのかりまくらあたなる秋の色にこひつつ

しくれゆく−もみちのしたの−かりまくら−あたなるあきの−いろにこひつつ


00092
未入力 (xxx)

忘れすよ三とせの後のにひまくらさたむはかりの月日なりとも

わすれすよ−みとせののちの−にひまくら−さたむはかりの−つきひなりとも


00093
未入力 (xxx)

敷妙のとこのみをなるなみたには枕なかれてみるゆめもなし

しきたへの−とこのみをなる−なみたには−まくらなかれて−みるゆめもなし


00094
未入力 (xxx)

なほさりのまくらはかりやのこるらむいかにねしよのゆめのかたみに

なほさりの−まくらはかりや−のこるらむ−いかにねしよの−ゆめのかたみに


00095
未入力 (xxx)

よしさらはあふせにみえよ名とり河つけの枕のよよのむもれ木

よしさらは−あふせにみえよ−なとりかは−つけのまくらの−よよのうもれき


00096
未入力 (xxx)

なけきわひさてあるほとのおもひねにむすひもはてぬゆめの手枕

なけきわひ−さてあるほとの−おもひねに−むすひもはてぬ−ゆめのたまくら


00097
未入力 (xxx)

さはかりにつもるなみたをしきたへの枕そこひの淵となりぬる

さはかりに−つもるなみたを−しきたへの−まくらそこひの−ふちとなりぬる


00098
未入力 (xxx)

何に又まくらの塵をはらふらむこぬ夜のかすはつもるものから

なににまた−まくらのちりを−はらふらむ−こぬよのかすは−つもるものから


00099
未入力 (xxx)

人しれすおつるなみたのたきまくら音にはたてすこひわたるかな

ひとしれす−おつるなみたの−たきまくら−おとにはたてす−こひわたるかな


00100
未入力 (xxx)

うきなからひとりやねなんわたつうみとあれゆく床のなみのまくらに

うきなから−ひとりやねなむ−わたつうみと−あれゆくとこの−なみのまくらに


00101
未入力 (xxx)

こも枕たかせのよとにさすさてのさてや恋ちにしほれはつへき

こもまくら−たかせのよとに−さすさての−さてやこひちに−しほれはつへき


00102
未入力 (xxx)

おもふことありとはかりはしらるともかかる枕のつゆはもらさし

おもふこと−ありとはかりは−しらるとも−かかるまくらの−つゆはもらさし


00103
未入力 (xxx)

袖のうへの露をあやめてしきたへのまくらの外はひとやしるらむ

そてのうへの−つゆをあやめて−しきたへの−まくらのほかは−ひとやしるらむ


00104
未入力 (xxx)

たのめねとたたあらましのよひよひにまくらの塵をうちはらひつつ

たのめねと−たたあらましの−よひよひに−まくらのちりを−うちはらひつつ


00105
未入力 (xxx)

なみた川わたらぬなかになかるなりまくらのしたの淵となるまて

なみたかは−わたらぬなかに−なかるなり−まくらのしたの−ふちとなるまて


00106
未入力 (xxx)

草まくらあたにむすひし夢なれとさもわすられすのこるおもかけ

くさまくら−あたにむすひし−ゆめなれと−さもわすられす−のこるおもかけ


00107
未入力 (xxx)

まつ人のこすけの枕あはれなとつらきなにしもむすひそめけん

まつひとの−こすけのまくら−あはれなと−つらきなにしも−むすひそめけむ


00108
未入力 (xxx)

たちいつるうき名は塵にうつもれて払はぬねやのつけのをまくら

たちいつる−うきなはちりに−うつもれて−はらはぬねやの−つけのをまくら


00109
未入力 (xxx)

敷妙のまくらたにせてみる夢はさむるとまてもしる人そなき

しきたへの−まくらたにせて−みるゆめは−さむるとまても−しるひとそなき


00110
未入力 (xxx)

にこり江にかけみぬ水や塵つもるまくらのしたのなみたなるらむ

にこりえに−かけみぬみつや−ちりつもる−まくらのしたの−なみたなるらむ


00111
未入力 (xxx)

待ちわふるわかなみたさへむすほほれ逢ひみぬなかにとけぬ下おひ

まちわふる−わかなみたさへ−むすほほれ−あひみぬなかに−とけぬしたおひ


00112
未入力 (xxx)

かりそめにむすひすてたる下帯をなかきちきりとなほやしのはむ

かりそめに−むすひすてたる−したおひを−なかきちきりと−なほやしのはむ


00113
未入力 (xxx)

いまそしるかことはかりをひたち帯のとくともとけしこころたゆまて

いまそしる−かことはかりを−ひたちおひの−とくともとけし−こころたゆまて


00114
未入力 (xxx)

如何にせむうへはつれなき下帯の別れしみちにめくりあはすは

いかにせむ−うへはつれなき−したおひの−わかれしみちに−めくりあはすは


00115
未入力 (xxx)

あさはたのしつかかり帯のあたにのみ文もむすはぬちきりなれとや

あさはたの−しつかかりおひの−あたにのみ−ふみもむすはぬ−ちきりなれとや


00116
未入力 (xxx)

あしのやのしつはた帯のかりそめを結ふちきりとたのみやはする

あしのやの−しつはたおひの−かりそめを−むすふちきりと−たのみやはする


00117
未入力 (xxx)

めくりあはむちきりもしらぬひたち帯のひたみちにのみこひやわたらむ

めくりあはむ−ちきりもしらぬ−ひたちおひの−ひたみちにのみ−こひやわたらむ


00118
未入力 (xxx)

むらさきのこそめの帯のかたむすひとけてぬるよのかきりしらせよ

むらさきの−こそめのおひの−かたむすひ−とけてぬるよの−かきりしらせよ


00119
未入力 (xxx)

恋をのみしつはたおひのむかしよりたえぬうらみやむすひおきけむ

こひをのみ−しつはたおひの−むかしより−たえぬうらみや−むすひおきけむ


00120
未入力 (xxx)

むすひおきし花田のおひのいくよへてあはぬにかへる色はみゆらん

むすひおきし−はなたのおひの−いくよへて−あはぬにかへる−いろはみゆらむ


00121
未入力 (xxx)

ちきりをはいかなるおひにむすひけんなれにしなかもいまはたえつつ

ちきりをは−いかなるおひに−むすひけむ−なれにしなかも−いまはたえつつ


00122
未入力 (xxx)

こころのみ花田の帯の一すちにうつろふ色はいふかひもなし

こころのみ−はなたのおひの−ひとすちに−うつろふいろは−いふかひもなし


00123
未入力 (xxx)

こひをのみしつはたおひのむすほほれこころしとけはそれもとけなん

こひをのみ−しつはたおひの−むすほほれ−こころしとけは−それもとけなむ


00124
未入力 (xxx)

あし引の山田にならすひたちおひのかりにもとけぬちきりなりけり

あしひきの−やまたにならす−ひたちおひの−かりにもとけぬ−ちきりなりけり


00125
未入力 (xxx)

月草のはなたのおひのとけそめてうらみにかへるはてそかなしき

つきくさの−はなたのおひの−とけそめて−うらみにかへる−はてそかなしき


00126
未入力 (xxx)

むすひおきしちきりたえすは山しろのゐてのしたおひめくりあひなむ

むすひおきし−ちきりたえすは−やましろの−ゐてのしたおひ−めくりあひなむ


00127
未入力 (xxx)

山かつのしつはたおひのいくかへりとけてかひなきおもひそふらむ

やまかつの−しつはたおひの−いくかへり−とけてかひなき−おもひそふらむ


00128
未入力 (xxx)

いしかはやあはにちきりやむすひおきしはなたのおひのかへりやすさは

いしかはや−あはにちきりや−むすひおきし−はなたのおひの−かへりやすさは


00129
未入力 (xxx)

ちきりのみしつはたおひをむすひてもなほしたはるるむかしなりけり

ちきりのみ−しつはたおひを−むすひても−なほしたはるる−むかしなりけり


00130
未入力 (xxx)

しらさりきしつはたおひのめくりあひてむすほほれけるちきりありとは

しらさりき−しつはたおひの−めくりあひて−むすほほれける−ちきりありとは


00131
未入力 (xxx)

さても又身をははなれぬ下おひのゆきわかるるやちきりなるらむ

さてもまた−みをははなれぬ−したおひの−ゆきわかるるや−ちきりなるらむ


00132
未入力 (xxx)

いにしへのちきりもいかにむすひけんしつはたおひのとけぬこころは

いにしへの−ちきりもいかに−むすひけむ−しつはたおひの−とけぬこころは


00133
未入力 (xxx)

あはぬ夜はみたれやわふるささかにの逢ふをかきりにとしをへにけり

あはぬよは−みたれやわふる−ささかにの−あふをかきりに−としをへにけり


00134
未入力 (xxx)

ささかにのてたまもゆらにひくいとのくるれは人をまたぬ夜そなき

ささかにの−てたまもゆらに−ひくいとの−くるれはひとを−またぬよそなき


00135
未入力 (xxx)

夏引のいとしもなれしおもかけはたえてみしかき後そかなしき

なつひきの−いとしもなれし−おもかけは−たえてみしかき−のちそかなしき


00136
未入力 (xxx)

あふまてのちきりもまたす夏引の手ひきのいとのこひのみたれは

あふまての−ちきりもまたす−なつひきの−てひきのいとの−こひのみたれは


00137
未入力 (xxx)

さらに又なるるとまてもたのまれすおのか手引のいとのみたれは

さらにまた−なるるとまても−たのまれす−おのかてひきの−いとのみたれは


00138
未入力 (xxx)

たかために人のかたいとよりかけてわか玉のをのたえんとすらむ

たかために−ひとのかたいと−よりかけて−わかたまのをの−たえむとすらむ


00139
未入力 (xxx)

青柳のはなたのいとのかたよりにあふよもしらぬ名こそつらけれ

あをやきの−はなたのいとの−かたよりに−あふよもしらぬ−なこそつらけれ


00140
未入力 (xxx)

あはぬ夜のうきふしことにかたいとのこなたかなたにものやおもはん

あはぬよの−うきふしことに−かたいとの−こなたかなたに−ものやおもはむ


00141
未入力 (xxx)

くるる日のちきりもいまはかたいとのいかなるふしになかはたえなむ

くるるひの−ちきりもいまは−かたいとの−いかなるふしに−なかはたえなむ


00142
未入力 (xxx)

夏引の手ひきのいとのたれゆゑにたえぬおもひもみたれそめけん

なつひきの−てひきのいとの−たれゆゑに−たえぬおもひも−みたれそめけむ


00143
未入力 (xxx)

くりかへしあはれはかけよかたいとのあはてもたえぬこころなかさを

くりかへし−あはれはかけよ−かたいとの−あはてもたえぬ−こころなかさを


00144
未入力 (xxx)

あふことはおもひもよらてかたいとのこなたかなたにとしはへにけり

あふことは−おもひもよらて−かたいとの−こなたかなたに−としはへにけり


00145
未入力 (xxx)

ふかき色のほとをみよとや唐あゐのちしほのいとのまつみたれつつ

ふかきいろの−ほとをみよとや−からあゐの−ちしほのいとの−まつみたれつつ


00146
未入力 (xxx)

いかかせむあふことしらぬかたいとのよるはすからにみたれわひつつ

いかかせむ−あふことしらぬ−かたいとの−よるはすからに−みたれわひつつ


00147
未入力 (xxx)

なにと又うきふしなからあは糸のたえぬちきりのむすほほるらん

なにとまた−うきふしなから−あはいとの−たえぬちきりの−むすほほるらむ


00148
未入力 (xxx)

たまをにやかけてむすはんかたいとのみたれてあはぬ人のこころに

たまをにや−かけてむすはむ−かたいとの−みたれてあはぬ−ひとのこころに


00149
未入力 (xxx)

なかなかにたえぬもくるし夏引のいとふこころのほとは見えにき

なかなかに−たえぬもくるし−なつひきの−いとふこころの−ほとはみえにき


00150
未入力 (xxx)

うつりにし人のこころもかたいとのあはてやからくこのよへたてむ

うつりにし−ひとのこころも−かたいとの−あはてやからく−このよへたてむ


00151
未入力 (xxx)

たえさらむこころもしらすしら糸のあわをにむすふ中のちきりは

たえさらむ−こころもしらす−しらいとの−あわをにむすふ−なかのちきりは


00152
未入力 (xxx)

かかりけるちきりもつらしかたいとのいかなる色におもひよりけん

かかりける−ちきりもつらし−かたいとの−いかなるいろに−おもひよりけむ


00153
未入力 (xxx)

かくしつついつたえはてんしらいとのうきふししけくなりまさりつつ

かくしつつ−いつたえはてむ−しらいとの−うきふししけく−なりまさりつつ


00154
未入力 (xxx)

うち返しころもかたしく狭むしろに人のこころをみるゆめもかな

うちかへし−ころもかたしく−さむしろに−ひとのこころを−みるゆめもかな


00155
未入力 (xxx)

よしさらはなみたの下にくちもせよ身さへなかるる床の狭席

よしさらは−なみたのしたに−くちもせよ−みさへなかるる−とこのさむしろ


00156
未入力 (xxx)

笛竹のふしみの里のすかむしろねにのみなきてひとりかもねむ

ふえたけの−ふしみのさとの−すかむしろ−ねにのみなきて−ひとりかもねむ


00157
未入力 (xxx)

あつまのの露のかりねのかやむしろみゆらんきえてしきしのふとは

あつまのの−つゆのかりねの−かやむしろ−みゆらむきえて−しきしのふとは


00158
未入力 (xxx)

あふことはかりほの小田のいなむしろ露たにそてのかわきやはする

あふことは−かりほのをたの−いなむしろ−つゆたにそての−かわきやはする


00159
未入力 (xxx)

いたつらにくらせるよひの狭むしろはゆめをたのみてねんかたもなし

いたつらに−くらせるよひの−さむしろは−ゆめをたのみて−ねむかたもなし


00160
未入力 (xxx)

くちねたた人やあやめむあやむしろをになるまてもしきしのへとも

くちねたた−ひとやあやめむ−あやむしろ−をになるまても−しきしのへとも


00161
未入力 (xxx)

はかなしやその夜のゆめをかたみにてうつつもつらき床のさむしろ

はかなしや−そのよのゆめを−かたみにて−うつつもつらき−とこのさむしろ


00162
未入力 (xxx)

あや筵なみたの露のたてぬきにたれおりそめてしきしのふらん

あやむしろ−なみたのつゆの−たてぬきに−たれおりそめて−しきしのふらむ


00163
未入力 (xxx)

おもひねのなみたのかすにしきかへて下に朽ちゆく床のさむしろ

おもひねの−なみたのかすに−しきかへて−したにくちゆく−とこのさむしろ


00164
未入力 (xxx)

いはかねのこりしく山のこけむしろぬるともなしになけくころかな

いはかねの−こりしくやまの−こけむしろ−ぬるともなしに−なけくころかな


00165
未入力 (xxx)

今夜こそこぬもつらけれひとりねのわかさむしろにあき風そふく

こよひこそ−こぬもつらけれ−ひとりねの−わかさむしろに−あきかせそふく


00166
未入力 (xxx)

へたてなきすきまの風もおのつから猶さむしろの夜半の手枕

へたてなき−すきまのかせも−おのつから−なほさむしろの−よはのたまくら


00167
未入力 (xxx)

待つ夜のみむなしき床のあやむしろくるれはこりすなほはらふかな

まつよのみ−むなしきとこの−あやむしろ−くるれはこりす−なほはらふかな


00168
未入力 (xxx)

狭筵にひとりぬる夜の夢もみつけにならはしの風はふきけり

さむしろに−ひとりぬるよの−ゆめもみつ−けにならはしの−かせはふきけり


00169
未入力 (xxx)

独ねしかりそめふしのかやむしろいまはなみたをかさねてそしく

ひとりねし−かりそめふしの−かやむしろ−いまはなみたを−かさねてそしく


00170
未入力 (xxx)

さてもなほ敷きしのふてふいなむしろ河そひやなき浪はこすとも

さてもなほ−しきしのふてふ−いなむしろ−かはそひやなき−なみはこすとも


00171
未入力 (xxx)

払ふへき袖さへくちぬいたつらに塵のみつもる床のさむしろ

はらふへき−そてさへくちぬ−いたつらに−ちりのみつもる−とこのさむしろ


00172
未入力 (xxx)

ひとりねの夜をさむしろの霜をたにおきところなきこころともみよ

ひとりねの−よをさむしろの−しもをたに−おきところなき−こころともみよ


00173
未入力 (xxx)

たえてなほまちみんものかあやむしろほさぬなみたにをさへくちなは

たえてなほ−まちみむものか−あやむしろ−ほさぬなみたに−をさへくちなは


00174
未入力 (xxx)

うきものとさのみや塵のつもるらむぬる夜わするる床のさむしろ

うきものと−さのみやちりの−つもるらむ−ぬるよわするる−とこのさむしろ


00175
未入力 (xxx)

なみたもるとこの狭むしろうきなからうへはつれなくしきしのひつつ

なみたもる−とこのさむしろ−うきなから−うへはつれなく−しきしのひつつ


00176
未入力 (xxx)

袖のうらよするなみたも色そへていととちしほのあけのそほ舟

そてのうら−よするなみたも−いろそへて−いととちしほの−あけのそほふね


00177
未入力 (xxx)

にこり江にうきみこかるるもかり舟はてはゆききのかけたにもみす

にこりえに−うきみこかるる−もかりふね−はてはゆききの−かけたにもみす


00178
未入力 (xxx)

あらたまの年の緒なかくまつらふねいくよになりぬ浪ちへたてて

あらたまの−としのをなかく−まつらふね−いくよになりぬ−なみちへたてて


00179
未入力 (xxx)

白妙の袖のうらなみよるよるはもろこし舟やこきわたるらむ

しろたへの−そてのうらなみ−よるよるは−もろこしふねや−こきわたるらむ


00180
未入力 (xxx)

うきなかのあしかりをふねこきまよひ猶おなし江にまたやこかれむ

うきなかの−あしかりをふね−こきまよひ−なほおなしえに−またやこかれむ


00181
未入力 (xxx)

いかなりし風のしるへのなみのまにおもはぬかたのあまのすてふね

いかなりし−かせのしるへの−なみのまに−おもはぬかたの−あまのすてふね


00182
未入力 (xxx)

浪たかき人のこころのあらいそはまかちしけぬきよるふねそなき

なみたかき−ひとのこころの−あらいそは−まかちしけぬき−よるふねそなき


00183
未入力 (xxx)

みるめなきしかつのあまのいさりふね君をはよそにこかれてそふる

みるめなき−しかつのあまの−いさりふね−きみをはよそに−こかれてそふる


00184
未入力 (xxx)

またしらぬなみちはるかにゆく舟の風をたよりにこひやわたらん

またしらぬ−なみちはるかに−ゆくふねの−かせをたよりに−こひやわたらむ


00185
未入力 (xxx)

葦しけきおなし湊にこくふねも月日はかりはさはらさりけり

あししけき−おなしみなとに−こくふねも−つきひはかりは−さはらさりけり


00186
未入力 (xxx)

こきいつるおきつ波間のあまをふねうらみしほとにとほさかりつつ

こきいつる−おきつなみまの−あまをふね−うらみしほとに−とほさかりつつ


00187
未入力 (xxx)

わすらるる身はすてふねのうかみ出ててみるめのうらもとほさかるなり

わすらるる−みはすてふねの−うかひいてて−みるめのうらも−とほさかるなり


00188
未入力 (xxx)

うらめしなあふ事なみにこくふねもまつとしきけはよするならひを

うらめしな−あふことなみに−こくふねも−まつとしきけは−よするならひを


00189
未入力 (xxx)

風をいたみとまりもしらてゆく舟のうきてはかなき身のちきりかな

かせをいたみ−とまりもしらて−ゆくふねの−うきてはかなき−みのちきりかな


00190
未入力 (xxx)

おきてゆくうきねの床のわかれちはちきりおくへきくさの葉もなし

おきてゆく−うきねのとこの−わかれちは−ちきりおくへき−くさのはもなし


00191
未入力 (xxx)

あまを舟われをはよそにみくまのの浦よりをちにとほさかりぬる

あまをふね−われをはよそに−みくまのの−うらよりをちに−とほさかりぬる


00192
未入力 (xxx)

玉江こくあしかりをふねゆきなやみみのうきからに又やさはらむ

たまえこく−あしかりをふね−ゆきなやみ−みのうきからに−またやさはらむ


00193
未入力 (xxx)

うらむれとゆきあふみちはかたたふねさてもかひなき名こそつらけれ

うらむれと−ゆきあふみちは−かたたふね−さてもかひなき−なこそつらけれ


00194
未入力 (xxx)

おもひ川さします舟のみなれさをわかてにとりていつかわたらん

おもひかは−さしますふねの−みなれさを−わかてにとりて−いつかわたらむ


00195
未入力 (xxx)

いかにせん丹生の河なみよるたにもかよはぬ舟のうきななかさは

いかにせむ−にふのかはなみ−よるたにも−かよはぬふねの−うきななかさは


00196
未入力 (xxx)

浪のうへはさとのしるへにあらねとも恨みなれたるあまのつりふね

なみのうへは−さとのしるへに−あらねとも−うらみなれたる−あまのつりふね


00197
未入力 (xxx)

湊いるあまのをふねのあしわけに又このくれもまちそわつらふ

みなといる−あまのをふねの−あしわけに−またこのくれも−まちそわつらふ


00198
未入力 (xxx)

須磨の海人のあさなゆふなにひく網のかけてもこひぬ浪の間そなき

すまのあまの−あさなゆふなに−ひくあみの−かけてもこひぬ−なみのまそなき


00199
未入力 (xxx)

志賀の海人の網のうけなはうきなからたえぬうらみはなほそくるしき

しかのあまの−あみのうけなは−うきなから−たえぬうらみは−なほそくるしき


00200
未入力 (xxx)

あま人の手引のあみのくるとあくとめかれぬこひにそてや朽ちなむ

あまひとの−てひきのあみの−くるとあくと−めかれぬこひに−そてやくちなむ


00201
未入力 (xxx)

人こころあたなる名のみたつしきのあみのゆく手になにかかるらん

ひとこころ−あたなるなのみ−たつしきの−あみのゆくてに−なにかかるらむ


00202
未入力 (xxx)

なかかれとなにひきかけてたのみけんおもはぬかたの網のうけ縄

なかかれと−なにひきかけて−たのみけむ−おもはぬかたの−あみのうけなは


00203
未入力 (xxx)

よとともに浪ちへたててひく網のたえぬうらみはさてやくちなん

よとともに−なみちへたてて−ひくあみの−たえぬうらみは−さてやくちなむ


00204
未入力 (xxx)

伊勢の海たえぬうらみにひく網のめにあまりぬるわかなみたかな

いせのうみ−たえぬうらみに−ひくあみの−めにあまりぬる−わかなみたかな


00205
未入力 (xxx)

年へぬる網の手縄のうちはへてこころひとつをかけぬ日はなし

としへぬる−あみのたなはの−うちはへて−こころひとつを−かけぬひはなし


00206
未入力 (xxx)

恋すてふ袖しのうらにひくあみのめにもたまらぬなみたなりけり

こひすてふ−そてしのうらに−ひくあみの−めにもたまらぬ−なみたなりけり


00207
未入力 (xxx)

浦人のかたをさためてひくあみもくるしとのみや身をしほるらむ

うらひとの−かたをさためて−ひくあみも−くるしとのみや−みをしほるらむ


00208
未入力 (xxx)

しかの海人のあさなゆふなに引く網のほすまもしらすぬるる袖かな

しかのあまの−あさなゆふなに−ひくあみの−ほすまもしらす−ぬるるそてかな


00209
未入力 (xxx)

かすならす身をはうらわにおく網のうけひく人もなきおもひかな

かすならす−みをはうらわに−おくあみの−うけひくひとも−なきおもひかな


00210
未入力 (xxx)

ひく網のめならふ浦のひとなみも身のうきかたはかけはなれにき

ひくあみの−めならふうらの−ひとなみも−みのうきかたは−かけはなれにき


00211
未入力 (xxx)

あふこともいまはなきさにほす網のかわくをみてもそてそかなしき

あふことも−いまはなきさに−ほすあみの−かわくをみても−そてそかなしき


00212
未入力 (xxx)

おもふともいかかたのまむたれとなくひくてあまたのあみのうけ縄

おもふとも−いかかたのまむ−たれとなく−ひくてあまたの−あみのうけなは


00213
未入力 (xxx)

おく網のしけき人めにことよせてまたことうらにひくこころかな

おくあみの−しけきひとめに−ことよせて−またことうらに−ひくこころかな


00214
未入力 (xxx)

よしさらはうらみもはてよひく網のめならふ人にこころおくとて

よしさらは−うらみもはてよ−ひくあみの−めならふひとに−こころおくとて


00215
未入力 (xxx)

いせの海おもはぬかたにひくあみの我には人のこころおくらむ

いせのうみ−おもはぬかたに−ひくあみの−われにはひとの−こころおくらむ


00216
未入力 (xxx)

見し人をしのふの海にひくあみのくるしやかくはまなくぬるらん

みしひとを−しのふのうみに−ひくあみの−くるしやかくは−まなくぬるらむ


00217
未入力 (xxx)

うきめかるあまのしわさにおく網のたれうけひけとうらみそめけん

うきめかる−あまのしわさに−おくあみの−たれうけひけと−うらみそめけむ


00218
未入力 (xxx)

たえすひく網のうけ縄うきてのみよるへくるしき身のちきりかな

たえすひく−あみのうけなは−うきてのみ−よるへくるしき−みのちきりかな


00219
未入力 (xxx)

おく網のひくてあまたに袖ぬれてさてもうらみぬ浪の間そなき

おくあみの−ひくてあまたに−そてぬれて−さてもうらみぬ−なみのまそなき