[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

院御歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名院御歌合 
作品集名読みいんおううたあわせ 
作成年月日宝治元年九月(1247年10月)
場所 

00001
未入力 (xxx)

いつくより春はきぬらん天のとのあくるをまたすたつ霞かな

いつくより−はるはきぬらむ−あまのとの−あくるをまたす−たつかすみかな


00002
未入力 (xxx)

春きてもなほ氷しく衣川霞もいくへたちわたるらん

はるきても−なほこほりしく−ころもかは−かすみもいくへ−たちわたるらむ


00003
未入力 (xxx)

皇の御代さかゆへき春なれは霞をこめてたちや出てまし

すめらきの−みよさかゆへき−はるなれは−かすみをこめて−たちやいてまし


00004
未入力 (xxx)

君かためなほ万代の春の色に霞初めたる明ほのの空

きみかため−なほよろつよの−はるのいろに−かすみそめたる−あけほののそら


00005
未入力 (xxx)

かすかのの草のはつかに雪消えてみとりもさむく霞むころかな

かすかのの−くさのはつかに−ゆききえて−みとりもさむく−かすむころかな


00006
未入力 (xxx)

梓弓おして春こそきにけらし野やまをこめて霞たなひく

あつさゆみ−おしてはるこそ−きにけらし−のやまをこめて−かすみたなひく


00007
未入力 (xxx)

あつさ弓春のみ空にいつなれてやかて霞の立ちかさぬらん

あつさゆみ−はるのみそらに−いつなれて−やかてかすみの−たちかさぬらむ


00008
未入力 (xxx)

浅みとり春の日かすもしられけりまた色うすき山の霞に

あさみとり−はるのひかすも−しられけり−またいろうすき−やまのかすみに


00009
未入力 (xxx)

いまもなほ雪はふりつつ朝霞たてるやいつこ春はきにけり

いまもなほ−ゆきはふりつつ−あさかすみ−たてるやいつこ−はるはきにけり


00010
未入力 (xxx)

天のとの明けゆく空はかすみつつまたあらたまる春はきにけり

あまのとの−あけゆくそらは−かすみつつ−またあらたまる−はるはきにけり


00011
未入力 (xxx)

春立てはあまの岩との明くるより神よもまつや霞初めけん

はるたては−あまのいはとの−あくるより−かみよもまつや−かすみそめけむ


00012
未入力 (xxx)

朝かすみかせも音せぬあら玉の春はまつこそのとけきをみれ

あさかすみ−かせもおとせぬ−あらたまの−はるはまつこそ−のとけきをみれ


00013
未入力 (xxx)

あまのとを明くるやおそき立つ春の霞みてみゆるよこ雲の空

あまのとを−あくるやおそき−たつはるの−かすみてみゆる−よこくものそら


00014
未入力 (xxx)

まきもくのあなしのひはら猶さえて都の空はうす霞みつつ

まきもくの−あなしのひはら−なほさえて−みやこのそらは−うすかすみつつ


00015
未入力 (xxx)

きのふまて雪けにくもる天つ空明ほのかけてはや霞みぬる

きのふまて−ゆきけにくもる−あまつそら−あけほのかけて−はやかすみぬる


00016
未入力 (xxx)

あまの原雪けの空のかすますは立ちける春もえやはわかまし

あまのはら−ゆきけのそらの−かすますは−たちけるはるも−えやはわかまし


00017
未入力 (xxx)

君か代のはしめの春ののとけさを空もしりてや霞たつらん

きみかよの−はしめのはるの−のとけさを−そらもしりてや−かすみたつらむ


00018
未入力 (xxx)

このほとはあらしも雪も猶さえて霞そうすきよもの山のは

このほとは−あらしもゆきも−なほさえて−かすみそうすき−よものやまのは


00019
未入力 (xxx)

春はいまとわたりくらし天のはら雲井はるかに今朝はかすめる

はるはいま−とわたりくらし−あまのはら−くもゐはるかに−けさはかすめる


00020
未入力 (xxx)

さほ姫の霞の衣袖さえてたつとはみれと春そすくなき

さほひめの−かすみのころも−そてさえて−たつとはみれと−はるそすくなき


00021
未入力 (xxx)

あら玉のとしをへたてて朝霞いつしか春も立ちにけるかな

あらたまの−としをへたてて−あさかすみ−いつしかはるも−たちにけるかな


00022
未入力 (xxx)

久堅のあまつみ空の朝かすみ立ちこそわたれ春やきぬらん

ひさかたの−あまつみそらの−あさかすみ−たちこそわたれ−はるやきぬらむ


00023
未入力 (xxx)

よこ雲の霞にまかふ山かつら暁かけて春はきにけり

よこくもの−かすみにまかふ−やまかつら−あかつきかけて−はるはきにけり


00024
未入力 (xxx)

春きぬとおもひもあへす久かたのあまつみ空にたつ霞かな

はるきぬと−おもひもあへす−ひさかたの−あまつみそらに−たつかすみかな


00025
未入力 (xxx)

明けわたるみねの霞を出つる日の影もくもらぬ千代の初春

あけわたる−みねのかすみを−いつるひの−かけもくもらぬ−ちよのはつはる


00026
未入力 (xxx)

いつのまに霞の衣うち消えし雪ふる空も春はたつらむ

いつのまに−かすみのころも−うちきえし−ゆきふるそらも−はるはたつらむ


00027
未入力 (xxx)

みても猶おくそゆかしきあしかきのよしのの山の花のさかりは

みてもなほ−おくそゆかしき−あしかきの−よしののやまの−はなのさかりは


00028
未入力 (xxx)

雲のうへの山もこたかき桜花みよの盛の春にあふらん

くものうへの−やまもこたかき−さくらはな−みよのさかりの−はるにあふらむ


00029
未入力 (xxx)

おもひ出てよわれもむかしはたつ田山たかねの花も袖にかけてき

おもひいてよ−われもむかしは−たつたやま−たかねのはなも−そてにかけてき


00030
未入力 (xxx)

春はまた花のみやこと成りにけり桜ににほふみよしのの山

はるはまた−はなのみやこと−なりにけり−さくらににほふ−みよしののやま


00031
未入力 (xxx)

みよしののたかきの山の桜花雲より空ににほふ色かな

みよしのの−たかきのやまの−さくらはな−くもよりそらに−にほふいろかな


00032
未入力 (xxx)

山かせは心してふけ高砂の尾上の桜いまさかりなり

やまかせは−こころしてふけ−たかさこの−をのへのさくら−いまさかりなり


00033
未入力 (xxx)

桜花をちの里まてなかむらんあたにをらすな春の山もり

さくらはな−をちのさとまて−なかむらむ−あたにをらすな−はるのやまもり


00034
未入力 (xxx)

かつらきやいつこを花とたつねまし梢につつく峰の白雲

かつらきや−いつこをはなと−たつねまし−こすゑにつつく−みねのしらくも


00035
未入力 (xxx)

よしの山みねにたなひく白雲のにほふは花の盛なりけり

よしのやま−みねにたなひく−しらくもの−にほふははなの−さかりなりけり


00036
未入力 (xxx)

けふよりは雲こそにほへよしの山たかねの桜花やさくらし

けふよりは−くもこそにほへ−よしのやま−たかねのさくら−はなやさくらし


00037
未入力 (xxx)

白波のたちかさなれるたきのうへにみふねの山は花さかりかも

しらなみの−たちかさなれる−たきのうへに−みふねのやまは−はなさかりかも


00038
未入力 (xxx)

けふしはや花まちつくるおいらくのみ山かくれに春をしるかな

けふしはや−はなまちつくる−おいらくの−みやまかくれに−はるをしるかな


00039
未入力 (xxx)

わくかたもなくてなかめむ桜花たちなまかひそ山のはの雲

わくかたも−なくてなかめむ−さくらはな−たちなまかひそ−やまのはのくも


00040
未入力 (xxx)

桜花さくとみしより松山の木末に波のかけぬまもなし

さくらはな−さくとみしより−まつやまの−こすゑになみの−かけぬまもなし


00041
未入力 (xxx)

たつね入る花よりはなに日かすへて山ちの末にいくよとまりぬ

たつねいる−はなよりはなに−ひかすへて−やまちのすゑに−いくよとまりぬ


00042
未入力 (xxx)

心のみ行きかへりつつ山たかみをられぬ花そうつろひぬへき

こころのみ−ゆきかへりつつ−やまたかみ−をられぬはなそ−うつろひぬへき


00043
未入力 (xxx)

よしの山ふもとの里の春をへてひと日も桜めかれやはする

よしのやま−ふもとのさとの−はるをへて−ひとひもさくら−めかれやはする


00044
未入力 (xxx)

泊瀬山さきそふ花の色みえてことしはふかき峰の白雲

はつせやま−さきそふはなの−いろみえて−ことしはふかき−みねのしらくも


00045
未入力 (xxx)

尋ねきていまそしめゆふたまたすき雲ゐる山のはつ桜花

たつねきて−いまそしめゆふ−たまたすき−くもゐるやまの−はつさくらはな


00046
未入力 (xxx)

みよしののおくまて花にさそはれぬかへらむみちのしをりたにせて

みよしのの−おくまてはなに−さそはれぬ−かへらむみちの−しをりたにせて


00047
未入力 (xxx)

みよしのの花は昔の春なからなと故郷の山となりけん

みよしのの−はなはむかしの−はるなから−なとふるさとの−やまとなりけむ


00048
未入力 (xxx)

こころをは染めさらましを桜花山のかひなくうつろはむとや

こころをは−そめさらましを−さくらはな−やまのかひなく−うつろはむとや


00049
未入力 (xxx)

芳野山桜にまかふ色そなき峰のしら雲なにはたてとも

よしのやま−さくらにまかふ−いろそなき−みねのしらくも−なにはたてとも


00050
未入力 (xxx)

桜花かはらぬ色をわきかねて雲さへをしき春の山かせ

さくらはな−かはらぬいろを−わきかねて−くもさへをしき−はるのやまかせ


00051
未入力 (xxx)

みよしのの花のさかりに成りぬれはよもの草木もにほふ春かせ

みよしのの−はなのさかりに−なりぬれは−よものくさきも−にほふはるかせ


00052
未入力 (xxx)

老のみにくるしき山のさか越えてなにとよそなる花をみるらん

おいのみに−くるしきやまの−さかこえて−なにとよそなる−はなをみるらむ


00053
未入力 (xxx)

里なれていまそなくなるほとときす五月を人は待つへかりけり

さとなれて−いまそなくなる−ほとときす−さつきをひとは−まつへかりけり


00054
未入力 (xxx)

おのかつまいかに契れはほとときすさ月の空をわきてとふらん

おのかつま−いかにちきれは−ほとときす−さつきのそらを−わきてとふらむ


00055
未入力 (xxx)

我のみとなくやさ月の時鳥たれもね覚をよそにやはきく

われのみと−なくやさつきの−ほとときす−たれもねさめを−よそにやはきく


00056
未入力 (xxx)

かたらひし宿の軒はのたち花にさ月こととふほとときすかな

かたらひし−やとののきはの−たちはなに−さつきこととふ−ほとときすかな


00057
未入力 (xxx)

たち花のにほふさ月の時鳥いかに忍ふるむかしなるらん

たちはなの−にほふさつきの−ほとときす−いかにしのふる−むかしなるらむ


00058
未入力 (xxx)

をりはへてなけや雲ちの郭公いまはたおのかさ月きにけり

をりはへて−なけやくもちの−ほとときす−いまはたおのか−さつききにけり


00059
未入力 (xxx)

つれもなき月を待つとて時鳥なくはなみたの五月雨の空

つれもなき−つきをまつとて−ほとときす−なくはなみたの−さみたれのそら


00060
未入力 (xxx)

いまよりはまたてやきかむ郭公なきふるしつるさみたれの比

いまよりは−またてやきかむ−ほとときす−なきふるしつる−さみたれのころ


00061
未入力 (xxx)

人しれすまたれしものを梅雨の空にふりぬる時鳥かな

ひとしれす−またれしものを−さみたれの−そらにふりぬる−ほとときすかな


00062
未入力 (xxx)

きかぬまのこころつくしの時鳥さ月の空はまたれさりけり

きかぬまの−こころつくしの−ほとときす−さつきのそらは−またれさりけり


00063
未入力 (xxx)

をちかへりいまもなかなん時鳥おのかさ月のこそのふる声

をちかへり−いまもなかなむ−ほとときす−おのかさつきの−こそのふるこゑ


00064
未入力 (xxx)

郭公はたまつよりもまたれけりおのかとおもふさ月きぬれは

ほとときす−はたまつよりも−またれけり−おのかとおもふ−さつききぬれは


00065
未入力 (xxx)

時鳥わきていつとはおもはぬにおのかさ月といまはなくなり

ほとときす−わきていつとは−おもはぬに−おのかさつきと−いまはなくなり


00066
未入力 (xxx)

五月山月まつよひの村雨にふり出ててなくほとときすかな

さつきやま−つきまつよひの−むらさめに−ふりいててなく−ほとときすかな


00067
未入力 (xxx)

さみたれの空にそあかぬ時鳥う月の比に待ちならひつつ

さみたれの−そらにそあかぬ−ほとときす−うつきのころに−まちならひつつ


00068
未入力 (xxx)

まてといふになかすもあらは郭公なにをさ月とおもひわかまし

まてといふに−なかすもあらは−ほとときす−なにをさつきと−おもひわかまし


00069
未入力 (xxx)

徒にはつ音ほとふる時鳥まつとせしまにさ月きにけり

いたつらに−はつねほとふる−ほとときす−まつとせしまに−さつききにけり


00070
未入力 (xxx)

子規忍ひしほとの一こゑをいまはさつきとなきやふるさむ

ほとときす−しのひしほとの−ひとこゑを−いまはさつきと−なきやふるさむ


00071
未入力 (xxx)

時鳥いかてあやめにひきそへてなかなく音をもたまにぬかまし

ほとときす−いかてあやめに−ひきそへて−なかなくねをも−たまにぬかまし


00072
未入力 (xxx)

さみたれのふりにし友とかたらへはなれもこととふほとときすかな

さみたれの−ふりにしともと−かたらへは−なれもこととふ−ほとときすかな


00073
未入力 (xxx)

あやにくに初音またれし時鳥さ月はおのか時となくなり

あやにくに−はつねまたれし−ほとときす−さつきはおのか−ときとなくなり


00074
未入力 (xxx)

なけやなけはつ音惜みし郭公いまこそなつはさ月なりけれ

なけやなけ−はつねをしみし−ほとときす−いまこそなつは−さつきなりけれ


00075
未入力 (xxx)

たかために里はあまたの時鳥おのかさ月をなほ忍ふらん

たかために−さとはあまたの−ほとときす−おのかさつきを−なほしのふらむ


00076
未入力 (xxx)

なにしおふやみはあやなし時鳥おのかさ月は声もかくれす

なにしおふ−やみはあやなし−ほとときす−おのかさつきは−こゑもかくれす


00077
未入力 (xxx)

庭にちる花たちはなの梅雨に声はしをれぬ時鳥かな

にはにちる−はなたちはなの−さみたれに−こゑはしをれぬ−ほとときすかな


00078
未入力 (xxx)

身をなけてなみたは時もわかれぬにさ月ときなくほとときすかな

みをなけて−なみたはときも−わかれぬに−さつきときなく−ほとときすかな


00079
未入力 (xxx)

秋といへはあへす色つく木葉かな今朝こそかせの音も身にしめ

あきといへは−あへすいろつく−このはかな−けさこそかせの−おともみにしめ


00080
未入力 (xxx)

荻のはに声たてねともふく風の身にしむ色に秋そしらるる

をきのはに−こゑたてねとも−ふくかせの−みにしむいろに−あきそしらるる


00081
未入力 (xxx)

袖のうへに老のなみたのかかれるを秋きにけりと風やしるらん

そてのうへに−おいのなみたの−かかれるを−あききにけりと−かせやしるらむ


00082
未入力 (xxx)

秋としもなと荻のはのむすひけん夕のかせに露の契を

あきとしも−なとをきのはの−むすひけむ−ゆふへのかせに−つゆのちきりを


00083
未入力 (xxx)

岡野へやいつともわかぬ松かせの身にしむ程に秋はきにけり

をかのへや−いつともわかぬ−まつかせの−みにしむほとに−あきはきにけり


00084
未入力 (xxx)

君かへむ千とせの秋のはしめとてしらする風も松に吹くなり

きみかへむ−ちとせのあきの−はしめとて−しらするかせも−まつにふくなり


00085
未入力 (xxx)

いまははやあつまのおくにかよふらむ秋のしるへの西の山かせ

いまははや−あつまのおくに−かよふらむ−あきのしるへの−にしのやまかせ


00086
未入力 (xxx)

けふはまた夕をわきて久堅の空よりすくる秋の初かせ

けふはまた−ゆふへをわきて−ひさかたの−そらよりすくる−あきのはつかせ


00087
未入力 (xxx)

いととまた身にしむかせの吹くなへにはやしられぬる秋の空かな

いととまた−みにしむかせの−ふくなへに−はやしられぬる−あきのそらかな


00088
未入力 (xxx)

うたたねの衣手すすし吹くかせのめにはみえすて秋やきぬらむ

うたたねの−ころもてすすし−ふくかせの−めにはみえすて−あきやきぬらむ


00089
未入力 (xxx)

吹くかせもすすしくなりぬ久堅のあまつみ空に秋やきぬらん

ふくかせも−すすしくなりぬ−ひさかたの−あまつみそらに−あきやきぬらむ


00090
未入力 (xxx)

身にさむき秋そきぬらし荻原やさらては風のさしもやはふく

みにさむき−あきそきぬらし−をきはらや−さらてはかせの−さしもやはふく


00091
未入力 (xxx)

荻原のすゑこすかせの音よりそほのかに秋はききはしめつる

をきはらの−すゑこすかせの−おとよりそ−ほのかにあきは−ききはしめつる


00092
未入力 (xxx)

袖のうへに露はみたれてむすへともなほ色みえぬ秋の初かせ

そてのうへに−つゆはみたれて−むすへとも−なほいろみえぬ−あきのはつかせ


00093
未入力 (xxx)

おほつかな秋をつけよとたれうゑて今朝は身にしむ荻のうはかせ

おほつかな−あきをつけよと−たれうゑて−けさはみにしむ−をきのうはかせ


00094
未入力 (xxx)

くる秋もたたわかためとおもひつつきけはや風の身にはしむらん

くるあきも−たたわかためと−おもひつつ−きけはやかせの−みにはしむらむ


00095
未入力 (xxx)

おしなへて身にしむのみかふく風の音もさやかに秋はきにけり

おしなへて−みにしむのみか−ふくかせの−おともさやかに−あきはきにけり


00096
未入力 (xxx)

ふく風はきのふもけふもかはらねとみにしむ音に秋そしらるる

ふくかせは−きのふもけふも−かはらねと−みにしむおとに−あきそしらるる


00097
未入力 (xxx)

天川かはかせすすしとほつまのいつかと待ちし秋やきぬらん

あまのかは−かはかせすすし−とほつまの−いつかとまちし−あきやきぬらむ


00098
未入力 (xxx)

いつもきくめにみぬかせの秋といへは身にしむ色のいかてそふらん

いつもきく−めにみぬかせの−あきといへは−みにしむいろの−いかてそふらむ


00099
未入力 (xxx)

うちつけにまつそみにしむ秋きぬといふはかりなる荻のうはかせ

うちつけに−まつそみにしむ−あききぬと−いふはかりなる−をきのうはかせ


00100
未入力 (xxx)

いかにしてみにしむ色を染めつらん音こそあらめ秋の初かせ

いかにして−みにしむいろを−そめつらむ−おとこそあらめ−あきのはつかせ


00101
未入力 (xxx)

白妙のみつかけ草やなひくらん天のかはらの秋の初風

しろたへの−みつかけくさや−なひくらむ−あまのかはらの−あきのはつかせ


00102
未入力 (xxx)

尋ねくる秋のしるしもしられけり風ふきかはる三輪の杉むら

たつねくる−あきのしるしも−しられけり−かせふきかはる−みわのすきむら


00103
未入力 (xxx)

かせわたる秋の夕の荻のはにおけはかすちる露の白玉

かせわたる−あきのゆふへの−をきのはに−おけはかすちる−つゆのしらたま


00104
未入力 (xxx)

ふく風もあさけすすしく成りにけりねぬるよのまに秋やきぬらん

ふくかせも−あさけすすしく−なりにけり−ねぬるよのまに−あきやきぬらむ


00105
未入力 (xxx)

塩かまのうらの煙も絶えにけり月みむとてのあまのしわさに

しほかまの−うらのけふりも−たえにけり−つきみむとての−あまのしわさに


00106
未入力 (xxx)

わかのうらやおなしなかれの君かよにまた立出てて月をみるかな

わかのうらや−おなしなかれの−きみかよに−またたちいてて−つきをみるかな


00107
未入力 (xxx)

蘆そよくなにはの波のかすかすにみにしめとすむ月の影かな

あしそよく−なにはのなみの−かすかすに−みにしめとすむ−つきのかけかな


00108
未入力 (xxx)

しをるなよ月をは袖の秋のよにもしほたれてもすまのうら人

しをるなよ−つきをはそての−あきのよに−もしほたれても−すまのうらひと


00109
未入力 (xxx)

なにはかたあまのたくなはなかしともおもひそ果てぬ秋のよの月

なにはかた−あまのたくなは−なかしとも−おもひそはてぬ−あきのよのつき


00110
未入力 (xxx)

むかしよりきくやあかしのうらの名も空にしらるる秋のよの月

むかしより−きくやあかしの−うらのなも−そらにしらるる−あきのよのつき


00111
未入力 (xxx)

わたの原空もひとつにみわたせはうつらぬ月に波そかかれる

わたのはら−そらもひとつに−みわたせは−うつらぬつきに−なみそかかれる


00112
未入力 (xxx)

おしてるやなにはのうらの夕なきにあしの末はをいつる月かけ

おしてるや−なにはのうらの−ゆふなきに−あしのすゑはを−いつるつきかけ


00113
未入力 (xxx)

秋のよは月にそみかく玉くしけふたみのうらによする白波

あきのよは−つきにそみかく−たまくしけ−ふたみのうらに−よするしらなみ


00114
未入力 (xxx)

ますかかみみぬめのうらは名のみしておなしかけなる秋のよの月

ますかかみ−みぬめのうらは−なのみして−おなしかけなる−あきのよのつき


00115
未入力 (xxx)

おほかたに曇なきよの月なれはさそなあかしのうらもさやけき

おほかたに−くもりなきよの−つきなれは−さそなあかしの−うらもさやけき


00116
未入力 (xxx)

いさこよひなたのあまのこしるへせよしほちの月を漕出ててみん

いさこよひ−なたのあまのこ−しるへせよ−しほちのつきを−こきいててみむ


00117
未入力 (xxx)

なにしおふなか井のうらの秋のよに行くともみえてすめる月かな

なにしおふ−なかゐのうらの−あきのよに−ゆくともみえて−すめるつきかな


00118
未入力 (xxx)

みわたせはのしまかさきの波まより山のはならていつる月かけ

みわたせは−のしまかさきの−なみまより−やまのはならて−いつるつきかけ


00119
未入力 (xxx)

わたの原八重のしほちに雲消えて月すみのほるすまのうらかせ

わたのはら−やへのしほちに−くもきえて−つきすみのほる−すまのうらかせ


00120
未入力 (xxx)

もしほくむよはのさ衣あはれにそあまのしわさは月やとしける

もしほくむ−よはのさころも−あはれにそ−あまのしわさは−つきやとしける


00121
未入力 (xxx)

漕きいてしまつらのうみをなかめつつ月になれぬる秋のさよひめ

こきいてし−まつらのうみを−なかめつつ−つきになれぬる−あきのさよひめ


00122
未入力 (xxx)

白妙の袖師のうらによる波のかすさへみえて月そさやけき

しろたへの−そてしのうらに−よるなみの−かすさへみえて−つきそさやけき


00123
未入力 (xxx)

海原やなこのしほひのまきこちに清き月よのさもそさやけき

うなはらや−なこのしほひの−まきこちに−きよきつきよの−さもそさやけき


00124
未入力 (xxx)

ふけ行けはうらこく船の音まてもさもすみまさるよはの月かな

ふけゆけは−うらこくふねの−おとまても−さもすみまさる−よはのつきかな


00125
未入力 (xxx)

なかしとも月におほえぬ秋のよをなとかふけ井のうらといふらん

なかしとも−つきにおほえぬ−あきのよを−なとかふけひの−うらといふらむ


00126
未入力 (xxx)

秋をへてよわたるあまのすて衣塩なれにける袖の月かな

あきをへて−よわたるあまの−すてころも−しほなれにける−そてのつきかな


00127
未入力 (xxx)

わかのうらや昔にかへる波のうへに光あまねき秋のよの月

わかのうらや−むかしにかへる−なみのうへに−ひかりあまねき−あきのよのつき


00128
未入力 (xxx)

里のあまのしほたれ衣ほしやらてさなからやとす秋のよの月

さとのあまの−しほたれころも−ほしやらて−さなからやとす−あきのよのつき


00129
未入力 (xxx)

あかしかた塩やくあまの煙たにくまこそなけれ月のすむよは

あかしかた−しほやくあまの−けふりたに−くまこそなけれ−つきのすむよは


00130
未入力 (xxx)

秋のよのなたかの浦のしほ風に影さしのほる月のさやけさ

あきのよの−なたかのうらの−しほかせに−かけさしのほる−つきのさやけさ


00131
未入力 (xxx)

いととまたかきりもみえすむさし野やあまきる雪の明ほのの空

いととまた−かきりもみえす−むさしのや−あまきるゆきの−あけほののそら


00132
未入力 (xxx)

みなせ山ちかきみかりのおもかけやかたのの雪に猶のこるらん

みなせやま−ちかきみかりの−おもかけや−かたののゆきに−なほのこるらむ


00133
未入力 (xxx)

雪おもるみにならひてもおもふかな野なる草木のいかにさゆらん

ゆきおもる−みにならひても−おもふかな−のなるくさきの−いかにさゆらむ


00134
未入力 (xxx)

かりにこしあとたにもなくうつもれて雪ふか草の野への故郷

かりにこし−あとたにもなく−うつもれて−ゆきふかくさの−のへのふるさと


00135
未入力 (xxx)

かち人のわけ行く末もしらすけのまののふるみち雪つもりつつ

かちひとの−わけゆくすゑも−しらすけの−まののふるみち−ゆきつもりつつ


00136
未入力 (xxx)

白雪のふる枝のこ萩今朝みれはあらぬ花さくみや木のの原

しらゆきの−ふるえのこはき−けさみれは−あらぬはなさく−みやきののはら


00137
未入力 (xxx)

かすか野をわけ行くひとの袖さえてみちもさりあへす雪は降りつつ

かすかのを−わけゆくひとの−そてさえて−みちもさりあへす−ゆきはふりつつ


00138
未入力 (xxx)

けぬかうへにまた跡つけよ玉ほこのみちある御代の野への白雪

けぬかうへに−またあとつけよ−たまほこの−みちあるみよの−のへのしらゆき


00139
未入力 (xxx)

霜かれのをのの浅ちふ跡もなく心のままにつもる白雪

しもかれの−をののあさちふ−あともなく−こころのままに−つもるしらゆき


00140
未入力 (xxx)

かきくらし雪は降りつつ梓弓すゑのはら野はいる人もなし

かきくらし−ゆきはふりつつ−あつさゆみ−すゑのはらのは−いるひともなし


00141
未入力 (xxx)

いそのかみふるののみゆきふみわけていまそ昔の跡もみるへき

いそのかみ−ふるののみゆき−ふみわけて−いまそむかしの−あともみるへき


00142
未入力 (xxx)

おのつからさてものそみのおよふやと雪の朝の野へに出てぬる

おのつから−さてものそみの−およふやと−ゆきのあしたの−のへにいてぬる


00143
未入力 (xxx)

梓弓いるののみちの跡絶えてしかもかよはすふれる白雪

あつさゆみ−いるののみちの−あとたえて−しかもかよはす−ふれるしらゆき


00144
未入力 (xxx)

ささたけの野へのふるみちまよふとも雪ふみならしとふ人もかな

ささたけの−のへのふるみち−まよふとも−ゆきふみならし−とふひともかな


00145
未入力 (xxx)

うつもるるかれののすすきふみわけてなほ行末も雪のふるみち

うつもるる−かれののすすき−ふみわけて−なほゆくすゑも−ゆきのふるみち


00146
未入力 (xxx)

もと柏もとよりうつむ雪のうへにふるからをののみちや絶えなん

もとかしは−もとよりうつむ−ゆきのうへに−ふるからをのの−みちやたえなむ


00147
未入力 (xxx)

いそのかみふるのののもりふみわけて雪にも御代のみちは有りけり

いそのかみ−ふるのののもり−ふみわけて−ゆきにもみよの−みちはありけり


00148
未入力 (xxx)

終にまたもみちぬ色やこれならん野中にたてる松の白雪

つひにまた−もみちぬいろや−これならむ−のなかにたてる−まつのしらゆき


00149
未入力 (xxx)

下折のゐなのふし原いやしきにまなくも雪の猶つもるらん

したをれの−ゐなのふしはら−いやしきに−まなくもゆきの−なほつもるらむ


00150
未入力 (xxx)

このしたの露にやまさる宮木ののみかさとりあへぬ雪のふかさは

このしたの−つゆにやまさる−みやきのの−みかさとりあへぬ−ゆきのふかさは


00151
未入力 (xxx)

けさのまも跡こそみえね白雪のふるからをののもとのかよひち

けさのまも−あとこそみえね−しらゆきの−ふるからをのの−もとのかよひち


00152
未入力 (xxx)

おもふよりいとといくののみち絶えてまたふみもみすつもる雪かな

おもふより−いとといくのの−みちたえて−またふみもみす−つもるゆきかな


00153
未入力 (xxx)

降る雪に野中の松もうつもれていまは嵐の声たにもなし

ふるゆきに−のなかのまつも−うつもれて−いまはあらしの−こゑたにもなし


00154
未入力 (xxx)

ふみわけて行くへきみちも白雪のしらぬ野原の末そゆかしき

ふみわけて−ゆくへきみちも−しらゆきの−しらぬのはらの−すゑそゆかしき


00155
未入力 (xxx)

かすか野や秋の名残もみえわかすみな白妙の雪の下草

かすかのや−あきのなこりも−みえわかす−みなしろたへの−ゆきのしたくさ


00156
未入力 (xxx)

浅ち原かれふのをのの草のうへにましる色なくつもる白雪

あさちはら−かれふのをのの−くさのうへに−ましるいろなく−つもるしらゆき


00157
未入力 (xxx)

つれなきもいはねはこそとおもはすはとし月いかてなからへもせん

つれなきも−いはねはこそと−おもはすは−としつきいかて−なからへもせむ


00158
未入力 (xxx)

人しれぬ心にふるすとし月を命となれる程そつれなき

ひとしれぬ−こころにふるす−としつきを−いのちとなれる−ほとそつれなき


00159
未入力 (xxx)

さのみやはたえぬおもひもかくれぬの下行くみつのくるしかるへき

さのみやは−たえぬおもひも−かくれぬの−したゆくみつの−くるしかるへき


00160
未入力 (xxx)

秋をへてしくるる色を忍ふ山露をもらすなみちの果まて

あきをへて−しくるるいろを−しのふやま−つゆをもらすな−みちのはてまて


00161
未入力 (xxx)

としをふる涙なりともおのつからもらさは袖のひまもあらまし

としをふる−なみたなりとも−おのつから−もらさはそての−ひまもあらまし


00162
未入力 (xxx)

したにのみ忍ふの山の岩こすけいはておもひの年そへにける

したにのみ−しのふのやまの−いはこすけ−いはておもひの−としそへにける


00163
未入力 (xxx)

逢ふことをまつになみたのゆふしくれとしはふるとも色にいたすな

あふことを−まつになみたの−ゆふしくれ−としはふるとも−いろにいたすな


00164
未入力 (xxx)

名取川おもひ朽ちても年はへぬまたあらはれぬ瀬瀬の埋木

なとりかは−おもひくちても−としはへぬ−またあらはれぬ−せせのうもれき


00165
未入力 (xxx)

逢ふことはいのちにかへておもふ身の何と忍ひてとしのへぬらん

あふことは−いのちにかへて−おもふみの−なにとしのひて−としのへぬらむ


00166
未入力 (xxx)

みなそこになひく玉ものとしをへておもひみたると人はしらしな

みなそこに−なひくたまもの−としをへて−おもひみたると−ひとはしらしな


00167
未入力 (xxx)

知りかたきひとのこころのやすらひにいはておもひのとしそへにける

しりかたき−ひとのこころの−やすらひに−いはておもひの−としそへにける


00168
未入力 (xxx)

月ゆゑと人にはいひてたれをかもめてても恋のおいとなるらん

つきゆゑと−ひとにはいひて−たれをかも−めててもこひの−おいとなるらむ


00169
未入力 (xxx)

忍ふるもくるしきものを夏ひきの手ひきの糸のとしをへぬれは

しのふるも−くるしきものを−なつひきの−てひきのいとの−としをへぬれは


00170
未入力 (xxx)

おもひつついくとせ波に朽ちぬらん忍ふのうらのあまのたくなは

おもひつつ−いくとせなみに−くちぬらむ−しのふのうらの−あまのたくなは


00171
未入力 (xxx)

我ならぬ忍ふの山の松のはもとしへて色にいつるものかは

われならぬ−しのふのやまの−まつのはも−としへていろに−いつるものかは


00172
未入力 (xxx)

おもふこといはて心のうちにのみつもる月日をしる人のなき

おもふこと−いはてこころの−うちにのみ−つもるつきひを−しるひとのなき


00173
未入力 (xxx)

人しれすおもひしをれて朽ちねとや袖にとしふる我かなみたかな

ひとしれす−おもひしをれて−くちねとや−そてにとしふる−わかなみたかな


00174
未入力 (xxx)

いたつらにとしをふるのの小ささ原露たに秋の色に出てめや

いたつらに−としをふるのの−をささはら−つゆたにあきの−いろにいてめや


00175
未入力 (xxx)

すかのねのしのひにむすふしたひものとけすや恋ひむとしはへぬれと

すかのねの−しのひにむすふ−したひもの−とけすやこひむ−としはへぬれと


00176
未入力 (xxx)

恋をのみしつか庵のかやむしろしき忍ふまに年そへにける

こひをのみ−しつかいほりの−かやむしろ−しきしのふまに−としそへにける


00177
未入力 (xxx)

いはておもふつらきままなるとし月のたのみよなににかかる命そ

いはておもふ−つらきままなる−としつきの−たのみよなにに−かかるいのちそ


00178
未入力 (xxx)

おさふへき袖はむかしに朽果てぬ我かくろかみよなみたもらすな

おさふへき−そてはむかしに−くちはてぬ−わかくろかみよ−なみたもらすな


00179
未入力 (xxx)

山かはのした行くみつの下にのみ音こそたてねとしはふれとも

やまかはの−したゆくみつの−したにのみ−おとこそたてね−としはふれとも


00180
未入力 (xxx)

秋をへてふるき軒はのしのふ草忍ひに露のいくよ置くらん

あきをへて−ふるきのきはの−しのふくさ−しのひにつゆの−いくよおくらむ


00181
未入力 (xxx)

故郷のしのふの露も色に出てぬいつわか袖よ人のとふまて

ふるさとの−しのふのつゆも−いろにいてぬ−いつわかそてよ−ひとのとふまて


00182
未入力 (xxx)

いはておもふ枕の下のなみたともしらしな人につもるとし月

いはておもふ−まくらのしたの−なみたとも−しらしなひとに−つもるとしつき


00183
未入力 (xxx)

あかしかねまたるる物と成りにけりさしもいとひし鳥の八こゑも

あかしかね−またるるものと−なりにけり−さしもいとひし−とりのやこゑも


00184
未入力 (xxx)

したの帯のあたにむすひし中なれはめくりあふへき限たになし

したのおひの−あたにむすひし−なかなれは−めくりあふへき−かきりたになし


00185
未入力 (xxx)

身をうらのあまのもしほ木こりすまにたつや煙のよそに消えつつ

みをうらの−あまのもしほき−こりすまに−たつやけふりの−よそにきえつつ


00186
未入力 (xxx)

わけしよの契も消えてかなしきはとへとこたへぬみち芝の露

わけしよの−ちきりもきえて−かなしきは−とへとこたへぬ−みちしはのつゆ


00187
未入力 (xxx)

かきりともおもはてしもや契置きしそのままにひぬ袖の白露

かきりとも−おもはてしもや−ちきりおきし−そのままにひぬ−そてのしらつゆ


00188
未入力 (xxx)

おもひ侘ひわか心にもわすれぬと歎きいひてもねはなかれつつ

おもひわひ−わかこころにも−わすれぬと−なけきいひても−ねはなかれつつ


00189
未入力 (xxx)

徒に明けぬくれぬと玉くしけふたたひあはぬ身こそつらけれ

いたつらに−あけぬくれぬと−たまくしけ−ふたたひあはぬ−みこそつらけれ


00190
未入力 (xxx)

わすれぬも我か身のとかとしるはかりありしにかはる暁もかな

わすれぬも−わかみのとかと−しるはかり−ありしにかはる−あかつきもかな


00191
未入力 (xxx)

いまこむといひし契やあた人のたたいつはりのなさけなるらん

いまこむと−いひしちきりや−あたひとの−たたいつはりの−なさけなるらむ


00192
未入力 (xxx)

おもひきやかかるつらさを契にてありしそのよをかきるへしとは

おもひきや−かかるつらさを−ちきりにて−ありしそのよを−かきるへしとは


00193
未入力 (xxx)

つれなくそいきてつらさを歎きけるあふにかへてし命ならすや

つれなくそ−いきてつらさを−なけきける−あふにかへてし−いのちならすや


00194
未入力 (xxx)

いとはるるつらさあるよのあふことをなにそはまたと契りおきけん

いとはるる−つらさあるよの−あふことを−なにそはまたと−ちきりおきけむ


00195
未入力 (xxx)

いまはたたかさねし袖のうつりかも心のうちにのこるはかりそ

いまはたた−かさねしそての−うつりかも−こころのうちに−のこるはかりそ


00196
未入力 (xxx)

うしとてもうらみは果てしかた糸のなからへはまたあふよ有りやと

うしとても−うらみははてし−かたいとの−なからへはまた−あふよありやと


00197
未入力 (xxx)

頼め置きし我か身やあらぬとはかりをいま一たひはいかてとはまし

たのめおきし−わかみやあらぬ−とはかりを−いまひとたひは−いかてとはまし


00198
未入力 (xxx)

またれしをかはるつらさとおもふまにやかてこぬよのつもりぬるかな

またれしを−かはるつらさと−おもふまに−やかてこぬよの−つもりぬるかな


00199
未入力 (xxx)

わすらるるおもひに消えぬ命こそおのか物からうらみられけれ

わすらるる−おもひにきえぬ−いのちこそ−おのかものから−うらみられけれ


00200
未入力 (xxx)

はかなしやたか心よりと絶してみるよもしらぬ夢のうき橋

はかなしや−たかこころより−とたえして−みるよもしらぬ−ゆめのうきはし


00201
未入力 (xxx)

頼めてもこぬ偽にふけしよをなかくや人の忘果てぬる

たのめても−こぬいつはりに−ふけしよを−なかくやひとの−わすれはてぬる


00202
未入力 (xxx)

おとろかす人しなけれはいまはたたみしは夢かとたれにとはまし

おとろかす−ひとしなけれは−いまはたた−みしはゆめかと−たれにとはまし


00203
未入力 (xxx)

ありしよをこふるうつつはかひなきに夢になさはやまたもみるやと

ありしよを−こふるうつつは−かひなきに−ゆめになさはや−またもみるやと


00204
未入力 (xxx)

夢にたにいまはみゆともみえしたたわすれし人にそはぬ身なれは

ゆめにたに−いまはみゆとも−みえしたた−わすれしひとに−そはぬみなれは


00205
未入力 (xxx)

暁はつらきならひの鳥の音をふたたひきかぬ契なりけり

あかつきは−つらきならひの−とりのねを−ふたたひきかぬ−ちきりなりけり


00206
未入力 (xxx)

おもひきやたまくらふれし朝ねかみみたれてもまたこひん物とは

おもひきや−たまくらふれし−あさねかみ−みたれてもまた−こひむものとは


00207
未入力 (xxx)

宵のまのふけ行くかねのうらみたにおもひたえても年へける身を

よひのまの−ふけゆくかねの−うらみたに−おもひたえても−としへけるみを


00208
未入力 (xxx)

我はかり心なかさをかたるともみし夢とやはおもひあはせん

われはかり−こころなかさを−かたるとも−みしゆめとやは−おもひあはせむ


00209
未入力 (xxx)

松かねの枕さためむかたそなきいかにはけしきよはの嵐そ

まつかねの−まくらさためむ−かたそなき−いかにはけしき−よはのあらしそ


00210
未入力 (xxx)

いくかへりなれぬ嵐もしくるらんみやこを忍ふよはの枕に

いくかへり−なれぬあらしも−しくるらむ−みやこをしのふ−よはのまくらに


00211
未入力 (xxx)

嵐とてよなよなききし音よりもたひねの庵ははけしかりけり

あらしとて−よなよなききし−おとよりも−たひねのいほは−はけしかりけり


00212
未入力 (xxx)

露けさを契りや置きし草枕あらし吹きそふ秋のたひねに

つゆけさを−ちきりやおきし−くさまくら−あらしふきそふ−あきのたひねに


00213
未入力 (xxx)

よをさむみころもかせ山秋ふけてかたしく霜をとふ嵐かな

よをさむみ−ころもかせやま−あきふけて−かたしくしもを−とふあらしかな


00214
未入力 (xxx)

いくよわれかたしきわひぬ旅ころもかさなる山の峰のあらしに

いくよわれ−かたしきわひぬ−たひころも−かさなるやまの−みねのあらしに


00215
未入力 (xxx)

草枕夢のかよひち吹きとちて夜半のあらしの音のさやけさ

くさまくら−ゆめのかよひち−ふきとちて−よはのあらしの−おとのさやけさ


00216
未入力 (xxx)

あらし吹くみねのささ屋の草枕かりねの夢はむすふともなし

あらしふく−みねのささやの−くさまくら−かりねのゆめは−むすふともなし


00217
未入力 (xxx)

吹きまよふあらしのかせのさむきよにかりねさひしきさやの中山

ふきまよふ−あらしのかせの−さむきよに−かりねさひしき−さやのなかやま


00218
未入力 (xxx)

かり枕夢もむすはすささの屋のふしうき程の夜半のあらしに

かりまくら−ゆめもむすはす−ささのやの−ふしうきほとの−よはのあらしに


00219
未入力 (xxx)

ささ枕またふしなれぬうたたねに峰のあらしも心してふけ

ささまくら−またふしなれぬ−うたたねに−みねのあらしも−こころしてふけ


00220
未入力 (xxx)

こよひまたここにたひねの松のかせむへ山あらし音のさひしさ

こよひまた−ここにたひねの−まつのかせ−むへやまあらし−おとのさひしさ


00221
未入力 (xxx)

足ひきの山の嵐をかたしきてならはぬいはの枕をそする

あしひきの−やまのあらしを−かたしきて−ならはぬいはの−まくらをそする


00222
未入力 (xxx)

いかはかり都のとほくなりぬらん夢ちもよそにふくあらしかな

いかはかり−みやこのとほく−なりぬらむ−ゆめちもよそに−ふくあらしかな


00223
未入力 (xxx)

片敷きていくよになりぬたひ衣袖になれぬる峰の嵐を

かたしきて−いくよになりぬ−たひころも−そてになれぬる−みねのあらしを


00224
未入力 (xxx)

岩のうへにあらしの風はいとさむしたひねの衣かす人もかな

いはのうへに−あらしのかせは−いとさむし−たひねのころも−かすひともかな


00225
未入力 (xxx)

さゆるよのあらしに夢も結ひけり身はならはしの草の枕に

さゆるよの−あらしにゆめも−むすひけり−みはならはしの−くさのまくらに


00226
未入力 (xxx)

草枕ね覚のとこのさひしさもことわりすきて吹くあらしかな

くさまくら−ねさめのとこの−さひしさも−ことわりすきて−ふくあらしかな


00227
未入力 (xxx)

岩かねの枕のあらしさらてたにいねかてなるを心してふけ

いはかねの−まくらのあらし−さらてたに−いねかてなるを−こころしてふけ


00228
未入力 (xxx)

行きくれてひとよ宿かる松かねになにとあらしの床はらふらん

ゆきくれて−ひとよやとかる−まつかねに−なにとあらしの−とこはらふらむ


00229
未入力 (xxx)

うちとけてねられやはする草枕むすふ山ちの峰の嵐に

うちとけて−ねられやはする−くさまくら−むすふやまちの−みねのあらしに


00230
未入力 (xxx)

都人なにしか夢にみえつらむかりねかなしき峰のあらしに

みやこひと−なにしかゆめに−みえつらむ−かりねかなしき−みねのあらしに


00231
未入力 (xxx)

故郷にかよふ夢ちの関守はたひねおとろくあらしなりけり

ふるさとに−かよふゆめちの−せきもりは−たひねおとろく−あらしなりけり


00232
未入力 (xxx)

あらし吹く山ちかさなる草枕むすふたひねの夢そすくなき

あらしふく−やまちかさなる−くさまくら−むすふたひねの−ゆめそすくなき


00233
未入力 (xxx)

花すすきかりねののへに片敷きて月もあらしもみやこ恋しも

はなすすき−かりねののへに−かたしきて−つきもあらしも−みやここひしも


00234
未入力 (xxx)

草木吹くむへ山かせと聞きしかとなほそかりねの袖はしをるる

くさきふく−むへやまかせと−ききしかと−なほそかりねの−そてはしをるる


00235
未入力 (xxx)

我かすゑの絶えすすまなむいすす川そこにふかめて清き心を

わかすゑの−たえすすまなむ−いすすかは−そこにふかめて−きよきこころを


00236
未入力 (xxx)

石清みつなかれてきよきわか国を君の心に千よもまかせよ

いはしみつ−なかれてきよき−わかくにを−きみのこころに−ちよもまかせよ


00237
未入力 (xxx)

八幡山さかゆくみねも越果てて君をそ祈る身のうれしさに

やはたやま−さかゆくみねも−こえはてて−きみをそいのる−みのうれしさに


00238
未入力 (xxx)

神ち山すむ月かけも君かよのくもらぬ空に光をそさす

かみちやま−すむつきかけも−きみかよの−くもらぬそらに−ひかりをそさす


00239
未入力 (xxx)

君かよのためしにすめる石清みつなかれ久しきかけはみゆらむ

きみかよの−ためしにすめる−いはしみつ−なかれひさしき−かけはみゆらむ


00240
未入力 (xxx)

あめのしたをさまれるよは三笠山さすや朝日の影ものとけし

あめのした−をさまれるよは−みかさやま−さすやあさひの−かけものとけし


00241
未入力 (xxx)

神かきの葛のしたかせのとかにてさこそうらみのなきよなるらめ

かみかきの−くすのしたかせ−のとかにて−さこそうらみの−なきよなるらめ


00242
未入力 (xxx)

君かよをいのる心のしるしあらは久しくちきれかものみつかき

きみかよを−いのるこころの−しるしあらは−ひさしくちきれ−かものみつかき


00243
未入力 (xxx)

をさまれる御代そしらるる住よしの松ふく風の音ののとけさ

をさまれる−みよそしらるる−すみよしの−まつふくかせの−おとののとけさ


00244
未入力 (xxx)

さして出つるみかさの山の朝日かけ曇なきよそ久しかるへき

さしていつる−みかさのやまの−あさひかけ−くもりなきよそ−ひさしかるへき


00245
未入力 (xxx)

たて初めしいすすの川の宮柱うこかぬ御代のかためなりけり

たてそめし−いすすのかはの−みやはしら−うこかぬみよの−かためなりけり


00246
未入力 (xxx)

あらたまるいすすのかはのみやはしら百度ちたひ君そさためむ

あらたまる−いすすのかはの−みやはしら−ももたひちたひ−きみそさためむ


00247
未入力 (xxx)

君のみやくみてしるらむ石清みつたえぬなかれのちよの行末

きみのみや−くみてしるらむ−いはしみつ−たえぬなかれの−ちよのゆくすゑ


00248
未入力 (xxx)

石清みつさよきなかれをむすひても万代いのる神の乙女子

いはしみつ−さよきなかれを−むすひても−よろつよいのる−かみのをとめこ


00249
未入力 (xxx)

住吉のきしの松かえ君か代にいくたひ花のさきかはるへき

すみよしの−きしのまつかえ−きみかよに−いくたひはなの−さきかはるへき


00250
未入力 (xxx)

我みてと君そかそへむ住よしの松はまことに千世もへぬへし

われみてと−きみそかそへむ−すみよしの−まつはまことに−ちよもへぬへし


00251
未入力 (xxx)

神かせやいすすのかはのいそのみやとこよの波の声そのとけき

かみかせや−いすすのかはの−いそのみや−とこよのなみの−こゑそのとけき


00252
未入力 (xxx)

千早ふるいすすの宮のますかかみくもらぬ御代をてらすとそきく

ちはやふる−いすすのみやの−ますかかみ−くもらぬみよを−てらすとそきく


00253
未入力 (xxx)

うこきなき山まつかねのいはしみつすむへきちよのかけそ久しき

うこきなき−やままつかねの−いはしみつ−すむへきちよの−かけそひさしき


00254
未入力 (xxx)

千とせへむなかれもしるし石清みつにこりなきよの末もあらはる

ちとせへむ−なかれもしるし−いはしみつ−にこりなきよの−すゑもあらはる


00255
未入力 (xxx)

色かへぬ君かちとせのかけそへてなほ久しかれすみよしの松

いろかへぬ−きみかちとせの−かけそへて−なほひさしかれ−すみよしのまつ


00256
未入力 (xxx)

神かせやいすすの川の絶えすして君につかへむ御代そ久しき

かみかせや−いすすのかはの−たえすして−きみにつかへむ−みよそひさしき


00257
未入力 (xxx)

住よしの神はしるらん君か代にいくたひ松のおひかはるらん

すみよしの−かみはしるらむ−きみかよに−いくたひまつの−おひかはるらむ


00258
未入力 (xxx)

君すまむなかれ絶えせぬ石清みついはねとしるき千代のかけかな

きみすまむ−なかれたえせぬ−いはしみつ−いはねとしるき−ちよのかけかな


00259
未入力 (xxx)

枝かはす神ちの山の松のはに君か千年のかけそみえける

えたかはす−かみちのやまの−まつのはに−きみかちとせの−かけそみえける


00260
未入力 (xxx)

いすす川まもるなかれの清けれは千世もやちよも君そすむへき

いすすかは−まもるなかれの−きよけれは−ちよもやちよも−きみそすむへき