[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名歌合 
作品集名読みうたあわせ 
作成年月日正安元年〜嘉元二年(1299年〜1304年頃)
場所 

00001
未入力 (xxx)

霜きえぬ野原の朝けすさましみ秋ふかき花のうへそしをるる

しもきえぬ−のはらのあさけ−すさましみ−あきふかきはなの−うへそしをるる


00002
未入力 (xxx)

色かるる野原にさむき朝露よなれさへ霜におきやかはらん

いろかるる−のはらにさむき−あさつゆよ−なれさへしもに−おきやかはらむ


00003
未入力 (xxx)

くもらねと露にほのめく朝日影くさ木の色もさやかにそなき

くもらねと−つゆにほのめく−あさひかけ−くさきのいろも−さやかにそなき


00004
未入力 (xxx)

あさまたき草に影さす日の色のすさましきにも秋そ暮れぬる

あさまたき−くさにかけさす−ひのいろの−すさましきにも−あきそくれぬる


00005
未入力 (xxx)

つゆしけき千草に虫のこゑしつつよはなからなる庭の朝あけ

つゆしけき−ちくさにむしの−こゑしつつ−よはなからなる−にはのあさあけ


00006
未入力 (xxx)

草のうへにおとはかりしてしくるともみえぬ朝けのきりの中かな

くさのうへに−おとはかりして−しくるとも−みえぬあさけの−きりのうちかな


00007
未入力 (xxx)

おきのこる露はしろくて朝あけや草はかれたる秋そさひしき

おきのこる−つゆはしろくて−あさあけや−くさはかれたる−あきそさひしき


00008
未入力 (xxx)

みたれさく千草の末もさたかならすまた薄霧の朝明の庭

みたれさく−ちくさのすゑも−さたかならす−またうすきりの−あさあけのには


00009
未入力 (xxx)

日影ちかき高根の空は匂ひそめて梢のきりも色しらむなり

ひかけちかき−たかねのそらは−にほひそめて−こすゑのきりも−いろしらむなり


00010
未入力 (xxx)

よも山に冬ちかからし今朝みれはそともの梢色染めぬなり

よもやまに−ふゆちかからし−けさみれは−そとものこすゑ−いろそめぬなり


00011
未入力 (xxx)

おきてみる草葉のうへも露しろみややはたさむし秋の朝あけ

おきてみる−くさはのうへも−つゆしろみ−ややはたさむし−あきのあさあけ


00012
未入力 (xxx)

よすからの野分の風にたへすしてけさそ浅茅はしをれ染めぬる

よすからの−のわきのかせに−たへすして−けさそあさちは−しをれそめぬる


00013
未入力 (xxx)

をちかたや夕暮しろき山もとにみねをのこせる霧のひとすち

をちかたや−ゆふくれしろき−やまもとに−みねをのこせる−きりのひとすち


00014
未入力 (xxx)

しをりこし心そ□さる色まさる名残にむかふ夕暮のあき

しをりこし−こころそ□さる−いろまさる−なこりにむかふ−ゆふくれのあき


00015
未入力 (xxx)

夕日さす萩か下葉□色かれておとすさましき庭の秋風

ゆふひさす−はきかしたは□−いろかれて−おとすさましき−にはのあきかせ


00016
未入力 (xxx)

我か心いかにかさのみなめたへて秋をわするる夕暮はなし

わかこころ−いかにかさのみ−なめたへて−あきをわするる−ゆふくれはなし


00017
未入力 (xxx)

かなしさは我のみたへぬ暮の空になれもうかるやかりの一つら

かなしさは−われのみたへぬ−くれのそらに−なれもうかるや−かりのひとつら


00018
未入力 (xxx)

軒はには秋なる色の日影さして風ものさむき暮にも有るかな

のきはには−あきなるいろの−ひかけさして−かせものさむき−くれにもあるかな


00019
未入力 (xxx)

なかめあまる心の秋やそめつらむ色にたなひく夕暮の雲

なかめあまる−こころのあきや−そめつらむ−いろにたなひく−ゆふくれのくも


00020
未入力 (xxx)

さらにこれあられぬまてそなかめつくす秋の入日のあとの薄くも

さらにこれ−あられぬまてそ−なかめつくす−あきのいりひの−あとのうすくも


00021
未入力 (xxx)

袖のうへにほさぬ涙も数そひぬ我か身ふり行く秋の夕暮

そてのうへに−ほさぬなみたも−かすそひぬ−わかみふりゆく−あきのゆふくれ


00022
未入力 (xxx)

心にも秋そすくなきうちしくれさむき夕辺のよものけしきは

こころにも−あきそすくなき−うちしくれ−さむきゆふへの−よものけしきは


00023
未入力 (xxx)

夕つくひ入りぬるまつの色さひてうすきりすこし秋のやまかけ

ゆふつくひ−いりぬるまつの−いろさひて−うすきりすこし−あきのやまかけ


00024
未入力 (xxx)

浅茅□や夕への露に色そひて秋のあはれのなへてかなしき

あさち□や−ゆふへのつゆに−いろそひて−あきのあはれの−なへてかなしき


00025
未入力 (xxx)

よをさむみまれなる虫もこゑたえて月さえわたる有明の野へ

よをさむみ−まれなるむしも−こゑたえて−つきさえわたる−ありあけののへ


00026
未入力 (xxx)

つきかたきわかうれへこそかなしけれなか月のよもや□あ□ぬへし

つきかたき−わかうれへこそ−かなしけれ−なかつきのよも−や□あ□ぬへし


00027
未入力 (xxx)

いまははや明けぬと思ふかねの音の後しも長きあきのよはかな

いまははや−あけぬとおもふ−かねのおとの−のちしもなかき−あきのよはかな


00028
未入力 (xxx)

きりふかみひかりこもれる月の色のおしなへてたた秋そつゆけき

きりふかみ−ひかりこもれる−つきのいろの−おしなへてたた−あきそつゆけき


00029
未入力 (xxx)

月あかく風はたさむしこよひこそ秋にこころのあくかれはせめ

つきあかく−かせはたさむし−こよひこそ−あきにこころの−あくかれはせめ


00030
未入力 (xxx)

秋ふかきねさめのしくれききわひておきいてみれは村雲の月

あきふかき−ねさめのしくれ−ききわひて−おきいてみれは−むらくものつき


00031
未入力 (xxx)

しつかなるとをちにふえのこゑすみて月よふけたる秋そかなしき

しつかなる−とをちにふえの−こゑすみて−つきよふけたる−あきそかなしき


00032
未入力 (xxx)

秋ふかみ明けやらぬよの夜もすから昔今をそおもひあつむる

あきふかみ−あけやらぬよの−よもすから−むかしいまをそ−おもひあつむる


00033
未入力 (xxx)

ふくるよのに□しろたへに月いててかきねかくれにのこる虫の音

ふくるよの−に□しろたへに−つきいてて−かきねかくれに−のこるむしのね


00034
未入力 (xxx)

風にしろききりのうははに時雨過きて有明さむしよ半の長月

かせにしろき−きりのうははに−しくれすきて−ありあけさむし−よはのなかつき


00035
未入力 (xxx)

明けかたき思ひつきせぬ秋の夜にこととふかりも音をそそへぬる

あけかたき−おもひつきせぬ−あきのよに−こととふかりも−ねをそそへぬる


00036
未入力 (xxx)

秋の月に千里の人やあくかるるをちかたすめる夜半のふえのね

あきのつきに−ちさとのひとや−あくかるる−をちかたすめる−よはのふえのね