[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

後二条院歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名後二条院歌合 
作品集名読みごにじょういんうたあわせ 
作成年月日乾元二年七月二十日(1303年9月2日)
場所 

00001
未入力 (xxx)

いとはるるわか身のうさはさておきつねたくそ人にはやなひきける

いとはるる−わかみのうさは−さておきつ−ねたくそひとに−はやなひきける


00002
未入力 (xxx)

我にのみつれなき色とみせはててよその名にきくあふのまつ原

われにのみ−つれなきいろと−みせはてて−よそのなにきく−あふのまつはら


00003
未入力 (xxx)

わか方をへたてはつれとあま雲のよそにはかよふこころなりけり

わかかたを−へたてはつれと−あまくもの−よそにはかよふ−こころなりけり


00004
未入力 (xxx)

いつ方にひまもあらはとたのむらん我か中うときやとのあしかき

いつかたに−ひまもあらはと−たのむらむ−わかなかうとき−やとのあしかき


00005
未入力 (xxx)

ことかたにかよふこころのあるままに我か身にははやつれなかりけり

ことかたに−かよふこころの−あるままに−わかみにははや−つれなかりけり


00006
未入力 (xxx)

なほくゆるけふりはよそになるみかたうらよりをちに風かよふなり

なほくゆる−けふりはよそに−なるみかた−うらよりをちに−かせかよふなり


00007
未入力 (xxx)

みねわかれまたことやまにゐる雲のつひにや我をへたてはつへき

みねわかれ−またことやまに−ゐるくもの−つひにやわれを−へたてはつへき


00008
未入力 (xxx)

われならぬ人にも君かつれなくはうきをわくともうらみさらまし

われならぬ−ひとにもきみか−つれなくは−うきをわくとも−うらみさらまし


00009
未入力 (xxx)

ひく方もあるなるものをしらま弓こころつよしとおもひけるかな

ひくかたも−あるなるものを−しらまゆみ−こころつよしと−おもひけるかな


00010
未入力 (xxx)

こと方になひくにつけてはなすすきかはさぬそてはなほそつれなき

ことかたに−なひくにつけて−はなすすき−かはさぬそては−なほそつれなき


00011
未入力 (xxx)

なひく方のあるをはしらておしなへてつれなき人とおもひけるかな

なひくかたの−あるをはしらて−おしなへて−つれなきひとと−おもひけるかな


00012
未入力 (xxx)

我か中はこころつよさのへたてにてよそにかひなきあしの八重かき

わかなかは−こころつよさの−へたてにて−よそにかひなき−あしのやへかき


00013
未入力 (xxx)

こよひまた人もさはりといはさらはいかにかこたむことしけき身を

こよひまた−ひともさはりと−いはさらは−いかにかこたむ−ことしけきみを


00014
未入力 (xxx)

もろともにあしまをわくるなにはふねおなしさはりにこかれわふなり

もろともに−あしまをわくる−なにはふね−おなしさはりに−こかれわふなり


00015
未入力 (xxx)

まつよひもとふへき夜はもかなしきは我かかよひ路のおなしせきもり

まつよひも−とふへきよはも−かなしきは−わかかよひちの−おなしせきもり


00016
未入力 (xxx)

人めもるわかこころにしならはすはさはるといふもたのまさらまし

ひとめもる−わかこころにし−ならはすは−さはるといふも−たのまさらまし


00017
未入力 (xxx)

ゆきかよふあしわけ小船もろともになとさはりある中となりけむ

ゆきかよふ−あしわけをふね−もろともに−なとさはりある−なかとなりけむ


00018
未入力 (xxx)

関守のうちねぬやとのよひのまに人のさはりをえやはうらみむ

せきもりの−うちねぬやとの−よひのまに−ひとのさはりを−えやはうらみむ


00019
未入力 (xxx)

君か身もあしわけをふねくるしさをなけくときけはなくさみそする

きみかみも−あしわけをふね−くるしさを−なけくときけは−なくさみそする


00020
未入力 (xxx)

今夜又身にもさはりのなかりせはいつはりそとや人をかこたむ

こよひまた−みにもさはりの−なかりせは−いつはりそとや−ひとをかこたむ


00021
未入力 (xxx)

関もりに人こそかこつ夜はならめゆきてうらむるひまたにもなし

せきもりに−ひとこそかこつ−よはならめ−ゆきてうらむる−ひまたにもなし


00022
未入力 (xxx)

おもへともこなたかなたにこきとめてあしまのをふねよをへたてつつ

おもへとも−こなたかなたに−こきとめて−あしまのをふね−よをへたてつつ


00023
未入力 (xxx)

いかにせむたまたまひまを待ちいてて我かちきる夜の人のさはりを

いかにせむ−たまたまひまを−まちいてて−わかちきるよの−ひとのさはりを


00024
未入力 (xxx)

いつとなきわかさはりにもならはすは人のとかとやおもひはてまし

いつとなき−わかさはりにも−ならはすは−ひとのとかとや−おもひはてまし


00025
未入力 (xxx)

うきかきり見はてぬまての同し世になからへしとそ身をいのりける

うきかきり−みはてぬまての−おなしよに−なからへしとそ−みをいのりける


00026
未入力 (xxx)

なからへてあらは逢ふへきちきりかとせめていのりし身をやすてまし

なからへて−あらはあふへき−ちきりかと−せめていのりし−みをやすてまし


00027
未入力 (xxx)

なからへてあれはそ物もおもふ身をあひみむまてと猶いのるらむ

なからへて−あれはそものも−おもふみを−あひみむまてと−なほいのるらむ


00028
未入力 (xxx)

おなし世にあらはとしひていのるかなあふにかへらぬいのちなかさを

おなしよに−あらはとしひて−いのるかな−あふにかへらぬ−いのちなかさを


00029
未入力 (xxx)

逢ふまてといのる命のなかからはうきにつれなき身とやきかれむ

あふまてと−いのるいのちの−なかからは−うきにつれなき−みとやきかれむ


00030
未入力 (xxx)

さすか世にあらはあふせもありなむとをしき命を神にかけつつ

さすかよに−あらはあふせも−ありなむと−をしきいのちを−かみにかけつつ


00031
未入力 (xxx)

なからへて後のつらさにねはなかし逢ふにかへんといのる身なれは

なからへて−のちのつらさに−ねはなかし−あふにかへむと−いのるみなれは


00032
未入力 (xxx)

逢ふ事をかきりと思ふいのちをはなかかれとしもいのらぬものを

あふことを−かきりとおもふ−いのちをは−なかかれとしも−いのらぬものを


00033
未入力 (xxx)

せめてたたおなし世にたになからへてある身ならはといのるはかなさ

せめてたた−おなしよにたに−なからへて−あるみならはと−いのるはかなさ


00034
未入力 (xxx)

なからへはあふよありやとゆふたすき命をかけてなほたのむかな

なからへは−あふよありやと−ゆふたすき−いのちをかけて−なほたのむかな


00035
未入力 (xxx)

さりともといのりしすゑそたのまるるありてうき身のいのちなれとも

さりともと−いのりしすゑそ−たのまるる−ありてうきみの−いのちなれとも


00036
未入力 (xxx)

なからへはあふせもさすかありやとてかへしいのちを又いのるかな

なからへは−あふせもさすか−ありやとて−かへしいのちを−またいのるかな


00037
未入力 (xxx)

あやにくになにか恋しきなほさりの我かこころからとほさかりつつ

あやにくに−なにかこひしき−なほさりの−わかこころから−とほさかりつつ


00038
未入力 (xxx)

いかなれはむかしはさしもうと浜の今はたふかきえとはなるらん

いかなれは−むかしはさしも−うとはまの−いまはたふかき−えとはなるらむ


00039
未入力 (xxx)

たちかへりつれなかるへき身なりせはありしむくひもいまやみせまし

たちかへり−つれなかるへき−みなりせは−ありしむくひも−いまやみせまし


00040
未入力 (xxx)

あさき瀬にわたりそめにし中河の水のこころそふかく成りゆく

あさきせに−わたりそめにし−なかかはの−みつのこころそ−ふかくなりゆく


00041
未入力 (xxx)

なほさりにすきにし方のくやしきを身にかこちてもぬるるそてかな

なほさりに−すきにしかたの−くやしきを−みにかこちても−ぬるるそてかな


00042
未入力 (xxx)

いまそしるなほさりなから契をもたのめは人のおもふものかは

いまそしる−なほさりなから−ちきりをも−たのめはひとの−おもふものかは


00043
未入力 (xxx)

玉つさもいまはかよはぬひまそなきかきたえてこそならひそめしに

たまつさも−いまはかよはぬ−ひまそなき−かきたえてこそ−ならひそめしに


00044
未入力 (xxx)

かからてもありこしものをいまさらになそつかのまも恋しかるらん

かからても−ありこしものを−いまさらに−なそつかのまも−こひしかるらむ


00045
未入力 (xxx)

うかりしはいつはりなしとおもひにきいまさらちきるすゑそたのまぬ

うかりしは−いつはりなしと−おもひにき−いまさらちきる−すゑそたのまぬ


00046
未入力 (xxx)

すさめこし人しもさらに恋しきやわれにうらみのむくひなるらん

すさめこし−ひとしもさらに−こひしきや−われにうらみの−むくひなるらむ


00047
未入力 (xxx)

ありふれはかよふこころのおもひ河数かく水になにうらみけむ

ありふれは−かよふこころの−おもひかは−かすかくみつに−なにうらみけむ


00048
未入力 (xxx)

つらしとて身をうきかすになささせは又たちかへるなさけをもみし

つらしとて−みをうきかすに−なささせは−またたちかへる−なさけをもみし


00049
未入力 (xxx)

わするやとなへては人のおもふへき程をまちえてたえぬ中かな

わするやと−なへてはひとの−おもふへき−ほとをまちえて−たえぬなかかな


00050
未入力 (xxx)

まれなれとたなはたつめをためしにといひしちきりのまことなりけり

まれなれと−たなはたつめを−ためしにと−いひしちきりの−まことなりけり


00051
未入力 (xxx)

いかにせむたえぬものからたまかつらまたくるほとのなかきちきりを

いかにせむ−たえぬものから−たまかつら−またくるほとの−なかきちきりを


00052
未入力 (xxx)

かくてこそたゆともたえめ逢ふ事のありとはかりにこころゆるすな

かくてこそ−たゆともたえめ−あふことの−ありとはかりに−こころゆるすな


00053
未入力 (xxx)

たえはてぬなさけはかりにかかる身はまれなるうさもえこそうらみね

たえはてぬ−なさけはかりに−かかるみは−まれなるうさも−えこそうらみね


00054
未入力 (xxx)

よしやたたわすれもはてね中中に絶えぬはかりのほとのなさけを

よしやたた−わすれもはてね−なかなかに−たえぬはかりの−ほとのなさけを


00055
未入力 (xxx)

うきたひに袖はぬらさしあふことの絶えなましかは中河のみつ

うきたひに−そてはぬらさし−あふことの−たえなましかは−なかかはのみつ


00056
未入力 (xxx)

織女もあはれとやみる恋ころもまれなる色のふかきちきりを

たなはたも−あはれとやみる−こひころも−まれなるいろの−ふかきちきりを


00057
未入力 (xxx)

さすか又おもひいつるをたのみにていくたひ絶えしちきりなるらん

さすかまた−おもひいつるを−たのみにて−いくたひたえし−ちきりなるらむ


00058
未入力 (xxx)

心からたえすそなけくやすくたたかけはなるへき中のちきりを

こころから−たえすそなけく−やすくたた−かけはなるへき−なかのちきりを


00059
未入力 (xxx)

絶えはつる時をもしらてやみぬへしひさしきほとにまちならふ身は

たえはつる−ときをもしらて−やみぬへし−ひさしきほとに−まちならふみは


00060
未入力 (xxx)

さらはたたおもひたえなて七夕のおなし契はあるもかひなし

さらはたた−おもひたえなて−たなはたの−おなしちきりは−あるもかひなし