[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

歌合_伝後伏見院筆


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名歌合_伝後伏見院筆 
作品集名読みうたあわせ_でんごふしみいんひつ 
作成年月日延慶二年〜三年(1309年〜1310年頃)
場所 

00001
未入力 (xxx)

なほしはしをはなかすゑそさたまらぬ草葉しつまる秋風のあと

なほしはし−をはなかすゑそ−さたまらぬ−くさはしつまる−あきかせのあと


00002
未入力 (xxx)

しをりつるかせはまかきにしつまりてこはきかうへに雨そそくなり

しをりつる−かせはまかきに−しつまりて−こはきかうへに−あめそそくなり


00003
未入力 (xxx)

風のうちはそれともみえすみたれつる千草のはなはいまさたかなり

かせのうちは−それともみえす−みたれつる−ちくさのはなは−いまさたかなり


00004
未入力 (xxx)

しをりつるゆふへの風はしつまりておきおもる露になひくはき原

しをりつる−ゆふへのかせは−しつまりて−おきおもるつゆに−なひくはきはら


00005
未入力 (xxx)

あか月のあらしの風やさそひけんけさはまはきの露そすくなき

あかつきの−あらしのかせや−さそひけむ−けさはまはきの−つゆそすくなき


00006
未入力 (xxx)

まねきやむをはなかすゑもしつかにて風ふきとまるくれそさひしき

まねきやむ−をはなかすゑも−しつかにて−かせふきとまる−くれそさひしき


00007
未入力 (xxx)

吹きしをりすきつる風のあとにまたさらにむすへるはきのうへの露

ふきしをり−すきつるかせの−あとにまた−さらにむすへる−はきのうへのつゆ


00008
未入力 (xxx)

ふきすくる野原の風ははらへともあとよりのほるはきのうへのつゆ

ふきすくる−のはらのかせは−はらへとも−あとよりのほる−はきのうへのつゆ


00009
未入力 (xxx)

露みたれ花のいろこそさめにけれのわきの後のもとあらのはき

つゆみたれ−はなのいろこそ−さめにけれ−のわきののちの−もとあらのはき


00010
未入力 (xxx)

かたよりにのへの千草をなひかして風のすきけるほとそしらるる

かたよりに−のへのちくさを−なひかして−かせのすきける−ほとそしらるる


00011
未入力 (xxx)

野わきたつかせはしつまるゆふくれにこころとなひく花のすゑすゑ

のわきたつ−かせはしつまる−ゆふくれに−こころとなひく−はなのすゑすゑ


00012
未入力 (xxx)

吹きすくるかせのなこりはしつまりてをはなにうすき日かけをそみる

ふきすくる−かせのなこりは−しつまりて−をはなにうすき−ひかけをそみる


00013
未入力 (xxx)

しかむしもたへぬねをこそつくすな□月のすむ夜の秋のうれへに

しかむしも−たへぬねをこそ−つくすな□−つきのすむよの−あきのうれへに


00014
未入力 (xxx)

秋にしも色はかはらぬ月かけにさのみのあはれいつくにかそふ

あきにしも−いろはかはらぬ−つきかけに−さのみのあはれ−いつくにかそふ


00015
未入力 (xxx)

いかにたへん枕のかへはきりきりすうちふすねやは秋の月かけ

いかにたへむ−まくらのかへは−きりきりす−うちふすねやは−あきのつきかけ


00016
未入力 (xxx)

うかれたちぬむしのね風のおとそへて月も秋そとすめる夜すから

うかれたちぬ−むしのねかせの−おとそへて−つきもあきそと−すめるよすから


00017
未入力 (xxx)

いつよりもたへすよこよひわか心月やかなしき秋やもよほす

いつよりも−たへすよこよひ−わかこころ−つきやかなしき−あきやもよほす


00018
未入力 (xxx)

秋にすむかけもさひしき月の夜のふけたるのへにさをしかの声

あきにすむ−かけもさひしき−つきのよの−ふけたるのへに−さをしかのこゑ


00019
未入力 (xxx)

しほれあかす涙にかけをうつし□て月なからしく秋のたまくら

しをれあかす−なみたにかけを−うつし□て−つきなからしく−あきのたまくら