[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

詩歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名詩歌合 
作品集名読みしいかあわせ 
作成年月日正和三年(1314年)
場所 

00002
未入力 (xxx)

猶さゆるまのの入江の春風にうち出つる波の音そすくなき

なほさゆる−まののいりえの−はるかせに−うちいつるなみの−おとそすくなき


00004
未入力 (xxx)

難波江や有明の空の春霞かすむ波まに月そかたふく

なにはえや−ありあけのそらの−はるかすみ−かすむなみまに−つきそかたふく


00006
未入力 (xxx)

見わたせは霞そふかき堀江こくたななし小船音はかりして

みわたせは−かすみそふかき−ほりえこく−たななしをふね−おとはかりして


00008
未入力 (xxx)

難波えや霞みもやらぬ曙にほのみえわたる蘆のむら立

なにはえや−かすみもやらぬ−あけほのに−ほのみえわたる−あしのむらたち


00010
未入力 (xxx)

冬枯のまのの入江の朝かすみまた春あさくみゆるころかな

ふゆかれの−まののいりえの−あさかすみ−またはるあさく−みゆるころかな


00012
未入力 (xxx)

名のみしてみかかぬ玉の身にしあれや光もかすむ春のよの月

なのみして−みかかぬたまの−みにしあれや−ひかりもかすむ−はるのよのつき


00014
未入力 (xxx)

難波えやかすめる比の夕塩に梅かかみちて春風そ吹く

なにはえや−かすめるころの−ゆふしほに−うめかかみちて−はるかせそふく


00016
未入力 (xxx)

朧なる月は残りて住吉のなこの入江の春の明ほの

おほろなる−つきはのこりて−すみよしの−なこのいりえの−はるのあけほの


00018
未入力 (xxx)

難波江やあし火の煙たえぬまも春はおのれと霞む空かな

なにはえや−あしひのけふり−たえぬまも−はるはおのれと−かすむそらかな


00020
未入力 (xxx)

心あてにそことはかりにしられける霞にこもる住の江の松

こころあてに−そことはかりに−しられける−かすみにこもる−すみのえのまつ


00022
未入力 (xxx)

明けやすきいなさほそ江のよはの月かすめる影もみる程そなき

あけやすき−いなさほそえの−よはのつき−かすめるかけも−みるほとそなき


00024
未入力 (xxx)

湊江やあしまの小舟こきこきてかすめる方にまたさかりつつ

みなとえや−あしまのをふね−こきこきて−かすめるかたに−またさかりつつ


00026
未入力 (xxx)

こほらても遠さかりけり霞たつまのの入江の春のうら波

こほらても−とほさかりけり−かすみたつ−まののいりえの−はるのうらなみ


00028
未入力 (xxx)

下もえの難波入江の蘆の葉ももにあらはれて春めきにけり

したもえの−なにはいりえの−あしのはも−もにあらはれて−はるめきにけり


00030
未入力 (xxx)

難波えやかすむ波まのみをつくし春のしるしはさてもみえけり

なにはえや−かすむなみまの−みをつくし−はるのしるしは−さてもみえけり


00032
未入力 (xxx)

よる波もたち帰り行くなこの江にたくひをみする春の雁かね

よるなみも−たちかへりゆく−なこのえに−たくひをみする−はるのかりかね


00034
未入力 (xxx)

短夜の名とりの川のはやきせになかれてやすく明くる月影

みしかよの−なとりのかはの−はやきせに−なかれてやすく−あくるつきかけ


00036
未入力 (xxx)

秋ちかくむすふ岩井の水の音も涼しさまさる夏の夕暮

あきちかく−むすふいはゐの−みつのおとも−すすしさまさる−なつのゆふくれ


00038
未入力 (xxx)

水□面に涼しくやとる月みれは夏をわすれて秋かとそおもふ

みつ□おもに−すすしくやとる−つきみれは−なつをわすれて−あきかとそおもふ


00040
未入力 (xxx)

深山より音つれてくる松の風滝のひひきもすすしかりけり

みやまより−おとつれてくる−まつのかせ−たきのひひきも−すすしかりけり


00042
未入力 (xxx)

谷川のひひきをそへてなく蝉の梢の空に山風そふく

たにかはの−ひひきをそへて−なくせみの−こすゑのそらに−やまかせそふく


00044
未入力 (xxx)

草あをき谷の木かけの岩つたひ落ちくる水の色の涼しさ

くさあをき−たにのこかけの−いはつたひ−おちくるみつの−いろのすすしさ


00046
未入力 (xxx)

鵜かひ舟さすやいつくの枝川に光を分けてみゆる篝火

うかひふね−さすやいつくの−えたかはに−ひかりをわけて−みゆるかかりひ


00048
未入力 (xxx)

見る程もなつみの川の短夜の月そいりぬる山陰にして

みるほとも−なつみのかはの−みしかよの−つきそいりぬる−やまかけにして


00050
未入力 (xxx)

我とまたむすはぬ袖も涼しきは谷の小川の岩そそくおと

われとまた−むすはぬそても−すすしきは−たにのをかはの−いはそそくおと


00052
未入力 (xxx)

足引の山下水の草かくれかくれもはてすとふほたるかな

あしひきの−やましたみつの−くさかくれ−かくれもはてす−とふほたるかな


00054
未入力 (xxx)

滝川の岩にくたけてちる玉の数より外にとふ蛍かな

たきかはの−いはにくたけて−ちるたまの−かすよりほかに−とふほたるかな


00056
未入力 (xxx)

涼しさを行せの波にさきたてて水のこころも秋や待つらん

すすしさを−ゆくせのなみに−さきたてて−みつのこころも−あきやまつらむ


00058
未入力 (xxx)

五月雨になかれもいとと早瀬川いつのよとみに淵と成るらん

さみたれに−なかれもいとと−はやせかは−いつのよとみに−ふちとなるらむ


00060
未入力 (xxx)

明けぬとてはや漕帰るほとなれやう船のかかり数そすくなき

あけぬとて−はやこきかへる−ほとなれや−うふねのかかり−かすそすくなき


00062
未入力 (xxx)

此ままにまたもきかてや山の井のあかす過きつる郭公かな

このままに−またもきかてや−やまのゐの−あかすすきつる−ほとときすかな


00064
未入力 (xxx)

川上や夕立ちつらん落滝つくもらぬかたも水まさるなり

かはかみや−ゆふたちつらむ−おちたきつ−くもらぬかたも−みつまさるなり


00066
未入力 (xxx)

秋ふかきみ山の奥の木枯に光もさむき有明の月

あきふかき−みやまのおくの−こからしに−ひかりもさむき−ありあけのつき


00068
未入力 (xxx)

紅葉する外山の嶺の木木の色今いくしほと猶しくるらん

もみちする−とやまのみねの−ききのいろ−いまいくしほと−なほしくるらむ


00070
未入力 (xxx)

秋山や木木の梢は色つけと松のみなとかつれなかるらん

あきやまや−ききのこすゑは−いろつけと−まつのみなとか−つれなかるらむ


00072
未入力 (xxx)

いととまたあはれをそへてかなしきは山路の秋のさをしかの声

いととまた−あはれをそへて−かなしきは−やまちのあきの−さをしかのこゑ


00074
未入力 (xxx)

吹きわくる夜半の嵐の程はかり月の影ふむまきの下道

ふきわくる−よはのあらしの−ほとはかり−つきのかけふむ−まきのしたみち


00076
未入力 (xxx)

衣うつ音はかりこそあはれなれ霧にこもれる秋の山里

ころもうつ−おとはかりこそ−あはれなれ−きりにこもれる−あきのやまさと


00078
未入力 (xxx)

霧のうちは先暮れそめて夕より鹿なきたちぬ秋の山里

きりのうちは−まつくれそめて−ゆふへより−しかなきたちぬ−あきのやまさと


00080
未入力 (xxx)

あすは見し紅葉しくるる秋風に有明さむき長月の山

あすはみし−もみちしくるる−あきかせに−ありあけさむき−なかつきのやま


00082
未入力 (xxx)

霧ふかきをくらの山に鳴く鹿はおほつかなくて妻や恋ふらん

きりふかき−をくらのやまに−なくしかは−おほつかなくて−つまやこふらむ


00084
未入力 (xxx)

まつ風に山田のひたの音つれてさひしさそふる秋のかり庵

まつかせに−やまたのひたの−おとつれて−さひしさそふる−あきのかりいほ


00086
未入力 (xxx)

しけりあふみ山かくれにたつ鹿はすそ野に月の影や待つらん

しけりあふ−みやまかくれに−たつしかは−すそのにつきの−かけやまつらむ


00088
未入力 (xxx)

秋ふかき色よりみゆれ露霜のかさなる山のおくの紅葉は

あきふかき−いろよりみゆれ−つゆしもの−かさなるやまの−おくのもみちは


00090
未入力 (xxx)

嵐吹くみやまの秋にこととへは月より外はすむ人もなし

あらしふく−みやまのあきに−こととへは−つきよりほかは−すむひともなし


00092
未入力 (xxx)

遠近の山路もふかき夕霧にたつきもしらす鹿やなくらん

をちこちの−やまちもふかき−ゆふきりに−たつきもしらす−しかやなくらむ


00094
未入力 (xxx)

あれまさるみ山のいほの秋風に夜さむしられて月はすむらん

あれまさる−みやまのいほの−あきかせに−よさむしられて−つきはすむらむ


00096
未入力 (xxx)

紅葉葉の色はわかれす暮れはててさそふ音のみ残る山風

もみちはの−いろはわかれす−くれはてて−さそふおとのみ−のこるやまかせ


00098
未入力 (xxx)

見しままの月□そいまも残りけるかれのの霜の秋のおもかけ

みしままの−つき□そいまも−のこりける−かれののしもの−あきのおもかけ


00100
未入力 (xxx)

色色のもとの千草は霜かれて雪に花咲く野への曙

いろいろの−もとのちくさは−しもかれて−ゆきにはなさく−のへのあけほの


00102
未入力 (xxx)

冬されは野守のかかみ氷りゐて空にのみすむ月を見るかな

ふゆされは−のもりのかかみ−こほりゐて−そらにのみすむ−つきをみるかな


00104
未入力 (xxx)

うらかるるのへの尾花に風さえて霜の下葉の色にさひしき

うらかるる−のへのをはなに−かせさえて−しものしたはの−いろにさひしき


00106
未入力 (xxx)

跡もなき雪にそまよふいなみ野や末はなみちにやとる月影

あともなき−ゆきにそまよふ−いなみのや−すゑはなみちに−やとるつきかけ


00108
未入力 (xxx)

狩りくらしうたのまはにの浅茅生に草とる鷹のつかれやるかな

かりくらし−うたのまはにの−あさちふに−くさとるたかの−つかれやるかな


00110
未入力 (xxx)

さひしさは秋みしよりも真葛はふをののあさちの冬かれの色

さひしさは−あきみしよりも−まくすはふ−をののあさちの−ふゆかれのいろ


00112
未入力 (xxx)

雪のうちを誰かはとはん草をたにふみ分けさりし野への曙

ゆきのうちを−たれかはとはむ−くさをたに−ふみわけさりし−のへのあけほの


00114
未入力 (xxx)

面影もかはりはてぬる冬の野に秋みしままの月そ残れる

おもかけも−かはりはてぬる−ふゆののに−あきみしままの−つきそのこれる


00116
未入力 (xxx)

むらむらに積るとみゆる白雪はかれ野に残るを花なりけり

むらむらに−つもるとみゆる−しらゆきは−かれのにのこる−をはななりけり


00118
未入力 (xxx)

なく虫の声こそあらめ秋の色の霜に残らぬ野への冬かれ

なくむしの−こゑこそあらめ−あきのいろの−しもにのこらぬ−のへのふゆかれ


00120
未入力 (xxx)

穂に出てし秋をそみする冬かれのまのの尾花に積る白雪

ほにいてし−あきをそみする−ふゆかれの−まののをはなに−つもるしらゆき


00122
未入力 (xxx)

霜かれの冬野の草はくちぬともまたさかふへき春を待つらし

しもかれの−ふゆののくさは−くちぬとも−またさかふへき−はるをまつらし


00124
未入力 (xxx)

時しらぬ富士の高根の冬の色をすそ野に見せて積る雪かな

ときしらぬ−ふしのたかねの−ふゆのいろを−すそのにみせて−つもるゆきかな


00126
未入力 (xxx)

音さゆるをのの篠原すゑさわき風もみたれてふる霰かな

おとさゆる−をののしのはら−すゑさわき−かせもみたれて−ふるあられかな


00128
未入力 (xxx)

あまの川宿かるさとのちりけれはかたのの御狩日はくれぬとも

あまのかは−やとかるさとの−ちりけれは−かたののみかり−ひはくれぬとも


00130
未入力 (xxx)

たひ衣分行く袖もしをるらし暁おきの道芝のつゆ

たひころも−わけゆくそても−しをるらし−あかつきおきの−みちしはのつゆ


00132
未入力 (xxx)

明けそむる嶺のよこ雲たえたえにたち分れ行くのへの旅人

あけそむる−みねのよこくも−たえたえに−たちわかれゆく−のへのたひひと


00134
未入力 (xxx)

たひ衣暁露に立ちぬれていく山路をか分けてきつらん

たひころも−あかつきつゆに−たちぬれて−いくやまちをか−わけてきつらむ


00136
未入力 (xxx)

ふみなれぬ野行き山行きゆきなやみ□□かるいほに有明の月

ふみなれぬ−のゆきやまゆき−ゆきなやみ−□□かるいほに−ありあけのつき


00138
未入力 (xxx)

かへりみる宿を夜ふかく立ちにけり跡にそ鳥の声もきこゆる

かへりみる−やとをよふかく−たちにけり−あとにそとりの−こゑもきこゆる


00140
未入力 (xxx)

月残るゐなの湊の波まくら暁かけてみるゆめもなし

つきのこる−ゐなのみなとの−なみまくら−あかつきかけて−みるゆめもなし


00142
未入力 (xxx)

とまるへき宿をさためて行くたひのとほきにいそく暁の空

とまるへき−やとをさためて−ゆくたひの−とほきにいそく−あかつきのそら


00144
未入力 (xxx)

つか□□て出てし心も鳥かなくあつまのたひに有明の月

つか□□て−いてしこころも−とりかなく−あつまのたひに−ありあけのつき


00146
未入力 (xxx)

一夜たにとまる名残のおほけれは行末いかに有明の月

ひとよたに−とまるなこりの−おほけれは−ゆくすゑいかに−ありあけのつき


00148
未入力 (xxx)

鳥のねは枕にちかく聞きなれて都そとほく日数かさなる

とりのねは−まくらにちかく−ききなれて−みやこそとほく−ひかすかさなる


00150
未入力 (xxx)

いそきたついく暁かなれぬらん宿かへてきく鳥の声声

いそきたつ−いくあかつきか−なれぬらむ−やとかへてきく−とりのこゑこゑ


00152
未入力 (xxx)

東路や都にいそくしるへせよ関よりにしの有明の月

あつまちや−みやこにいそく−しるへせよ−せきよりにしの−ありあけのつき


00154
未入力 (xxx)

しるしらすおなし宿かるたひ人のわかれもをしき鳥の声かな

しるしらす−おなしやとかる−たひひとの−わかれもをしき−とりのこゑかな


00156
未入力 (xxx)

明けぬ□□たか名残とはなけれとも又この里に立別れつつ

あけぬ□□−たかなこりとは−なけれとも−またこのさとに−たちわかれつつ


00158
未入力 (xxx)

明けぬとてわかねさめにやいそくらん鳥のねきかぬ野への旅人

あけぬとて−わかねさめにや−いそくらむ−とりのねきかぬ−のへのたひひと


00160
未入力 (xxx)

いく夜かはかはる旅ねになかむらんおなし空なる有明の月

いくよかは−かはるたひねに−なかむらむ−おなしそらなる−ありあけのつき