[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

持明院殿御歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名持明院殿御歌合 
作品集名読みじみょういんどのおんうたあわせ 
作成年月日康永元年十一月四日(1342年12月2日)
場所 

00001
未入力 (xxx)

花かをる空もひとつの朝ほらけ日影をこめてかすむ山のは

はなかをる−そらもひとつの−あさほらけ−ひかけをこめて−かすむやまのは


00002
未入力 (xxx)

さしそむる梢の日影うつりにほひあさけそ花の時には有りける

さしそむる−こすゑのひかけ−うつりにほひ−あさけそはなの−ときにはありける


00003
未入力 (xxx)

さきみちて木すゑもおもる花のうへにかかやきそむる朝日影かな

さきみちて−こすゑもおもる−はなのうへに−かかやきそむる−あさひかけかな


00004
未入力 (xxx)

しののめのなかめのままに明けはてて花に日かけそややにほひぬる

しののめの−なかめのままに−あけはてて−はなにひかけそ−ややにほひぬる


00005
未入力 (xxx)

あけまさる山はかすみのややはれてふもとにかをる花のむらむら

あけまさる−やまはかすみの−ややはれて−ふもとにかをる−はなのむらむら


00006
未入力 (xxx)

よるの雨の露をのこせる花のうへににほひをそふる朝日かけかな

よるのあめの−つゆをのこせる−はなのうへに−にほひをそふる−あさひかけかな


00007
未入力 (xxx)

よをこむるみねのかすみはくらけれと軒はのはなそ明けしらみゆく

よをこむる−みねのかすみは−くらけれと−のきはのはなそ−あけしらみゆく


00008
未入力 (xxx)

あかなくにけふも暮れめや朝またき花になかめはうつしそめぬる

あかなくに−けふもくれめや−あさまたき−はなになかめは−うつしそめぬる


00009
未入力 (xxx)

夜のほとは雲かと見えしをちかたの木すゑそ花の色になり行く

よのほとは−くもかとみえし−をちかたの−こすゑそはなの−いろになりゆく


00010
未入力 (xxx)

なかめむかふ心も色にうつろひぬ軒はのはなの春のあさ明

なかめむかふ−こころもいろに−うつろひぬ−のきはのはなの−はるのあさあけ


00011
未入力 (xxx)

さきおもる軒はの花の朝開きあたにちるへき物としもなし

さきおもる−のきはのはなの−あさひらき−あたにちるへき−ものとしもなし


00012
未入力 (xxx)

昨日より花の気色はやや見えてけさはむらむらひらけそめぬる

きのふより−はなのけしきは−ややみえて−けさはむらむら−ひらけそめぬる


00013
未入力 (xxx)

ひとしきり村雨すくる夕暮に折しもきなく時鳥かな

ひとしきり−むらさめすくる−ゆふくれに−をりしもきなく−ほとときすかな


00014
未入力 (xxx)

郭公いまひとこゑとしたふまに名残の空も暮れはてにけり

ほとときす−いまひとこゑと−したふまに−なこりのそらも−くれはてにけり


00015
未入力 (xxx)

なきてゆく夕への空の時鳥やよしはしともいふほとそなき

なきてゆく−ゆふへのそらの−ほとときす−やよしはしとも−いふほとそなき


00016
未入力 (xxx)

時鳥なほさりに待つ暮ならはこの一こゑはきかすそあらまし

ほとときす−なほさりにまつ−くれならは−このひとこゑは−きかすそあらまし


00017
未入力 (xxx)

五月雨の名残はれやらぬ夕暮にすかたは見えて鳴く郭公

さみたれの−なこりはれやらぬ−ゆふくれに−すかたはみえて−なくほとときす


00018
未入力 (xxx)

一こゑを夕への雲になきすてて行かた見えぬ山ほとときす

ひとこゑを−ゆふへのくもに−なきすてて−ゆくかたみえぬ−やまほとときす


00019
未入力 (xxx)

夕つくよにほふたかねのほのほのとなのりてすくるやま郭公

ゆふつくよ−にほふたかねの−ほのほのと−なのりてすくる−やまほとときす


00020
未入力 (xxx)

あはれをはおのかものとそなのるなるたそかれ時の山郭公

あはれをは−おのかものとそ−なのるなる−たそかれときの−やまほとときす


00021
未入力 (xxx)

暮れてしもここにかたらふ郭公こよひはかりのやとりとらなん

くれてしも−ここにかたらふ−ほとときす−こよひはかりの−やとりとらなむ


00022
未入力 (xxx)

夕つくよ木の間ほのかに影もりて涼しきのきになく郭公

ゆふつくよ−このまほのかに−かけもりて−すすしきのきに−なくほとときす


00023
未入力 (xxx)

なかめつる軒はの空にくれはててこゑのみすくるやま郭公

なかめつる−のきはのそらに−くれはてて−こゑのみすくる−やまほとときす


00024
未入力 (xxx)

郭公待ちくれにしもなくならは今一こゑををしますもかな

ほとときす−まちくれにしも−なくならは−いまひとこゑを−をしますもかな


00025
未入力 (xxx)

山ふかみうき世のほかにすむ月は秋のあはれのきはもおよはす

やまふかみ−うきよのほかに−すむつきは−あきのあはれの−きはもおよはす


00026
未入力 (xxx)

月はいまみねの松よりいてそめて山したみちはかけももり来す

つきはいま−みねのまつより−いてそめて−やましたみちは−かけももりこす


00027
未入力 (xxx)

山ふかみ真木の葉分に月もりてあはれをしをる秋風の音

やまふかみ−まきのはわけに−つきもりて−あはれをしをる−あきかせのおと


00028
未入力 (xxx)

あらしたにおとつれぬかなふくる夜の秋なか月をみ山辺のいほ

あらしたに−おとつれぬかな−ふくるよの−あきなかつきを−みやまへのいほ


00029
未入力 (xxx)

夜もすからひとりみ山のおくの月あはれのそこをたれかしるらん

よもすから−ひとりみやまの−おくのつき−あはれのそこを−たれかしるらむ


00030
未入力 (xxx)

山ふかみしけき木の間をもる霜に月にそあかぬなさけこそそへ

やまふかみ−しけきこのまを−もるしもに−つきにそあかぬ−なさけこそそへ


00031
未入力 (xxx)

山ふかき松やひはらの枝しけみもりくる月のかけそすくなき

やまふかき−まつやひはらの−えたしけみ−もりくるつきの−かけそすくなき


00032
未入力 (xxx)

秋さむみちるや木の葉に枝すきてみ山かくれの月そはれ行く

あきさむみ−ちるやこのはに−えたすきて−みやまかくれの−つきそはれゆく


00033
未入力 (xxx)

深けぬるかむかひのをかに見る月のこの山もとにかけのちかつく

ふけぬるか−むかひのをかに−みるつきの−このやまもとに−かけのちかつく


00034
未入力 (xxx)

松のこのま真木の葉分に猶もりて月はみ山のおくもすみけり

まつのこのま−まきのはわけに−なほもりて−つきはみやまの−おくもすみけり


00035
未入力 (xxx)

おのつから木のまを月やもりぬらんむらむらしろき山の下道

おのつから−このまをつきや−もりぬらむ−むらむらしろき−やまのしたみち


00036
未入力 (xxx)

いつくとてわきてはすまぬ光しもあはれのそふや山かけの月

いつくとて−わきてはすまぬ−ひかりしも−あはれのそふや−やまかけのつき


00037
未入力 (xxx)

ふみ分けて行くへきかたも見えわかす雪かきくらす野辺の夕暮

ふみ分けて−ゆくへきかたも−みえわかす−ゆきかきくらす−のへのゆふくれ


00038
未入力 (xxx)

をちかたは空もひとつにしらみあひぬ遠き野原の雪の明ほの

をちかたは−そらもひとつに−しらみあひぬ−とほきのはらの−ゆきのあけほの


00039
未入力 (xxx)

世世ふりし跡をはのこせ春日野のおとろか道をうつむ白雪

よよふりし−あとをはのこせ−かすかのの−おとろかみちを−うつむしらゆき


00040
未入力 (xxx)

けさはまた分けける人の跡もなしつもるままなる野辺の白雪

けさはまた−わけけるひとの−あともなし−つもるままなる−のへのしらゆき


00041
未入力 (xxx)

をやみなく猶かきたれてふる雪にかすみて見ゆる野への遠方

をやみなく−なほかきたれて−ふるゆきに−かすみてみゆる−のへのをちかた


00042
未入力 (xxx)

ふりしきてはれぬる雪の朝あけに猶うすきれる野辺の遠方

ふりしきて−はれぬるゆきの−あさあけに−なほうすきれる−のへのをちかた


00043
未入力 (xxx)

行さきも過きつるかたも見えす成りぬかきたれてふるの辺の白雪

ゆくさきも−すきつるかたも−みえすなりぬ−かきたれてふる−のへのしらゆき


00044
未入力 (xxx)

おのつからのこるしはふもうつもれて見る見るつもる野へのしら雪

おのつから−のこるしはふも−うつもれて−みるみるつもる−のへのしらゆき


00045
未入力 (xxx)

ふりうつむ雪にしらめる野辺のすゑにたかすむなれや煙たつなり

ふりうつむ−ゆきにしらめる−のへのすゑに−たかすむなれや−けふりたつなり


00046
未入力 (xxx)

むらむらにうつみもはてすふりはれて雪間さひしき野への色かな

むらむらに−うつみもはてす−ふりはれて−ゆきまさひしき−のへのいろかな


00047
未入力 (xxx)

先たちて過行くともも見えぬまて雪吹きみたす野への夕風

さきたちて−すきゆくともも−みえぬまて−ゆきふきみたす−のへのゆふかせ


00048
未入力 (xxx)

竹のおくにたつる煙も見えわかす雪にくれゆく野への遠方

たけのおくに−たつるけふりも−みえわかす−ゆきにくれゆく−のへのをちかた


00049
未入力 (xxx)

たえなむのかこともとむるをりしもあれあやなく人をうらみけるかな

たえなむの−かこともとむる−をりしもあれ−あやなくひとを−うらみけるかな


00050
未入力 (xxx)

さてされはかくてやはてむ恨みしもけにたえねとはおもひやはせし

さてされは−かくてやはてむ−うらみしも−けにたえねとは−おもひやはせし


00051
未入力 (xxx)

それゆゑのかきりとしらはいかはかりそことも人をうらみさらまし

それゆゑの−かきりとしらは−いかはかり−そこともひとを−うらみさらまし


00052
未入力 (xxx)

あはれとももしかくやとていひ出てしうらみそなかきかきりなりける

あはれとも−もしかくやとて−いひいてし−うらみそなかき−かきりなりける


00053
未入力 (xxx)

しらすとよあはれやされはいひ出てしその一ことをかきりなれとは

しらすとよ−あはれやされは−いひいてし−そのひとことを−かきりなれとは


00054
未入力 (xxx)

うきにたへすそむきたりにし我を今はくやしつらしといふかひもなし

うきにたへす−そむきたりにし−われをいまは−くやしつらしと−いふかひもなし


00055
未入力 (xxx)

おもひかねしその一ふしのうらみゆゑあはれやそれをかきりなりける

おもひかねし−そのひとふしの−うらみゆゑ−あはれやそれを−かきりなりける


00056
未入力 (xxx)

うききはをしはしうらみむと思ふまにおほえす中のとほさかりぬる

うききはを−しはしうらみむと−おもふまに−おほえすなかの−とほさかりぬる


00057
未入力 (xxx)

おもひとりしわかこころからうらみのきてたちかへり又恋しきやなそ

おもひとりし−わかこころから−うらみのきて−たちかへりまた−こひしきやなそ


00058
未入力 (xxx)

さまさまにうらみていてしあかつきのあはれやされはかきり成りける

さまさまに−うらみていてし−あかつきの−あはれやされは−かきりなりける


00059
未入力 (xxx)

いひたちしさらすはよしの一ことにあはれやさてもとほさかりぬる

いひたちし−さらすはよしの−ひとことに−あはれやさても−とほさかりぬる


00060
未入力 (xxx)

人は猶いとひまさりてたえけるにうき身をしらてなにうらみけむ

ひとはなほ−いとひまさりて−たえけるに−うきみをしらて−なにうらみけむ


00061
未入力 (xxx)

いつのまに見えつる夢そうちとけてぬるともなしの草の枕に

いつのまに−みえつるゆめそ−うちとけて−ぬるともなしの−くさのまくらに


00062
未入力 (xxx)

嵐吹く夜半のかりねの旅枕ゆめもさたかに見えすそ有りける

あらしふく−よはのかりねの−たひまくら−ゆめもさたかに−みえすそありける


00063
未入力 (xxx)

吹きたゆむ嵐のひまに見る夢のさむるははやき松かねのとこ

ふきたゆむ−あらしのひまに−みるゆめの−さむるははやき−まつかねのとこ


00064
未入力 (xxx)

見る程はたたふるさとの夢さめて草の枕そさらに露けき

みるほとは−たたふるさとの−ゆめさめて−くさのまくらそ−さらにつゆけき


00065
未入力 (xxx)

松風も吹きたゆまなん草枕しのふみやこの夢に見ゆやと

まつかせも−ふきたゆまなむ−くさまくら−しのふみやこの−ゆめにみゆやと


00066
未入力 (xxx)

またなれぬたひねのとこの夢さめてふる里にのみあるここちする

またなれぬ−たひねのとこの−ゆめさめて−ふるさとにのみ−あるここちする


00067
未入力 (xxx)

松かねや嵐の床の草枕むすふとなしのゆめそみしかき

まつかねや−あらしのとこの−くさまくら−むすふとなしの−ゆめそみしかき


00068
未入力 (xxx)

夢にたにうつつになるる海山のいはきならてはみやこをも見ぬ

ゆめにたに−うつつになるる−うみやまの−いはきならては−みやこをもみぬ


00069
未入力 (xxx)

都おもふこころのゆきて見ゆれはや草の枕も夢もたえせぬ

みやこおもふ−こころのゆきて−みゆれはや−くさのまくらも−ゆめもたえせぬ


00070
未入力 (xxx)

ふる里の見えつる夢をなつかしみ朝たつやとの名残とそ思ふ

ふるさとの−みえつるゆめを−なつかしみ−あさたつやとの−なこりとそおもふ


00071
未入力 (xxx)

ふる里のうつつもおなしかりの世はたひねの夢も何かはかなき

ふるさとの−うつつもおなし−かりのよは−たひねのゆめも−なきかはかなき


00072
未入力 (xxx)

夜な夜なにかはるたひねの宿なれと夢にはおなしみやこをそ見る

よなよなに−かはるたひねの−やとなれと−ゆめにはおなし−みやこをそみる