[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

院六首歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名院六首歌合 
作品集名読みいんろくしゅうたあわせ 
作成年月日康永二年冬以前(1343年冬以前)
場所 

00001
未入力 (xxx)

そらさむき霜夜の月のをちかたにこほりしつまる雲のむらむら

そらさむき−しもよのつきの−をちかたに−こほりしつまる−くものむらむら


00002
未入力 (xxx)

たかねより時雨れてくたる夕暮のそらにははやき雲もみえけり

たかねより−しくれてくたる−ゆふくれの−そらにははやき−くももみえけり


00003
未入力 (xxx)

なかめやる夕のやまのかきくれて雲にうつめる時雨ふるらし

なかめやる−ゆふへのやまの−かきくれて−くもにうつめる−しくれふるらし


00004
未入力 (xxx)

村しくれはれくもりせしうき雲のそらにこほるや雪けなるらむ

むらしくれ−はれくもりせし−うきくもの−そらにこほるや−ゆきけなるらむ


00005
未入力 (xxx)

いつかたにゆくともみえぬ村雲のけしきもさむき冬の夕昏

いつかたに−ゆくともみえぬ−むらくもの−けしきもさむき−ふゆのゆふくれ


00006
未入力 (xxx)

しくれすさみはるるともなき夕つく日空すさましき雲のむらむら

しくれすさみ−はるるともなき−ゆふつくひ−そらすさましき−くものむらむら


00007
未入力 (xxx)

時雨れつるやまへはなれぬ雲さむみかくてや雪にならむとすらん

しくれつる−やまへはなれぬ−くもさむみ−かくてやゆきに−ならむとすらむ


00008
未入力 (xxx)

ふゆのきて木の葉のこらぬ木木さひて空ものさむきくもの夕暮

ふゆのきて−このはのこらぬ−ききさひて−そらものさむき−くものゆふくれ


00009
未入力 (xxx)

なきさわく夕のからすとひすきていろこくこほる村雲のそら

なきさわく−ゆふへのからす−とひすきて−いろこくこほる−むらくものそら


00010
未入力 (xxx)

夕嵐時雨を北にふきなしてうきまよふ雲そ空にこほれる

ゆふあらし−しくれをきたに−ふきなして−うきまよふくもそ−そらにこほれる


00011
未入力 (xxx)

ふりすさふ時雨のそらのうき雲にみえぬ夕日のかけそうつろふ

ふりすさふ−しくれのそらの−うきくもに−みえぬゆふひの−かけそうつろふ


00012
未入力 (xxx)

さえあれてさむき雪けの雲まよりはつかにみゆる夕つくよかな

さえあれて−さむきゆきけの−くもまより−はつかにみゆる−ゆふつくよかな


00013
未入力 (xxx)

きえおこる空のうき雲いくたひかはるるあとよりまた時雨るらん

きえおこる−そらのうきくも−いくたひか−はるるあとより−またしくるらむ


00014
未入力 (xxx)

ゆふつくひくもるともなき一時雨のきはのそらをわたるうき雲

ゆふつくひ−くもるともなき−ひとしくれ−のきはのそらを−わたるうきくも


00015
未入力 (xxx)

朝つくひかけすさましきのきの空にうきてしくるる雲そまちかき

あさつくひ−かけすさましき−のきのそらに−うきてしくるる−くもそまちかき


00016
未入力 (xxx)

夜もすから時雨すさめる村雲のたえまにきよき里そさむけき

よもすから−しくれすさめる−むらくもの−たえまにきよき−さとそさむけき


00017
未入力 (xxx)

山さむきひはらの嵐おと暮れて雪けの雲そ空にうこかぬ

やまさむき−ひはらのあらし−おとくれて−ゆきけのくもそ−そらにうこかぬ


00018
未入力 (xxx)

はれくもり時雨るる雲のたえたえによわきゆふひはうつるともなし

はれくもり−しくるるくもの−たえたえに−よわきゆふひは−うつるともなし


00019
未入力 (xxx)

そらたかくさえすむ月はしつかにてゆきけにこほるよその村雲

そらたかく−さえすむつきは−しつかにて−ゆきけにこほる−よそのむらくも


00020
未入力 (xxx)

時雨れつる夜のまの空のそのままにうきたつくもの色もすさまし

しくれつる−よのまのそらの−そのままに−うきたつくもの−いろもすさまし


00021
未入力 (xxx)

月うすき空すさましくなかむれはしくれのあとの雲のむらむら

つきうすき−そらすさましく−なかむれは−しくれのあとの−くものむらむら


00022
未入力 (xxx)

いまははや雪けの空かこのゆふへ雲のけしきのたたにしもにぬ

いまははや−ゆきけのそらか−このゆふへ−くものけしきの−たたにしもにぬ


00023
未入力 (xxx)

こほるかと空さへみえて月のあたりむらむらしろき雲もさむけし

こほるかと−そらさへみえて−つきのあたり−むらむらしろき−くももさむけし


00024
未入力 (xxx)

花にまかへ月にいとひてみし雲の雪けにこほるふゆはきにけり

はなにまかへ−つきにいとひて−みしくもの−ゆきけにこほる−ふゆはきにけり


00025
未入力 (xxx)

はれくもりしくれすさめる日の色のうつるもさひし村雲の空

はれくもり−しくれすさめる−ひのいろの−うつるもさひし−むらくものそら


00026
未入力 (xxx)

時雨れつるのきのしつくは猶おちてあけゆく空のくものむらむら

しくれつる−のきのしつくは−なほおちて−あけゆくそらの−くものむらむら


00027
未入力 (xxx)

山あらしにうきてたたよふ村雲のしくれてわたる冬そさひしき

やまあらしに−うきてたたよふ−むらくもの−しくれてわたる−ふゆそさひしき


00028
未入力 (xxx)

むらむらにこほれる雲の空にみちてくもるとみれはゆきおちぬなり

むらむらに−こほれるくもの−そらにみちて−くもるとみれは−ゆきおちぬなり


00029
未入力 (xxx)

かきくらし時雨と見えてしからきやとやまの峰に雲そかかれる

かきくらし−しくれとみえて−しからきや−とやまのみねに−くもそかかれる


00030
未入力 (xxx)

ゆふ日さすおち葉かうへに時雨すきて庭にみたるるうき雲の影

ゆふひさす−おちはかうへに−しくれすきて−にはにみたるる−うきくものかけ


00031
未入力 (xxx)

山のはにたなひく雲のそのままに時雨れてくるる空そさひしき

やまのはに−たなひくくもの−そのままに−しくれてくるる−そらそさひしき


00032
未入力 (xxx)

ゆふひかけさすやのきはに影みえてしくるるくもの一むらそゆく

ゆふひかけ−さすやのきはに−かけみえて−しくるるくもの−ひとむらそゆく


00033
未入力 (xxx)

ちりつもる木の葉は庭にかたよりてはけしくはらふ山おろしのかせ

ちりつもる−このははにはに−かたよりて−はけしくはらふ−やまおろしのかせ


00034
未入力 (xxx)

竹の葉にあけかたしろく霜さえてふきさやく風もおとそこほれる

たけのはに−あけかたしろく−しもさえて−ふきさやくかせも−おとそこほれる


00035
未入力 (xxx)

霜かれの色こそあらめをきの葉のかせのおとさへ秋にかはれる

しもかれの−いろこそあらめ−をきのはの−かせのおとさへ−あきにかはれる


00036
未入力 (xxx)

ふきさやく竹の葉かせはまとさむしすたれにかかる雪のゆふくれ

ふきさやく−たけのはかせは−まとさむし−すたれにかかる−ゆきのゆふくれ


00037
未入力 (xxx)

たかねより雪にあられを吹きませてふもとの庭にかせおろすなり

たかねより−ゆきにあられを−ふきませて−ふもとのにはに−かせおろすなり


00038
未入力 (xxx)

いまたにも物すさましき風のおとよなほいりたたむ冬そしらるる

いまたにも−ものすさましき−かせのおとよ−なほいりたたむ−ふゆそしらるる


00039
未入力 (xxx)

まほにひく舟のすくるはしつかにてかれたつあしにさわく夕かせ

まほにひく−ふねのすくるは−しつかにて−かれたつあしに−さわくゆふかせ


00040
未入力 (xxx)

木の葉をはさそひつくして山おろしのはけしきおとそ松にきこゆる

このはをは−さそひつくして−やまおろしの−はけしきおとそ−まつにきこゆる


00041
未入力 (xxx)

すゑにうつる入日のかけはうすくみえて竹よりさむき冬のゆふ風

すゑにうつる−いりひのかけは−うすくみえて−たけよりさむき−ふゆのゆふかせ


00042
未入力 (xxx)

山かけや人はおとせぬゆふくれの庭の木の葉に嵐ふくなり

やまかけや−ひとはおとせぬ−ゆふくれの−にはのこのはに−あらしふくなり


00043
未入力 (xxx)

ふゆきぬと木の葉みたるる山かけのあらしの風もおとそさむけき

ふゆきぬと−このはみたるる−やまかけの−あらしのかせも−おとそさむけき


00044
未入力 (xxx)

ちりすさふ木の葉みたるる夕暮につねよりあらきかせのおとかな

ちりすさふ−このはみたるる−ゆふくれに−つねよりあらき−かせのおとかな


00045
未入力 (xxx)

冬かれのむなしき木木は枝さひて松にそむせふ山風の声

ふゆかれの−むなしきききは−えたさひて−まつにそむせふ−やまかせのこゑ


00046
未入力 (xxx)

ふゆかれのむなしき梢吹きすきてまつにはけしき風のおとかな

ふゆかれの−むなしきこすゑ−ふきすきて−まつにはけしき−かせのおとかな


00047
未入力 (xxx)

おきてみる朝けの檐は霜しろしおとせぬ風は身にさむくして

おきてみる−あさけののきは−しもしろし−おとせぬかせは−みにさむくして


00048
未入力 (xxx)

はれきよき霜夜の星の空さえて木すゑにひひく風そはけしき

はれきよき−しもよのほしの−そらさえて−こすゑにひひく−かせそはけしき


00049
未入力 (xxx)

さらてたにかたしくそてのさゆる夜に雪吹きおろすとこのやまかせ

さらてたに−かたしくそての−さゆるよに−ゆきふきおろす−とこのやまかせ


00050
未入力 (xxx)

かせさやくまかきの竹の夜もすからむすへる霜もさそこほるらん

かせさやく−まかきのたけの−よもすから−むすへるしもも−さそこほるらむ


00051
未入力 (xxx)

さえとほる霜夜の風は身にしみてはれたる空に星そきよけき

さえとほる−しもよのかせは−みにしみて−はれたるそらに−ほしそきよけき


00052
未入力 (xxx)

吹きとほす木木のひひきもはけしきはふゆやあらしの時にはあるらん

ふきとほす−ききのひひきも−はけしきは−ふゆやあらしの−ときにはあるらむ


00053
未入力 (xxx)

身にしみてききこしかせの吹きかへてまた木からしのおとそはけしき

みにしみて−ききこしかせの−ふきかへて−またこからしの−おとそはけしき


00054
未入力 (xxx)

木のはなきこすゑに月はかけさえておもてにあたる風そさむけき

このはなき−こすゑにつきは−かけさえて−おもてにあたる−かせそさむけき


00055
未入力 (xxx)

さそはれぬよその松さへおとそへて木の葉ちりかふかせそはけしき

さそはれぬ−よそのまつさへ−おとそへて−このはちりかふ−かせそはけしき


00056
未入力 (xxx)

ふきとほす木すゑの風は身にしみてさゆるしも夜の星きよきそら

ふきとほす−こすゑのかせは−みにしみて−さゆるしもよの−ほしきよきそら


00057
未入力 (xxx)

まかひつる時雨ははやくすきにけりのきはにのこる松かせのこゑ

まかひつる−しくれははやく−すきにけり−のきはにのこる−まつかせのこゑ


00058
未入力 (xxx)

ふきわたる峰の木すゑはおともせておち葉かうへにひひくやまかせ

ふきわたる−みねのこすゑは−おともせて−おちはかうへに−ひひくやまかせ


00059
未入力 (xxx)

□□□□□□□□□□□□□□□せてまとにはけしき山おろしのかせ

□□□□□−□□□□□□□−□□□せて−まとにはけしき−やまおろしのかせ


00060
未入力 (xxx)

おとわかぬ木の葉時雨を吹きませてまとすさましく風はらふなり

おとわかぬ−このはしくれを−ふきませて−まとすさましく−かせはらふなり


00061
未入力 (xxx)

ならはねは恋しつらしとわかねとも心にもののかかりそめぬる

ならはねは−こひしつらしと−わかねとも−こころにものの−かかりそめぬる


00062
未入力 (xxx)

しらせねはあはれもうさもまたみぬに涙まてにはなにかこほるる

しらせねは−あはれもうさも−またみぬに−なみたまてには−なにかこほるる


00063
未入力 (xxx)

おもふてふことはかくこそおほえけれまたしらさりし人のあはれの

おもふてふ−ことはかくこそ−おほえけれ−またしらさりし−ひとのあはれの


00064
未入力 (xxx)

うきこともなれて涙のひまやあると物おもふ人の袖にとははや

うきことも−なれてなみたの−ひまやあると−ものおもふひとの−そてにとははや


00065
未入力 (xxx)

人はいさなひきなひかす思ひあまる心にまけてもらしてやみむ

ひとはいさ−なひきなひかす−おもひあまる−こころにまけて−もらしてやみむ


00066
未入力 (xxx)

夢かなほみたれそめぬるあさねかみまたかきやらむすゑもしらねは

ゆめかなほ−みたれそめぬる−あさねかみ−またかきやらむ−すゑもしらねは


00067
未入力 (xxx)

我なからしらすよいつのゆふへよりありしにもにすなかめらるらむ

われなから−しらすよいつの−ゆふへより−ありしにもにす−なかめらるらむ


00068
未入力 (xxx)

涙こそまつしりそむれ昨日けふ心にかかるおもひありとも

なみたこそ−まつしりそむれ−きのふけふ−こころにかかる−おもひありとも


00069
未入力 (xxx)

いくうらみいくつらさにかむかふへき今より人のおもふにもにぬ

いくうらみ−いくつらさにか−むかふへき−いまよりひとの−おもふにもにぬ


00070
未入力 (xxx)

うちつけにふかきおもひの我にそふよいつならひけるあはれなるらむ

うちつけに−ふかきおもひの−われにそふよ−いつならひける−あはれなるらむ


00071
未入力 (xxx)

物おもふ心をかねてまちかほにいつしかもろき我か涙かな

ものおもふ−こころをかねて−まちかほに−いつしかもろき−わかなみたかな


00072
未入力 (xxx)

おもひそむる心にやかてふかき色をいかさまにして人にみせまし

おもひそむる−こころにやかて−ふかきいろを−いかさまにして−ひとにみせまし


00073
未入力 (xxx)

いかならむそのゆくすゑのいくおもひ人にこころのまよひそめぬる

いかならむ−そのゆくすゑの−いくおもひ−ひとにこころの−まよひそめぬる


00074
未入力 (xxx)

人しれぬ心の中のおもひゆゑつねはなかめのひころにもにぬ

ひとしれぬ−こころのうちの−おもひゆゑ−つねはなかめの−ひころにもにぬ


00075
未入力 (xxx)

たのむへき契のはてよいさやいかにうき名にかへてまよひそめても

たのむへき−ちきりのはてよ−いさやいかに−うきなにかへて−まよひそめても


00076
未入力 (xxx)

いつしかとうたて涙のせくかたもしらぬたもとにあまるかなしさ

いつしかと−うたてなみたの−せくかたも−しらぬたもとに−あまるかなしさ


00077
未入力 (xxx)

けさよ猶あやしくかはるなかめかないかなるゆめのいかかみえつる

けさよなほ−あやしくかはる−なかめかな−いかなるゆめの−いかかみえつる


00078
未入力 (xxx)

うちつけに人は心のわれににぬにつひの契もすてにかなしき

うちつけに−ひとはこころの−われににぬに−つひのちきりも−すてにかなしき


00079
未入力 (xxx)

いひいてぬこれは猶もとなくさめて人のうからむのちをしそおもふ

いひいてぬ−これはなほもと−なくさめて−ひとのうからむ−のちをしそおもふ


00080
未入力 (xxx)

しらすかほにもてなす人のつれなさにまけてそわれもいひよわりぬる

しらすかほに−もてなすひとの−つれなさに−まけてそわれも−いひよわりぬる


00081
未入力 (xxx)

こほれおつる涙よされはいつよりの人のつらさにならひそめけん

こほれおつる−なみたよされは−いつよりの−ひとのつらさに−ならひそめけむ


00082
未入力 (xxx)

まよひそむるいまの心のくるしさに契のすゑそおもひしらるる

まよひそむる−いまのこころの−くるしさに−ちきりのすゑそ−おもひしらるる


00083
未入力 (xxx)

つれなしとなにおもひけむかきりあれはあひみる夜はもありけるものを

つれなしと−なにおもひけむ−かきりあれは−あひみるよはも−ありけるものを


00084
未入力 (xxx)

もらしてもいさやいかかのやすらひに□□□□□□□□□□□□□□

もらしても−いさやいかかの−やすらひに−□□□□□□□−□□□□□□□


00085
未入力 (xxx)

□□□□□□□□□□□□□□□みてわれとやさらはうらみのかまし

□□□□□−□□□□□□□−□□□みて−われとやさらは−うらみのかまし


00086
未入力 (xxx)

いつくにかあはれをとめてしたふらんかきりとみゆる人のつらさを

いつくにか−あはれをとめて−したふらむ−かきりとみゆる−ひとのつらさを


00087
未入力 (xxx)

あふにしもかへぬいのちのきはに成りてさてもと思ふそさらにかなしき

あふにしも−かへぬいのちの−きはになりて−さてもとおもふそ−さらにかなしき


00088
未入力 (xxx)

なからへん身ともおほえすなりはてぬよしやつらさもうさもいくほと

なからへむ−みともおほえす−なりはてぬ−よしやつらさも−うさもいくほと


00089
未入力 (xxx)

わすれかねてうきおもかけの身にそふやたえてののちもかた身なるらん

わすれかねて−うきおもかけの−みにそふや−たえてののちも−かたみなるらむ


00090
未入力 (xxx)

たのますはかからさらましうき中の契のすゑそうらみなりける

たのますは−かからさらまし−うきなかの−ちきりのすゑそ−うらみなりける


00091
未入力 (xxx)

いまは我人も契らぬのちの世のたのみはかりやなくさめにせむ

いまはわれ−ひともちきらぬ−のちのよの−たのみはかりや−なくさめにせむ


00092
未入力 (xxx)

うしとたにいまはなにかは中中にたのむまてこそ人もつらけれ

うしとたに−いまはなにかは−なかなかに−たのむまてこそ−ひともつらけれ


00093
未入力 (xxx)

とはれぬにつけておもひのまさるかないのちやこひのかきりなるへき

とはれぬに−つけておもひの−まさるかな−いのちやこひの−かきりなるへき


00094
未入力 (xxx)

人しれす我のみよわきあはれかなこの一ふしそかきりとおもへは

ひとしれす−われのみよわき−あはれかな−このひとふしそ−かきりとおもへは


00095
未入力 (xxx)

しけかりしうらみよそれもころすきてのこるあはれそひとりかなしき

しけかりし−うらみよそれも−ころすきて−のこるあはれそ−ひとりかなしき


00096
未入力 (xxx)

うきにたへていくせしたひし心さへよわるつらさのきはになりぬる

うきにたへて−いくせしたひし−こころさへ−よわるつらさの−きはになりぬる


00097
未入力 (xxx)

我もこれおなし心にいとふそよつらさのはてをみつるいのちは

われもこれ−おなしこころに−いとふそよ−つらさのはてを−みつるいのちは


00098
未入力 (xxx)

人心うきあまりにはおほかたの世をさへかけてうらみたちぬる

ひとこころ−うきあまりには−おほかたの−よをさへかけて−うらみたちぬる


00099
未入力 (xxx)

我のみはうさをもしひてしのふともかはるかうへの人はいつまて

われのみは−うさをもしひて−しのふとも−かはるかうへの−ひとはいつまて


00100
未入力 (xxx)

こひしなむいのちのはてのきはに成りぬうさもあはれもさもあらはあれ

こひしなむ−いのちのはての−きはになりぬ−うさもあはれも−さもあらはあれ


00101
未入力 (xxx)

うきをみてはあらしとおもひし我か心いかになりぬるいのちなかさそ

うきをみては−あらしとおもひし−わかこころ−いかになりぬる−いのちなかさそ


00102
未入力 (xxx)

うききはもつらきかきりもみつくしつつれなやさのみなにをまつ身そ

うききはも−つらきかきりも−みつくしつ−つれなやさのみ−なにをまつみそ


00103
未入力 (xxx)

かきりあれはしたふ心をあらためておもひとるしもまたあはれなり

かきりあれは−したふこころを−あらためて−おもひとるしも−またあはれなり


00104
未入力 (xxx)

あはれにもうき年月をかそふれはこひもいのちもかきりにそなる

あはれにも−うきとしつきを−かそふれは−こひもいのちも−かきりにそなる


00105
未入力 (xxx)

なほあはれおもはさりしよよそにかくうらみのくへき契なりとは

なほあはれ−おもはさりしよ−よそにかく−うらみのくへき−ちきりなりとは


00106
未入力 (xxx)

山も猶とほき峰より色きえてちかきをのへは暮れのこりけり

やまもなほ−とほきみねより−いろきえて−ちかきをのへは−くれのこりけり


00107
未入力 (xxx)

うつりきゆるをかへのゆふ日かけさひてみとりいろこき松のむらたち

うつりきゆる−をかへのゆふひ−かけさひて−みとりいろこき−まつのむらたち


00108
未入力 (xxx)

たかそむる物とはなしに山あをく水みとりなるいろそことなる

たかそむる−ものとはなしに−やまあをく−みつみとりなる−いろそことなる


00109
未入力 (xxx)

やまのはにしつむ入日の一とほりくれなゐになる夕暮の色

やまのはに−しつむいりひの−ひととほり−くれなゐになる−ゆふくれのいろ


00110
未入力 (xxx)

うき世にはいまもかはらすすみそめのゆふへの色そそめてかひなき

うきよには−いまもかはらす−すみそめの−ゆふへのいろそ−そめてかひなき


00111
未入力 (xxx)

なれてすむ契ありける山まつの葉かへぬいろに我もつれなし

なれてすむ−ちきりありける−やままつの−はかへぬいろに−われもつれなし


00112
未入力 (xxx)

みとりこき日影の山のはるはるとおのれまかはすわたるしらさき

みとりこき−ひかけのやまの−はるはると−おのれまかはす−わたるしらさき


00113
未入力 (xxx)

あたし色に心なとめそ花の春もみちの秋も一時のゆめ

あたしいろに−こころなとめそ−はなのはる−もみちのあきも−ひとときのゆめ


00114
未入力 (xxx)

物として見えさらめやは世のなかにいろをはなるるかたちなけれは

ものとして−みえさらめやは−よのなかに−いろをはなるる−かたちなけれは


00115
未入力 (xxx)

しつみぬるゆふひのにほひ空はれてにしにいろこき雲の一すち

しつみぬる−ゆふひのにほひ−そらはれて−にしにいろこき−くものひとすち


00116
未入力 (xxx)

神もまたあはれとおもヘさか木葉の色もかはらすたのむ心は

かみもまた−あはれとおもヘ−さかきはの−いろもかはらす−たのむこころは


00117
未入力 (xxx)

よしなしや花月雪のなさけしもすへてうき世の色そとおもへは

よしなしや−はなつきゆきの−なさけしも−すへてうきよの−いろそとおもへは


00118
未入力 (xxx)

雨のなこりうきゆく雲のかけになりてゆふひにかはるやまの色かな

あめのなこり−うきゆくくもの−かけになりて−ゆふひにかはる−やまのいろかな


00119
未入力 (xxx)

春のはな秋の紅葉のなさけまてもいろをはなるるかたちしそなき

はるのはな−あきのもみちの−なさけまても−いろをはなるる−かたちしそなき


00120
未入力 (xxx)

うすくこく色こそかはれ葉かへせぬときはの山のおなしみとりも

うすくこく−いろこそかはれ−はかへせぬ−ときはのやまの−おなしみとりも


00121
未入力 (xxx)

ほのほのとあけゆく空は星きえていろこくのこる峰のよこ雲

ほのほのと−あけゆくそらは−ほしきえて−いろこくのこる−みねのよこくも


00122
未入力 (xxx)

にしの空の夕日のあとはさめやらて月よりかはる雲の色かな

にしのそらの−ゆふひのあとは−さめやらて−つきよりかはる−くものいろかな


00123
未入力 (xxx)

いく千代そこけむしにける松かねのかはらぬいろをやとに契りて

いくちよそ−こけむしにける−まつかねの−かはらぬいろを−やとにちきりて


00124
未入力 (xxx)

かきりなき我か君か代のゆくすゑはしら玉つはき色にみゆらん

かきりなき−わかきみかよの−ゆくすゑは−しらたまつはき−いろにみゆらむ


00125
未入力 (xxx)

一しきり花も紅葉もすきぬれはみとりにかへるよもの山のは

ひとしきり−はなももみちも−すきぬれは−みとりにかへる−よものやまのは


00126
未入力 (xxx)

はかなしやありはてぬ世のかりの色に心をそめてなになけくらむ

はかなしや−ありはてぬよの−かりのいろに−こころをそめて−なになけくらむ


00127
未入力 (xxx)

しらみまさる空のみとりはうすく見えてあけのこるほしのかすそきえゆく

しらみまさる−そらのみとりは−うすくみえて−あけのこるほしの−かすそきえゆく


00128
未入力 (xxx)

山のはにあくるひかりのにほふよりいろこき空そうすくなりゆく

やまのはに−あくるひかりの−にほふより−いろこきそらそ−うすくなりゆく


00129
未入力 (xxx)

雨はれてみとりいろこき山のはに猶たちのこるくものむらむら

あめはれて−みとりいろこき−やまのはに−なほたちのこる−くものむらむら


00130
未入力 (xxx)

をちこちの山のみとりのうすくこきゆふ日うつれる色そことなる

をちこちの−やまのみとりの−うすくこき−ゆふひうつれる−いろそことなる


00131
未入力 (xxx)

入りかかる夕日の山はいろこくてとほき木すゑそうすく暮れゆく

いりかかる−ゆふひのやまは−いろこくて−とほきこすゑそ−うすくくれゆく


00132
未入力 (xxx)

身こそあらめ心をちりの外になしてうき世の色にそましとそおもふ

みこそあらめ−こころをちりの−ほかになして−うきよのいろに−そましとそおもふ


00133
未入力 (xxx)

けにいとふ心やかたき世の中をうしとはなへて人のいへとも

けにいとふ−こころやかたき−よのなかを−うしとはなへて−ひとのいへとも


00134
未入力 (xxx)

いまは我か心になにかかかるへきたた一みちのまことならては

いまはわか−こころになにか−かかるへき−たたひとみちの−まことならては


00135
未入力 (xxx)

つきもせすうかふおもひのいくうつりいつくにとまる心ともなし

つきもせす−うかふおもひの−いくうつり−いつくにとまる−こころともなし


00136
未入力 (xxx)

すなほなる心をうけはをとこやまいのらすとても我か君の御代

すなほなる−こころをうけは−をとこやま−いのらすとても−わかきみのみよ


00137
未入力 (xxx)

ときとしてとにもかくにもさたまらぬ心はなにをぬしとしもなし

ときとして−とにもかくにも−さたまらぬ−こころはなにを−ぬしとしもなし


00138
未入力 (xxx)

かすならぬ身とはさすかにしるかうへをなけく心よあはれはかなき

かすならぬ−みとはさすかに−しるかうへを−なけくこころよ−あはれはかなき


00139
未入力 (xxx)

きみかため二心なきこころにてつかふる道も六十へにけり

きみかため−ふたこころなき−こころにて−つかふるみちも−むそちへにけり


00140
未入力 (xxx)

津の国のなにはのことのよしあしも我か心には一ふしそなき

つのくにの−なにはのことの−よしあしも−わかこころには−ひとふしそなき


00141
未入力 (xxx)

よしあしとおもふ心もこころよりほかにはいてぬ物にそ有りける

よしあしと−おもふこころも−こころより−ほかにはいてぬ−ものにそありける


00142
未入力 (xxx)

おもひとけはおのかさまさまかはる世の人の心のおくそゆかしき

おもひとけは−おのかさまさま−かはるよの−ひとのこころの−おくそゆかしき


00143
未入力 (xxx)

つれなくもうきをしらぬになりぬへし心にけちてすくすこの世を

つれなくも−うきをしらぬに−なりぬへし−こころにけちて−すくすこのよを


00144
未入力 (xxx)

うしとけに思ふ心のなけれはや猶世のなかにかくてすむらむ

うしとけに−おもふこころの−なけれはや−なほよのなかに−かくてすむらむ


00145
未入力 (xxx)

物ことに心をとめはなににかはうき世の中のしられさるへき

ものことに−こころをとめは−なににかは−うきよのなかの−しられさるへき


00146
未入力 (xxx)

さまさまにおほくのゆめのみゆるにそねても心のうつるをはしる

さまさまに−おほくのゆめの−みゆるにそ−ねてもこころの−うつるをはしる


00147
未入力 (xxx)

心てふかたちやなにそ物にふれてうつるおもひのうこくならては

こころてふ−かたちやなにそ−ものにふれて−うつるおもひの−うこくならては


00148
未入力 (xxx)

いままてに心ひとつのあらましのまことにならぬ身をそうらむる

いままてに−こころひとつの−あらましの−まことにならぬ−みをそうらむる


00149
未入力 (xxx)

さのみやはうれへもあへん心をはなきになしてそ世をすくすへき

さのみやは−うれへもあへむ−こころをは−なきになしてそ−よをすくすへき


00150
未入力 (xxx)

おのつから我とさとりてしるみちを心のほかになにもとめけむ

おのつから−われとさとりて−しるみちを−こころのほかに−なにもとめけむ


00151
未入力 (xxx)

よしあしとうこく思ひのほかにしてむかふ心は一こともなし

よしあしと−うこくおもひの−ほかにして−むかふこころは−ひとこともなし


00152
未入力 (xxx)

こころよりやかてつたふる心なれはほかにもとめぬものにそありける

こころより−やかてつたふる−こころなれは−ほかにもとめぬ−ものにそありける


00153
未入力 (xxx)

おもひすてはやすからましをいとひかねて我か心から世をなけくかな

おもひすては−やすからましを−いとひかねて−わかこころから−よをなけくかな


00154
未入力 (xxx)

一すちにいとひもはてぬ心もて世をうき物となにかいふらむ

ひとすちに−いとひもはてぬ−こころもて−よをうきものと−なにかいふらむ


00155
未入力 (xxx)

物によらぬもとの心はあめつちにへたつるところあらしとそ思ふ

ものによらぬ−もとのこころは−あめつちに−へたつるところ−あらしとそおもふ


00156
未入力 (xxx)

ありとすれはそのかたちなしなしとすれはありなしわくも心なりけり

ありとすれは−そのかたちなし−なしとすれは−ありなしわくも−こころなりけり


00157
未入力 (xxx)

さ夜ふくるよものあはれはうかひきて心もちらぬ灯のもと

さよふくる−よものあはれは−うかひきて−こころもちらぬ−ともしひのもと


00158
未入力 (xxx)

うしとおもひうれしとわくもすへてたたわか心よりなすにそ有りける

うしとおもひ−うれしとわくも−すへてたた−わかこころより−なすにそありける


00159
未入力 (xxx)

かくはかりうき世をしらぬ心もて心ありとはなにおもふらむ

かくはかり−うきよをしらぬ−こころもて−こころありとは−なにおもふらむ


00160
未入力 (xxx)

いつくよりいかにはしまる心にて時そともなくうつるおもひそ

いつくより−いかにはしまる−こころにて−ときそともなく−うつるおもひそ


00161
未入力 (xxx)

世もくもり人の心もにこれるはわかみなもとのすまぬなるへし

よもくもり−ひとのこころも−にこれるは−わかみなもとの−すまぬなるへし


00162
未入力 (xxx)

へたてけるまよひさとりのぬしやたれむかふままなるもとの心を

へたてける−まよひさとりの−ぬしやたれ−むかふままなる−もとのこころを


00163
未入力 (xxx)

よもにおこる心のゆくへなになれやそれをしりせはまよはさらまし

よもにおこる−こころのゆくへ−なになれや−それをしりせは−まよはさらまし