[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名歌合 
作品集名読みうたあわせ 
作成年月日後光厳院文和之比(1352年〜1356年あたり)
場所 

00001
未入力 (xxx)

あさつくひいてあへぬ空のにほひよりやかてなきたつせみのこゑかな

あさつくひ−いてあへぬそらの−にほひより−やかてなきたつ−せみのこゑかな


00002
未入力 (xxx)

しくれつる雲のたえまに日影見えてあきすさましき夕くれのいろ

しくれつる−くものたえまに−ひかけみえて−あきすさましき−ゆふくれのいろ


00003
未入力 (xxx)

あさ日さすのきのうす雪ほともなくきゆると見れはおつる玉水

あさひさす−のきのうすゆき−ほともなく−きゆるとみれは−おつるたまみつ


00004
未入力 (xxx)

なほしはしいり日のにほひさめやらてあつさをのこすくもの色かな

なほしはし−いりひのにほひ−さめやらて−あつさをのこす−くものいろかな


00005
未入力 (xxx)

なかそらにまたかたふかぬ日のかけのよるかたもなきものをこそ思へ

なかそらに−またかたふかぬ−ひのかけの−よるかたもなき−ものをこそおもへ


00006
未入力 (xxx)

あすはいさ見もやみすもやあはれ又けふもゆふ日のいりかたのかけ

あすはいさ−みもやみすもや−あはれまた−けふもゆふひの−いりかたのかけ


00007
未入力 (xxx)

かやり火のけふり一すちみゆるしも月にはれたるさとのをちかた

かやりひの−けふりひとすち−みゆるしも−つきにはれたる−さとのをちかた


00008
未入力 (xxx)

いまやとふとまりもたゆまぬよなよなは月にのみこそなれてなかむれ

いまやとふ−とまりもたゆまぬ−よなよなは−つきにのみこそ−なれてなかむれ


00009
未入力 (xxx)

ふくるままにをちのきぬたはおとすみてなかそらたかき秋のよの月

ふくるままに−をちのきぬたは−おとすみて−なかそらたかき−あきのよのつき


00010
未入力 (xxx)

なかめうれへわか心なるともはあらしおなし月をはたれもみるとも

なかめうれへ−わかこころなる−ともはあらし−おなしつきをは−たれもみるとも


00011
未入力 (xxx)

くるるままにそらはうき雲はれつきて山のはのほる月そさやけき

くるるままに−そらはうきくも−はれつきて−やまのはのほる−つきそさやけき


00012
未入力 (xxx)

むらくものたえままれなる空みれはすみかたき世や月もわひしき

むらくもの−たえままれなる−そらみれは−すみかたきよや−つきもわひしき


00013
未入力 (xxx)

すみかたき世のうきくもをいとふいとふこころはにしにありあけの月

すみかたき−よのうきくもを−いとふいとふ−こころはにしに−ありあけのつき


00014
未入力 (xxx)

つれなしとおもふもあはれいつまてそひとのうき世にありあけの月

つれなしと−おもふもあはれ−いつまてそ−ひとのうきよに−ありあけのつき


00015
未入力 (xxx)

ゆふたちの雨のなこりのつゆ見えて秋おほえたるくさのうへの月

ゆふたちの−あめのなこりの−つゆみえて−あきおほえたる−くさのうへのつき


00016
未入力 (xxx)

めくりあふさてもその夜のとはかりにさたかに月も見えはこそあらめ

めくりあふ−さてもそのよの−とはかりに−さたかにつきも−みえはこそあらめ


00017
未入力 (xxx)

けふまてはまたはらひえぬちりのうちにあはれいつをかまつかせのこゑ

けふまては−またはらひえぬ−ちりのうちに−あはれいつをか−まつかせのこゑ


00018
未入力 (xxx)

うらめしきものにそありける春の花秋のもみちもかせのさそへは

うらめしき−ものにそありける−はるのはな−あきのもみちも−かせのさそへは


00019
未入力 (xxx)

秋にまかふ竹のよかせにねさむれはまとのほたるのかけそみたるる

あきにまかふ−たけのよかせに−ねさむれは−まとのほたるの−かけそみたるる


00020
未入力 (xxx)

うはのそらにふきかふ風のつてにてもそのあたりとてきくみちもかな

うはのそらに−ふきかふかせの−つてにても−そのあたりとて−きくみちもかな


00021
未入力 (xxx)

夕くれのまかきのくさにかせたちて花こそ見えね秋にもあるかな

ゆふくれの−まかきのくさに−かせたちて−はなこそみえね−あきにもあるかな


00022
未入力 (xxx)

ふきかよふ風のつてにもなかめわふるこころを人にしらせてしかな

ふきかよふ−かせのつてにも−なかめわふる−こころをひとに−しらせてしかな


00023
未入力 (xxx)

うら葉かへるこすゑの風になく蝉のこゑふきみたすもりのゆふたち

うらはかへる−こすゑのかせに−なくせみの−こゑふきみたす−もりのゆふたち


00024
未入力 (xxx)

こよひしもたれかはと思ふまきのとにおとする風もなほあちきなし

こよひしも−たれかはとおもふ−まきのとに−おとするかせも−なほあちきなし


00025
未入力 (xxx)

ゆふたちの雨はまはらにおちそめてくさ木にあらきかせそすすしき

ゆふたちの−あめはまはらに−おちそめて−くさきにあらき−かせそすすしき


00026
未入力 (xxx)

さもあらぬ風のおとさへかなしきよこころのぬしにものを思へは

さもあらぬ−かせのおとさへ−かなしきよ−こころのぬしに−ものをおもへは


00027
未入力 (xxx)

わすれはやおもひみたるるうきくものかかるゆくへはあとなきものを

わすれはや−おもひみたるる−うきくもの−かかるゆくへは−あとなきものを


00028
未入力 (xxx)

はれすのみおもふゆくへはむなしくて君にちきりやうすくもの空

はれすのみ−おもふゆくへは−むなしくて−きみにちきりや−うすくものそら


00029
未入力 (xxx)

よそにして日をはおほはぬ雲の色よあつさこそそへすすしくはなし

よそにして−ひをはおほはぬ−くものいろよ−あつさこそそへ−すすしくはなし


00030
未入力 (xxx)

よこ雲のわかるるみるもうらやましたたいたつらにまちあかす夜に

よこくもの−わかるるみるも−うらやまし−たたいたつらに−まちあかすよに


00031
未入力 (xxx)

夕立はよそなる雲のひとむらにくさ木の色そはやもすすしき

ゆふたちは−よそなるくもの−ひとむらに−くさきのいろそ−はやもすすしき


00032
未入力 (xxx)

ほしたにもたえまたえまにまれなるよ月なきよひのむら雲のそら

ほしたにも−たえまたえまに−まれなるよ−つきなきよひの−むらくものそら


00033
未入力 (xxx)

それをたにあはれと人はなかめしに身やうき雲のそらにまかはん

それをたに−あはれとひとは−なかめしに−みやうきくもの−そらにまかはむ


00034
未入力 (xxx)

なにとなくみるにものこそあはれなれ松にかかれる山のはのくも

なにとなく−みるにものこそ−あはれなれ−まつにかかれる−やまのはのくも


00035
未入力 (xxx)

恋あまりなみたにしをる夕くれのなかめにすこきくもの一すち

こひあまり−なみたにしをる−ゆふくれの−なかめにすこき−くものひとすち


00036
未入力 (xxx)

なかめうかれいまもこころをそめかへしそのよににたるくもの夕くれ

なかめうかれ−いまもこころを−そめかへし−そのよににたる−くものゆふくれ


00037
未入力 (xxx)

しほしほとねこそなかるれ人こふるやとのなかめの雨の夕くれ

しほしほと−ねこそなかるれ−ひとこふる−やとのなかめの−あめのゆふくれ


00038
未入力 (xxx)

さはりやすき我にかことの雨をしもふかきあはれにたれかまちみる

さはりやすき−われにかことの−あめをしも−ふかきあはれに−たれかまちみる


00039
未入力 (xxx)

さりとものたのみもいまはつきはてぬなほふりまさる雨のけしきに

さりともの−たのみもいまは−つきはてぬ−なほふりまさる−あめのけしきに


00040
未入力 (xxx)

くるるまにのきはの山も雲とちて雨にこもれるやとそさひしき

くるるまに−のきはのやまも−くもとちて−あめにこもれる−やとそさひしき


00041
未入力 (xxx)

いましもあれ心にあまる思ひよりふりいつる雨そなみたかほなる

いましもあれ−こころにあまる−おもひより−ふりいつるあめそ−なみたかほなる


00042
未入力 (xxx)

さらはふれふらぬ夜とてもとはれねはあめにさはるとなほなくさめん

さらはふれ−ふらぬよとても−とはれねは−あめにさはると−なほなくさめむ


00043
未入力 (xxx)

まとをうつ雨うちききてふくる夜になにとしはなくもののわひしき

まとをうつ−あめうちききて−ふくるよに−なにとしはなく−もののわひしき


00044
未入力 (xxx)

おちやまぬのきのたまみつつくつくとなかめわひぬる雨の日くらし

おちやまぬ−のきのたまみつ−つくつくと−なかめわひぬる−あめのひくらし


00045
未入力 (xxx)

いつまてかふるやののきのあまそそきあまりもいまはいとはしき世に

いつまてか−ふるやののきの−あまそそき−あまりもいまは−いとはしきよに


00046
未入力 (xxx)

ききしをれまとうつあめのよもすからわれならぬ人もねられしものを

ききしをれ−まとうつあめの−よもすから−われならぬひとも−ねられしものを