[ 時代統合情報システム トップ ] [ データベース一覧 ]

百番歌合


[ 作品集成立年順 | 作者名順 | 作品名順 ]

作品集名百番歌合 
作品集名読みひゃくばんうたあわせ 
作成年月日応安三年〜永和二年(1370年^1379年頃)
場所 

00001
未入力 (xxx)

冬きぬとまなき時雨の槙の戸よ人めかれゆくおとつれそこれ

ふゆきぬと−まなきしくれの−まきのとよ−ひとめかれゆく−おとつれそこれ


00002
未入力 (xxx)

いつしかもはやしくるめり夜もすから秋をおくれ□雲のかヘ□□

いつしかも−はやしくるめり−よもすから−あきをおくれ□−くものかヘ□□


00003
未入力 (xxx)

としをへて我か身ふるやのいたひさししくれのおともそてのほかかは

としをへて−わかみふるやの−いたひさし−しくれのおとも−そてのほかかは


00004
未入力 (xxx)

ちりまよふよもの木の葉を吹きませてまなくしくるるころの山風

ちりまよふ−よものこのはを−ふきませて−まなくしくるる−ころのやまかせ


00005
未入力 (xxx)

おほかたにすくるあらしをまちとりてかことかましくふる木の葉かな

おほかたに−すくるあらしを−まちとりて−かことかましく−ふるこのはかな


00006
未入力 (xxx)

風のおともともに時雨れてやままつのこすゑつたひを行く木の葉かな

かせのおとも−ともにしくれて−やままつの−こすゑつたひを−ゆくこのはかな


00007
未入力 (xxx)

こほりかさねおきそふ霜のしは草はふみならすへき跡たにもなし

こほりかさね−おきそふしもの−しはくさは−ふみならすへき−あとたにもなし


00008
未入力 (xxx)

くれていにし秋はかれふの草にみえて冬のきにける道しはのしも

くれていにし−あきはかれふの−くさにみえて−ふゆのきにける−みちしはのしも


00009
未入力 (xxx)

庭のおもにあられ一むらみたれおちて夕日の影そうすくなりゆく

にはのおもに−あられひとむら−みたれおちて−ゆふひのかけそ−うすくなりゆく


00010
未入力 (xxx)

ひとしきりふるやあられの庭のおもにひろひもあへぬ玉そきえゆく

ひとしきり−ふるやあられの−にはのおもに−ひろひもあへぬ−たまそきえゆく


00011
未入力 (xxx)

いけのおもはこほるあさけもにほとりのしたのかよひはたえせさるらし

いけのおもは−こほるあさけも−にほとりの−したのかよひは−たえせさるらし


00012
未入力 (xxx)

あしかものおのかあをはもうつもれてはらひもあへぬ霜になくなり

あしかもの−おのかあをはも−うつもれて−はらひもあへぬ−しもになくなり


00013
未入力 (xxx)

和歌のうらやともなし千とりたれきけとわひても老の浪になくらむ

わかのうらや−ともなしちとり−たれきけと−わひてもおいの−なみになくらむ


00014
未入力 (xxx)

ふるゆきのあとふみわけてはまちとりむかしにかへれわかのうらなみ

ふるゆきの−あとふみわけて−はまちとり−むかしにかへれ−わかのうらなみ


00015
未入力 (xxx)

一しきりあられうちちるたまささの葉わけにこほる月もすさまし

ひとしきり−あられうちちる−たまささの−はわけにこほる−つきもすさまし


00016
未入力 (xxx)

やとりこし露のゆかりをなほとひてかれふの霜にてらす月かけ

やとりこし−つゆのゆかりを−なほとひて−かれふのしもに−てらすつきかけ


00017
未入力 (xxx)

かきくらすかりはののへのけふのゆきはらひもあへぬそての上かな

かきくらす−かりはののへの−けふのゆき−はらひもあへぬ−そてのうへかな


00018
未入力 (xxx)

はしたかのかた野の御ゆき名のみにてたえぬるあとをうつむしら雪

はしたかの−かたののみゆき−名のみにて−たえぬるあとを−うつむしらゆき


00019
未入力 (xxx)

かくれ家とたのみしあしは霜かれてあらはれわたるにほのかよひち

かくれかと−たのみしあしは−しもかれて−あらはれわたる−にほのかよひち


00020
未入力 (xxx)

かれてたつみきはのあしに影すきて夕日もさむきいけの上かな

かれてたつ−みきはのあしに−かけすきて−ゆふひもさむき−いけのうへかな


00021
未入力 (xxx)

岸かけやよとのわたりのあさこほり□ちつる舟そくたきてもゆく

きしかけや−よとのわたりの−あさこほり−□ちつるふねそ−くたきてもゆく


00022
未入力 (xxx)

大井かは秋のかた身のもみち葉をゐせきにとめてこほりとちぬる

おほゐかは−あきのかたみの−もみちはを−ゐせきにとめて−こほりとちぬる


00023
未入力 (xxx)

朝あらしの吹きしく音にならしはのかけにもためぬ山のうす雪

あさあらしの−ふきしくおとに−ならしはの−かけにもためぬ−やまのうすゆき


00024
未入力 (xxx)

さとまてはふりやはつつく山路たにうつみもはてぬ今朝のうす雪

さとまては−ふりやはつつく−やまちたに−うつみもはてぬ−けさのうすゆき


00025
未入力 (xxx)

なく鳥のこゑさへきかす野もやまもうつもれはつる雪のあさあけ

なくとりの−こゑさへきかす−のもやまも−うつもれはつる−ゆきのあさあけ


00026
未入力 (xxx)

けぬかうへになほふりしきてよしの山雪さへふかきいはのかけ道

けぬかうへに−なほふりしきて−よしのやま−ゆきさへふかき−いはのかけみち


00027
未入力 (xxx)

たひ人のかよふも見えすみちたえてのへのみゆきのふりつもるころ

たひひとの−かよふもみえす−みちたえて−のへのみゆきの−ふりつもるころ


00028
未入力 (xxx)

玉ささのむらむらのこるあを葉しもかれ野の雪の色はすさまし

たまささの−むらむらのこる−あをはしも−かれののゆきの−いろはすさまし


00029
未入力 (xxx)

むかふるとおくるとつねはいそきなれてさて身につもるとしやわするる

むかふると−おくるとつねは−いそきなれて−さてみにつもる−としやわするる


00030
未入力 (xxx)

枝のゆきををりてもたれかをしまさらんとしはなこりのさ夜もふけつつ

えたのゆきを−をりてもたれか−をしまさらむ−としはなこりの−さよもふけつつ


00031
未入力 (xxx)

我な□らものおもふともしらぬ身にあやしくなそやなかめかちなる

われな□ら−ものおもふとも−しらぬみに−あやしくなそや−なかめかちなる


00032
未入力 (xxx)

恋しともおもひあへぬにきのふけふ心のうちのなとかみたるる

こひしとも−おもひあへぬに−きのふけふ−こころのうちの−なとかみたるる


00033
未入力 (xxx)

如何にせんしのひそあへぬともすれはすすむ涙のあやにくにして

いかにせむ−しのひそあへぬ−ともすれは−すすむなみたの−あやにくにして


00034
未入力 (xxx)

きかさらんあとまておもふうき名ゆゑしのふるきはや命ならまし

きかさらむ−あとまておもふ−うきなゆゑ−しのふるきはや−いのちならまし


00035
未入力 (xxx)

ほのかなる行へにたにもしほるるをなれなはまして後のなみたよ

ほのかなる−ゆくへにたにも−しをるるを−なれなはまして−のちのなみたよ


00036
未入力 (xxx)

我のみとたのむ契のあらましよたたおほかたにききしゆくへを

われのみと−たのむちきりの−あらましよ−たたおほかたに−ききしゆくへを


00037
未入力 (xxx)

人はしらしおほかたにたたなれなれて見せぬこころのそこを見るとも

ひとはしらし−おほかたにたた−なれなれて−みせぬこころの−そこをみるとも


00038
未入力 (xxx)

おもひたゆるこころよさらはつきななむ見るめはかりはつらき契を

おもひたゆる−こころよさらは−つきななむ−みるめはかりは−つらきちきりを


00039
未入力 (xxx)

しのふかたにかこちし中のたのみたにいまはなくなく身をそうらむる

しのふかたに−かこちしなかの−たのみたに−いまはなくなく−みをそうらむる


00040
未入力 (xxx)

しのふこころよわらぬほとにけなはけなてつらき名たてのいのちなかさよ

しのふこころ−よわらぬほとに−けなはけなて−つらきなたての−いのちなかさよ


00041
未入力 (xxx)

すゑつひにあふ瀬もなくて山川のな□れやふかくなりまさるらむ

すゑつひに−あふせもなくて−やまかはの−な□れやふかく−なりまさるらむ


00042
未入力 (xxx)

つらきにもおもひよわらてあつさゆみ猶日にそへて引くこころかな

つらきにも−おもひよわらて−あつさゆみ−なほひにそへて−ひくこころかな


00043
未入力 (xxx)

帰るともおもひもわかぬまたねたにうつつにたかふ夢のちきりよ

かへるとも−おもひもわかぬ−またねたに−うつつにたかふ−ゆめのちきりよ


00044
未入力 (xxx)

しのひもつこころのそこをしらねはそたたおほかたに人のしたしき

しのひもつ−こころのそこを−しらねはそ−たたおほかたに−ひとのしたしき


00045
未入力 (xxx)

如何にせんあふをへたてのねをそなくとほ山とりの契はかりに

いかにせむ−あふをへたての−ねをそなく−とほやまとりの−ちきりはかりに


00046
未入力 (xxx)

ゆめならてうつつにいつかあふさかのせきもいくへの中そはるけき

ゆめならて−うつつにいつか−あふさかの−せきもいくへの−なかそはるけき


00047
未入力 (xxx)

いまこそは浪こさしとはちきるともいさしら雲のすゑのまつやま

いまこそは−なみこさしとは−ちきるとも−いさしらくもの−すゑのまつやま


00048
未入力 (xxx)

むかふうちのなさけはかりのわすれしはのちうかるへきちきりとそ思ふ

むかふうちの−なさけはかりの−わすれしは−のちうかるへき−ちきりとそおもふ


00049
未入力 (xxx)

さりともとたのむにましるいつはりそたたなほさりに思ひなさるる

さりともと−たのむにましる−いつはりそ−たたなほさりに−おもひなさるる


00050
未入力 (xxx)

いくたひかさらはよしやとおもひなるを心つからに又もたのむよ

いくたひか−さらはよしやと−おもひなるを−こころつからに−またもたのむよ


00051
未入力 (xxx)

やすくわれゆめにあふともねられめや待つ夜になして明日そうらみん

やすくわれ−ゆめにあふとも−ねられめや−まつよになして−あすそうらみむ


00052
未入力 (xxx)

かりねとやなさけはかりにたのむるをまちもよわらぬ我そつれなき

かりねとや−なさけはかりに−たのむるを−まちもよわらぬ−われそつれなき


00053
未入力 (xxx)

あふことも日比はゆめのおもかけをこよひうつつの枕にそ見る

あふことも−ひころはゆめの−おもかけを−こよひうつつの−まくらにそみる


00054
未入力 (xxx)

ゆめにしてさめては後のうさあはれ又いつとなきなかのあふせよ

ゆめにして−さめてはのちの−うさあはれ−またいつとなき−なかのあふせよ


00055
未入力 (xxx)

ねにたつるかけのたれをのおのつから別をつけぬあかつきもかな

ねにたつる−かけのたれをの−おのつから−わかれをつけぬ−あかつきもかな


00056
未入力 (xxx)

いひかくる文よいつかのそれもたたきかすちきらていそく別ち

いひかくる−ふみよいつかの−それもたた−きかすちきらて−いそくわかれち


00057
未入力 (xxx)

つひにさておもひきえなん露の身よ人にうらみのそこをのこして

つひにさて−おもひきえなむ−つゆのみよ−ひとにうらみの−そこをのこして


00058
未入力 (xxx)

今をかきり又はうらみしのことの葉もいへはなこりのあはれならすや

いまをかきり−またはうらみしの−ことのはも−いへはなこりの−あはれならすや


00059
未入力 (xxx)

としをへてあふ夜はいととかたいとのたえぬはかりの中のくるしさ

としをへて−あふよはいとと−かたいとの−たえぬはかりの−なかのくるしさ


00060
未入力 (xxx)

たくひなきちきりそつらき七夕も年にひと夜は猶たのむらし

たくひなき−ちきりそつらき−たなはたも−としにひとよは−なほたのむらし


00061
未入力 (xxx)

しら露ときえても人にきかれはやおなし世をたにいとはるる身は

しらつゆと−きえてもひとに−きかれはや−おなしよをたに−いとはるるみは


00062
未入力 (xxx)

人になほうらみそつきぬいとはるるうき身のとかを身にかこちても

ひとになほ−うらみそつきぬ−いとはるる−うきみのとかを−みにかこちても


00063
未入力 (xxx)

いつのまになにのへたてのこころとて見えきかれしと人のなりゆく

いつのまに−なにのへたての−こころとて−みえきかれしと−ひとのなりゆく


00064
未入力 (xxx)

おく山や雲のいくへにかくろへて人のつらさを見きかすもかな

おくやまや−くものいくへに−かくろへて−ひとのつらさを−みきかすもかな


00065
未入力 (xxx)

はるかなる道はわくともわけかたや恋もうらみもつもるへたては

はるかなる−みちはわくとも−わけかたや−こひもうらみも−つもるへたては


00066
未入力 (xxx)

我のみやわすれかた身にしたひみむおもかけまては人もへたてし

われのみや−わすれかたみに−したひみむ−おもかけまては−ひともへたてし


00067
未入力 (xxx)

おもひやまぬこころも人のつれなさもいつかかきりの月日なるへき

おもひやまぬ−こころもひとの−つれなさも−いつかかきりの−つきひなるへき


00068
未入力 (xxx)

人心つれなきうちのとしつきようきにもかかる命とやなる

ひとこころ−つれなきうちの−としつきよ−うきにもかかる−いのちとやなる


00069
未入力 (xxx)

さめやらぬこころにのこすちきりにて又と見ぬよの夢はたえにき

さめやらぬ−こころにのこす−ちきりにて−またとみぬよの−ゆめはたえにき


00070
未入力 (xxx)

かけてなほおもふもかなしおなし世につらき命をいとふならては

かけてなほ−おもふもかなし−おなしよに−つらきいのちを−いとふならては


00071
未入力 (xxx)

あらましそ猶もつきせぬこしかたはおもひのこさぬ老のねさめに

あらましそ−なほもつきせぬ−こしかたは−おもひのこさぬ−おいのねさめに


00072
未入力 (xxx)

なれにける暁おきやおのつから老のほかなるねさめなるらむ

なれにける−あかつきおきや−おのつから−おいのほかなる−ねさめなるらむ


00073
未入力 (xxx)

とりのねはとをちのさとにかすかにてねさめしつけきあかつきのとこ

とりのねは−とをちのさとに−かすかにて−ねさめしつけき−あかつきのとこ


00074
未入力 (xxx)

鳥のなく木すゑの月は夜ふかきによこ雲しらむをちかたの山

とりのなく−こすゑのつきは−よふかきに−よこくもしらむ−をちかたのやま


00075
未入力 (xxx)

たれをかは松のとほそのあさ戸あけにあらしそむかふ人はおとせす

たれをかは−まつのとほその−あさとあけに−あらしそむかふ−ひとはおとせす


00076
未入力 (xxx)

あさあらしに峰ゆく雲のあしはやみうつる日かけは見えみみえすみ

あさあらしに−みねゆくくもの−あしはやみ−うつるひかけは−みえみみえすみ


00077
未入力 (xxx)

入あひのひひきはかりに暮れなりぬ夕日の峰は色ものこらす

いりあひの−ひひきはかりに−くれなりぬ−ゆふひのみねは−いろものこらす


00078
未入力 (xxx)

あはれそへてきくときかぬにかはりけりいりあひのかねのおなしひひきも

あはれそへて−きくときかぬに−かはりけり−いりあひのかねの−おなしひひきも


00079
未入力 (xxx)

□□けてもまたつきはてぬともし火もさ夜ふけかたの影しめるなり

□□けても−またつきはてぬ−ともし火も−さよふけかたの−かけしめるなり


00080
未入力 (xxx)

ことかたるともにしあらはむかひてもかひこそあらめ夜はのともし火

ことかたる−ともにしあらは−むかひても−かひこそあらめ−よはのともしひ


00081
未入力 (xxx)

あひおひの君か千とせをちきるらしみきりにたてる庭のわか松

あひおひの−きみかちとせを−ちきるらし−みきりにたてる−にはのわかまつ


00082
未入力 (xxx)

みかきなせはちりもたまらぬ玉しきのみきりをいととはらふ松風

みかきなせは−ちりもたまらぬ−たましきの−みきりをいとと−はらふまつかせ


00083
未入力 (xxx)

竹の葉はうつりうつらすかけろひて夕日の窓に風すさふなり

たけのはは−うつりうつらす−かけろひて−ゆふひのまとに−かせすさふなり


00084
未入力 (xxx)

吹きめくるよものあらしのすゑをうけておきふしなひくまとのくれたけ

ふきめくる−よものあらしの−すゑをうけて−おきふしなひく−まとのくれたけ


00085
未入力 (xxx)

しけりましるしのふは露のみたれにてこけにしたたるのきのいと水

しけりましる−しのふはつゆの−みたれにて−こけにしたたる−のきのいとみつ


00086
未入力 (xxx)

ふりまさるやとののきはをもるあめはしつくもこけの色におつなり

ふりまさる−やとののきはを−もるあめは−しつくもこけの−いろにおつなり


00087
未入力 (xxx)

浦とほみしらすのすゑになくたつの雲井をかけてこゑそのとけき

うらとほみ−しらすのすゑに−なくたつの−くもゐをかけて−こゑそのとけき


00088
未入力 (xxx)

みつしほの入江のあしもみかくれてむれゐしたつの声さわくなり

みつしほの−いりえのあしも−みかくれて−むれゐしたつの−こゑさわくなり


00089
未入力 (xxx)

いたひさし久しきあとをたつぬれはふはのせきやは名のみのこりて

いたひさし−ひさしきあとを−たつぬれは−ふはのせきやは−なのみのこりて


00090
未入力 (xxx)

ことの葉もむかしの浪にたちかへれ和歌のうらわによる身とならは

ことのはも−むかしのなみに−たちかへれ−わかのうらわに−よるみとならは